【アイマスSS】春香「プロデューサーさんがクールすぎて辛い」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 21:10:15.95 ID:HdiMYAzy0
ドンガラガッシャン

P「後で片付けておけよ」

春香「わ、分かりました」

春香「ってこんな感じなんですよ、酷いと思わない?」

千早「別に普通じゃないかしら?」

春香「大丈夫とか声をかけるのが普通じゃないですか!?」

美希「春香が転ぶのはいつものことだから気にされないと思うな」

春香「そ、そんなことないよ!」

美希「それよりもハニーはそっけないの! 美希が抱きついてきたりしてもツーンっていう顔をしてて……」

春香「まあ、毎回相手してたら体力がもたなそうだよね」

千早「そうね…」

春香「千早ちゃんはどう?」

千早「私は特に……」

美希「ハニーと千早さんはかなりドライなの、お仕事の話しかしないから安心するの」

春香「なるほど」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 21:24:32.72 ID:HdiMYAzy0
分かった、クーデレでいいんだな?

でも誰から行く?

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 21:35:50.49 ID:HdiMYAzy0
春香「おはよございまーす!」

P「ああ、おはよう 今日の仕事はテレビの収録だ 大物が多いから気を引き締めていくぞ」

春香「は、はい!」

P「くれぐれもNGを出すなよ、足元にきちんと注意をしておけ」

春香「わかりました」

P「……」

春香「な、なんですか? 顔はちゃんと洗いましたよ」

P「違う、そうじゃない。リボンが曲がってるぞ、お前のトレードマークなんだからとしてちゃんとしておけ」

春香「あっ、すみません わざわざ……」

P「よし、直った。 じゃあ、行くぞ」

春香「は、はい!」 ドンガラガッシャン

P「行ったそばからそれか……」

春香「す、すみません」

P「別に構わん、逆に調子はいいみたいだしな」

春香(は、恥ずかしい……)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 21:47:02.46 ID:HdiMYAzy0
P「……」

春香(うう、収録中ずっと、こっちを見てる……)

P「……」

春香(手帳になんか書き込んでる…きっと評価なんだろうな~)

監督「はい、OKです!」

春香「あ、あのプロデューサー。どうでしたか?」

P「単刀直入に言おう、緊張のしすぎだ。そのせいでNG3つ出したな」

春香「うっ…す、すみません」

P「あと、転ぶことはなかったがかなり危なかっただろう? 足元に気をつけろといったことを忘れたのか?」

春香「お、覚えてます!」

P「…そうか、あと……」

春香「ま、まだあるんですか?」

P「ああ、最後に……歌と踊りは普段の練習通りに出来ていた。よくやったな、春香」

春香「…あ、ありがとうございます!」

P「さて、次の仕事へ行くぞ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:05:44.73 ID:HdiMYAzy0
トレーナー「天海さん、今日はここまでにしましょう」

春香「お疲れ様でした」

P「終わったのか?」

春香「はい……今日のトレーナーさんは厳しかったですね」

P「当たり前だ、俺が厳しくするように頼んだからな」

春香「ええ!?」

P「なんだ? 不服か?」

春香「いや、そうじゃないですけど……プロデューサーさんって意地悪ですね」

P「俺は意地悪でも構わん、だがお前のファンはどうだ?」

春香「え?」

P「少なくとも最終的な評価を下すのは俺やトレーナーさんじゃない、お前のファンだ」

春香「……」

P「下手なものを見せればファンが、いやみんなだな。社長、小鳥さん、765のみんなが失望するだろう。誰もが立てるわけじゃない世界なんだから。それに、どうせ見せるのなら一番いい物がいいだろう?」

春香「……そうですね!」

P「なら、今日の練習を終えたお前にこのジュースをやるよ。おつかれ、春香」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:07:12.35 ID:HdiMYAzy0
ここまで書いておいてなんだが……
こんな感じでいいのか?

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:17:03.62 ID:HdiMYAzy0
んじゃ、千早で

千早「プロデューサー、こんなことに何の意味があるんですか?」

P「意味? ああ、ダンスレッスンのことか?」

千早「私は歌一本でも十分やっていけると思うのですが……」

P「逆だ、ダンスが出来ない奴に歌を任せるつもりはない」

千早「しかし……」

P「やってみせろ、お前ならできるはずだ」

千早「……」

P「どんなにいい歌でも相手を引きこまなければ単なる騒音に過ぎん。お前の歌はそんなもんなのか?」

千早「違います!」

P「それならいい、どうせやるなら興味のないやつも引き込んでやれ」

千早「わかりました、でもプロデューサー。くれぐれも私に置いていかれないように!」

P「大した自信家だよ、お前は」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:26:14.67 ID:HdiMYAzy0
千早「……あの、プロデューサー?」

P「なんだ?」

千早「衣装がすこし……」

P「気にするな」

千早「でも、胸の部分が…!」

P「……そんなに嫌か?」

千早「正直に言って、惨めだと……」

P「……千早、俺は外見で判断はしないぞ」

千早「か、からかわないでください! どうせみんなして貧乳だって言ってるんですから!」

P「うん? 胸が大きくないとお前、死ぬのか?」

千早「そ、そんなことないじゃないですか! 子供みたいなこと言わないでください!」

P「死なないんだったら堂々としてろ、そういうところでしか判断できない奴もいるが俺はお前の魅力を知っている」

千早「ぷ、プロデューサー……」

P「行ってこい、それで評価が下がるんだったら怒鳴りこんでやるよ」

千早「……かないませんね、本当に」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:38:12.00 ID:HdiMYAzy0
千早「……高槻さんと一緒に帰宅しろと?」

P「ああ……」

千早「どうしてですか? 理由は?」

P「精神鍛錬だな……言わなくても分かるはずだ」

千早「?……もしかして、見たんですか? 経歴」

P「一応な、お前は弟……」

千早「それ以上言わないでください!」

P「……分かった」

千早「…すみません、プロデューサー…」

P「気にはしない、だが……な、いつか向き合わなきゃいけない」

千早「……分かってます」

P「……千早、一言言っておく」

千早「なんですか?」

P「俺がついている。何のことか分からないだろうが役にも立たないだろうが俺がついている、お前を想っている」

千早「……ありがとうございます、プロデューサー」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:44:32.77 ID:HdiMYAzy0
亜美?「ここで問題です」

真美?「どっちがどっちでしょうか?」

亜美?「にーちゃんにわっかるかな?」

真美?「間違えたらどうする? どうする?」

P「……どういうつもりだ? これから真美と仕事だっていうのに……」

亜美?「どうするどうする?」

真美?「どうするどうする?」

P「遊びは終りだ。行くぞ、真美」

亜美?「え?」

亜美?「にーちゃんが手の引いたの、亜美かもしれないよ」

P「俺がその程度で間違えるか」

真美「……ちぇ、やっぱり騙せなかったか」

P「当たり前だ、俺は亜美のことはよく知らないが真美のことはよく知ってる」

真美「んっふっふ、その言葉聞いたら亜美、悔しがるだろうな」

P「悔しがらせるのもいいが、あんまり困らせるなよ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 22:58:32.60 ID:HdiMYAzy0
真美「……にーちゃん、膝の上に座っていい?」

P「別に構わんが仕事の邪魔はするなよ」

真美「はーい! ……ねえ、重くない?」

P「……いや?」

真美「……」ソワソワ

P「こら、体を動かすな」

真美「あっ、ごめんね」

P「……」

真美「にーちゃん、邪魔だったら退いてって言っていいんだよ?」

P「そんなわけないだろ?」

真美「でもにーちゃん、眉間にしわを寄せたまま仕事してるじゃん」

P「俺はもともとこういう顔だ」

真美「……あはは! ならもっと身体をくっつけようっと!」

P「……いうんじゃなかったな……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 23:07:14.21 ID:HdiMYAzy0
真美「……ねえ、にーちゃん。亜美と真美って似てるよね?」

P「ああ、そうだな」

真美「じゃあ、もし真美の仕事を亜美にあげても問題ないってことだよね?」

P「? どういう意味だ?」

真美「ごめん、なんかさ……亜美のほうが人気出てきて真美は代用品って感じだから……」

P「……すまないな、俺の責任で」

真美「何でにーちゃんが謝るの?」

P「俺の実力不足だろ? 簡単に言えばさ」

真美「そうじゃないと思うよ、亜美にあって真美にはない物があるってことでしょ?」

P「その理屈で言うなら真美にあって亜美にない物があるってことだろ? それならますます俺の責任だな」

真美「……」

P「最初の質問にきちんと答えるぞ、真美、お前は亜美と似ている。だが亜美には亜美の魅力があるようにお前にも十分魅力はある」

真美「にーちゃん」

P「俺は絶対お前の亜美の代用品なんかにしない、双海真美として、世間に引っ張りだこにしてやる!」

真美「……真美はじゃあ、にーちゃんをりっちゃんなんかに負けないプロデューサーにしてあげる! 後悔するなよー!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 23:08:05.52 ID:HdiMYAzy0
ちょっと休憩するわ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 23:40:02.47 ID:HdiMYAzy0
休憩終了
次は誰で行こう?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/16(日) 23:54:40.12 ID:HdiMYAzy0
響「プロデューサー、ちょっと付き合って欲しいんだ」

P「どうした? 改まって……」

響「……実は……ペットが卵を生んじゃって……気がついたらいっぱい……」

P「……引き取り手を探せということか?」

響「お願い! 、頼りゆんぬやプロデューサーしかうらんんやっさー! クヌままじゃわーやアパートを追い出されてなおす!」

P「落ち着け! とにかく引き取ってくれる人を探そう」

響「じ、自分も探すぞ!」

P「ところで何の卵だ?」

響「蛇の卵だぞ! ニョロニョロとしてて可愛いぞ!」

P「……爬虫類は難しいな……」

響「そこをなんとか!」

P「……わかった、一応ペットショップにも行ってみるぞ。くれぐれも部屋から出すな、蛇という理由で殺される場合もあるからな」

響「わ、わかった!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:05:59.36 ID:VoYxoPEi0
響「ふふん、どうだ! 予選を一位で突破したぞ!」

P「よくやったな、響」

響「自分完璧だからな!」

P「……それにしては踊りの一部を間違えたな」

響「うっ!」

P「体調管理も怠ったな? 少し肌が荒れてるぞ」

響「うう! で、でも一位で通過したんだから少しは多めに……」

P「逆だ、一位で通過したからなおさら気を引き締めろ。他の奴らはお前をマークしてるぞ」

響「ええ!?」キョロキョロ

P「完璧を自負するのなら周りにも気を配れ、終わったから大丈夫なんじゃない、終わったから叉次のことをするんだ」

響「わかったぞ、プロデューサー」

P「まあ、一位の記念だ」

響「おお、シークワーサー味のラムネじゃないか! どこで売ってたんだ?」

P「……それは秘密だ」

響「プロデューサーはケチだなぁ」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:15:25.77 ID:VoYxoPEi0
P「響か、どうした海なんか眺めて……」

響「……いや、自分いろんな物を置いてきたんだな、と…」

P「置いてきた?」

響「家族とか…学校のみんなとか…いろいろ」

P「…取りに戻ってもいいぞ」

響「それじゃ、カッコがつかないぞ!」

P「……じゃあ、聞くがそこまでお前はかっこいい存在なのか?」

響「え? も、もちろんだぞ!」

P「ならそのかっこいい存在が置いていったものを取り戻すのはいけないのことなのか?」

響「み、みっともないことを……」

P「……はっきりといってやる、今の響の方が一番かっこ悪いてみっともない」

響「うっ……」

P「故郷に帰ってみろ、それで追い出されたのならうちに置いてやる。行き場のない女の子ぐらい受け止めてやるさ」

響「自分、帰ってもいいのかな? 色んな物ほっぽり出してきたのに」

P「お前みたいな奴がいるんだ。温かいに決まってるだろ」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:21:42.41 ID:VoYxoPEi0
貴音「……」

P「どこへ行こうとしている?」

貴音「女性にそれをお聞きするのはいささか失礼ではありませんか?」

P「……はっきりと言え、行って恥ずかしいところじゃないんだろう?」

貴音「……」

P「なぜ顔をそらす……」

貴音「……トイレです」

P「そうか、一緒について行ってやる」

貴音「いえ、一人で十分です」

P「一応言っておくがこの辺りにラーメン屋は一件もないからな」

貴音「……いけずです」

P「前科があるからな、お前は」

貴音「そ、そのようなことは…」

P「食べ過ぎることはないだろうが遅刻だけはかんべんしてくれ」

貴音「心がけます」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:31:04.38 ID:VoYxoPEi0
貴音「……」

P「どうした、さっきから黙って……」

貴音「いえ、どうにも写りが悪いというか……」

P「そうか、なら少し角度を変えてみるか?」

貴音「……それだとこの部分が気になります」

P「そこは光のあて具合を調節すればいい」

貴音「なるほど、では、ここは?」

P「そこはもう少し暗めにしてコントラストを表現すればいい」

貴音「…なんだか貴方様の話を聞いているとまだまだ至らぬところがあることを実感します」

P「俺もお前の熱心に考えてくれるからやりがいはある、だから気にするな」

貴音「……はい」

カメラマン「それじゃ、撮影を再開します!」

P「貴音、飾る必要はないぞ」

貴音「では、私も。貴方様、最後まで私を御覧ください」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:40:35.32 ID:VoYxoPEi0
貴音「貴方様、大丈夫ですか? お顔が真っ青ですが……」

P「大丈夫だ、ちょっと疲れが溜まってるだけだから」

貴音「……では、こちらへ」

P「すまないな、こんなことでくたばるとは思っても見なかった」

貴音「……無理をなさらないように…」

P「ああ、わかってはいる。でもここが大詰めなんだ、理解してくれ」

貴音「それで体を壊したら!」

P「壊れるつもりはない、最期まであがくさ」

貴音「そして私を一人になさると? 貴方様は身勝手すぎます」

P「……安心しろ、お前を放っておくつもりはない、こんな世間知らずを放ったらかしにしたら社長に怒られる」

貴音「ならば、ちゃんと手を引いてください」

P「ああ、それで行く先はどちらへ?」

貴音「もちろん、貴方様が望むままに……」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:45:48.11 ID:VoYxoPEi0
美希「うー!」

P「何だ、不機嫌だな。何かあったのか?」

美希「もう、子供相手は疲れるの!」

P「……そうか」

美希「まあ、美希みたいな大人に憧れるのは分かるけどもう少し経験を重ねないと駄目なの」

P「それで美希はどんな経験をしたんだ?」

美希「もちろん、素敵なハニーと夢の様なひとときを!」

P「……そうか」

美希「ハニー、そっけないの!」

P「その夢の様なひとときの後始末を俺がしているんだが……」

美希「しかたないの、だって、こういうのは男の子のお仕事だって」

P「なるほど、それなら女の子の仕事もこなしてくれるよな?」

美希「……あふぅ、美希眠いの……」

P「わかった。おやすみ、美希。起きる頃には仕事場だから」

美希「……やっぱり起きてるの」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:52:37.40 ID:VoYxoPEi0
美希「う~、疲れたぁ……もう歩けないの」

P「……はい、ではお疲れ様です……」

美希「ハニー、おんぶして!」

P「……いいけど、これからレッスンだぞ」

美希「今日はパスなの! 美希の体力はもう限界だから」

P「……そうか、なら仕方がないな。最近春香のやつは実力をつけてきてるからな」

美希「そうなの、美希には関係ないよ」

P「やよいもランク上がったらしい」

美希「それは良かったの」

P「二人にはご褒美が必要だな……後で社長に伝えておくか」

美希「ご、ご褒美? ハニー、ご褒美って何なの?」

P「優秀なアイドルに記念品を与えるらしい、美希も頑張ればもらえるぞ」

美希「ほんとう? 美希頑張るの!」

P「ああ、美希なら出来るさ…」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 00:53:53.17 ID:xYDdTLOK0
チョロいな

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 01:01:40.56 ID:VoYxoPEi0
美希「ハニー……」

P「うん、寝てるのか? こんな所で寝たら風邪をひくぞ」

美希「ハニーったらダメよ、こんな所で……」

P「どんな夢を見ているのやら……」

美希「ハニー、大好き」

P「……」スッ

美希「ZZZ…」

P「おやすみ、美希」

美希「あれ、これハニーの上着だ、えっと……」

寝るときは暖かい場所で寝なさい、Pより

美希「もう、ハニーったら世話焼きさんなの……それならこっちも!」

P「うん? 上着が椅子のところに…美希のやつ、返すのなら直接渡せばいいのに、やれや……メモ? 美希のか?」

 アイロン掛けておいたの、大事に使ってね 美希

P「美希のやつ、変なところに気を使うんだな」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/17(月) 01:03:24.16 ID:VoYxoPEi0
ごめん、>>1だけど眠気がすごい
ここで終わりにさせて

続きはお前らに任せる
そして保守をしてくれてありがとう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする