【アイマスSS】春香「美希には……メールでいっか…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:13:24.13 ID:yO1DwmvX0
春香「うーん、とりあえず美希と響以外には連絡し終わったけど……」

   「美希はイマイチ仲良くなれないんだよね。」

   「メールでいいかなぁ……」

~~~♪

美希「メールなの。」

   『明日のレッスンは全員でダンスを通すみたいだよ。いったん事務所集合ね!  はるか』

   「このくらい電話で言えばいいのに……」

   「春香とはイマイチ仲良くなれないなぁ……なんでだろ。」

ちょっと考えてみるか

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:15:59.94 ID:yO1DwmvX0
>>9
任せた

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:25:25.90 ID:yO1DwmvX0
>>16
えっ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:30:31.73 ID:yO1DwmvX0
春香「美希とおしゃべりしてみたい……」

   「でも、きっかけが無いかなぁ?」

   「うーん……Zzzz……」

美希「とりあえず返信しておくの。」

『ありがと。 じゃあまた明日!』

  「……おやすみ!とか返ってきてもいいと思うんだけどな……」

  「……ぐぅ。」

響「あ?貴音? わかったぞ。明日事務所なんだな。」

 「え? 春香から連絡きてないぞ?」

23: こんなんでいいのだろうか 投稿日:2012/09/26(水) 15:39:03.33 ID:yO1DwmvX0
春香「……んー!今日は体の調子がいいな!」

   「あ、美希からメール着てたんだ……寝ちゃったな……」

   「今日合った時に謝ろう。」

美希「んー……まだ眠いけど事務所に行く時間なの。」

   「結局春香からメール返ってきてなかったんだ……」

   「あまり良く思われてないのかな?」

   「今日合った時に聞いてみよう。」

響「……春香から連絡来なかったってのが地味にショックだぞ。」

  「でも自分は完璧だから小さいことは気にしない!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:44:42.55 ID:yO1DwmvX0
春香「おはよう皆! 今日も頑張ろうね!」

千早「おはよう春香。いつも遠いのに大変ね。」

春香「ううん! 皆に会えるの楽しみだからそんなの気にならないもの!」

やよい「そうですね! うっうー!今日も頑張りましょー!」

春香「おー!」

美希「おはようなの。あふぅ。」

真美「ミキミキおっは→! 今日も眠そうだねぇ?」

美希「勿論眠いの。でも皆に会えるの楽しみだから気にならないの。」

雪歩「ふふっ、美希ちゃんは素直だね。」

美希「照れるの。」

響「はいさい!皆おはよう! ……あれ?」

貴音「伝える時間を間違っていました……ごめんなさい、響。」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:49:02.99 ID:yO1DwmvX0
P「よーし、これで今日は終わりな。各自仕事入ってる奴は向かってくれ。」

はーい!

春香「今日はお仕事無いんだよなぁ……」

美希「今日はお仕事無いの……」

春香「あ」

美希「あ」

響「今日はラジオだぞー!」

P「それ明日になったわ。」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 15:55:36.56 ID:yO1DwmvX0
春香「美希。」

美希「なに?」

春香「ちょっと話があるんだけど。」

美希「丁度良かったの、ミキも話があるの。」

響「午後から予定空っぽになっちゃったぞ……」

響「ん? 美希と春香何やってるんだ?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:00:45.36 ID:yO1DwmvX0
美希「話って何かな。」

春香「昨日は、メール返さなくてごめんね。」

美希「あんまりなの。」

春香「ごめんね、寝ちゃってて。」

美希「ううん。寝ちゃったなら仕方ないの。」

春香「そうだよね……ごめんね。」

美希「そんなに謝らないでほしいな。」

響「ただならぬ雰囲気だぞ……」

響「とりあえず様子を見よう。」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:07:08.55 ID:yO1DwmvX0
美希「ミキからの質問だけど。」

春香「……うん。」

美希「どうしてあのくらいの内容なのに電話じゃなくてメールなの?」

春香「……それは、えーと……」

美希「春香とは友達だと思ってたのに、ミキの気のせいだったのかな?」

春香「気のせいなんかじゃないよ!」

美希「じゃあどうして電話じゃないの!」

響「なんかヒートアップしてきてる……」

響「でも何で春香は自分に連絡してこなかったんだろ?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:13:41.58 ID:yO1DwmvX0
春香「ちょっと思うところがあって……」

美希「素直に話して欲しいな。そういうウジウジしたの、嫌いなの。」

春香「ごめんなさい……」

美希「ミキは春香のこと友達だと思ってるよ?」

春香「私だってそう思ってるよ!」

美希「じゃあ話して欲しいな。」

春香「うん……怒らない?」

響「春香は美希に嫌なことがあるのかな。」

響「……皆は自分のことどう思ってるんだろ……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:20:03.36 ID:yO1DwmvX0
美希「簡単なことじゃ怒らないの。」

春香「……正直、美希と私って距離あるよね。」

美希「……うん。」

春香「事務所でも2人で話したことって無かったし、いざ電話となると尻込みしちゃって。」

美希「うーん……ミキもそう思ってたんだよね。」

春香「だよねぇ……」

響「うぎゃ!? なんかしんみりムードになっちゃったぞ。」

響「でも状況がわからないから出て行くことも出来ないし……うー。」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:27:25.40 ID:yO1DwmvX0
春香「そこの我那覇!」

美希「コソコソしてないで出て来いなの!」

響「うぎゃ!なんだ自分は何も悪いことしてないぞ!」

美希「いくら隠れててもポニテが丸見えなの。」

春香「あんなところで何やってたの?」

響「なんか只ならぬ雰囲気だったからつい……喧嘩でもしたのか?」

春香「ううん?お互い勘違いしてただけだよ?」

響「そうだったのか。春香と美希が2人でいるのは珍しいから、てっきり何かあったのかと思ったぞ。」

美希「んー、やっぱり機会が少なかったね。」

春香「そうだね。」

41: 順番間違えた!>>40の前にこれ 投稿日:2012/09/26(水) 16:28:28.16 ID:yO1DwmvX0
美希「どうやったら仲良くなれるかな。」

春香「一緒にお昼でも食べにいく?」

美希「それはいいの!まずはお互いを知るところから始めるの。」

春香「あははは!まるでデートみたいだね!」

美希「春香とミキは仲良しこよしー♪なの!」

春香「じゃあ何を食べに行く?」

美希「その前にね?」

響「なんか笑いあってるぞ……」

響「何があったか全然わからない……」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/26(水) 16:35:20.56 ID:yO1DwmvX0
美希「今からその溝を埋めに行くの!」

春香「お仕事もないし、一緒にご飯食べに行くんだ。」

美希「折角だし響も一緒にいく?」

響「自分は午後の仕事明日に延びちゃって暇だったんだ。一緒に行っていいかな?」

美希「あはっ!勿論なの! ねー、春香?」

春香「うんうん!じゃあ行こうか!」

響「ところで春香、なんで自分には連絡くれなかったんだ?」

春香「え。」

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする