【天海春香SS】春香「プロデューサーさんと二人きり」


1: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:22:13.75 ID:HytX5VQZ0
P「え?って事はみんな来れないの?」

春香「はい・・・、ホワイトボードにはちゃんと書いてあったんですけど・・・」

P「じゃあ、二人で始めるか」

春香「・・・はい」

P「あれ?司会って誰だっけ?」

春香「元から私です。それじゃあ壇上に登って・・・」

春香「えー、ただいまより、プロデューサーさんの『送別会』を始めたいと思います・・・」

しーーーーーーーん!!

P「・・・・・・・・・うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407208923

3: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:25:29.54 ID:HytX5VQZ0
春香「それでは・・・」

P「春香もういい、壇上から降りてこっちこい。どうせ二人なんだからマイクいらねえよ」

春香「はい」

P「あ、壇から降りるけどもこっちには来ないんだ」

春香「それはちょっと」

P「遠いな」

春香「そうでもないですよ」

4: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:29:24.82 ID:HytX5VQZ0
P「ていうかさあ、お前ら俺のどこが嫌いなわけ?」

春香「いやいや、そんな!嫌いだなんて!」

P「送別会に一人しか来ないなんて嫌われてるじゃん!」

春香「そう・・・なんですかねー?」

P「大体送別会って言っても、ただのクビだしな。

  むしろ春香が来てくれた事にびっくりしてるよ」

春香「私は会場の無駄な広さに驚きました」

5: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:32:45.84 ID:HytX5VQZ0
prrr!
春香「あ、電話だ。もしもし、あ、真?ちょっと!今どこにいるの?」

春香「私?私はプロデューサーさんの送別会だよ。私一人でね」

春香「いや、プロデューサーさんはいるよ。プロデューサーさんもいなかったら意味分かんないじゃん。

   ていうか、今の状況も相当意味分かんないよ!」

春香「また今度って、これ送別会なのに「また」とかないよ!」

春香「え・・・、あ、そうなの?あの話本気だったの!?」

春香「そっか・・・、うん、うん、じゃあね・・・」ピッ

春香「それにしても皆遅いですねー」シラッ

P「お前がいいやつだって事は分かった」

6: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:35:50.88 ID:HytX5VQZ0
P「ところでお前さ、俺と手つなげる?」

春香「うえぇ!」

P「『うえぇ』って言っちゃったよ」

春香「いや、今のはずるいですよ。不意打ちじゃないですか」

P「じゃあ、じっくり考えてみろ。俺と手を繋いで街中歩けるのか?」

春香「うえぇ!」

P「不意打ち関係ないんじゃん!」

春香「いや、白昼堂々のコンボはずるいですよ」

P「コンボってなんだよ!!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 12:39:32.33 ID:HytX5VQZ0
P「じゃあ、本音を隠さずに答えろ。例えば・・・俺が死んだとするぞ」

春香「ホントですか!?」パアッ

P「何喜んでんだよ!」

春香「すみません、つい・・・」

P「まあいい。お前、葬式で泣く?つーかそもそも、葬式来る?」

春香「・・・・・・まあ行けたら行きます」

P「それ絶対来ないじゃん!」

春香「そんなことないですよ!」

8: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:42:41.93 ID:HytX5VQZ0
P「なあ、お前俺のこと嫌いなんだろ?」

春香「いえ・・・」

P「なあ、俺のどこが嫌いなんだよ」

春香「・・・・・・」

P「ほらほらほらほら、言ってみろ!」

春香「そんなんだから嫌われるんですよ!!!」

P「ごめんなさい!!」

11: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:45:48.93 ID:HytX5VQZ0
P「じゃあ、やっぱり、ほかの皆も俺のこと嫌いって事?」

春香「はい。実はアイツの送別会行くの止めようぜ的な話が、アイドルの中であってこうなりました」

P「え?じゃあ、春香は俺の為に一人来てくれたって事?」

春香「いえ、その話が本気だってわかってたらここには絶ッッッッッッ対に来ませんでした」

P「なんかお前元気いいな」

春香「振り切れました」

P「急がばまっすぐ進んじゃお!だな!」

春香「そういうのも、ウザいです」

P「ごめん」

12: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:49:31.10 ID:HytX5VQZ0
P「じゃあ、最後の場って事で俺の悪い処を改善する会にしようか」

春香「まあ、指摘ぐらいはしてあげますよ」

P「とりあえず俺は、性格のせいで嫌われてるって事?俺って顔はいいじゃん?」

春香「厳密には、性格悪いし顔は下の中のくせに調子のってる所が嫌われてます」キッパリ

P「俺は上の中くらいに思ってたのに・・・」

春香「ほら、前にステッキ?杖?みたいなの使ってる時期あったじゃないですか」

P「・・・ああ、あったかもな」

春香「プロデューサーさんはカッコいいつもりかもしれませんけど
   
   完全に傘ついてる浮浪者でしたよ、アッハッハ」

P「なんかその毒舌が今は頼もしいな」

13: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:53:02.55 ID:HytX5VQZ0
春香「ある朝すれ違ったら強烈にアンモニア臭がしたこともありました。最低ですよ」

P「流石にそんなことは無い、と思うぞ」

春香「あと、電話口で凄い剣幕でヤリマンの良さを語ってた事ありましたよね」

P「あれは得意先がヤリマンを馬鹿にしたから、つい」

春香「つい、って意味が分からないんですけど」

P「いや、モテない男の希望じゃん?男なら一縷の望みを侮辱されるのは許せないじゃん?」

春香「物は言いようですね・・・」

14: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:56:36.46 ID:HytX5VQZ0
春香「セクハラも噂でしたよ。真がよく嘆いてました」

P「セクハラ?そんなのしてないぞ」

春香「やってる側は気が付かないもんですよ」

P(パイタッチはノーカンだよな?そういうコミュだ)

春香「律子さんが枕営業してる噂を流したのもプロデューサーさんでしょ?」

P「何それ!?違うよ。酷い噂だな」

春香「961プロの陰謀ですかね?」

15: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 12:59:17.00 ID:HytX5VQZ0
P「あ、でも律子に罰を与えられた事はあったな・・・」

春香「一体何をしたんですか?」

P「それがよくわからないんだ」

春香「まあ、多分プロデューサーさんが悪いですね」

P「俺もそう思う」

17: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:01:54.13 ID:HytX5VQZ0
春香「それから、ほら、前に小鳥さんが事務所で凄い泣いてたこと覚えてますか」

P「ああ、まあな」

春香「仕事にならないくらい泣いてたのに、プロデューサーさんだけ知らんぷりで引きました」

P「それはだな、なんていうか、後ろめたくて慰められなかったんだよ」

春香「後ろめたい・・・?まさかプロデューサーさんが小鳥さんを!」

P「違うぞ、俺のせいじゃない。これにはいろいろ事情があってだな・・・」

18: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:05:02.21 ID:HytX5VQZ0
P「まあ、最後だから全部説明しよう。俺、会社の金を4,50万使ってたんだ」

春香「いきなりぶっちゃけましたね!」

P「で、それが音無さんにばれちゃったんだよね。やっべー、と思ったけど俺気付いたんだ。

 二人が付き合っちゃえば秘密はバラされないってな」

春香「下衆ですね」

P「おう。でも、めっちゃアプローチしたんだけど全然脈なしだったんだよね」

春香「そのせいで小鳥さん泣いちゃったんですか?」

P「違うって。アプローチして泣かれたら、俺も泣くぞ」

19: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:08:27.33 ID:HytX5VQZ0
P「その内、俺が全然モテないみたいな気がしてさ。なんかそれにイライラしてきたんだ」

春香「モテない事にイラつくってどうしようもないですね・・・」

P「いや違うぞ?俺は本気で音無さんの事を本気で好きなわけじゃなくて、戦略として

 付き合おうとしてるのに、全く反応が無いから流石に怒っちゃったんだぞ?」

春香「理不尽すぎますよ・・・」

20: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:11:16.73 ID:HytX5VQZ0
P「それでさ、その時丁度事務所への悪質なストーカーが捕まっただろ?

 あれ、アイドルじゃなくて、プロデューサーに危害を加えようとしてたんだよ。嫉妬でな」

春香「ええ?ガチの犯罪者じゃないですか」

P「俺がマイルドな犯罪者とでも言うのか」

春香「ええ、まあ。それがどうしたんですか?」

P「その犯行の一部を俺のせいにされたんだよ・・・」

春香「いわば二人は同僚ですからね」

21: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:14:07.33 ID:HytX5VQZ0
P「で、更にイライラして俺、やっちゃったんだよね・・・」

春香「ま、まさか無理やり!?」

P「違う違う、やったのは、痴漢だよ痴漢」

春香「なんだ、痴漢ですか」

P「手ごろな女子高生がさあ・・・」

春香「ってオイ!」ハルーン

22: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:17:00.58 ID:HytX5VQZ0
春香「は、犯罪じゃないですか!」

P「手の甲でポンポンだぞ?」

春香「変わりませんよ!捕まりますよ!」

P「ゲイの振りすれば大丈夫だ」

春香「えっ?そうなんですか・・・」

P「ああ、前に捕えられた時はそれ言い張ったら何とかなった」

春香「その時は勝っちゃったんですね」

P「押しに弱そうな娘を選んだからな」

24: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:19:51.87 ID:HytX5VQZ0
P「でも、その時のターゲットは実は変装した雪歩でさ」

春香「何してるんですか!」

P「そうなんだよ・・・完全に顔見られたんだ。失敗だった」

春香「改めて最低ですね」

P「いやこの後の話を聞いたらお前も同情するよ。

 その後夜道を歩いてたらさ、完全なるヤクザに出くわしたんだ」

春香「ああ、雪歩の家の・・・」

P「突然ドスを取り出して、太ももグッサー!だよ。痛かった~。かわいそうに、俺」

春香「むしろ海に沈まなくてラッキーですよ」

25: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:22:35.56 ID:HytX5VQZ0
P「ほら、お前が浮浪者みたいって言ったステッキあったろ?

 あれはステッキじゃなくてマジの杖だったんだよ」

春香「あの頃ですか!?確かに雪歩の様子がおかしかったかも・・・」

P「そうか。やっぱり後ろめたいもんな・・・」

春香「プロデューサーさんが、後ろめたいんですよね?」

P「いや、雪歩が、だよ」

春香「死んだ方がいいですね」

P「おい!雪歩に何て事を言うんだ!」

春香「死ぬのはお前だ!」

27: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:25:07.54 ID:HytX5VQZ0
P「春香に『お前』って言われた・・・。唯一『プロデューサーさん』って呼んでくれてたのに・・・」

春香「私も皆に合わせて『デューサー』でよかったですね」

P「俺、『デューサー』って呼ばれてたんだ。なんか語感がいいな」

春香「千早ちゃんとかは『例のあの人』って呼んでましたよ」

P「闇の魔法使いかよ。恐れられすぎだろ!」

春香「いえ、単純にハゲててキモかったから、そう呼んでただけですよ」

P「今日一番グサッときた。グサッときたよ」

29: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:29:02.20 ID:HytX5VQZ0
春香「結局なんでデューサーは小鳥さんを泣かしたんですか?」

P「ああそうか。その話だったな。ていうかその呼び方導入するんだ・・・」

春香「呼びやすいんですよ。それで、どうしてなんですか?」

P「雪歩の件を期に、音無さんが俺を訴えようとしてきたんだよ」

春香「でも今無事って事は、何かやったんですね?」

P「ああ。やっちゃったんだ」キリ

30: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:31:23.01 ID:HytX5VQZ0
春香「・・・・・・え?え?何をですか?え?ついに?」

P「まあ、SEXだよ」

春香「せっ・・・。あの、合意の上、ですよね?」

P「結果的に音無さんは泣いたけどな」

春香「じゃあレイプじゃないですか!」

32: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:34:04.45 ID:HytX5VQZ0
P「いや、待てってば。当日は、音無さんも乗り気だったんだぞ?

 後日、撮った事を伝えた途端、泣きだしたんだ」

春香「・・・じゃあ、レイプでは無いんですね?」

P「ああ。初めての記念が欲しかっただけだ。そこまで最低じゃないぞ」

春香「痴漢はしてますけどね」

P「今となっては些細な事だな」

春香「氏ね!」

35: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:37:03.59 ID:HytX5VQZ0
P「遂に直接『氏ね』って言われた・・・」

春香「当たり前じゃないですか。女の敵ですよ」

P「はい、すみません」

春香「そもそも、どうして会社のお金を使ったんですか?」

P「それはだな、示談金の為だよ」

春香「示談って、他にも何かやったんですか!?」

36: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:39:47.02 ID:HytX5VQZ0
P「まあ聞いてくれよ。真いるじゃん?」

春香「まさか、真にも手を出したんですか!?」

P「違うって。実は俺、最近まで真の事を『女の振りしてる男』だと思ってたんだ」

春香「別の方向から酷い話ですね」

P「まあ、今思うとそうだな。

 で、俺は男だと思ってるからさ、真が着替え中でも普通に更衣室に入るじゃん?」

春香「同性でも嫌ですよ」

37: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:42:33.60 ID:HytX5VQZ0
P「仮に真を男だとした場合、かなり中性的で可愛い顔立ちな訳じゃん」

春香「そうなりますね」

P「そうなると、どんなオチ○チンなのか気になるじゃん?」

春香「・・・そうなりますね」

P「だからサッと近づいて蛇のような身のこなしで下から股間を拝見したわけよ」

春香「同性でも完全にアウトですよ」

39: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:46:17.50 ID:HytX5VQZ0
P「そしたら真は、ウワアアアアア!つって俺の顔のすぐ横を踏み抜いたんだよ」

春香「蹴らない分、真って人間が出来てますね」

P「ああ。危なかった。死ぬかと思った。失禁した」

春香「女子高生に威嚇されて何やらかしてるんですか」

P「あ!さっき春香が言った『アンモニア臭がした』ってこの時の俺じゃない?

 俺、その日中パンツまでは着替えなかったもん」

春香「どうしてお前はそうなんだよ!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 13:49:06.46 ID:HytX5VQZ0
P「春香がだんだんキツくなってきた・・・」

春香「その後示談の話になったんですね?」

P「傍から見たらセクハラだからな」

春香「主観でもセクハラですよ?」

P「もしかしたら、真に男みたいに接してたからセクハラの噂が立ったのかもな」

春香「確かに真からしかセクハラの話は聞いてませんね」

P「なんか、誤解が解けて面白いな!」

春香「ハメ撮りのくだりは誤解ではないですよね?」

41: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:51:59.98 ID:HytX5VQZ0
P「しかし、こうなると律子の罰の件だけが分からんな」

春香「これは心当たりがないんですか?」

P「ああ。全く分からん。何か噂を聞いてないか?」

春香「いえ・・・。でも気になりますね」

P「何かヒントが欲しいな」

prrr!
春香「あ、律子さんから電話です」

春香「・・・はい。そうです。送別会に私はいます」

春香「え?分かりました。伝えておきます」

春香「大事にしてくださいね」ピッ

42: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:55:41.34 ID:HytX5VQZ0
P「なんだって?」

春香「風邪を引いてしまったので送別会には行けない、って言ってました」

P「チクショウ・・・。そういや俺ハブられてるんだった・・・」

春香「でも、本当にガラガラ声でしたよ。あと、『いつも守ってくれて、ありがとうございました』

  と伝えて欲しいと言ってました」

P「え?俺が律子を守った?」

春香「・・・・・・?」

43: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 13:58:20.92 ID:HytX5VQZ0
春香「そういえば、送別会のお知らせってデューサーがホワイトボードに書いたんですか?」

P「俺じゃないぞ。春香じゃ無かったのか?」

春香「この会場も、私は予約していませんよ」

P「え?じゃあ、誰が・・・。律子?」

春香「・・・律子さんだけは、本気でお別れがしたかったのかもしれません」

P「マジ?女性が泣いても慰めないしセクハラもする男だぞ?」

44: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:01:04.10 ID:HytX5VQZ0
春香「・・・デューサー自身は、事後処理をしてないんじゃないですか?」

P「ああ、そういうのは律子がやってくれていたらしい」

春香「そうなると、律子さんはアイドル相手にデューサーを弁護したのかもしれません」

P「確かに・・・。俺って信用されてたのか?俺、律子に何もしてないよ?」

春香「私が引っかかった点をまとめてみましょうか。丁度この会場にはホワイトボードがあります」ガラガラ

P「マジで謎を解くカンジになってきたな」

45: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:04:44.95 ID:HytX5VQZ0
春香「まず、プロデューサーを狙ったストーカーが捕まった事件ありましたよね」

P「あったな。怖い事件だった」

春香「この『プロデューサー』ってもしかして律子さんの事ですか?」

P「ああ、確かに紛らわしかったな。実は律子が危険を訴えたりしていたんだよ」

春香「成るほど・・・。で、捕まった時期にデューサーは太ももに大けがしてますよね」

P「ストーカーとは全然関係ない、俺の痴漢のせいだけどな」

春香「痴漢の事を律子さんに話しました?」

P「そんな事しないよ。適当にごまかした」

春香「・・・これで律子さんは、デューサーが自分を守るために怪我をしたのでは

   と考えたのではないですか?」

46: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:07:36.11 ID:HytX5VQZ0
春香「次に、律子さんが枕営業してる、なんて風評の話もあったじゃないですか」

P「アイドルの耳に入るなんて、業界では結構言われてたのかもな」

春香「そんな時『ヤリマン』をけなす偉い人に、デューサーが怒ってましたよね」

P「許せなくてな・・・」

春香「これを直接的だか、間接的だか聞いた律子さんは自分の為に上客と喧嘩した

   と思ったのかもしれません」

P「成るほど・・・有りうる」

春香「多分デューサーはこういう事を無意識に何回もやってるですよ」

47: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:10:34.70 ID:HytX5VQZ0
春香「それから、律子さんに罰を与えられた、って言ったじゃないですか」

P「ああ、酷い一日だったよ」

春香「一日?もしかしてプライベートで一日ですか?」

P「そうだ。たまの休日がお財布すり減らして終わったよ」

春香「律子さんの様子はどうでしたか?」

P「なんか嬉しそうだったな。

 俺、その頃まだ童貞だったからさ、それだけでなんか嬉しくなってたな」

春香「それ、デートですよ!!」

P「マジ!?やったぜ!」

48: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:13:20.92 ID:HytX5VQZ0
春香「そういえば、送別会ボイコットの話に律子さんは参加していませんでした」

P「そうなのか・・・」

春香「最後に、デューサーがクビになった直接の理由って何ですか?」

P「765プロのミスの責任を取るんだよ」

春香「ほらまた!律子さんを守ってる!」

P「ああ、ホントだ!すげー!」

春香「それもあって、『守ってくれて』なんて律子さんは言ったんですね」

P「律子・・・」

49: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:16:34.63 ID:HytX5VQZ0
P「実は俺、分かってたんだ。送別会に誰も来てくれない事。

 でも、いたんだな。俺との別れを悲しんでくれるやつが」

春香「・・・でも、送別会まで別れの言葉が全くないのは不自然ですね」

P「あ、確かに。どこかで嫌われたのかも・・・」

春香「そうだ!もしかして、小鳥さんとヤッた事を律子さんに自慢しませんでしたか!?」

P「ああ、したな。・・・・・・あれ?俺最低じゃね!?」

春香「それで律子さんは二人で会いづらくなって、今日まで話が出来なかったんですよ!」

P「そんな・・・、あの鳥とは政略的な関係なのに・・・」

春香「やっぱり最低ですね」

50: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:19:31.47 ID:HytX5VQZ0
P「俺、今から律子にちゃんと別れを言ってくるよ」

春香「また、やっちゃいますね」

P「何が?」

春香「風邪の時に『いつも守ってくれる』男性が訪ねてきたらどう思いますか?」

P「果てしなくカッコいいな!」

春香「プロデューサーさん、頑張ってくださいね」ニコッ

P「ああ!ありがとな、春香!」ニコッ

春香「・・・いい仕事したな」

52: ◆nlEac1LEcg 2014/08/05(火) 14:21:34.59 ID:HytX5VQZ0
ピンポーン
律子「誰か来た・・・。起きるの辛い・・・」

律子「うえぇ!デューサーじゃん!何で家バレしてんの!?」

律子「どうしよ・・・人柱としてクビになった事で怒ってんのかな・・・」

ピンポーン
律子「しつこい・・・」

律子「そうだ、警察よぼ」ポパピ

。・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚ ☆ HAPPY END ! 。・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚ ☆

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 14:27:13.27 ID:G3X1xt2wo
                /         r三ヽ,  ,. r:’_:_:_ : : : :”:’:-:.、
                l           l三三ムェェ≡≡三スッェ.、: : :`ヽ、
   な  頭  何     l     _______/j三,.=ィ’^: : : : : : `:’ー:.、三ミッ、: :\
                l、   ヽ三三三r'”、:〈 :,: -:、: : : : : : : : : `ヽ≡ヽ: :ヽ.
   い  お  よ     /    \三/: : :.nV: ,:。 -ー- 、: : : : : : : : :\ミ.: : : i.
                /      /1: : _i^ `~      \: : : : : : : : ヽミi : : :i.
   の  か  こ    /       j: : :.r’l          \ : : : : : : :.’:=: : : i
               /       l: : : l ’:,        u   ヽ; : i : : : :.i : : :;l
   ?  し  れ    l        .j: : : j.i\\   i          ヽ;l : : : :.l: : : l
               l    ,.、  ;’: : :.,’ i  l ;メ   ヽ、__,..。 -‐'”  ‘:i: : : : :i: : : |
       い  !    \  / j  /.: : / ヽ..ノ    l.”l ̄ ̄/    j : : : :.j: : :.j
              r’^`  l l /: : :.i ‘ ‘         ヽ、….ノ     / : : : /: : : i
.      ん     ,r’^^’ ,..,r‐l l./: : : :l.           , , ,   / : : : /: : : :;i
             /  r-l l ni、.|’: : : :./:’:、  .r'” ̄`ヽ、      /: : : :/: : : : ;i:
       じ   l.   }、 ‘:,ノl入 `): : :/: : :ヽ、(    └i.    ./: : : /:; ; : : :i:l
           |   〈`’┘ r'” /: : rl: : : : :l:.’:..`’ー- 、.,__l  _,. 、/: : : /: i.:i: : : ;i:l
       ゃ   .l    `i,    ,/: : :/.| : : : :h: : :.:.:..– ー='”,. -i/: : :./i: :i :l : : :i.:l
ー、   _____   r’     ノ  / : : / l; : ,:::、!-ーr1^/::::r‐'”~ ,/: : : / l: :l: i. : : i 😐
  l_/  `’ヽ/     /   l: : :/ ,.イ”/./    /::::::::} ,.r'”,j: : : :/.7l :l、_:、: : l :i
                 /    l.: :/ ,ノ l j../. . . . .l ソ:レ::{^y’. /l: : : i’ /..i; i, `ヽ、i :i.
             /    .l:/r'”  ij./. . . . . ..i.l:::::::::y’./ . .l: : :l…/. .l1:l、/ ‘i;:i: :l

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 14:33:34.64 ID:bU3E5y9f0
面白かったのでとりあえず乙。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする