春香「プ、プロデューサー改造計画ぅ?」【天海春香SS】


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 00:55:15.86 ID:voGE25QM0
春香「」

千早「春香?」

美希「春香?どうしたの?早く次のコーナーにいくの」

春香「え、あ、ご、ごめんなさい!え、えと次のコーナーは『緊急特別企画!プロデューサー改造計画』です!」

千早「ぷ、プロデューサー?」

美希「改造計画?」

P「…は?」

春香「え、え~と、このコーナーはアイドル達のプロデュースで日々忙しく働き、とてもお洒落になんか気を使えないであろう795プロのプロデューサーさんを番組スタッフが総力を挙げてイケメンにしてあげようという企画ですぅ?」

春香「誰得だ?と言われそうな企画ですが、放送中、たまに見切れるプロデューサーさんに対して『あれは誰?』
という視聴者からの問い合わせが思いのほか多くあり、であればと企画したこのコーナー!」

P「り、律子?」

律子「す、すいません、私も初耳です…」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:04:10.27 ID:voGE25QM0
春香「トップアイドルのプロデューサーがいかに変身するのか!乞うご期待!」

春香「と、いうことなんだけど…」チラッ

千早「ぷ、プロデューサー?」チラッ

美希「ハ、ニー?」チラッ

P(聞いてない!聞いてない!)フルフルフル

カメラパンッ!

P「え!?あ、あの、いや…」

亜美「さてさて、突如として始まりましたこのコーナー!」ヒョコッ

P「あ、亜美!?」

真美「当番組が誇る一流のスタイリスト、メイクさんが総力を挙げて真美達のプロデューサーを
イケメンにしてくれるわけですが!」ヒョコッ

P「真美!?お、お前らどこから湧いて…」

亜美「プロデューサー、今のお気持ちを一言でどうぞ!!」

9: 自分で立てたスレを見失う恐怖w 投稿日:2012/07/27(金) 01:07:25.14 ID:voGE25QM0
P「へ?い、いきなり言わr…」

真美「はい、ひっじょ→に楽しみにしている!ということですね!」

P「い、いや、そんなこと言って…」

亜美「では時間も押していることですし、早速メイクルームまで行きましょう!」

P「ちょっ、少しは俺の話を…」

亜美「ADさ→ん!795プロプロデューサー1名、メイクルームまでごあんな~い!!」

P「いや、だから…」

AD『はい、大人しくしてください~』ガシッ

P「俺の話を…」

AD『大丈夫、怖いことなんてないですからねぇ』ガシッ

P「少しは聞いて…」

AD『『それじゃ行きましょう』』グィ

P「くれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ……」ズルズルズルズル

真美「はい、それでは一度スタジオにカメラをお返ししま→す!」キャピ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:11:27.49 ID:voGE25QM0
春香「…」

千早「…」

美希「…」

律子(春香!カメラ!戻ってる!)

春香「え!あ、はい!え、え~と、ぷ、プロデューサーさんがどういった変身をするのか、た、楽しみだね、千早
ちゃん、美希!」

千早「…プロデューサがイケメンにイケメン、イケメン…」

美希「……ハニーが、ハニーが、ハニーが…」

春香「あ…あははは…え~と…」

カンペ(あと10秒でCM入ります)

春香「ぷ、プロデューサーの改造なるか!そ、それではここで一度CMです!」

AD『はい、CM入りまーす!次1分30秒後、『やよいのスマイル体操』の中継を…』

春香・千早・美希「「「!」」」ガタッ

ダダダダダダダダダダダダッ

AD『あ、あの~…』

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:15:05.38 ID:voGE25QM0
律子「ちょっとあなた達!さっきのあれは何?生放送なんだからボーっとしてちゃ駄目じゃない!」

春香「律子さん!」ガシッ

律子「え?」

美希「ハニーは!ハニーはどこに行ったの!」ガシッ

律子「え、あ、第1メイクルームに…って、美希!ハニーって呼ばない!」

千早「…第1メイクルーム!」ダッ

春香「あ!千早ちゃんずるい!」ダッ

美希「抜け駆けは許さないの!」ダッ

律子「ちょ、ちょっとどこ行くのよ!お説教はまだ…」

三人「「「すぐに戻りまーす!!」」」ダダダダダダダダッ

律子「すぐに戻るって…CM1分半しかないのよ!」

16: >>13思いっきり間違えたw 投稿日:2012/07/27(金) 01:18:40.83 ID:voGE25QM0
第1メイクルーム
P「これは一体どういうことなんだ亜美、真美…」

亜美「ま→ま→兄ちゃ~ん、もう始まっちゃったんだからリラックスして行こうよ~」

真美「そ→そ→、いつまでもそんな怖い顔したら視聴者ドン引きだよ~」

P「お前らな…放送始まっていきなりこんな状況になったら誰だってこういった顔になるだろ…」

亜美「え→そうかなぁ?亜美達だったらとことんまで楽しんじゃうけど、ねぇ?真美?」

真美「そ→だよ→、兄ちゃんは固すぎなんだってぇ、もっと楽しんで行こうよ!」

P「楽しめって…無理言うなよ、アイドルのプロデューサーって言っても芸能人ではないんだぞ…」

亜美・真美「「え~」」

P「それよりも、お前ら…いつから知ってたんだ?この企画?」

亜美「ん~、亜美達も今日いきなり聞かされたんだよねぇ」

真美「ほんとは今日、真美達はお姫ちんのラ→メン探訪のロケだったんだけど、朝、番組のディレクターさんが
来てこの企画をやるから~って変更になったんだよねぇ」

P「それじゃ今日は貴音のロケは中止か?」

亜美「ん~ん、亜美達の代わりにまこちんとゆきぴょんが行ってる~」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:24:06.71 ID:voGE25QM0
P「ああ、それじゃ真と雪歩のロケが潰れたのか、真…可愛い格好が出来るって喜んでたのになぁ」

真美「ゆきぴょんが一緒だからロケがあっても可愛い格好するなんて無理だったっしょ」

P「それもそうか…しかし貴音と一緒にラーメンロケか…真は大丈夫だと思うが雪歩が気になるなぁ、
あんまり食べそうなイメージじゃないし…」

亜美「そういや今日のお店はラーメン二十朗とか言ってたよぉ」

P「に、二十朗……雪歩…死ぬなよ」

オネェメイク「はいはい、おしゃべりはそこまでにして、そろそろ始めましょうかぁ、Pさん」

亜美「お!いよいよだね、兄ちゃん!」

真美「メイクさん、兄ちゃんをばっちりイケメンにしてよ!」

P「やっぱりやらないと駄目ですか?」

オネェメイク「やらないとコーナー1つ潰れちゃうわよぉ、貴方がそれでもいいんだって言うなら止めるけどぉ?」

P「む、むむぅ、く、くそ、分かった分かりましたやります、やりますよ!」

オネェメイク「は~い、それじゃリラックスしてねぇ、え~とぉ眼鏡は外しちゃってぇ…って、あら…」

P「ど、どうかしましたか?」

オネェメイク「ん~ん、なんでもないわよぉ(この子、眼鏡外すとなかなか可愛いじゃない)」ジュル
P「」ゾクッ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:28:17.58 ID:voGE25QM0
ダダダダダダダダダダダダッ

P「ん?」

美希「ハニーーーー!!」ダッ

千早「プロデューサー!」ダッ

春香「ぷ、プロデュ…わ、わあっ!」ズシャーン

P「ちょ、お、お前らここに何しに来たんだ、放送中だろ?って、春香大丈夫か?」

春香「だ、大丈夫ですっ!」ガバッ

美希「今はCM中なの!それよりもハニーが!」

千早「まだ始まったばかりみたいね」

P「お前ら、CM中って言ったって1分ちょいしかないだろ、すぐに戻れ!それに美希、ハニーって呼ばない!」

春香「で、でもプロデューサーさんが…」

千早「春香、ほんとに時間が無いわ」

美希「ミキはここでハ…プロデューサーの中継担当するから亜美と真美が代わりに行けばいいなって思うの」

P「美希…メインMCが放送途中で居なくなっちゃまずいだろ…いいから春香達と急いで戻れ!」

美希「え~、そんなのってないの!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:33:48.27 ID:voGE25QM0
春香「ほ、ほら美希、急いで戻らないとほんとに間に合わなくなっちゃうよ!」ダッ

美希「もー、ハ…プロデューサーまた後でなのー!」ダッ

千早「時間的にギリギリね」ダッ

ダダダダダダダダ…

P「あ、あいつら…毎回CM中に来るわけじゃないよな…」

亜美「はるるん達→!兄ちゃんのコーナーひびきんと同じ縦軸だからあんま来なくても大丈夫だよ→!」

P「え!?こ、これ縦軸なのか?」

真美「そうだよ、兄ちゃんも出世しましたなぁ」

P「ア、アイドル達の番組でこれを縦軸って…誰も得しないだろ…」

亜美「いやいやいや、すでに一部には大ウケですぜ、兄ちゃん!」

真美「しかし亜美さんや、これはなかなか面白いことになってきましたなぁ」

亜美「ですなぁ真美さんや、これは皆にメールで知らせないといけませんなぁ」

亜美・真美「「ヒッヒッヒッヒッ…」」
PiPiPiPi…

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:37:13.09 ID:voGE25QM0
たけのこ幼稚園

AD『それではスタジオCM開け、中継入りますんで準備お願いしまーす!』

やよい「はーい!伊織ちゃん、あずささん今日もはりきっていきましょー!」

あずさ「あらあら、うふふ」

伊織「やよいは相変わらず元気ねぇ…」

ヴーンヴーン
伊織「って、メール?亜美から?全く収録中なのに何やって……」

PiPi

…………………………………………………………
From:亜美
Title:兄ちゃん改造計画!

只今、兄ちゃん改造中→

なかなかのイケメンになるかもよ?

添付:P改造中写メ
…………………………………………………………

伊織「!!!」ガタッ

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:40:37.02 ID:voGE25QM0
伊織「ちょ…亜美達、今日は貴音とラーメンロケじゃなかったの!?」

あずさ「あらあら、どうしたのかしら?」

やよい「伊織ちゃん、何かあったんですかぁ?」

伊織「あずさ、やよい…これ…」ケータイチラ

やよい「わ~!これプロデューサーですかぁ?」

あずさ「あら?あらあらあらあら」

伊織「…り、律子に確認しないと」PiPi

AD『CM開けま~す!』

伊織「…え!?」

やよい「は、は~い!すぐ行きまーす!」

伊織「…やよい、あずさ、1回目の中継、出来るだけ早く終らせるわよ」

やよい「え?な、なんで伊織ちゃん?」

伊織「スタジオがどうなってるのか律子に確認取らないと…」

あずさ「あらあら大変ねぇ」

AD『あの~本番始まっちゃいますよ~』

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:44:06.70 ID:voGE25QM0
ラーメン探訪ロケ車内

真「ねぇねぇ貴音、今日はどんなお店なの?」

貴音「それは着いてからのお楽しみですよ、真」

真「う~初めてのラーメンロケだから楽しみだなぁ、ね?雪歩」

雪歩「わ、私は全部食べられるか心配ですぅ」

貴音「雪歩、そんなに心配せずとも良いのですよ、例え、全て食すことが出来なくても
残りはわたくしが美味しく頂きますから」

雪歩「し、四条さん…」

真「ははは、それに僕だっているしね、安心しなよ雪歩!」

雪歩「真ちゃん…」

~♪~♪x3

真「あれ?メールだ」

雪歩「あ、私にも…」

貴音「わたくしも、ですね、誰でしょうか?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:48:05.57 ID:voGE25QM0
真「あ、亜美からだ(Pi)そういや朝、急な中継が入ったとかで今日の
予定変わったけど(Pi)なんだったんだろ…う…なって…」

真・雪歩・貴音「「「えぇ!?」」」

真「こ、これって…」

雪歩「ぷ、プロデューサーをかかか、改造!?」

貴音「な、なんと…」

真「朝、急に入ったロケってこれだったのか…」

真「……」

真「あ、あのさ貴音…」

貴音「なんでしょう、真…」

真「ラーメン探訪って食べ終わったら、そこでロケ終了だよね…」

貴音「中継時には尺、というものはありますが、全て食せば終了ですね」

真「それじゃ、出来るだけ早く食べればロケ時間も短くて済むよね?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:53:25.09 ID:voGE25QM0
貴音「可能、だとは思いますが…今日のお店は…」

真「雪歩、もし食べきれなさそうなら、早い段階でこっちに渡して、そうすれば後は僕らが…」

雪歩「……リ…」

真「…リ?」

雪歩「…リミィッッッタァーーーー解ぃぃぃ除ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」バシュゥゥゥゥゥ!!

真「ゆ、雪歩ぉっ!」

雪歩「真ちゃん、四条さん、安心して…いつもはセーブしてある穴掘りパワーを
今日はこの1戦(ラーメン)の為に全て投入するから…」ウィンウィンウィンウィン

真「…リ、リミッターってなに…雪歩」

雪歩「いつもの私とは違うってことだよ…真ちゃん」

真「…そ、そうなんだ」

真(よ、良く分からないけど、これで雪歩の食べるペースが上がるなら思ったよりも早くこの中継終らせられるかもしれない…)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 01:57:10.72 ID:voGE25QM0
とある山中

D『響ちゃ~ん、一度ここで休憩入れようかぁ』

響「は、はい~」ハァハァ

響「うぅ~、放送終了までに山の中を15km走ってスタジオに到着なんていくらなんでも無理だぞぉ」ハァハァ

AD『我那覇さん、お水です』

響「ありがとうADさん、そういや今、何キロくらい走ったん来たんさぁ」ンクッンクッ

AD『え~と5Kmくらいですかね、20分でこれなら良いペースだと思いますよ』

響「ま、まだそれくらいかぁ…とてもじゃないけど間に合わないぞ…」ハァ

D『ははは、響ちゃん、無理して間に合わせようとしなくてもいいよ、努力することに意味があるんだしね!それとさっき
携帯に着信があったみたいだけど…』

響「あ、ほんとだ、誰からだろ?」カチャッ

響「亜美からメール?今日は貴音とラーメン探訪のロケのはずだけど…」Pi

響「…」メールカクニンチゥ

響「えぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:00:37.89 ID:voGE25QM0
D『それじゃ響ちゃん、このあと一度スタジオと繋いで中継入れるから…』

響「…ディレクターさん」

D『ん、なに?』

響「放送終了までは、あと何分さぁ」

D『え~と、エンディングまでならあと35分くらいかな…』

響(残り10Kmを35分以内で…)

D『ど、どうしたの?響ちゃん…』

響「……なんくる…」

D『え?』

響「なんくるないさーーー!!!」ダッ

D『ちょ、ちょっと響ちゃん!』

響「ディレクターさん!自分このまま、スタジオまでノンストップで走り続けるぞ!」ダッシュ

D『ひ、響ちゃん!いや一度中継を…』

響(絶対…絶対放送終了までにスタジオに到着するぞ!待ってるさぁプロデューサー!)タタタタタタタタッ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:04:09.89 ID:voGE25QM0
ブーブーエス赤坂スタジオ

AD『あと10秒でCM開けまーす』

律子(あ、あの子達…なにやってるのよ!!)イライラ

…ダダダダダダダダダダダダダッ

律子「ちょ、ちょっとあなた達急いで!」

AD『……3、2、1』

—パ、パチ、パチパチパチ…

デンッ! スチャッ

デンッ!! スチャッ

デンッ!!! キャッ、ズシャーン

千早「ハァハァ……な、生っ…すか」

美希「ゼェゼェ……さ、さて…次の中継はぁ…や、やよい~」ゼェゼェ

春香「…イタタタッ」ガチャッ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:07:47.70 ID:voGE25QM0
やよい『は~い、スタジオのみなさ~ん!』

春香「……や、やよい~、今日は…ど、どこからぁ?」ゼェゼェ

やよい『え、え~と、私は今、たけのこ幼稚園さんにきてるんですよぉ』

春香「…」ハァハァ

美希「…」ゼェゼェ

やよい『…あの何かあったんですかぁ?』

千早「…なんでもないわ高槻さん、気にせず続けて」フゥ

やよい『あ、、はい!え、えと今週のお助けパートナーはあずささんと伊織ちゃんですぅ!』

伊織『みんなぁ、こんっにっちわ~!』

\コンニチワー/

春香「…わぁ…そ、そっちは…元気ぃ…」ハァハァ

美希「…こっちは全力ダッシュして気持ち悪いの」ウプッ

律子「」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:11:13.13 ID:voGE25QM0
律子(ま、まずいわね…)

律子(プロデューサーの企画のせいでスタジオの3人はボロボロだわ…)

律子(これから先、CMの度にプロデューサーのところになんか行ってたら、さらに酷くなってくるわよね…)

律子(これは、なんとしても阻止しないと…)

律子(けど、中継に出てるアイドル達には知られなかったのは救いね…)

律子(向こうで暴走されたら止めようが無かったもの)

律子(とりあえず、スタジオの3人をなんとかして、この放送なんとか乗り切らないと…)

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:16:39.40 ID:voGE25QM0
やよい『今日は幼稚園はお休みなんですけど、みんなこのちゅ~け~のためにきてくれましたぁ』

美希「…や、やよいもあずさもでこちゃんも、その衣装、とっても可愛いのぉ」

千早「た、高槻さん…とっても、とっても可愛いぃぃぃ」ハァハァハァ

あずさ『うふ、ありがとぉございますぅ』クル~リヒラッ

伊織『ちょっ、あずさ!洒落になってないわよっ!』

春香「や、やよいと伊織は違和感ないけどあずささんは…」

千早「イメクラね…」

美希「エ○過ぎるの…」

春香「…」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:20:05.03 ID:voGE25QM0
やよい『それじゃ今週もみなさんに…』
伊織(…来たっ)ギラッ

やよい『…笑顔とハッピーをおとどけしちゃいまーすぅ!』
伊織(やよい…ごめんなさい)

やよい『みんなぁ集まってぇ!』
伊織(私の我が侭だってことは分かってる…でも、この中継…なんとしても早く終らせたいの…)

ワァーキャートテトテトテ

伊織(だから…やよいの笑顔とハッピーを犠牲にしても…)

やよい『それじゃぁスマイル…』

伊織『スマイル体操5倍速いっくよ~!(このスマイル体操乗っ取らせてもらうわ!!)』

やよい『え!?』

春香・千早・美希・律子「「「「え!?」」」」

D・AD『えぇ!!』

伊織『新堂!!』

新堂『かしこまりました、お嬢様』スチャッ

D『…誰、この爺さん!?』

69: なんで早く戻りたいんだろうな、俺にもわからんw 投稿日:2012/07/27(金) 02:24:20.53 ID:voGE25QM0
—♪♪♪♪♪♪・・・・・

春香「……5倍速」

千早「……園児が誰1人ついていけてないわね」

美希「……やよいもついていけてないの」

春香「……踊れてるの伊織とあずささんだけ…」

美希「……あずさ、スカートがヤバイの」

春香「……スカートだけじゃなく胸も」

千早「……くっ」ギリッ

—♪~♪♪♪♪・・・・

美希「……あ~やよい、半泣きなの」

春香「……もう誰か止めてあげて」

千早「……高槻さん」ハァハァ

律子「」

AD『きょ、曲終わりでスタジオに戻りま~す!』

美希「……流石に5倍速は速いの」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:28:06.70 ID:voGE25QM0
―――

やよい『……グスッ…ま…まったねぇ…グスッ』

美希「…み、みんなぁ、ありがとうなのぉ」

千早「せ、先生方、父兄の皆さんも有難う御座いました…」

春香「え、え~と…み、みんなの元気がスタジオにも伝わってきた…よね?」

美希「…元気というより狂気なの」

春香「あはははは…」

千早「き、気を取り直して続いてのコーナーは…」

春香「え、え~と、あ!つ、次はプロデューサー改造計画のパート2だよ!」

千早・美希「「!!」」ガタッ

春香「現場の亜美!真美!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:31:33.87 ID:voGE25QM0
亜美『は~い、こちら第1メイクルームの亜美と…』

真美『真美で→す!』

春香「亜美、真美!ぷ、プロデューサーさんは?」

亜美『え~と、今、プロデューサーはヘアメイクの最中ですねぇ』

真美『さっきまでアシンメトリーにするかしないかで揉めていたんですがぁ、今は…』

P『…ちょ、ちょっとパ、パーマあてるんですか?』

オネェメイク『…大丈夫よぉ部分パーマだからぁ』

P『…い、いや、それどう考えたって部分パーマの量じゃ…』

オネェメイク『…あ~、もう細かい男ねぇ…ADちゃ~ん、ちょっと押さえといてくれるぅ』

P『…え、いや、ちょっと…待って』

亜美『…パーマをあてるかどうかで揉めてるみたいです~』

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:35:08.04 ID:voGE25QM0
春香「…え~と、亜美真美」

真美『なに~、はるるん?』

春香「あの、細かいこと言うようであれなんだけど、なんで…」

美希「なんでハニーが曇りガラスの向こうにいるの!!」

亜美『え→!だってはるるんにミキミキ~、今、ここで見せちゃったら完成したときのドキドキ感がなくなっちゃうじゃないかぁ』

真美『そ→そ→、あんまりがっつかないほうがいいよぉ』

亜美『それじゃ、ここらでスタジオに戻しまーす』

亜美・真美『まったね→!』

美希「ちょっ、亜美真美!!!」

春香「み、美希っ、落ち着いて」

千早「は、果たしてプロデューサーはパーマをかけるのか、続きはのちほど」

『あみまみちゃ~ん』

AD『V終わりでCM入りまーす、次スタジオ3分30秒後でーす』

春香・千早・美希「「「ガタッ」」」
—ダダダダダダダダッ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:38:19.91 ID:voGE25QM0
律子「ちょっとあんた達!もうプロデューサーのとこには行かさないわよ!」ガバッ

美希「どいてなの律子!」

律子「どいてじゃないでしょ!さっきの本番はなに?どこの世界にゼハゼハ息切れしながらMC勤めるアイドルがいるのよ!」

美希「ここに居るの!」ドヤッ

律子「居る居ないの話してんじゃないわよ、この馬鹿!!」

ヴーンヴーンヴーン…

律子「とりあえず、あと何度かプロデューサーの中継入れるらしいから、それで我慢しなさい!」

ヴーンヴーンヴーン…

春香「でも、さっきの中継じゃプロデューサーさんの顔が…」

ヴーンヴーンヴーン…

律子「でもじゃない!それに最後はちゃんと見られるんだから、そこまで我慢…」

ヴーンヴーンヴーン…

律子「…って、あ~も~さっきからうるっさいわねぇ、この忙しいときに一体誰よ…」ゴソゴソ

美希(っ!チャンスなの…)ダッ

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:41:53.40 ID:voGE25QM0
律子「Pi…はい、もしもs…あっ、こらっ美希!」

—タタタタタタタ…

春香「ご、ごめんなさい、律子さん!」ダッ

律子「…え!?」

千早「今度はちゃんと余裕を持って戻りますから」ダッ

律子「ちょっ、春香!千早!」

『……子……律子…』

律子「あ~も~!…もしもし!」

『律子っ!なにやってるのよ!』

律子「い、伊織っ!?ちょっと中継に何やって…って、あんたさっきのあれ…」

伊織『今はそんなことどうでもいいの!それよりも…!』

律子「ど、どうでもいいって…やよい半泣きだったじゃない!」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:45:06.45 ID:voGE25QM0
伊織『うっ…や、やよいには、さっきちゃんと謝ったわよ…それよりもプロデューサー改造計画のこと教えなさいよ!』

律子「プロデューサー改造計画って…ちょっと伊織、なんであなたがその企画のこと知ってるの?」

伊織『亜美からメールが来たのよ、今、プロデューサー改造中ってね』

律子(あ、あいつらが元凶かぁぁぁぁ)ギリギリギリ…

伊織『…っていうか亜美達、今日は貴音とロケの予定じゃなかったの?』

律子(伊織が知っているということは、もう他のロケに出てる子たちの耳にも入ってるわよね…)

伊織『そもそも、なんで進行表に書いてない企画がそっちで始まってるのよ…』

律子(伊織でさえ、あれだけ暴走したんだから他の子達だって少なからず暴走する可能性はあるはず…)

律子(あ~も~、中継先の子達は知らないと思って安心した私が馬鹿だった…)

伊織『…ちょっと律子、聞いてる?』

律子「伊織、詳しい話はまたあとでするから、あなたはまずその中継に集中しなさい!それじゃ一度切るわよ」ピッ

伊織『あ、あとでって、ちょ、ちょっと律子…』ツーツーツー…

律子「さ~て…亜美、真美、覚悟しときなさいよぉ…」メラメラメラ

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:48:18.95 ID:voGE25QM0
第1メイクルーム
P「はぁ…結局パーマをあてることになってしまったか…」

オネェメイク「もぅ、あてるっていっても襟足とトップに少しだけだから安心しなさいよ」

亜美「ねぇねぇメイクさーん、パーマってそんなに簡単にかけられるのぉ?」

真美「時間掛かるじゃないのぉ?」

オネェメイク「しっかりかけようとすればそれなりに時間は掛かるけど、今回は毛先に少し癖を付ける感じにするだけだから5分程度で済むわよ」

P「さっきのパーマ液の量からは、そんな感じはしませんでしたけどね…」

真美「けど兄ちゃんがどんな感じになるのか楽しみだねぇ」

亜美「亜美的には最初に言ってたアシンメトリーな兄ちゃんも見てみたかったけどねぇ」

P「…勘弁してくれ」

オネェメイク「はいはい、それじゃまずトップの毛先からかけていくから動くんじゃないわよぉ」カチャカチャ

P「ほんと…ほどほどにして下さいね…」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:51:42.99 ID:voGE25QM0
…ダダダダダダッ

P「こ、この足音には嫌な記憶が…」

亜美「ふふん♪」

真美「狙い通り来たね♪」

—ガチャッ!

美希「ハニーーーーー!」ダッ

春香「プロデューサーさんっ!」ダッ

千早「プロデューサー!」ダッ

P「また来たし…あのなお前ら…」スッ

亜美「おっと兄ちゃん、そこまで!」ズイッ

真美「兄ちゃんはそこから動いちゃ駄目だかんね!」ズズィツ

オネェメイク「そうそう、動くんじゃないわよぉ」カチャカチャ

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:55:07.91 ID:voGE25QM0
亜美「も~はるるんにミキミキ、それに千早お姉ちゃん、なんでちゃんとスタジオで待っていられないのかなぁ」

真美「さっきも言ったけど、ここで見ちゃったら完成したときのドキドキ感が無くなっちゃうじゃないかぁ」

春香「そんなこと言われも…気になるものはしょうがないじゃない!」

美希「なんで亜美達だけが見られてミキ達が見られないの!」

千早「そうね亜美と真美だけが見れるってのはなんか納得いかないわ…」

亜美「いやぁだって亜美達、リポーターなんだからしょうがないじゃんよぉ」ニマニマ

真美「そ→そ→、リポートしないといけないしねぇ」ニマニマ

律子「でも終始見てる必要はないわよね…」メラメラメラ

亜美・真美「「り、りっちゃん!」」

春香「あ…」

美希「…やばいの」

千早「…」

P「な、なんだ律子まで来たのか?」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 02:58:13.88 ID:voGE25QM0
律子「…とりあえず、あなた達3人はすぐにスタジオ戻りなさい…」

春香「で、でも…」

律子「でももだっても無いの!い・い・か・ら早く戻りなさい…ね?」ニコォ

春香・千早・美希「「「…は、はい!」」」ビシッ

…タタタタタタタッ

亜美(ま、真美…なんかりっちゃん…)

真美(う、うん…す、凄く怒ってるよね…)

律子「…さぁて…亜美に真美…」クル~リ

亜美・真美「「ひゃ、ひゃい!」」ビシッ

律子「ちょ~と、2人に聞きたいことがあるんだけど、良いかしら…」メラメラメラ

亜美・真美「「な、なんでしょうか…」」タラタラタラ…

―――
――

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:01:22.80 ID:voGE25QM0
律子「……で、中継に出てる子達全員にメールで教えたのね」

亜美・真美「「は、はい…」」

律子「あんたらねぇ…なんでそんなことしたのよ!」バンッ

亜美「いや、だって皆も知っといたほうがいいかなぁと思って…」

真美「そのほうがやる気も出るかなぁって…」

律子「…そうね、確かに出たわね、やる気が…ただとんでもない方向に行ったけどね!」

P「な、なにかあったのか?」

律子「え~と伊織が…」

P「い、伊織が?」

亜美・真美「…」ワクワク

律子「やよいのコーナーでスマイル体操を…」

P「…」ゴクッ

律子「…5倍速で踊って…」

P「5倍速ぅ?」

亜美・真美「「…っ!」」ブホォッ

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:05:17.42 ID:voGE25QM0
律子「亜美!真美!」

亜美「…ご、ごめん…なさ…い…クッ…クククッ」プルプル

真美「……ご…5倍…クククッ」プルプル

P「…」

P「律子…このあとのみんなの中継は…」

律子「え~とCM開けすぐに響チャレンジの途中経過、次に貴音のラーメン探訪が入って最後にやよいの明日の天気ですけど…」

P「…ちょっと俺の携帯取ってくれないか?」

律子「外の子に連絡取ろうとしても無駄ですよ…」

P「なんで?」

律子「ここに来る前に私がかけてみましたけど、響は走ってるから当然として、他の子達ももうリハに入ってるのか誰1人でませんでした…」

P「な…」

律子「これからどうしましょうかプロデューサー」

P「とりあえず放送内容確認したいんでモニターかなにか持ってきてくれないかな?ここテレビないんだよ」

律子「わかりました」タッ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:10:43.20 ID:voGE25QM0
亜美(ま、真美…)

真美(なに、亜美?)

亜美(りっちゃんにはすっごく怒られはしたけどさぁ、なんか狙い通りにいってるねぇ)

真美(そうだねぇ…ただちょっと兄ちゃんを困らせちゃってるのがあれだけど…)

亜美(う~ん、ま、そこは放送終ったあと、亜美達が全力で慰めてあげればいいじゃないかな?)

真美(そ、そんなんでいいのかなぁ…)

律子「あ~、そうだ亜美に真美!」

亜美・真美「「は、はい!」」ビクッ

律子「あんた達、もうメイク室から出ていいわよ」

亜美「え!?なんで?」
真美「真美達にはリポートという立派な仕事が…」

律子「そのことなんだけど、プロデューサーの中継、最後の完成披露まで無いらしいんで、あなた達は罰としてスタジオに
行ってあの3人が無茶しないように見張ってなさい!」

亜美・真美「「そ、そんなぁ~」」ブーブー

律子「いいから早く行きなさい!」

103: 支援サンクス 投稿日:2012/07/27(金) 03:14:24.33 ID:voGE25QM0

――
―――

律子「ぷ、プロデューサー、とりあえず隣の楽屋からテレビ持ってきました」ゴトッ

P「悪いな律子、重かったろ?」

律子「いいえ液晶の19インチですからそれほど重くないですよ…え~と、これをここに繋いでっと…」カチャカチャ

—ワァーパチパチパチ…

律子「ギリギリ間に合いましたね…プロデュー…サー…」ジー

P「そうだな…って、どうした律子?」

律子「い、いえなんでもないですよ…(眼鏡外して髪型少し変えただけでも結構印象変わるものね…)」ドキドキ

P「…?」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:18:06.05 ID:voGE25QM0
AD『本番5秒前……3…2…』

春香(あ~あ、プロデューサーさんがどうなってるか見たかったなぁ)ムスゥ

—ワァーパチパチパチ…

デンッ

春香(なんで亜美達は見れて私は見れないのよぉ)ムッスゥ

デンッ

千早(は、春香っ)

デンッ

春香「…え、あ、あれっ」アタフタ

美希「生すかっ!」ズイッ
—アハハハハハッ

P「…」

律子「…もうずっとこんな感じですよ」

109: >>107すまん、まだ結構かかる 投稿日:2012/07/27(金) 03:21:14.68 ID:voGE25QM0
美希「続いてのコーナーは響チャレンジなの!」

千早「今週、我那覇さんが挑戦しているのは放送終了までにスタジオにゴールインです」

美希「さて、ど~なってるかなぁ、ひびき~」

『…』

美希「あ、あれ?ひ~びき~?」

『…』

春香「ど、どうしちゃったのかな響ちゃん?」

千早「あ…い、今入った情報によりますと、ここで一度状況を伝えてもらう予定でしたが、我那覇さんが突如、放送終了までになんとしてもスタジオに帰ると走り出し、今、現場スタッフが慌ててあとを追っているとのことです…」

春香「…」

美希「…え~と、響ファイトなの」

春香「じょ、状況は随時お伝えします」

千早「では、次のコーナーどうぞ」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:24:46.22 ID:voGE25QM0
P「…」

律子「…」

P「…ま、まぁスタジオに戻るという趣旨は変わってないし、本人のやる気も出てるし結果オーライか…」

律子「そ、そうですかね…」

P「つ、次は貴音のラーメン探訪か…たしか真と雪歩が一緒なんだよな、あの3人なら心配はいらないと思うが…」

律子「どうですかね、3人とも暴走すると伊織以上のことをしでかしそうですけど…」

P「…」

P「と、とりあえず、何もなく終ることを祈ろう…」

律子「そうですね…」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:28:14.72 ID:voGE25QM0
ラーメン二十郎前

貴音『…極楽も 地獄もさきは有明の 月の心に かかる雲なし』ポポンッ

貴音『これより戦場へと赴くのに、なんと晴れやかな心持ちでしょうか…皆さん、如何お過ごしですか、四条貴音です』

真『た、貴音…なんか凄く物々しい感じで始まったけど…ラーメン食べにいくだけだよね?』

雪歩『真ちゃん…いつまでラーメンを食べにいくなんていう軽い気持ちでいるの?そんなことじゃ殺られるよ?』

真『え、いや…だって…』

貴音『雪歩の言う通りですよ、真…たかがらぁめんなどという気持ちでいては、この勝負勝てませんよ』

真『しょ、勝負って…』

雪歩『何事も殺るか殺られるかだよ、真ちゃん』

貴音『…その通りですよ、真…では、参りましょうか』

律子「…今日のラーメン屋は戦場にあるんですか?」

P「いや…ま、まぁ、ある意味、戦場ではあるが…」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:31:26.13 ID:voGE25QM0

――
―――

真(とりあえず、店に入って貴音と同じ食券買ったけど…チャーシューのダブルなら問題ないかな…)

貴音(貴方様…本来ならば一刻も早く駆けつけたいところではありますが…わたくし、らぁめんを前に手を抜くことなど出来ません…)

貴音『店主!麺硬からめ野菜ダブルにんにく油増し増し!』ドドンッ

真・雪歩『…お、同じので!』

貴音(…けれど貴方様にすぐに遭いたいとい気持ちもまた本心…)

貴音(…なれば、この勝負…わたしくしの持てる力全てを注ぎ一刻も早く終らせる事としましょう!)

――
『…はい、おまちー』ゴトンッ

メンカタカラメヤサイWニンニクアブラマシマシ『…オラッ、クエルモンナラクッテミロヨー』

真『…た、貴音…なんかもやしがタワーになってるドンブリが置かれたんだけど…』

貴音『真…あとが閊えていますよ、速やかに粛々と食すのです、お客の流れを滞らせると…』パキッ

貴音『ロットなるものが乱れてお店に迷惑がかかるといいます!』キランッ

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:35:06.34 ID:voGE25QM0
真『で、でも貴音…これはちょっと…』

貴音『…パクパクパクパク』

雪歩『ふふふ…リミッターを解除した私は3倍速く…』パクパクパクパク

真『ゆ、雪歩まで…く、くっそー、もうこうなったら自棄だ!!』パクパクパクパク

――5分後…

貴音『…美味しゅう御座いました』

真『ご、5分で完食って、こっちはまだ麺にも到達してないのに…』ウップ…

雪歩『…ま、真ちゃ~ん、食べても食べてももやしが減らないよ~』グスッ

真『…雪歩…さっきリミッター解除したんじゃなかったの?』

雪歩『…リミッター解除しても胃袋の大きさまでは変わらなかっ…たみ…た…い…』バタンッ

真『ゆ、雪歩ーーー!!』

貴音『…四条貴音のらぁめん探訪、今週も素晴らしい出会いがありました、来週もまた次の出会いを求めて…』ペコリ

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:38:39.66 ID:voGE25QM0
第1メイクルーム
P「な、なんとか貴音の分は終ったな…」

律子「そ、そうですね、最初がちょっとあれでしたが、あの程度なら、まぁ良しでしょう…」

P「つ、次の中継はやよいの天気予報か…」

律子「そうですね、でも、その前に響チャレンジの中継もまた挟むんじゃないですか?さっきの響の中継だと尺が絶対的に足りませんし…」

P「そ、そうか…」

律子「…とりあえず、私はスタジオに戻りますね、流石に亜美や真美に任せておくのは心配ですし」

P「そうだな」

律子「あ~それとプロデューサー…」

P「ん?」

律子「…あ、あのプロデューサーは嫌かもしれませんけど…そ、その…結構ィヶてると思いますよ…」

P「…え!?」

律子「な、なんでもないです/// そ、それじゃスタジオ戻ります!」スタスタスタ

P「な、なんなんだ…」

オネェメイク「フフフ…」カチャカチャ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:42:34.81 ID:voGE25QM0
――――

『た、貴音、これは流石にきつい…』

—ハハハハハハッ

春香「…あ、あれ?なんで亜美達ここにいるの?」

亜美「あ、はるるん達ぃ聞いてよぉ」

真美「真美達、何も悪いことしてないのに、りっちゃんに追い出されたんだよぉ」

千早「どういうことなの?」

亜美「えっとね…」

真美「カクカクシカジカ…」

亜美「…というわけなんだけど、りっちゃん酷いよねぇ」

春香「…あ~…だから伊織や響ちゃんの中継があんなことに…」

千早「四条さんの中継も最初おかしなことになってたわね」

美希「…自業自得なの」

亜美・真美「「えーーーー」」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 03:46:05.64 ID:voGE25QM0
春香「はぁ、でもこれじゃ今、メイク室に行ってもすぐ律子さんに追い出されちゃうかぁ…」

亜美「ものすっごい怒ってたからねぇ…」

真美「今行ったら火に油を注ぐことになるかもよぉ」ブルブルブル

春香「もー、元はと言えば亜美達が悪いんじゃない!」

亜美「え→!はるるん達だってCM毎に抜け出してりっちゃん怒らせてたじゃんかぁ!」

真美「そ→だそ→だ!真美達だけのせいじゃないぞぉ!」

春香「そ、それは…」

千早「春香、もう大人しくスタジオで待ちましょう」

春香「う、うぅぅ…」ショボン

千早「美希も、それでいいわよね?」

美希「千早さんがそう言うんだったらしょうがないの、大人しくスタジオでハニーを待つの」

AD『1分前でーす、準備お願いしまーす』

142: すまんサルくらってた保守サンクス 投稿日:2012/07/27(金) 04:47:29.32 ID:voGE25QM0

――
―――

美希『…今週の差し入れ~、さっき紹介したラーメン二十郎さんからの…』

律子「…はぁ、なんとか落ち着いてきたみたいね」

亜美「お、りっちゃん」

真美「あれ~、戻ってきたの?」

律子「見てろとは言ったけど、流石にあなた達に任せておくわけにはいかないからね」

亜美「亜美達、信用0ですな」

真美「ですな」

律子「あたりまえでしょ…けど、なんとかあの3人が落ち着いてくれたみたいで助かったわ…」

真美「あ~、りっちゃ~ん、安心したとこに水を差すようだけど、そ→でもないみたいだよ…」

律子「…え!?」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 04:53:05.75 ID:voGE25QM0
—パカッバシンッ

春香『フガッ!』イタタタタ

千早『っ!…プッ…クッ…ククク…』プルプル…

—アハハハハハハハハハ

真美「…ね?」

律子「」

亜美「美味しいとこもってくなぁ、はるるん」

律子「…ま、まぁ今回はウケてるみたいだし良しとしましょう」ヒクッヒクッ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 04:56:17.68 ID:voGE25QM0

――
―――

美希「それじゃ次は映画の紹介なの!」

『あみまみちゃん、その2ぃ』

あみ『あみですぅ』

まみ『まみですぅ』

あみまみ『『あみとまみで…』』ゴソゴソ

あみ『あまみですぅっ!』

まみ『プロデューサーさんっ!映画ですよ、映画っ!』

律子「何時かこのネタやるんじゃないかと思ってはいたけどね…」

亜美「へっへ~ん、似てるっしょぉ」

真美「律子さん!映画ですよ、映画っ!」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:00:07.98 ID:voGE25QM0

――
―――
春香「…崇め奉りなさい!」ビシッ

美希「格好いいの!春香は以外と悪役が嵌る感じだよね?」

春香「そうなの!演じてるときはすっごく楽しかったぁ」

千早「…以外と、というよりは地よね」

春香「…え!?」

美希「そう言われればそうなの、もう違和感無いってくらい嵌ってたの」

春香「…えぇっ!?」

千早「春香、もう何も隠すことなくそのままで行ったら?」

春香「い、いや、ちょっと千早ちゃん…」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:03:25.28 ID:voGE25QM0
美希「さて次のコーナーは…」

千早「響チャレンジだけど…我那覇さんは今、どこを走ってるのかしら?」

春香「…あ、あの…二人ともフォローが…」

美希「ひっびき~!」

『…』

美希「あれ?また響がいないの」

千早「それよりも、今写ってるのってこのスタジオのロビーよね?」

春香「え、え~と、あっ今入った情報によると響ちゃんは…」

—ダダダ…

春香「残り10kmの距離を日本記録を大幅に上回るハイペースで走り…」

—ダダダダダダ…

春香「まもなく、このスタジオに…」

—ダダダダダダダダダッ

響「…なんっっっくるっないっさーーーー!!!」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:07:11.33 ID:voGE25QM0
春香「…って響ちゃん!」

美希「ひ、響!」

オォォォ!!パチパチパチパチパチパチ…

春香「な、なんと響ちゃんが15kmを完走し、スタジオに戻ってきました!」

ヒビキスゲェ-、サスガカンペキ、ボッチサイキョウ!

千早「我那覇さん凄い」

響「ハァハァハァハァ…」

カンペ(感想聞いて)

春香「そ、それでは15kmを走りきった響ちゃんに感想を聞きたいと思います!」

千早「我那覇さん、チャレンジ成功ですが今の感想を!」

響「…ハァ…ハァ…じ、自分…間に合ったのか…」

美希「凄いの響!もう全然余裕で間に合ってるの!」

響「…そ、そうか…よ、良かったぞ…そ、それで…」

春香「それで?」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:12:47.13 ID:voGE25QM0
響「…プロデューサーはどこにいるんだ?」

春香「…え?」

響「ぷ、プロデューサーが変身するんだろ?自分、それが見たくてここまで頑張って来たんだぞ」

千早「が、我那覇さん、そうじゃなくて響チャレンジ成功の感想を…」

響「チャレンジ?なんだそれ?」

律子「」

亜美・真美「「…プッ…ククッ…ククククッ…」」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:16:09.80 ID:voGE25QM0
春香「あ、あの響ちゃん、今日15km走ってスタジオに来た目的って何?」

響「変身するプロデューサーを見に来たに決まってるぞ!早くプロデューサーに合わせるさぁ」

春香「…あ~、うん、それじゃ15km走ってスタジオに来ることになったのはなんで?」

響「なんでって、それは今日の響チャレンジでの挑戦で…」

春香「はい、来たチャレンジ、それだよね響ちゃん」

響「…え~と、チャレンジ?」

春香「そう、チャレンジ」

響「…チャレンジ………っ!!!!」

千早「色々と気づいたみたいね…」

響「う、あ、あの自分…そんなプロデューサーのことなんて、別に……///」カァァァ

春香「え~、響ちゃんが顔を真っ赤にして黙ってしまいましたが、今週の響チャレンジは大成功ということで!」

ワァァ!パチパチパチパチパチ

千早「それでは我那覇さんにはスタジオで番組終了までお付き合い頂きたいと思います」

響「……自分、穴掘って埋まってたいぞ

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:19:41.97 ID:voGE25QM0
スタジオモニター前

真「あ、律子ー」

律子「ま、真?それに雪歩に貴音も?あ、あなた達、もう帰ってきたの?」

真「いやぁ、あのあと凄い勢いで貴音が僕達の分まで食べてくれてさ…」

貴音「誠、美味でした」

雪歩「もやしが口から飛び出しそうですぅ」

真「それでタクシー飛ばしてスタジオに来たんだけど…あ、響も戻ってたんだね」

律子「非公式だけども15kmの世界記録を更新するタイムで戻ってきたわよ…」

真「す、凄いね…そ、それでさ、あの…」

律子「プロデューサーなら番組の最後でお披露目よ」

真「え、あ、あー、そ、そうなんだ…」

律子「…まったく、なんでうちのアイドル達はプロデューサーの事となると目の色変わって見境なくなるのかしらね…」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:23:07.64 ID:voGE25QM0
律子「けど…あなた達まで戻ってくるとはねぇ…このこと伊織が知ったら後で荒れそうね…」

真「え、なんで?」

律子「なんでって、やよいの天気予報はこの後でしょ、流石にそれが終ってからスタジオに戻ってくるなんて無理だもの」

真「え、でも、さっき…」

千早『さて、続いては高槻さんの天気予報です』

~♪♪~♪♪♪…

春香『あ、あれ?な、なんかここも見たことある景色だよ…』

やよい『…ごらんください、現在のスタジオ前のお空です、きれいな夕暮れですねぇ雲一つありませぇん』

春香『あ~、やっぱり…』

律子「……ス、スタジオ前…」ヒクッヒクッ

真「…さ、さっきここに来る途中、スタジオ前で準備してたの見たんだけど、予定が変わったわけじゃなかったんだね、あははは…」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:28:58.19 ID:voGE25QM0
やよい『…以上、お天気でしたぁ』フリフリ

美希「やよい~あずさ~でこちゃん、ありがとうなの」フリフリ

伊織『誰がでこちゃんよ!』

春香「え、えと予定が変わったのかスタジオ前からのお天気だったけど、い、いつもとは違った雰囲気で良かったよね、千早ちゃん?」

千早「そ、そうね、ニュース番組のお天気キャスターぽくって良かったんじゃないかしら…」

春香「さてさて今週も終わりの時間が近づいてまいりました」

千早「プロデューサーの改造はどうなったのかしら?」

カンペチラッ

美希「え~と、プロデューサーの改造も終わり、いよいよこのあと登場…なの!」

春香「果たしてトップアイドルのプロデューサーがどのように変身したのか!CM後にお披露目です!」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:32:22.15 ID:voGE25QM0
――CM中

—タタタタッ

伊織「…り、律子!プロデューサーは!」

あずさ「間に合ったかしら?」

やよい「うっう~」

律子「伊織!それにあずささんにやよい!あなた達、さっきの中継どういう…」

伊織「お説教なら後でたっぷり聞くわ、それよりもプロデューサーは?」

律子「…はぁ、全く、プロデューサーなら今からよ、あそこで最後の準備してるわ」

あずさ「あらあらあら、でもぉ…」

やよい「カーテンがあってプロデューサー見えないですぅ」ウッウー

律子「このあと見られるわよ、とりあえずここで大人しくしてなさい」

伊織「ま、間に合ったのなら問題ないわね」ホッ

律子「終ったらたっぷりとお説教よ…」

伊織「分かってるわよ…」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:36:42.31 ID:voGE25QM0
真「伊織~間に合って良かったね」

伊織「真?あなた来てたの?あ、それに雪歩に貴音まで…」

雪歩「お腹一杯で苦しいですけど、頑張って戻ってきましたぁ」

貴音「プロデューサーの一大事に駆けつけぬわけには参りません、貴女だってそうだったのでしょ、伊織?」

伊織「わ、私は別にそういったわけじゃ…」

真「え~中継の予定まで変えて戻ってきたのにぃ?」ニヤニヤ

伊織「そ、それは…」

あずさ「伊織ちゃん、必死だったものねぇ」

やよい「スマイル体操5倍速はびっくりしましたぁ」

伊織「あずさ!やよい!べ、別に私は…そ、それに最後の中継はあずさが…」

あずさ「あら、そろそろCM終るみたいですよ~」

伊織「あずさぁ!」

一同「ニヤニヤニヤニヤ…」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:40:24.80 ID:voGE25QM0
—ワー!パチパチパチパチ…

-デンッ!
–デンッ!
—デンッ!

響「え、あ、生っすか!だぞっ」ニカッ

春香「それではプロデューサー改造計画パート3です!」

千早「今、プロデューサーは改造を終え、あちらのカーテンの向こう側にいるわけですが」

美希「どーなったか楽しみなの!」

春香「では登場前にプロデューサーさん、今の心境を一言!」

P「いや、今の心境とか言われても…っていうか、俺がトリで大丈夫なのか?」

春香「全く問題無しですよ!!それでは時間も押してますのでプロデューサーに登場してもらいましょう!」

—ドラムロール♪

一同「ドキドキドキドキドキドキ…」

—デデンッ

春香「カーテンオープン!!」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:44:19.57 ID:voGE25QM0
–シャッ、スポットライトオン!

P「い、いやぁ、あははははは…」

春香・千早・美希・響「…」

舞台袖一同「…」

P「お、おい、お前らなにかリアクションを…」

美希「……いいの…」

P「ん?」

美希「格好良いのハニーーーーー!!」ダッ

P「こ、こら美希!」

春香「あ、ええと、プロデューサーさんの改造ですが、まず野暮ったかった眼鏡を外し眉を少し整え、さえない7:3気味の髪型をサイドに2ブロックを入れ耳周りをすっきりにし、
襟足に外跳ねパーマ、トップ部分はランダムな毛先パーマをあてショートマッシュな感じにして爽やかさをアップしてみましたとのことですが…」

春香「もうそんなことどうでも良いくらいプロデューサーさん!凄く良い感じですよ!!」グッ

P「お、おお春香ありがとう」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:48:06.63 ID:voGE25QM0
千早「ほんと見違えましたよプロデューサー」

P「そ、そうかな…なんか少しチャラくないか?」

響「そんなことないぞ!凄く格好いいさ、プロデューサー」

P「ありがとう響、そういやゴールしたんだな、おめでとう」ナデナデ

響「…エヘヘヘヘヘヘ///」

美希「あ~!響だけずるいの!」ダキッ

P「ちょ、美希!お前、今、生放送中なんだぞ!」

美希「もう、そんなのどうでもいいの!」ギュゥ

春香「だ、駄目だって美希っ、離れなさいって…」グィッ

貴音「貴方様…今宵は月が大変綺麗だと…」スゥ

P「た、貴音?お、お前、いつ戻って…」

亜美「あーー!!お姫ちんいつの間にっ!」ダッ

ワタシモ、ワタシダッテ、マミモ、ボクモ…タタタタタッ

律子「ちょ、ちょっと待ちなさい皆っ、今、本番中なのよ!」

179: セグウェイ ◆9WQiVCRneNou 投稿日:2012/07/27(金) 05:49:51.27 ID:Sd6C0FbC0
美希ファンはもう発狂してるなwww

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:51:45.87 ID:voGE25QM0
P「な、なんでみんなスタジオにいるんだ?」

亜美「まぁまぁ兄ちゃん、落ち着いて…」

P「落ち着けって、お前…」

亜美「ふーむ、なかなかのイケメンさんになったねぇ、真美もそう思うっしょ?」チラッ

真美「…」ボー

亜美「…真美?」

真美「…え!?あ、う、うん、なかなか格好良いよ兄ちゃん!」

P「ははは…ありがとうな真美って、お前らあとでちょっと話が…」

やよい「プロデューサー!」

P「おっと、やよいか、中継ご苦労様」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 05:57:43.63 ID:voGE25QM0
やよい「はい、ありがとうございますぅ!」ガルーン

P「はは、やよいはいつも元気だな」ナデナデ

やよい「エヘヘ…あ、あの今日のプロデューサーはいつも以上に格好良いですよ!」

P「そ、そうかな…はは、なんかやよいに言われると照れるな…」

あずさ「あのプロデューサーさん、もっと良く見せてもらって宜しいですか?」ズイッ

P「あ、あずささん!ちょ、ちょっと近いです…それにカメラ回ってます…」

あずさ「私は気になりませんよ~」マジマジ

P「いや、少しは気にして下さい…」

伊織「はい、あずさ、そこまで!」グイッ

あずさ「あらあら、残念…」ショボン

P「た、助かったよ伊織…って、お前なんか色々と無茶を…」

伊織「うるさいわね、そのことについてはあとで律子にちゃんと怒られるわよ、それよりもこのスーパーアイドル伊織ちゃんが
無理して見に来てやったんだから、少しは喜びなさい?」

P「いや喜べって言われても…」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:01:40.64 ID:voGE25QM0
真「プロデューサー!」

雪歩「はぅ…」

P「お、真に雪歩か、今日は済まないな、なんか中継が急に変わっちゃって…」

真「別に気にしてないですよ、ラーメンロケも楽しかったですし」

雪歩「リミッターまで解除したのに迷惑かけてしまいましたぁ」グスッ

P「リミッター?そういや中継でもなんか…」

真「あまり気にしないでください…」

P「そ、そうか…こ、今度なにか埋め合わせするよ」

真「ほ、ほんとですか!やったね雪歩!」

雪歩「う、うん!」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:05:38.73 ID:voGE25QM0
カンペ(そろそろエンディングを!)

P「ん?は、春香!」チョイチョイ

春香「え、あ、それではそろそろ番組終了の時間なので、ここでエンディングの曲を…!」ティンットキタ!

春香「あ、あのプロデューサーさん!ちょっといいですか?」

P「ん、なんだ?」

春香「あの折角みんな揃ってるんで…ゴニュゴニュ…」

P「……フンフン…ナルホド…ちょっと待ってろスタッフに聞いてくる」ダッ

—カクニンチウ

P「春香ーオッケーだ!」グッ

春香「やった!」ピョンッ

千早「どうしたの春香?」

春香「え~とエンディングの曲ですが、今日はスタジオに765プロのアイドルがみ~んな来ているので最後は一緒に歌いたいと思いまーす!」

オ、オォォォォォォ!!!パチパチパチパチパチ!!!

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:09:59.39 ID:voGE25QM0
美希「あは、楽しそうなの☆」

千早「皆で一緒なんて何時ぶりかしら」

伊織「春香にしては良いこと思いついたじゃない」

やよい「うっう~、やっぱりみんな一緒がいいですぅ」

あずさ「あらあら」

亜美「はるるん、やるぅ」

真美「兄ちゃん、頑張るからちゃんと見ててよね!」

真「雪歩頑張ろうね!」

雪歩「お腹一杯だけど、私、頑張るよ真ちゃん!」

響「LIVEみたいで楽しそうだぞ!」

貴音「皆で一体となるこのひと時、思う存分、楽しむことと致しましょう」

春香「じゃ、みんないっくよぉ、765プロ…ファイッ…」

一同「オーーーーー!!!」

ワァァァァァパチパチパチパチパチ…

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:13:11.80 ID:voGE25QM0
ワタシダケガモッテイルボイス トドイテイッルノカッナッ♪

P「はぁ…なんか色々とあったけど最後はアイドルみんな揃って派手に終われそうだな…」

律子「私はこのあとのことが怖くてしょうがありませんけどね…」

P「ははは、たしかにそうだな…始末書程度で済めばいいけど…」

律子「…無理だと思いますよ…それにしても…」ジー

P「ど、どうした律子?」

律子「いえ、なんでもありません」プイッ

ワタシダケノパッフォーォマンス カーンドーサセラレルカナ♪

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:17:13.77 ID:voGE25QM0
P「あ、あ~やっぱり律子からみたら似合わないと思うよな、はははは…」ポリポリ

律子「だ、誰もそんなこと言ってないじゃないですかっ!」

P「いや、だって…」

律子「も~、さ、さっきも言いましたけど、け、結構イケてると思いますよ、プロデューサー…」

P「え…あ、ありがとう…」

律子「…ど、どういたしまして…」

P・律子「…///」カァァァァ

メーザセェ アイーィドォルゥ ナーンバーァワァン ガンバルヨッイエィッ♪

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:20:20.50 ID:398dJ8JV0
律子大勝利

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/07/27(金) 06:21:12.24 ID:voGE25QM0
―パリッボリッボリッ

小鳥「…」

―バリッボリッボリッボリッボリッ

小鳥「…なんで」

―バリィィッボリボリボリボリボリボリッ

小鳥「なんで私だけ1人寂しくTV見てるしかないピヨかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

※アイドルではないからです

—prrrrr

小鳥「はい、音無です…って社長?ど、どうされたんですか?」

小鳥「え?事務所にすぐ来い?く、苦情の電話が止まない?あ、それって…」チラッ

—キョーォモアシィタモ トレーニーングー♪

—コレゾップロデショ!♪

『それじゃ、みんなまた来週ーバイバイー!』

小鳥「わ、私の役回りって、もうこんばっかなのね…はい、分かりました…すぐいきますぅ」

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする