春香「プロデューサーさん!信心ですよ!信心!」【天海春香SS】


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:23:27.54 ID:e3a/XUZ80
※ このお話に出てくる宗教、人物名、出版物その他もろもろは全て架空のものです。
P「よかったぞ!春香!やよい!」

春香「えへへ!やったね!やよい!」

P「二人とも最近レッスン頑張ってたからな。その成果だな。」

春香「ちっちっち。プロデューサーさん。こ れ は 功徳ですよ!功徳!」

P「功徳?」

やよい「毎日勤行頑張ったおかげですー!」

春香「私今回の自分へのご褒美に新しい数珠を買うんだー」

やよい「いいなー。私もかわいいのほしいですー」

春香「じゃあ買ってあげるよ!おそろいのにしよ!」

やよい「いいんですかー?うれしいですぅ!」

春香「うん!それで一緒に勤行がんばろ!」

やよい「はい!明日も勝利の一日を!」

春香「明日も勝利の一日を!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:24:18.33 ID:e3a/XUZ80
P「なんだそれ?」

春香「あれ、知らないんですかプロデューサーさん。創価学会ですよ。創価学会!」

P「創価学会…え、いや知ってるけどさ…」

やよい「えへへ、実は私は最近知ったんですけど…春香さんに誘われて会合に行ってみたんです。
    そしたらみーんな、いい人達で御本尊も数珠も買ってもらっちゃいましたー!」

春香「今では立派な学会員だもんね!」

やよい「はい!お父さんもお母さんもみーんな幸せそうですー」

春香「プロデューサーさんも今度会合に行きましょうよ。」

P「えっ、いや…俺はいいよ…」

やよい「遠慮しないでいいんですよー。」
ワイワイ

P「ただいま。疲れた…」

小鳥「?今日はミニライブだけですよね。どうしたんですか?」

P「いや、ちょっと色々あって…」

春香「ちーはーやちゃん!今日こそ千早ちゃんちに行ってもいい?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:25:28.16 ID:e3a/XUZ80
千早「あ…ご、ごめんなさい春香…今日は部屋が散らかってるから…」
春香「じゃあ、私が一緒に片付けしてあげる!その後ありがたいお話をいっぱい聞かせてあげるね!」
千早「えっと…春香…前にも言ったけど私そういうのに興味は…」

春香「遠慮しなくていいんだよ千早ちゃん。私、もっと千早ちゃんと仲良くなりたいんだ。」

千早「わ、私は今のままでも十分よ。」

春香「だめだよ!今までは765プロの仲間だったけどこれからは創価家族になりたいんだ!家族だよ、家族!」

千早「そ、創価家族って…」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:26:18.17 ID:e3a/XUZ80
春香「それにこんな事言ったら何だけど…千早ちゃん家、ご両親の仲がうまくいってないんでしょ?
   それって功徳が足りないから罰があたってるんだよ。学会に入って功徳を積めば家族だって仲良くなるよ?
   天国の弟さんだって千早ちゃんが正しい教えについてくれたら嬉しいはずだよ!」

千早「…春香!いい加減にして!!」

春香「千早ちゃん?どうしたの?何怒ってるの?悩み事なら聞くよ?
   そうだ、この後一緒に会合に行かない?そこでみんなと話せば…」

P「千早!何やってるんだ!もう時間だぞ!」

千早「プロデューサー?私は今日はもう仕事は…」

P「急遽インタビューが入った!早く来い!」

千早「…!あ、は、はい!春香、またね。」ドタドタ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:28:57.70 ID:e3a/XUZ80
ブロロロロ

千早「助かりましたプロデューサー。」

P「いや、俺ももっと早く気づいてやればよかった。お前が怒鳴ったからわかったんだ。」

千早「最近春香はずっとあんな調子で…私、どうしたらいいのか…」

P「俺もさっきの帰り道はすごかったよ。…今日はこのまま家まで送ってやる。明日はオフだろ?」

千早「あ、家は春香が…この前のオフも上がりこんで、一日中入信をすすめてきて…」

P「そうか…」

千早ビクッ

P「あ、そういう意味じゃなくてな!」(かなり参ってるな…)

千早「プロデューサー…私…こわい…春香は大切な仲間だから…いつか春香のために私が折れてしまうんじゃないかって…」

P「千早…大丈夫だ。春香には俺からガツンという。お前は何も心配するな。」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:29:41.03 ID:e3a/XUZ80
千早「プロデューサー…」

P「しかし、家には帰らないほうがいいよな…ホテルにでも…」

千早「…い」

P「ん?」

千早「…プロデューサーの家に泊めてください…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:31:00.99 ID:e3a/XUZ80
P「お、おい…」

千早「一緒にいてください…一人じゃ…こわい…でも、プロデューサーと一緒なら…」

P「…ダメだ。お前はアイドルだろう。スキャンダルになったらどうする。」

千早「かまいません…私、プロデューサーになら。って…ずっと…」

P「…」

千早「プロデューサー…お願い…」

P「…とりあえず変装用の帽子とメガネを買うか…」

千早「…!ありがとうございます!」

P「…勘違いするなよ。寝るところは別だ」

千早「はい!うふふ…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:32:05.52 ID:e3a/XUZ80
春香「ちえー、千早ちゃんもプロデューサーさんも冷たいなー」

やよい「春香さん!私すっごくいいこと思いついちゃいましたー!」

春香「何?やよい。」

やよい「あのですねー。ゴニョゴニョ…」

春香「!それいい!最高だよやよい!」

やよい「じゃあ今すぐ準備しましょー!」

春香「レッツゴー!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:33:44.54 ID:e3a/XUZ80
翌日
P(千早は家に置いてきた。俺の家なら安心だろうからゆっくり休んでほしい。)

P「おはようございまー…ってなんじゃこりゃああああああああああ!!」

Pは驚愕した。事務所の様子が一変していたからである。

入ってすぐのところにある小さなソファとテーブル。

みんなでお茶を飲み、笑いあったそこにはテレビの代わりに仏壇のようなものが置かれている。

テーブルクロスやカーテンは赤青黄の三色のものに変えられている。

何よりも目を引くのは事務所の一番目立つところにかけられたメガネの老人の顔写真パネルである。

小鳥「おはようございます…プロデューサーさん。」

P「音無さん…これは一体…」

小鳥「朝来たらこうなっていて…私にも何がなんだか…」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:34:54.59 ID:e3a/XUZ80
やよい「あっ!プロデューサー!おはよーございまーす!」

春香「へへへ…驚いちゃいました?今日からここは創価学会765会館になったんです!」

P「な、なに言ってるんだ?すぐに片付けろ!」

春香「だめですよー。こうすれば家に帰らずにみんなで勤行ができるじゃないですかー」

やよい「うっうー!ナイスアイディアですー!」

雪歩「おはようございますぅ…!!な、なんですかこれぇ!?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:35:46.21 ID:e3a/XUZ80
P「ゆ、雪歩!?これはな…」

雪歩「こ…これは…すっごく素敵ですぅ!池田名誉会長のお姿がこーんなにおっきく…」

春香「えー!ひょっとして雪歩も学会員だったの!?」

雪歩「えへへ…うちはおじいちゃんの代からの創価家族ですぅ」

春香「なんだー。早く言ってくれればよかったのにー」

雪歩「言うチャンスがなくて…私…勧誘とか苦手だから…」

春香「だめだよー。勇気を出して正しい教えをみんなに伝えようよ!」

雪歩「う、うん!みんなと一緒なら頑張れるよ!今日からここが私たちの拠点になるんだね!」
    \エイエイオー/

P 小鳥 「  」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:37:15.66 ID:e3a/XUZ80
やよい「あおぞら家族面白いですー」

P「新聞も全て聖教新聞ですね…」

小鳥「本棚にSGIグラフや潮が詰まってます…」

P「早く、社長が来る前になんとかしないと…」

貴音「おはようございます」ガチャ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:38:22.72 ID:e3a/XUZ80
雪歩「あ!四条さん!おはようございますぅ。」

貴音「雪歩…これはなんと面妖な…」

やよい「創価学会765会館ですー!」

貴音「そうか…。おせんべいとなにか関係が?」

P(貴音は知らないのか…)

やよい「おせんべい?貴音さん、おせんべいが食べたいんですかー?」

春香「はい、どうぞ!このまえの会合でもらったおせんべいですよー」

やよい「あ!私もいーっぱいおかしもらいましたあ!」

貴音「なんと」バリバリ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:39:37.63 ID:e3a/XUZ80
雪歩「四条さんも今度会合に行きませんか?」

やよい「お菓子いっぱいありますよー」

貴音「らぁめんはあるのでしょうか…」バリバリ

春香「あはは。じゃあみんなでラーメンを食べてから会合に行こうよ。」

雪歩「わあ、楽しそう!じゃあラーメンの集いですぅ!」

四条「ぜひ」バリバリ

ユキホノジュズピンクナンダー エヘヘコノマエカッチャイマシター ラアメン キャッキャッ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:40:48.42 ID:e3a/XUZ80
P「頭痛くなってきた…とりあえず他のアイドルには直接現場に行くように指示を…」

響「はいさーい!」ガチャ

P「響!?今はだめだ!」

響「なんだ、これ…」ボト

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:41:34.41 ID:e3a/XUZ80
P「お、おい、カバンが落ちたぞ。」

ツカツカツカ

響「…なにしてるさー」

春香「あ、響ちゃん。響ちゃんも一緒にお話しよ!」

貴音「響…そうかがっかいとやらに入ればらぁめんが食べ放題だそうです。まこと、すばらしい…」

響「その仏壇…」

春香「あ。いいでしょー。ちょっと奮発しちゃった☆やっぱりいいものの方がいいもんね。」

やよい「春香さん太っ腹ですー!」

響「・・・」 

ガッシャアアアアアアアアアアアン!!!

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:43:20.87 ID:e3a/XUZ80
雪歩「キャアアアッ!!ご、御本尊様が…」

春香「ひ、響ちゃん!何してるの!」

響「おかしいさー…」

春香「え?」

響「お前たちみんなおかしいさー!」ビリビリ

春香「ああっ!大作先生の御顔が…!!響ちゃん、やめて!
   …やめなさい!やめろ!!うわああああああああ!!」

ドンッ

P「だ、大丈夫か?」

響「ぐっ…やめないさー。こんなもの!」グシャグシャ

春香「やめろって言ってるんだよおおお!!」グイッ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:44:08.61 ID:e3a/XUZ80
響「こんなカルト宗教に騙されて…!みんな目を覚ませ!」

春香「黙れ!それ以上言うと響ちゃんでも許さないよ!」

響「なんどでも言ってやるさ!インチキ宗教!金儲け機関!」

春香「うわああああああああああっ!!」

ガシャーン ゴロゴロ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:46:43.82 ID:e3a/XUZ80
小鳥「プロデューサーさん!なんとかしてください!」

P「お、おい!お前らやめるんだ!」
ワーワー イカシチャオケネー コノヤロー

雪歩「あわわ…なんとかしないと…あれ?」

雪歩「響ちゃんのカバンから何か出てますぅ…」

P「お前ら…いい加減にしろっ!」グイッ

響「ハアッハアッ!!ど、どうだ、目が覚めたか…」

春香「絶対…絶対許さない…絶対…」

雪歩「響ちゃん…こ れ は 何 か な ?」

 月 刊 【 幸 福 の 科 学 】

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:50:07.98 ID:e3a/XUZ80
響「!そ、それは…!」

雪歩「響ちゃんにも教えてあげる。私 た ち の 苦 し み」ビリ

響「待って!ダメ!」

雪歩「あんっ! 春香ちゃんおさえて!」

春香「いいよ!雪歩!やっちゃえ!」 ガシ

響「お願い!やめて!やめてよぉ!!」

小鳥「プロデューサーさん!」

やよい「させないですー!!」

P「くっ!離せやよい!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:51:48.36 ID:e3a/XUZ80
春香「なーんだ、人のことインチキとか言っててインチキは響ちゃんの方だったんだ~」

響「違うぞ!大川先生は、エル・カンターレはインチキなんかじゃないぞ!離せよぉ!」

ジタバタ

春香「だーめ♪雪歩、ガスコンロ!」

雪歩「邪教の書は燃やしますぅ☆」カチッ

響「やめてえええええええええええ!!!
        おねがいいいいいいいいいいいいいい!!!!」

メラメラ

春香「ほ~ら。インチキ本が燃えてくよ~。見てる~?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:53:24.55 ID:e3a/XUZ80
響「おでがい…やべでよぉ…」グスッ ヒック 

メラメラ

雪歩「ほーんと、よく燃えますぅ。」モクモク

プシャアアアアアアアアアアアアアアア

春香「!?なに!?」

P「スプリンクラーが作動したんだ!」

小鳥「パソコンを守らないと!」

キャーキャー ワーワー

プシャアアアアアアアアアアアアアアアア

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:54:53.75 ID:e3a/XUZ80
―――――

ビショビショ

P「…日本には信仰の自由がある。お前たちが何を信じようと自由だ。
  だが、それを人に押し付けるのはよくない!」

全員正座「「ごめんなさい…」」

貴音(なぜ私まで…)

P「クドクド…とにかく、今後一切事務所での布教活動を禁止する!」

やよい「ええー!」

春香「わかりました。プロデューサーさんの言うとおりにします。」

やよい「春香さん!?いいんですか!?」

春香「ヒソヒソ…大丈夫よやよい。『事務所での』布教活動の禁止だもん」

やよい「ヒソヒソ…そっか。おうちやお外なら問題ないですー」

貴音「私のらぁめんは…」

P「…俺がおごってやる…」

貴音「あなた様!」パアアアア

小鳥「やれやれ、これで一件落着ですね。」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:55:58.66 ID:e3a/XUZ80
あずさ「あらあら~なんだか事務所がしめっぽいわ~」

P「あはは…まあいろいろありましてね…」

あずさ「まあいいわ~。うふふ。」

P「?なんだか嬉しそうですね?」

あずさ「わかります~?実は~運命の人が見つかりそうなんです~」

小鳥「ええっ!そ、そんな!」ガタッ

P「うおっ。急に出てこないでくださいよ…しかし、アイドルなんですから恋愛は…

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:58:41.98 ID:e3a/XUZ80
あずさ「違いますよ~。結婚です~。」

P小鳥「「ええっ!」」

あずさ「友美に教えてもらったんですけど、なんでも偉い人が運命の人を決めてくれるんだそうです~
    うふふ。楽しみだわ~」

P「それって…」

小鳥「あずささん!その話私にも詳しく!」

ジブンノホン… ゴホンゾンヲツクリナオシマスー ワイワイ ピヨー

P「ううう…また頭痛くなってきた…」

トントン

P「?」

春香「プロデューサーさん、そんな時こそ信心ですよ!信心!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 19:59:54.87 ID:e3a/XUZ80
第1部完!投下すると結構すぐ終わっちまうな。見てくれた人サンクス

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/31(火) 20:00:33.62 ID:e3a/XUZ80
繰り返して言いますが全てフィクションです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする