【天海春香SS】P「春香にカチューシャ付けさせたらツンデレになった」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:27:18 ID:sTCNOqRY0
春香「ちょっと、プロデューサーさん」

P「ん? どうかしたか?」

春香「ここの予定間違ってないですか?」

P「えっと……あっ、すまん」

春香「もー、そんなのだからプロデューサーさんはダメなんですよ」

P「申し訳ない」

春香「ちゃんと頭働いてますか?」

P「……」

春香「糖分ちゃんと取らないと頭働かないですよ? って事で、これクッキーです」

P「えっ、いいのか?」

春香「か、勘違いしないでくださいよ! ただの社交辞令です」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:31:37 ID:sTCNOqRY0
春香「……」

P「ん、何?」

春香「もうすぐ私、帰る時間なんですよ」

P「そう……じゃあ、また明日な?」

春香「……それ食べないんですか?」

P「後で食うよ、あっ、今食べた方がいい?」

春香「べ、別に感想を聞きたいなんておもってないですからー!!」ダッ

P「……」

小鳥(あっっっっっっざとい!!)

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:42:42 ID:sTCNOqRY0
小鳥「なんですか今の?」

P「いやぁ……」

小鳥「あざとすぎて、目が腐るところでしたよ」

P「……腐ってるのは音無さんの頭の中だけでいいですよ」

小鳥「で、何ですかあれ? テロか何かですか?」

P「いや、なんかカチューシャつけさせたらあんな事に……」

小鳥「えっ、私を馬鹿にしてるんですか?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:50:38 ID:sTCNOqRY0
P「本当ですって」

小鳥「じゃあカチューシャはどこで買ったんですか? 最初の町の武器屋ですか?」

P「違いますよ、あれは事務所においてあった奴ですよ」

小鳥「……にわかには信じられませんね」

P「まぁ、俺もびっくりしましたけど」

小鳥「検証の為に春香ちゃんをもう一回呼びましょう」

P「えっ」

小鳥「さぁ電話してください、さぁすぐに、ほら早く」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 10:57:18 ID:sTCNOqRY0
P「わかりましたよ……」(ったく、このBBAは……)ボソッ

小鳥「あん?」

P「あっ、今から電話します、はい」

P「もしもし、春香か?」

P「うん、すまんいきなり電話して」

P「えっ、味の感想? いや、ごめんまだ食ってな──ごめんごめん、今から食うから」

P「……もぐもぐ」

P「すごいうまいよ。春香は天才だな」

P「……あぁ、違うの違うの味の感想を伝えたかっただけじゃないの」

小鳥(んだよ、このストロベリってる感じ……)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:01:35 ID:sTCNOqRY0
P「今から事務所に戻ってもらえたりしないかなーなんて、少し思ったり……」

P「……あー、うんごめん。そうだよね、無理だよね」

P「えっ、大丈夫なのか? でも、もう電車に乗るんじゃ……」

P「無理しなくてもいいぞ」

P「……忘れ物をついでに取りに来る?」

P「そうか、それなら……もう切れてる」

小鳥「なんですか今の? やっぱりテロですか? アラサー彼氏無しの私に爆撃ですか?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:09:36 ID:sTCNOqRY0
小鳥「よーっし、いっちょアラサー爆撃してくるかーみたいな感じですか? そうですか」

P「めんどくさいなこの人……」

小鳥「今日、お父さんアラサー三人も倒しちゃったよ、パパかっこいいー的な感じですか?」

ガチャ

小鳥「あらっ、もう来たの春香ちゃ──」

春香「ゼー……ゼー……な、なんですか?」

P「だ、大丈夫か? 別に走ってこなくてもよかったのに」

春香「べ、別に少しランニングしたかっただけですし」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:16:11 ID:sTCNOqRY0
春香「で、なんなんですかプロデュ……小鳥さんもいるんですね」

小鳥「えぇ、時間外労働もしっかりやるわ!」

春香「……そうですか、で何のようなんですか?」

P「いや、最近さ春香変わったなーっておもって」

春香「……は? それだけの為だけに私を呼び戻したんですか?」

P「うん」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:23:47 ID:sTCNOqRY0
春香「……ほんっとに、そんな事で!?」

P「はい」

春香「わ、私はた、大切な話かと思って走ってきたのに……そんな話ですか!」

P「す、すまん」

春香「大体プロデューサーさんはですねー」

小鳥「春香ちゃんが勘違いした大切な話ってなに?」

春香「はい?」

小鳥「だからー、何と勘違いして事務所まで走ってきたの?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:31:13 ID:sTCNOqRY0
春香「それは……小鳥さんには関係ないです」

小鳥「えっ、人に言えない事なの!?」

春香「ち、違いますよ」

小鳥「んー何かしら? 気になるわ」

春香「せ、詮索しないでください」

小鳥「でもプロデューサーさんも知りたいですよね」

P「そうですね」

春香「だ、だから……ゴニョゴニョ」

小鳥「はい??」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:36:40 ID:sTCNOqRY0
春香「だから小鳥さんには関係ないことです」

小鳥「……」

P「……」(終~了~)

小鳥「事務員である私に関係ない事……つまり、事務所に関係ないことって事は……」

小鳥「プロデューサーさんと春香ちゃん個人の話って事なのかしら?」

春香「!?」

P(小鳥さんって……なんでこんなことだけ頭が働くんだろ)

春香「そそそ、そんなんじゃないです!!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 11:51:08 ID:sTCNOqRY0
小鳥「まさか、付き合ってるんでか?」

P「な、何を──」

春香「そ、そんなバカなことがあるわけないじゃないですかー!!」

春香「はぁー……はぁー……ですよねプロデューサーさん」

P「お、おう」

小鳥「じゃあ、春香ちゃんはプロデューサーさんが好きでもなんともないのね。道においてある石と同義だと」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08 19:55:04 ID:isvJDslDO
春香「…そ、そうね、そこら辺に転がってる石と何ら変わりないです。たまに靴で蹴って車道に飛び出して引かれても関係ないぐらいになんともないです」

P「そ、そうか…」

春香「ぁ…」ズキン

P「ちょっと車道行ってくる」

春香「あ!!でも車道に石が転がってるのは少し危ないと思うので拾ってあげて、そのまま捨てるのは町の美化の為にならないので持ち帰って綺麗にしてあげる事にします」

小鳥「つまり、石を見かけたら全部拾ってお持ち帰りしちゃうの?」

春香「ち、違います!!その石だけ特別な石だったんです!!」

小鳥「どんな風に?」

春香「だ、だって…」チラッ

P「…」

春香「もうなんでもいいじゃないですか!!帰ります!!」

バタンッ

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする