【アイマスSS】P「はーるか♪」  春香「」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:16:25.03 ID:ddzT5xLa0
春香「プ、プロデューサーさん!?何やってるんですか!?」

P「」 ぎゅー

春香「ちょ、ちょっ・・・誰かに見つかったらどうするつもりなんですか!」

P「」 ぎゅー

春香「も、もうっ・・・///」

————————
————–
——

P「と、言うワケです」

小鳥「どういう事なんですか」

P「個人的な企画をね、ちょっとね」

小鳥「今のが企画?悪質なセクハラじゃないですか」

P「まぁまぁ、お聞きなさいて」

引用元: ・P「はーるか♪」  春香「」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:19:40.49 ID:ddzT5xLa0
P「企画を発表いたしましょう!」

P「名付けて、後ろから抱きしめた時誰が一番抱き心地が良いか?ランキングです!」

小鳥「・・・うわぁ・・・」

P「何て顔するんですか」

小鳥「悪質な上に自分の趣味丸出しじゃないですか、サイテーです」

P「さ、さいてーって・・・・結構俺頑張ったんですよ?」

小鳥「頑張った?」

P「もうランキングは出来てるんです」

小鳥「仕事早いですね」

P「出来る男なんで・・・」

P「それではァ!結果発表といきましょう!」

小鳥「わー(棒)」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:23:41.53 ID:ddzT5xLa0
P「まずは最下位の発表!」

小鳥「わー(棒)」

P「やる気が削がれるので棒読みやめてもらえます?」

小鳥「はい」

P「最下位は 菊地真 ちゃんです!」

小鳥「可愛そうに・・・それで、何で最下位なんです?抱き心地悪かったんですか?」

P「それが・・・」

—————————————
—————

P「まーこーt  ボカッ

P「へぶぅっ!?」

真「!? プ、プロデューサー!?すいません!反射的に肘が!」

真「プロデューサー!?プロデューサー!!」

P「」  

真「プロデューサー!死なないでぇ~!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:27:46.39 ID:ddzT5xLa0
P「と、言うワケです。」

小鳥「はは・・・真ちゃんらしいというか・・・」

P「あくまで、『後ろから抱きしめた時』ランキングなんで?」

P「真はランキング外にしてあげて良かったんですよ?」

P「でもね思ったよりも良い肘鉄を喰らっちゃったんで?」

P「見せしめもかねて?最下位にしてやります」

小鳥「逆恨みな上にえげつないですね」

P「次です!次行きますよ!」

小鳥「はい」

P「12位は! テテン!  水瀬伊織 ちゃんです!」

小鳥「伊織ちゃんですか?なんだか小さそうで気持ちよさそうな感じですけど」

P「気持ちよさそうって・・・クズですねあなたは」

小鳥「ピヨッ!?」

P「まぁ聞いててくださいよ」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:30:33.57 ID:ddzT5xLa0
P「いーおーりーん♪」 ぎゅっ

伊織「!?」

伊織「ちょ、ちょっとアンタ自分が何やってるかわかってるの!?」

P「へへー♪いおりん♪」

伊織「離しなさい!ヘンタイ!」

P「イテ・・・イテ・・・引っ掻かないでくれ」

伊織「バカ!ヘンタイプロデューサー!」

P「・・・・逃げられてしまった・・・」

————————-

小鳥「まー伊織ちゃんらしい反応ですかね?」

P「この話にはまた続きがありまして。」

小鳥「そうなんですか?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:33:59.67 ID:ddzT5xLa0
P「」 ショボーン

伊織「ちょっと」

P「伊織・・・」

伊織「さっきは悪かったわよ、いきなりだったからビックリしたのよ」

伊織「アンタ大きいから抱きしめて上げる事は出来ないけど隣くらいだったら・・・居てやってもいいわよ」

P「いおりぃ・・・いおりぃぃ~~!」

伊織「ちょっと!?抱きつかないでよ ///」

——————————-

小鳥「天使ですね」 鼻血タラー

P「でしょう」

P「正直反応だけで優勝にして、俺×伊織エンドでも良かったんですけど」

P「心を鬼にしてっ!この順位です」

小鳥「と、いうと・・・」

P「何か・・・伊織は小柄すぎて・・なんか抱いた心地が・・・?な感じだったんで・・・」

小鳥「クズやぁ・・・」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:37:03.93 ID:ddzT5xLa0
小鳥「それで、次は?」

P「11位!  高槻やよい ちゃんです!」

小鳥「えっ・・・やよいちゃんも小柄すぎて ?な感じだったんですか?」

P「やよいは・・・」

——————————
———

P「やーよーい♪」 ぎゅっ

やよい「・・・・」

P「やよい?」

やよい「ごめんなさい・・・今夕食の献立考えてるから、後でで良いですか?」

P「え・・・」

やよい「後でまたゆっくりお話ししましょうね♪」

P「はい・・・」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:39:50.36 ID:ddzT5xLa0
P「・・・なんというかこんな事やってる自分が情けないというか」

P「現実に戻されたというか・・・」

小鳥「それでこの順位ですか?」

P「まあ」

小鳥「逆恨みですね」  プーックスクス

P「」

小鳥「泣いてるんですか?」

P「泣いてないですけど?」

P「次行きましょうか・・・」

小鳥「はい」

P「10位! 双海亜美 ちゃんです!」

小鳥「亜美ちゃんの反応が気になるところですかねー」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:44:10.58 ID:ddzT5xLa0
P「あーみー♪」 ぎゅっ

亜美「おわぁっ!?」

亜美「んふふー にーちゃんから抱きついてくるなんて珍しいねェ?」

亜美「その顔ぶりから、皆一人ずつ抱きついて行って反応を楽しんでるのかなー?」

亜美「イタズラなら亜美と真美の特権だってのに、ダメだよにーちゃん♪」

亜美「バレバレー♪」

P「」

————————————
———

P「こんなマセた女の子プロデューサーは知りません」

小鳥「企画の本質すべてを理解してますね」

小鳥「えっ・・・?結局また逆恨みじゃないですか?」

P「俺はっ!亜美の将来を思ったのです!」

P「もし、ドッキリ企画があったとして、ああやって全部バラしたら番組がダメになってしまうでしょう!」

小鳥「声、震えてますよ?」

P「」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:49:47.08 ID:ddzT5xLa0
P「次ッ! 9位! 四条貴音 ちゃん!」

小鳥「あの貴音ちゃんが9位・・・何か察しました」

———————————–
———————–
—-

P「たーかーね♪」 ぎゅっ

貴音「・・・・!?」

貴音「無礼者っ!」  バシッ

P「くぁっ・・・」

貴音「あなた様ともあろう人が!何を考えているのです!」

貴音「そこに直りなさい!その根性を叩き直して差し上げます!」

P「え・・・」

貴音「早く!」

P「はい・・・」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:53:02.50 ID:ddzT5xLa0
P「結局、足の感覚が無くなるまで説教されました。正座で。」

P「年下の女の子に長時間説教されました。正座で。」

小鳥「」 クスクス

P「」 グスッ・・・・エグッ・・・

小鳥「ほ、本当に泣いてどうするんですか!?」

P「もう・・・あの時点でやめようかとおもいました・・・・」エグッ グスッ

小鳥「神経ず太い割に、心はすぐに折れるんですね・・・」

P「」 グサッ

P「うわぁぁぁぁ・・・・」

小鳥「次ッ!次いきましょうよ!ね?」

P「・・・ふぁい・・・」

P「8位! 如月千早 ちゃんです!!」

小鳥「わーわー!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 22:58:29.46 ID:ddzT5xLa0
P「ちーはやー♪」  ぎゅっ

千早「!?」

千早「ちょ、ちょっと何やってるんですか!?」

P「千早~」 ぎゅーっ

千早「プ、プロデューサー・・・///」

千早「本当・・・どうするんですか?誰か来たら・・・」

P「イヤ、なのか?」

千早「・・・です・・・」

P「え?」

千早「イヤじゃ・・・ないですけど・・・」

P「イヤじゃないけど?」

千早「・・・その・・心の準備が欲しかった・・・です」

P「へへへっ・・・千早は可愛いなあー!」  ぎゅーっ

千早「プ、プロデューサー///」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:01:31.78 ID:ddzT5xLa0
P「もーっ!千早ったら、抵抗してたのは最初だけなんですよ!」

P「最後の方なんて!手を握ってきましたよ!?いやっ!もうっ!素晴らしい!」

小鳥「浮き沈み激しいですね」

P「いやぁ!今までのが帳消しに出来るくらいの素晴らしい反応でした!」

小鳥「でもこの順位なんですね?」

P「えっ・・・」

小鳥「絶賛する割にそんな順位が高くないというか・・・」

P「いや・・・千早って・・・ねぇ?」

小鳥「あっ・・・(察し)」

P「・・・次行きましょうか」

小鳥「そ、そうですね」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:04:51.58 ID:ddzT5xLa0
P「次! 双海真美!」

小鳥「わーわー!」

小鳥「双子の真美ちゃんがずいぶん上って事は?」

P「上って事は?」

小鳥「期待通りの反応って事ですか?」

P「むふふふぅ・・・」

小鳥「笑い方エグいです」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:10:19.13 ID:ddzT5xLa0
P「まーみー♪」 ぎゅっ

真美「わっ・・・」

真美「もー、にーちゃん?それセクハラだよ→?」

P「」 ぎゅー

真美「ていうかにーちゃん・・・ちょっと苦しいっていうか・・・」

真美「ちょっと・・・恥ずかしいかな・・・あはは・・・

P「まーみー♪」 ぎゅーっ

真美「に、にいちゃん///誰か来たらどうすんのさ///」

真美「ホ、ホントに・・・もぅ・・・・」  きゅっ

P「ま、まみ・・・」

真美「何も言わないなんてズルいんだよ→?///」

P「う、うおおーっ真美ーっ!」

真美「に、にーちゃんダメだって→!///」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:14:49.89 ID:ddzT5xLa0
P「危うく理性を失いかけましたよ」

P「指とか手じゃなくて、袖を引っ張ってくるんですよ?」

P「破壊力抜群じゃないですか?」

小鳥「私も同意見です」 鼻血タラー

P「二人ともよく似てるのに、こんな反応が違うなんて!」

P「ちょっとズルいですよね?」

小鳥「ところで最後何をしたんですか?」

P「どさくさ紛れに胸を触って逃げてきましたよ」

小鳥「うわ・・・サイテーだ・・・」

P「だってPは男の子です!」

P「次行きますよ!」

P「6位! 星井美希!」

小鳥「えっ・・・ナイスバデェなのに・・・?」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:21:29.66 ID:ddzT5xLa0
P「みーきー♪」 ぎゅっ

美希「ハニー!?」

美希「やっとハニーから来てくれたんだね!」

P「えっ?」

美希「はにぃ~///」  ぎゅっ

P「ちょっ・・・美希・・・」

美希「ミキね、嬉しかったの。 いつもいつもミキからなのに」

美希「今日はハニー自らこうやって抱きしめてくれてとっても嬉しかったの♪」

美希「はにぃ~」

P「(しまった・・・このままでは流されてしまう!?こうなったら・・・)」

P「ミキ。目を瞑ってくれ・・・」

美希「えっ・・・ん・・・///」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:25:14.47 ID:ddzT5xLa0
小鳥「・・・・で、どうしたんですか?」

P「逃げてきました」

小鳥「本当にクズな上にゴミですね・・・」

P「だってあそこまでやるんですよ!?」

P「主導権握られっぱなしですよ!?」

P「ああでもしないとこっちがやられていた所でしたよ!」

小鳥「で、抱き心地はどうだったんですか?」

P「最高でした。」

小鳥「主導権握られて悔しかったワケですね?」

P「」

P「つっ・・・次行きましょう!」

小鳥「(ごまかした)」

P「5位!  我那覇響!」

小鳥「響ちゃんですね~!」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:31:10.43 ID:ddzT5xLa0
P「ひーびーきー♪」 ぎゅっ

響「おわぁっ!?」

響「いきなり抱きつくなんて、変態だぞ!」

P「」 ぎゅー

響「・・・ちょっと恥ずかしいぞ///」

響「お返しするさ!」 クルッ

P「(拘束を振りほどいただと!?)」

響「えいっ」 ぎゅー

P「(ひ、ひびき・・・///)」

P「(小柄なのに、柔らかい・・なんて体つきだ・・!)」

P「(それにこの・・・サラサラヘアー・・・)」

P「(完璧だぜ・・・!)」

響「それじゃ、自分もう行くぞ!」

P「あっ、おう!(危なく もっと って言う所だった)」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:35:41.06 ID:ddzT5xLa0
小鳥「完璧ですね」

P「ええ・・・危なかった・・・もう少し続けられていたら堕ちていた・・・」

P「あのポニテは反則だと思いますよ俺は」

小鳥「それでも5位なんですね?」

P「そりゃ・・・ねぇ・・・主導権握られちゃったし・・・」

小鳥「あぁ・・・・」

P「次!4位!」

小鳥「誰でしょう!」

P「天海春香 ちゃんです!」

小鳥「おおー、流石春香ちゃんですね!」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:39:12.73 ID:ddzT5xLa0
P「はーるか♪」 ぎゅっ

春香「プ、プロデューサーさん!?何やってるんですか!?」

P「」 ぎゅー

春香「ちょ、ちょっ・・・誰かに見つかったらどうするつもりなんですか!」

P「」 ぎゅー

春香「も、もうっ・・・///」

春香「そうやって何も言わないでただ抱きしめるだけなんて・・・ズルいですよ///」

P「ズルいと思う?」

春香「・・・そうです、絶対ズルいです!」

春香「こんなの・・・絶対に私・・・・」

P「絶対に私?」

春香「・・・・」 カー

春香「もっもう!」

P「(可愛いなぁ)」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:42:29.03 ID:ddzT5xLa0
小鳥「あざといですね」

P「全くですな」

小鳥「それで、抱き心地は?」

P「そこそこの胸、細い骨格にうっすらと乗った脂肪・・・」

P「カンペキですね」

小鳥「そうですね」

P「それすらもあざとい!あざとい星に生まれてきたんだ!あの娘は!」

P「さて!ベスト3の発表!!」

小鳥「わー!」 パチパチ

P「それでは3位の発表!」

小鳥「わくわく」

P「萩原雪歩!ちゃん!」

小鳥「おおー!!」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:46:43.34 ID:ddzT5xLa0
P「ゆーきほー♪」 ぎゅっ

雪歩「ちょちょ・・・何やってるんですかぁ~!」 カー

P「えへへ、雪歩~」 ぎゅー

雪歩「抱きついちゃダメです・・・///」

P「え・・・ダメなのか・・・?」

雪歩「・・・え・・・」

P「そっか、そうだよな・・・ごめんな・・・?」

雪歩「・・・え・・あの・・・」

P「雪歩がイヤって言うなら仕方ないよな・・・」

雪歩「・・・・じゃないですけど・・・」

P「雪歩?ボソボソ喋ってちゃ聞こえないな・・・」

雪歩「イヤじゃないですっ!!」

P「じゃあどうして欲しいんだ?」

雪歩「・・・・ください・・・」

雪歩「抱きしめてくださいぃ!」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:49:58.54 ID:ddzT5xLa0
小鳥「・・・」

P「・・・・」

P「何というか・・・雪歩は嗜虐心を煽られますねぇ!」

小鳥「そうですね、ちょっと大量のティッシュが必要ですかね鼻血が止まりません」

P「さぁ、鼻血の替えのティッシュなんて用意してる場合じゃないですよ?」

P「2位の発表!」

小鳥「いえーい!」

P「乗ってきたな?音無さん!」

小鳥「こうなったら最後まで付き合いますよーもう!」

P「よしきた! 2位は 三浦あずさ さん!」

小鳥「おぉ~」

小鳥「あの人のカラダは・・・なんか・・・凄そうですよね」

P「凄かったですよぉ~」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:53:18.46 ID:ddzT5xLa0
P「あーずーささん♪」 ぎゅっ

あずさ「あらあら」

あずさ「どうしたんですか、プロデューサーさん?」

P「」 ぎゅー

あずさ「あらあら」

あずさ「もう、仕方無いですね~」

あずさ「ちょっとだけですからね~?」

P「えへへ、あずささ~ん」

あずさ「よしよし、意外と甘えっ子さんなんですね?」

P「は、はい・・・///」

あずさ「よしよし」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 23:55:58.65 ID:ddzT5xLa0
P「いや~・・・あの母性には参った」

P「頭は撫でられないから、腕を撫でてくれたんですよ~」

小鳥「凄いですね、包容力というか、キモが座ってるというか・・・」

小鳥「完全主導権握られてましたけど、良かったんですか?」

P「なんか・・・もうどうでもよくなりました・・・あずささんの前では・・・」

小鳥「気持ちわからないでもないです・・・」

P「さてさて、次は!」

小鳥「いよいよ1位ですね!」

P「ここまで来たらわかりますね?」

P「 秋月律子ーっ!!」

小鳥「どんどんぱふぱふー」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする