春香「プロデューサーさん!告白ですよ、告白!」【天海春香SS】


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 21:50:51.10 ID:l85L8r6sO
春香「いいお天気ですね、プロデューサーさん!ポカポカしててすっごく気持ちいいです!」

春香「覚えてますか?ここはプロデューサーさんと初めてお会いした場所なんですよ?」

春香「え?そ、そんなことありましたっけ?そういうのは忘れ下さい…」

春香「何でここに連れてきたか、ですか?それは…春だからですよ、春だから!」

春香「そ、そうですよね、意味分かりませんよね。じゃあ…一分間だけ目を閉じていて貰えませんか?その間にお話しますから」

春香「ちゃんと閉じてます?ホントに?それじゃあ、言いますね。ゴホン…」

春香「好きです。ずっとプロデューサーさんのことが好きでした。そして…これからもずっと好きでいさせて下さい」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 21:53:08.64 ID:l85L8r6sO
真「プロデューサー、ここに座りましょう!」

真「えっ?ボクだって歩き疲れますよ!失礼だなぁ。一応女なんですからね、これでも」

真「えー、本当にそう思ってますか?なーんか怪しいんだよなぁ」

真「ボクだって可愛い服を着たいし、それに…こ、恋だってしたいですから…」

真「もう!またそうやってからかうんだから!ヒドいなぁ、まったく」

真「え?いま、ですか?…はい、います。好きな人」

真「ど、どんな人かって?それは…いま…いまボクの隣に座ってる人です!ボクは…その人のことが大好きです!!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 21:55:13.62 ID:l85L8r6sO
やよい「うっうー!すっごくいいお天気ですね!」

やよい「はい!元気だけが取り柄ですから!えへへー」

やよい「え?本当の妹みたい…ですかぁ…そうですよね、やっぱり…」

やよい「ち、違います!嬉しくないわけじゃなくて…あの…私、もうお兄ちゃんはいらないかなーって」

やよい「甘えたくないわけじゃなくて…うぅ…上手く説明できないですぅ…」

やよい「えっと…何て言うか…プロデューサーには、お兄ちゃんよりも大切な人になってほしいから!だから…」

やよい「す、好きですプロデューサー!私とお付き合いしてください!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 21:57:09.64 ID:l85L8r6sO
春香「プロデューサーさん!事後ですよ!事後!」

ってSSに影響されて書いてます
作者の人ごめんなさい

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 21:59:04.12 ID:l85L8r6sO
響「疲れたぞ!ちょっと休もうよ、プロデューサー」

響「東京?うーん…まだ慣れないかな。だって海が汚いからね」

響「人の多さもまだ苦手だぞ。そう考えると、やっぱり沖縄が一番さー」

響「いや、帰りたい…ってわけじゃないんだぞ。東京にも大切な人たちができたからね」

響「もちろん…プ、プロデューサーもその中の一人だよ?」

響「そ、そうじゃなくて!自分…えっと…す、好きなんだぞ?プロデューサーのことが」

響「うん…そうだよ、男の人として…えへへ…大好きだぞ、プロデューサー!!!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:01:11.57 ID:l85L8r6sO
千早「すみません。少し疲れてしまって…しばらく休憩すれば大丈夫だと思いますから」

千早「…つまらないですか、私と二人では?」

千早「それなら良いのですが…私は口下手だし、プロデューサーが退屈しているんじゃないかと思って……

千早「…はい。ありがとうございます。少しずつですが、自分が変わっていっているという実感はあります」

千早「けれど…もっともっと変わらなきゃって。だから、言わせていただきます」

千早「ご迷惑かもしれませんから、先に謝っておきますね?ごめんなさい、プロデューサー」

千早「私は…あなたが好きです。ごめんなさい…」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:10:33.68 ID:l85L8r6sO
律子「あーあ、捕まっちゃいましたね。しばらく身動き取れませんよ、この渋滞だと」

律子「まぁ、文句言ったから進むってわけでもないし、大人しくしとくとしましょう」

律子「…何で黙るんです?気まずいじゃないですか」

律子「わ、私は特にお話しすることは無いですけど…え?顔赤い?き、気のせいですよ!」

律子「…プロデューサー?寝ちゃったんですか?」

律子「…本当に寝ちゃったんですね?信じますよ?」

律子「…大好き。ふふ…」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:21:30.63 ID:l85L8r6sO
あずさ「…プロデューサーさん?迎えに来て下さったんですか?」

あずさ「ごめんなさい…私、いつもいつも迷ってばかりで…」

あずさ「…そんなこと言われてしまったら、また迷子になりますよ?プロデューサーさんに見つけて貰うために」

あずさ「…私、本気なんですよ?」

あずさ「ふふふ…やっぱり優しい人なんですね、プロデューサーさんは。甘えたくなってしまいます」

あずさ「私は迷ってばかりだけれど、はっきりと分かることが一つだけあるんです…」

あずさ「好きです、プロデューサーさん。私の…帰る場所になって下さい」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:33:01.20 ID:l85L8r6sO
美希「ハニーはミキのこと好き?」

美希「むー。またそうやって誤魔化すんだから。ハニーはズルいの」

美希「ねぇハニー?ミキね、ハニーのこと幸せにしてあげたいの。もちろんミキも、ハニーに幸せにしてもらいたい。だけどね?」

美希「うーん…ちゃんと伝えるのはとっても難しいの。困ったなぁ…」

美希「えっとね…もしダメだったときは、ハニーだけでも幸せになってほしいの」

美希「え?ミキ、おかしなこと言ってるかなぁ?そんなのミキらしくない?それ、ちょっぴり失礼なの。じゃあ、ミキはミキらしく…」

美希「ハニー!ずっとずっとだーい好きなの!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:46:59.69 ID:l85L8r6sO
雪歩「うぅ…今日めダメダメでしたぁ…いつもいつもごめんなさい…」

雪歩「だって私…相変わらずひんそーでひんにゅーでちんちくりんで…」

雪歩「き、綺麗になった?私がですかぁ?な、何かの間違いですぅ…」

雪歩「そ、そうなんですか?…はい。ありがとうございます、プロデューサー…」

雪歩「私は強くなんて…でも、少しだけでも強くなれたんだとしたら、やっぱりプロデューサーのおかげです。えへへ」

雪歩「私はまだまだダメダメですけど…いつかもっと強くなれたら、そのときは…」

雪歩「そのときは、私を彼女にして下さい!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 22:55:52.97 ID:l85L8r6sO
伊織「さ、さっさと座んなさいよ!隣空けてあげてるんだから!」

伊織「な、何よ?別に大した用があって呼び出したわけじゃないんだから!ただの暇潰しよ」

伊織「ま、待ちなさいよ!帰っていいなんて言ってないでしょ!待ってってば!」

伊織「ちゃ、ちゃんと話すからこっちみないでよね!あっち向いててよ」

伊織「えっと…何て言うか…わ、私はアンタのこと…そんなに嫌いじゃないわ」

伊織「か、帰んないでってば!私は…えっと…私は…」

伊織「ア、アンタのことが好きだって言ってんのよ、バカァ!!!だから帰んないで!!!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:05:04.83 ID:l85L8r6sO
真美「兄ちゃ→ん、何して遊ぶ?」

真美「ゲ→ム?真美、いまゲ→ムって気分じゃないかなぁ」

真美「う→ん、そだなぁ…じゃあさ、恋人ごっこしよ→よ!」

真美「違うもん!真美、ちゃんと彼女役できるもん!」

真美「分かった!やってやろ→じゃないか!ちゃんと聞いててよね?」

真美「…真美、兄ちゃんのこと好きだよ?」

真美「え?スゴくリアルだったって?…だって…ごっこじゃないもん、今の」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:16:26.23 ID:l85L8r6sO
貴音「お待ちしておりました、ぷろでゅーさー殿」

貴音「月が高いですね、今宵は」

貴音「ふふ…それは誉め言葉として受け取っておきましょう」

貴音「…わたくしは、言葉で伝えるのが得意ではありません」

貴音「それに言葉など、口に出した途端にあわあわと宙に溶けていきそう…特に、こんな月夜は」

貴音「ですからただ一言、こう申し上げることに致します」

貴音「わたくしは貴方様を…お慕い申し上げます」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:27:13.56 ID:l85L8r6sO
小鳥「少し酔ってしまいました…」

小鳥「はい。そろそろ帰りましょうか」

小鳥「だけど、プロデューサーさんもお酒好きで良かったです」

小鳥「また一緒に呑みましょうね?」

小鳥「本当に?うふふ、良かった。…じゃあ…もう一つだけお願いしても良いですか?」

小鳥「プロデューサーさんのお仕事の邪魔にならないように気をつけます。だから…」

小鳥「もう少しだけ、あなたを好きでいても良いですか?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:29:16.16 ID:l85L8r6sO
おしまい

このパターンだと美希は難しいね…

読み返してきますの

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:30:44.54 ID:l85L8r6sO
>>38
あ…

し、しばし待たれよ!

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:40:39.66 ID:l85L8r6sO
亜美「兄ちゃんってさ、休みの日は何してんの?」

亜美「うっそだぁ!どうせ1日中、ゲームしたりネットしたりアニメ観たりしてるんでしょ?」

亜美「おや?その反応はどうやら図星みたいだねぇ」

亜美「兄ちゃん、ひょっとしてモテないのかい?」

亜美「んっふっふ~、またまた図星みたいですな」

亜美「じゃあさ…特別に亜美の彼氏にしてあげよっか?」

亜美「…うん、いいよ?だって亜美…兄ちゃんのこと好きだもん!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/19(月) 23:42:11.07 ID:l85L8r6sO
今度こそおしまい

俺は亜美のことが一番好きだからついうっかり忘れてしまったんだよハハハ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする