【天海春香SS】P「アイドルって本当にしないのか?」春香「何をです?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 20:57:36.19 ID:SCz+XQ6J0
P「う○こ」

春香「え……」

P「う○こ」

春香「なっ……いきなり何言ってるんですか!?」

P「いや、アイドルはう○こしないってよく言うじゃない」

春香「そうですけど!!」

P「で、春香もう○こしないのかな、そうなのかな、どうなのかな? と思って…」

春香「うn、うん……っ」

P「うん?」

春香「……す、するわけないじゃないですか!!」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 20:58:41.48 ID:SCz+XQ6J0
P「マジで!?」

春香「あたりまえです!!」

P「マジかよ…都市伝説かと思ってた……」

春香「アイドルですから!」

P「本当に? う○こしないの?」

春香「アイドルはう○こなんてしません!!」

P「アイドルがう○こなんて言うな!!」

春香「あっ!?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:03:33.02 ID:SCz+XQ6J0
P「でも変じゃないか? 食べたものはどこいっちゃうんだ?」

春香「!!」

P「完全に消化吸収されるのかな?」

春香「そ、それは……」

P「アイドルになると胃腸か強化されるのか? それもアイドルっぽくないよなぁ」

春香「……」

P「なぁ春香? アイドルの、春香のう○こはどこにいってしまうんだ?」

春香「わっ、私……」

P「なぁ春香、春香」

春香「だ、誰にも、言いませんか……?」

P「?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:06:32.96 ID:SCz+XQ6J0
P「生クリーム!?」

春香「プロデューサーさん声が大きいですっ!!」

P「生クリームが出るのか!?」

春香「は、はいぃ……」

P「春香の肛門から、生クリームが出るのか!?」

春香「こ、こうもんって!!」

P「う○この代わりに!?」

春香「そうです! 出るんですよ、もう!!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:10:23.45 ID:SCz+XQ6J0
P「で、味は!?」

春香「は!?」

P「春香の生クリームの味はどうなんだ! 甘いのか!?」

春香「し、知りませんよ味なんて!!」

P「なんだよ舐めてないのか!?」

春香「舐めるわけないじゃないですか!!」

P「でも本当は?」

春香「……甘かったです…生クリームでした」

P「う、う、うわっわぁぁぁ……やべぇよやべえよ……」ブルブルブル

春香「だっ……だってぇ! 気になるじゃないですか! 生クリームなんか出てきたら!!」

P「お、おおぉ~~~い!! みんなぁ~~~~~!!」ダダダダダ

春香「や、やめてええぇぇぇいやあああぁぁぁぁ!!」ダダダダダ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:15:24.40 ID:SCz+XQ6J0
P「みんな出払っていた」

春香「ひ、ひどいですようもう……」グスグス

P「すまん春香、ちょっと気が動転して…」

春香「まぁ、私も初めて生クリーム出したときはビックリしましたけど…」

P「いつからなんだ?」

春香「そうですね……ちょうどデビューが決まった頃、ですかね」

P「常に生クリームなのか?」

春香「はい。いえ、でも日によって少し変わりますね。
   カスタードクリームとか、チョコクリームの日もありますよ?」

P「チョコ……」

春香「イチゴクリームが出てきた日は驚きましたよ……切れちゃったのかと思って」

P「あ、あぁ……」

春香「……」

P「……」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:19:26.38 ID:SCz+XQ6J0
春香「……なんでちょっと引いてるんですか!
   プロデューサーさんが聞いたんじゃないですか!!」

P「ご、ごめん。差し入れに使ったりしてるのかなとか思って……」

春香「つっ、使いませんよ!! そんなの振舞いませんよ!!」

美希「ん~……ウルサイの……」

春香「ぎゃあ!!」

P「美希! いたのか!!」

美希「あふぅ…寝てたの……さっきからなんなの? クリームがどうしたとか……」

P「あぁ、春香が
春香「わあああぁぁ!わあああぁぁぁ!!」

美希「もー、春香ウルサイの!」

P「そうだ、美希はう○こするのか?」

春香「プロデューサーさん!?」

美希「う○こ?しないよ?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:23:30.32 ID:SCz+XQ6J0
P「やっぱりそうか! 美希もう○こしない!!」

美希「うん、ミキう○こしないよ?」

P「美希もやっぱり、別のものが出るのか?」

春香「美希は何が出るの? おにぎり?」

美希「流石におにぎりは出ないの…」

P「永久機関は無理だったか」

春香「儚い夢でしたね」

美希「ミキはね、う○この代わりにババロアが出るんだよ」

P「美希! アイドルがう○こなんて口にしちゃだめだ!」

美希「ミキう○こなんて食べてないの!!」

P「そうじゃない!!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:27:15.65 ID:SCz+XQ6J0
P「で、味は?」

美希「…え?」

P「味はどうなんだ?」

春香「……」

美希「さ、流石にお尻から出たものを食べる気にはならないの!」

P「で、本当のところを言うと?」

美希「イチゴババロアだったの!」

P「ほう」

春香「美希……」

美希「あっ!?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:30:25.54 ID:SCz+XQ6J0
美希「い、今のは違うの!ほ、ホラ、色で、ね?」

P「いいんだ美希、春香も自分がひり出したクリームを味見したらしいからな」

美希「え……春香も?」

春香「あはは……やっぱり、気になるよね?」

美希「ミキだけかと思ってたの……春香もそうだったんだ!」

P「やっぱりウチのアイドルは全員う○こしないんだな! やった!」

美希「何が嬉しいのかわからないけど、そういうものだとおもってたの」

P「となると、やっぱり全員に確認してみるしかないな」

春香「……聞くんですか? 一人ひとりに」

P「それ以外に方法はないだろう? 真っ最中に覗き込むわけにもいかないしな」

ガチャ

伊織「ただいまー」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:33:23.83 ID:SCz+XQ6J0
P「伊織!」

伊織「え?な、何よ……」

P「伊織はう○こするのか!?」

伊織「……」

P「どうなんだ!?伊織!う○こするのか!?」

伊織「その台詞が辞世の句になるだなんて、アンタには少し同情するわ」スチャ

P「え!?」

春香「プロデューサーさん!ストレートすぎます!!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:37:29.92 ID:SCz+XQ6J0
伊織「どきなさい春香! そいつ殺せない!!」バチバチバチ

P「ひい!スタンガン!!」

春香「ちょ、伊織! ストップ! ストップ!!」

P「そ、そんなに怒るって事は、伊織はう○こするのか!? するんだな!?」

伊織「うるっさいわねぇ!!このスーパーアイドル伊織ちゃんが、う○こなんてするわけないじゃないの!!」

P「そうか! さすが伊織!!」

春香「伊織! アイドルがう○こなんて言っちゃダメ!!」

伊織「ご、ごめん……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:42:26.88 ID:SCz+XQ6J0
伊織「……ふぅん、春香はクリームで美希はババロアねぇ」

春香「う、うん」

P「で、伊織は何を出すんだ? うさちゃんか?」

伊織「はぁ!? ばっかじゃないの!? なんで私のうさちゃんが出てくるのよ!」

P「いや、大切にしてるらしいからお腹を痛めて産んだのかなと……」

伊織「オレンジシュースよ」

春香「ジュース……」

P「そうか、固形物に限らないのか」

伊織「それも果汁100%のヤツよ!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:45:17.18 ID:SCz+XQ6J0
P「……どうして果汁100%なんてわかるんだ?」

伊織「……っえ?」

P「飲んだのか?」

伊織「のっ、飲むわけないでしょぉ!?へ、変態じゃあるまいし!!」

P「じゃあどうして100%だってわかるんだよ!?」

伊織「そっ、それは……」

春香「伊織……」

伊織「……っ」

伊織「つっ……つぶつぶ具合、とか……」

P「伊織のはつぶつぶなのか」

春香「つぶつぶ……」

伊織「今のナシ!!飲んだわよ!!悪い!?いいじゃない別に!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:48:04.52 ID:SCz+XQ6J0


伊織「な、なによ……やっぱりみんな口に入れるんじゃない……」

春香「出ちゃったら、ねぇ?」

P「俺にはわからんけど、そういうものかもな」

春香「オレンジジュース以外には何か出ないの?」

P「野菜ジュースとか?」

伊織「…………コーラが出たことがあったわ」

P「おぉぅ……」

春香「んん……」

伊織「その日の体調によって変わるみたい……サイアクだったわ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:53:22.38 ID:SCz+XQ6J0
P「というわけで伊織はオレンジジュースだったな」

春香「やっぱり、出し主の趣味嗜好が影響してるんですかね?」

P「その可能性が高いが、まだ分からないぞ」

ガチャ

亜美真美「たっだいま~」

P「亜美!真美!」

亜美「兄ちゃん?」

真美「どしたの?」

P「二人はう○こするのか!?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 21:56:18.91 ID:SCz+XQ6J0
亜美「う○こ?するわけないっしょー」

真美「だって真美たち大人だもん!う○こなんてお子様の証ってかんじ?」

P「何!? じゃあ俺はお子様だったのか!?」

亜美「やーい!兄ちゃんおっこさまー!」

真美「兄ちゃんのウ○コマン~!!」

P「や、やめろぉ!!」

春香「ふ、二人とも!大人はウ○コウ○コ言わない!!」

真美「やーい!兄ちゃんおっこさまー!」

亜美「兄ちゃんの大便将軍~!!」

P「やめてくれぇ……!!」ブルブル

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:00:56.26 ID:SCz+XQ6J0
P「で、二人はう○この代わりに何を出すんだ?」

亜美「聞いて驚け!ハンバーグ!!」

真美「スパゲティー!!」

P「ほほう」

亜美「とんかつ!!」

真美「お刺身!!」

春香「え!?」

亜美「お寿司!!」

真美「ステーキ!!」

P「なっ……なんだと……!?」

亜美「フライドチキン!!」

真美「カレーライス!!」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:05:47.83 ID:SCz+XQ6J0
P「うーん、双子の場合は……」

春香「ごちそう!!って感じでしたね……」

P「ふふ、大人ぶっていても中身はお子様だったな」

春香「でも、なにかとてつもない才能を感じましたね……」

P「あぁ、今後何が出てくるか楽しみだな」

ガチャ
律子「もどりましたー」

P「律子!!」

律子「うわっ、なんですかプロデューサー!」

P「律子はう○こするの!?」

律子「……は!?」

P「ねぇ、するの!?」

律子「プロデューサー殿」

P「はい!!」

律子「訴えますから」

P「や、やめろぉ!!」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:09:41.07 ID:SCz+XQ6J0
P「チッ、どうせあれだろ?律子はう○この代わりに眼鏡が出るとか、そんなだろ?」

律子「な、なんですかそれ!! 流石に眼鏡は出ませんよ!!」

P「じゃああれか!エビフライだろ!!」

律子「っ!?」

P「……えっ」

春香「律子さん?」

律子「な、なんで分かるんですか!?」

P「マジかよ……」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:14:22.88 ID:SCz+XQ6J0
律子「正確に言うと、エビですね…エビ料理が出てきます」

P「そうかぁ……しかしエビフライなんて出したら大変じゃないか?」

律子「……」

P「カラッと揚がってたら、ズタズタになるんじゃないか?」

律子「……」

P「あ、エビチリとかも大変そうだな。ヒリヒリしそうだ!」

律子「……」

春香「ぷ、プロデューサーさん……」

P「あ、ほらアレだよ! 最近は伊勢海老とか出そうじゃん!! うわー産みの苦しみだよな!!」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:18:27.15 ID:SCz+XQ6J0
春香「……大丈夫ですか?」

P「いてて……何もひっぱたくことないじゃない?」

春香「律子さん、怒って行っちゃいましたよ……まぁプロデューサーさんが悪いんですけど」

P「え?」

春香「100%悪いです」

P「なんだよ伊織じゃあるまいし……」

ガチャ

あずさ「もどりました~」

P「あずささん!」

あずさ「あら、どうしました?」

P「あずささんはう○こするんですか!?」

あずさ「……え?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:21:12.28 ID:SCz+XQ6J0
あずさ「え~と、そのぉ……」

P「するんですか!? しませんよね!!」

あずさ「し、しませんけど……」

P「やっぱりそうですよね!あずささんもう○こしない!!」

あずさ「もう、プロデューサーさん? 女性に対してそんなこと聞いちゃダメですよ?」

P「え?何を聞いちゃだめなんですか?」

あずさ「だ、だから……その……」

P「はい」

あずさ「う……もう!プロデューサーさん!!」

P「ウェヘヘ」

春香「……」

P「で、あずささんは代わりに何が出るんです?一升瓶ですか?」

春香「!?」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:24:47.63 ID:SCz+XQ6J0
P「ピザトースト?」

あずさ「はい……恥ずかしながら~」

春香「あ、そういえば、好きなんでしたっけピザトースト」

あずさ「うん……でも、カロリーが気になるから控えてるんだけど……」

P「でも、出てくるものはピザトーストと」

あずさ「そうなんです~…最初はガマンしすぎて幻が見えちゃったかと思って……」

P「ちょっとだけかじったりはしないんですか?」

あずさ「……ペロリといってしまいそうで」

春香「乙女の悩みですね~」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:28:47.14 ID:SCz+XQ6J0
春香「あずささんの場合は好物でしたけど……」

P「好物が出るから良いってわけでもないんだなぁ」

春香「そうですねぇ……」

P「なまじアイドルだから妥協もできないわけだし」

春香「辛いところですね」

ガチャ

雪歩「ただいま戻りましたぁ~」

P「雪歩はう○こしないよな?」

雪歩「ひぃっ!?」

P「な?しないよなう○こ、しないよな?うん?」

雪歩「ひ…し、しませんっ……しないですぅ!!」

P「うんうん」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:32:11.49 ID:SCz+XQ6J0
P「雪歩は何が出るんだ?ドリル?」

春香「!?」

雪歩「そ、そんなものが出たらお尻がえらいことですぅ!!」

P「じゃあやっぱりお茶か? ジャーって出るのか?」

春香「プロデューサーさん……」

雪歩「うぅ……おしいですけど、違います。お茶っ葉がでるんです」

P「そうか、雪歩はお茶入れるのが得意だもんな」

雪歩「そんな、えへへぇ……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:37:58.97 ID:SCz+XQ6J0
P「で、そのお茶を煎じてみたりはしたのか?」

雪歩「さ、さすがにそれはちょっと……抵抗がありますから……
   茶葉自体は、すごくいいものっぽいんですけど……」

P「なんだ、いつも振舞ってくれてるお茶は雪歩産なのかと思ったよ」

雪歩「そんなことしませんよぉ!!」

P「今度淹れてみてくれよ!」

雪歩「ぜ、絶対ダメですぅ!それだけは!!」

P「た、たのむよ雪歩!淹れてくれよ雪歩!!」

雪歩「ひっ…い、いやっ……いやですううぅぅ!!」

P「さきっぽ!さきっぽだけだからなぁ雪歩!!」

雪歩「いやああぁぁ!いやああぁぁぁぁっ!!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:42:34.56 ID:SCz+XQ6J0
P「逃げられてしまった」

春香「あたりまえじゃないですか! 雪歩泣いてましたよ!」

P「だって飲んでみたいじゃない?飲んでみたいじゃない!」

春香「頼み方がおかしいです!絶対!」

P「じゃあ春香の生クリームも舐めさせてくれよ!」

春香「嫌です!!」

P「直に!!」

春香「直に!?」

ガチャ

響「ただいま~」

P「響はう○この代わりにゴーヤが出るんだよな?」

響「!?」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:45:25.71 ID:SCz+XQ6J0
響「なっうっ…えぇ!?」

P「なんだ、違うのか?」

春香「あ、ハム蔵!? ハム蔵でしょ!」

響「出るわけないぞ!!」

P「そうだよ、出るとしたらヘビ香だろ?」

響「ヘビ香も出ない!!」

春香「響ちゃん、他に何飼ってたっけ?」

P「うーん、流石にいぬ美は出ないだろうし……」

響「なんで動物限定なのさー!!」

P「あ、ヤシガニ!!」

響「!?」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:49:39.81 ID:SCz+XQ6J0
P「じゃあ何が出るんだ?」

響「うぅ……言わなきゃダメなのか? コレ……」

春香「駄目ってわけじゃないけど、言うまで問い詰められると思う」

P「うん、問い詰める」

響「ぐぐぐ……」

響「ち、ちん……」

P「?」

響「ちん…すこ……」

P「ち○こ?」

響「ち!ん!す!こ!う!!」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:53:20.06 ID:SCz+XQ6J0
P「響は沖縄銘菓だったな」

春香「てっきり動物の類だと思ったんですけど……」

P「やっぱり食べ物限定なのかなぁ」

春香「うーん、その方がしっくりきますけどね」

ガチャ

貴音「ただいま戻りました…」

P「貴音もう○こしないよな?」

貴音「痴れ者!!」スパーン

P「痛い!!」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 22:57:23.66 ID:SCz+XQ6J0
P「いたたひどいじゃないか貴音……」

貴音「申し訳ありません、プロデューサー……てっきり変質者の類かと……」

春香「あはは…まぁだいたい合ってますけど」

P「話し戻すけど、う○こしないよな?」

貴音「はい」

P「貴音が代わりに出すものってのも、わかりやすいよなぁ」

春香「ですよね」

貴音「それでは、お二人で当ててみてください」

P春「「ラーメン!!」」

貴音「ふふ……残念ですが、はずれです」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:01:04.24 ID:SCz+XQ6J0
P「マジで!?」

貴音「まぁ、惜しい線ではありますが……」

春香「あ、二十郎!二十郎でしょ!!」

貴音「流石にあの量は出せません……」

P「インスタントとかカップ麺とか?」

貴音「それではいささか硬すぎます故」

春香「えぇー…ラーメンの線しか予想してなかったよぉ」

P「貴音、降参だ」

貴音「ふふ、残念でしたね…」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:05:37.25 ID:SCz+XQ6J0
貴音「正解は、煮卵です」

P「煮卵!?」

春香「具の方なんだ!」

貴音「はい、デビューを境に、味付け煮卵が出る様になりました」

P「一個まるごと産むの?」

貴音「はい……始めの頃は、大変驚きました。卵生にでもなってしまったのかと」

P「半熟?完熟?」

貴音「恥ずかしながら、半熟です」

P「いいじゃないか半熟、俺も半熟派だし」

貴音「まぁ、あなた様も……!」

春香(食べたってことかなぁ…)

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:10:35.65 ID:SCz+XQ6J0
P「いやぁ、貴音はまさかの煮卵だったな」

春香「考えてみれば麺って出しずらそうですもんね」

P「そういえばそうだな」

ガチャ

やよい「ただいまでーす!」

P「あ、やよいはう○この代わりにもやし出すんだよな?」

やよい「!?」

P「え?違うの?」

やよい「い、いえ……違わないです……」

春香「プロデューサーさん!」

P「あぁ! やったぞ春香! 夢の永久機関だ!!」

やよい「え?え?」

P「わーっしょい!わーっしょい!!」

春香「すごいよやよい! おめでとう!!」

やよい「えええぇぇ、わーん!なんですかー!!」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:16:04.20 ID:SCz+XQ6J0
P「ふぅ、すまなかったなやよい。驚かせちゃって」

やよい「は、はいー……」

P「でももやし食べてもやしがそのまま出るってのも、驚いただろ?」

やよい「はい!最初はもやしの食べすぎで、身体の中にもやしが生えちゃったのかと思いました!」

P「で、やよい産のもやしはどうするんだ?またもやし祭りに加わるのか?」

やよい「はい、うちって貧乏なので、少しでも食費が助かるならって思って……」

春香「もやしの無限ループ……」

P「やよいは家族思いの良い子だな……」ナデナデ

やよい「え、えへー、ありがとうございまーす」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:20:40.16 ID:SCz+XQ6J0
P「やよいは良い子だったな」

春香「えぇ、とっても」

P「春香も自慢の生クリームを振舞ってくれよ」

春香「うぅ……」

P「食べ物を粗末にしちゃ怒られるぞ?やよいに」

春香「も、もう!わかりm
ガチャ

真「おはようございまーす!」

P「もうう○こしない前提で話をするけど、真は何を出すんだ?」

真「え!?」

春香「……」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:25:23.13 ID:SCz+XQ6J0
真「ま、まぁ、確かに、出しませんけど……」

P「で、代わりに出るものを確認したいんだ。何を出すんだ?空手パンチ?」

真「そんなの出したら便器が割れちゃいますよ!」

P「うーん、真の好きなものっていうと……?」

真「へへ、ボクはですね」

真「花とゆめが出ます!」

P「え?」

春香「花とゆめ?」

真「そうです!乙女ちっくですよね!あとはマーガレットとか!」

P「い、いやそんなメルヘンな答えは期待してなかったんだが……」

真「あ、今日も持ってきてますよ!春香、見る?」

春香「え!? なんで私……!」

ドサ

真「はい、『花とゆめ』今週号!」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:30:07.31 ID:SCz+XQ6J0
P「た、確かに花とゆめだ……」

春香「え……まさか真がいつも読んでるヤツって」

真「う、うん……実はボクが出した物なんだ」

春香「そうだったんだ……」

真「あ、やっぱり、抵抗あるかな?一応、拭いてはいるんだけど……」

春香「いや!そういうのは全然大丈夫、なんだけど……」

真「?」

P「ま、真……これが、出るのか?」

真「え?えぇ、出ますけど」

P「大変じゃないか?」

真「え?何がですか?」

P「いや……うん、いいんだ」

真「?」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:33:08.44 ID:SCz+XQ6J0
P「他には何か出ないのか?」

真「あ、あとはなかよしと……ちゃおとかも、たまに」

春香「チャオ☆?」

P「ジュピターの? 伊集院北斗が出るのか?」

真「そっちじゃないです!雑誌ですよ!少女マンガ!!」

P「そうか、真は少女マンガを産むのか……」

春香「まぁらしいといえばらしいかな?」

真「へへっ、ありがとう!」

真「あ、でも、たまに体調が悪いときは漫画ゴラクとか出るんですよ!」

P「ゴラク……」

真「女の子っぽくないなぁと思いながら、つい読んじゃうんですけど……」

春香「まぁ、確かにミナミの帝王は全然女の子っぽくないよね」

真「響にはたまに貸してあげてるんだ。銀河伝説WEEDが読みたいらしくて」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:38:04.43 ID:SCz+XQ6J0
P「まさかの少女マンガ雑誌か」

春香「はい……飲食物以外が出ちゃいました」

P「……なぁ春香、どうやって」

春香「プロデューサーさん……そこは、考えちゃだめです。真のためにも」

P「そ、そうか、うん……」

ガチャ

千早「ただいま戻りました………」

P「千早!千早はう○こするのか!?」

千早「……」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:42:33.52 ID:SCz+XQ6J0
P「いて、いててて……」

春香「だ、大丈夫ですかプロデューサーさん……すごい音がしましたけど……」

P「な、なんで出会いがしらでひっぱたかれるんだ……」

春香「そりゃ出会いがしらに変な事聞くからですよ」

P「でもアイドルの体調管理はプロデューサーの仕事だし……」

春香「体調……あっ」

P「春香? どうした?」

春香「そういえば千早ちゃん、今朝体調悪そうにしてたかも……」

P「そうか、だから機嫌が悪かったのかなぁ……」

春香「……!」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:45:25.04 ID:SCz+XQ6J0
千早「くっ……!」

千早「はぁ、はぁっ……」

千早「やっぱり、出ない……」

バンッ!

千早「!?」

春香「千早ちゃん!!」

千早「春香!?」

春香「千早ちゃん……そんな、無理したら……」

千早「無理なんて……私はっ……」

春香「千早ちゃん……」

千早「もういいの、春香……」

春香「と、とにかく一度、お話しよ! だから、お願い! ここを開けて!」

千早「それこそ無理よ!!」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:50:16.42 ID:SCz+XQ6J0
千早「お願い……もう、私のことは放っておいて!!」

春香「ちはや、ちゃん……」

千早「……」

春香「ほっとけない!」

千早「!?」

春香「ほっとけないよ! 千早ちゃんの事!!」

千早「春香……!?」

春香「しっらぬっが~ほ・と・け♪ほっとけないっ♪」

千早「帰って!!」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:54:08.13 ID:SCz+XQ6J0
春香「お、追い出されちゃいました……」

P「そりゃ、便秘の時にドアの向こうで歌って踊られたらイラッとするだろう」

春香「天岩戸的な効果で出てきてくれるかと思ったんですけど……わたしまた、失敗しちゃった……」ポロポロ

P「うーん、どうするかな……これぞ体調管理はプロデューサーの仕事……ん?」

春香「?」

春香「あっ……」

P「みんな……」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/18(日) 23:58:12.77 ID:SCz+XQ6J0
千早「はぁっ……」

千早「かっ……は……ーっ」

千早「ぁっ……っ……!」

千早「ぅあっ……はっ……~~~ッ!!」

律子「千早……あの子、やっぱり……!」

律子「すみませーん! 一度、中断を……」

春香「……ッ!」ダッ

律子「はっ、春香!? ちょ、ちょっとぉ!!」

P「……待ってくれ!!」ガッシ

律子「!?」

P「このまま……」

P「……続けさせてください!!」

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/19(月) 00:00:13.55 ID:tPQ/9h4p0
千早「…………」

千早(やっぱり……)

千早(やっぱり、もう……)

千早(このまま、ウエストがバストを上回って……)

春香「ねぇ…今……♪」

千早「っ!?」

     ♪約束

春香「みつめーているよー……♪」

春香「はーなれーていてーもー……♪」

千早「春香……」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/19(月) 00:02:07.21 ID:tPQ/9h4p0
真・美希「もう涙を拭って微笑って♪」

やよい・雪歩「一人じゃないどんなときだって♪」

伊織・あずさ・亜美「夢見ることは生きること♪」

真美・響・貴音「悲しみを越える力♪」

千早「みんな……」

みんな「歩こう 果てない道♪

     歌おう 天を越えて♪

     想いが 届くように♪

     約束しよう 前を向くこと♪

     Thank you for smile♪」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/19(月) 00:04:45.41 ID:tPQ/9h4p0
千早「……」

千早「……」

千早「スゥ……」

『あ~るぅこおおぉ~~~~~~~~~~~~~♪』

P「やった!」グッ

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/19(月) 00:06:48.17 ID:tPQ/9h4p0
『はてぇない~~み~~ちっ♪』

『う~た~おおぉ~~~~~~~~~~~~~♪』

『そらぁをこ~~えぇて~~~♪』

『お~も~い~がぁ~~~~~~~~~~~~♪』

『とど~~くよぉ~~お~~にぃ~~~~~~♪』

『やくそ~~くし~~よお~~~~~~~~~♪』

『まえを~~むく~~こと~~~~~~~~~♪』

『さんきゅ~~ふぉすま~~~~~~~~いる♪』

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/19(月) 00:07:29.57 ID:tPQ/9h4p0
ガチャ

千早「はぁっ……」

P「……ん」

春香「……千早ちゃん」コク

千早「うっ……うぅっ……」ポロポロ

美希「千早さーん!」ギュ

千早「美希……」ポロポロ

千早(ありがとう……)

千早(ありがとう、春香……みんな……!)

THE IDOLM@STER  ~音姫 如月千早~

END

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする