【アイマスSS】春香「これはプロデューサーさんの……?」


1: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:20:59.44 ID:Lw6dKVf80
カウントダウンしたいだけのシリーズです。

春香「これはプロデューサーさんがいつも被ってる……アレだよね?」

春香「……」きょろきょろ

春香「……よし」

春香「装☆着!」

Pマスク『装着を確認……プロデュースシステム起動します』

P春香「な、なんなのこれ!?」

Pマスク『マスターではないようですね。アイドルの天海春香と認識……承認しました』

P春香「ひっ……何処からともなく、女の人の声が!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400026849

3: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:28:27.48 ID:smd2WFZT0
Pマスク『この声は、あなたの脳内に直接語りかけています……故に、外部には聞こえません』

P春香「だ、誰ですか!?」

Pマスク『申し遅れました。私はプロデュース力向上インテリジェントデバイス……通称Pちゃんです』

P春香「急に可愛くなった!?」

Pマスク『照れます……天海春香。質問しても良いですか?』

P春香「あ、はい……」

Pマスク『どうして、あなたが私を装着しているのですか?』

4: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:29:53.72 ID:smd2WFZT0
春香「うっ……ご、ごめんなさい……」

Pマスク『咎めている訳ではありませんーーどのような意図があって、私を装着したかを聞きたかったのですが』

春香「……うう」

Pマスク『……なるほど』

春香「ちょっと気になっただけだよ……? 別に深い意味があるわけじゃ……」

Pマスク『記録しました』

春香「何を記録したの!?」

6: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:32:09.13 ID:smd2WFZT0
美希「あ……ハニー!!」だきっ

P春香「み、美希!?」

美希「……春香? 何で、ハニーのを被ってるの?」

P春香「そ、それは……」

1 プロデューサーさんの気持ちになろうかな、って

2 美希には関係ないよ

3 何となくかな?

8: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:34:01.47 ID:smd2WFZT0
P春香「な、何なんですか……これは……?」

美希「?」

Pマスク『私の機能の一つです。その場で最も、有効的であるだろう選択肢を表示しました』

P春香「と、とりあえず……」

美希「?」

P春香「プロデューサーさんの気持ちになろうかな、って……」

美希「何で?」

9: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:40:32.93 ID:Hpou8ULV0
P春香「プロデューサーさんの立場になって……アイドルとしての私自身を考え直す、って言ったところかな?」

美希「? 何だがよくわからないの……あふぅ」

P春香「あ、あれ?」

美希「……ミキ、負けないよ? 春香も遠慮なんてしないでね? あはっ☆」

Pマスク『パーフェクトコミュニケーション!』

P春香「?」

Pマスク『最初にこれとは才能があるのかも知れません……』

P春香「は、はぁ……?」

Pマスク『日常で誰にも構わず、パーフェクトコミュニケーションばっかり出すのも考えものですが……』

P春香「あ、あはは……」

10: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:43:27.64 ID:Lw6dKVf80
P春香「プロデューサーさん。Pちゃんの力でプロデュースしてたんだね」

Pマスク『その問いには、はいともいいえとも答えられます」

P春香「?」

Pマスク『私は彼のプロデュース力を制限する役割もあります』

P春香「ぷ、プロデュース力?」

Pマスク『簡単に説明すると、プロデューサーとしての能力を数値化したものです』

P春香「高すぎるとダメなの?」

Pマスク『滅びる、大抵の原因は過ぎた力だそうです』

P春香「へ、へぇー……ほ、他に機能とかないの?」

11: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:46:26.52 ID:7MRB9cQ80
Pマスク『アイドルに必要なステータスを数値化、他デバイスとの通信やメール、ミニゲーム、インターネット接続……」

P春香「と、とにかく! 色々あるんだよね?」

Pマスク『はいーー何かご要望でも?』

P春香「ぷ、プロデューサーさんの……好きな人とか……」

Pマスク『分析した物がありますが、数値化しましょうか?』

P春香「い、いらない! 結果次第で落ち込むそうだし……」

Pマスク『……』

12: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:47:58.58 ID:7MRB9cQ80
千早「おはようございます……プロデューサー?」

P春香「ち、千早ちゃ……」

千早「どうして春香がプロデューサーのマスクを?」

P春香「それは……」

千早「……つまり、プロデューサーは今、素顔ということね」

P春香「あ……ということは?」

「「プロデューサーの素顔を見る……チャンス?」」

13: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:50:34.33 ID:RNaYTCiO0
「くそ……うっかりマスクを事務所に置いて来てしまった……」

P春香「……プロデューサーさん?」

千早「どうしたんですか? 顔に包帯をそんなに巻いて……」

P春香「全身大火傷でもしたんですか?」

P「あ、俺のマスク! 春香が被ってたのか!」

P春香「す、すみません! すぐに脱ぎますから……」

千早「……」すっ

P「どういうつもりだ……千早」

千早「その包帯を解いて下さい……それがこのマスクをお渡しする条件です」

P春香「ち、千早ちゃん!」

14: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:52:01.74 ID:RNaYTCiO0
P「……千早が俺の素顔に興味を持つなんてな、意外だよ」

千早「……あなたは恩人ですから」

P「……」

千早「余計に素顔を見てみたい。そう思っただけです」

P「……なるほどな。春香もそうか?」

P春香「わ、私は別に……」

千早「春香……素直なりなさい」

P春香「千早ちゃん……」

15: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:53:37.99 ID:RNaYTCiO0
P春香「私も……プロデューサーさんの素顔を見てみたいです」

P「……そうか」

P「つまり……春香は俺の意思はどうでも、良い……そういうわけか」

P春香「!?」

千早「春香……プロデューサーの言葉に惑わされては、駄目」

P春香「え?」

P「流石に千早は手強いな……」

千早「プロデューサーに鍛えられましたから」

16: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:55:42.14 ID:RNaYTCiO0
P「千早……」

千早「何ですか?」

P「顔を剃って来ても良いか? 今朝、剃り忘れてな……」

千早「どうぞ」

P「すまんな……」

P春香「千早ちゃん。やったね」

千早「?」

P春香「え? 顔を剃ってるところを覗くんじゃ……」

千早「そんな失礼な事、出来るわけないじゃない」

P春香「えー」

17: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:57:37.45 ID:RNaYTCiO0
P「お待たせ……スッキリしたよ」

千早「そうですか、それは良かった」

P「それで……何だっけ? 俺の素顔だったか」

千早「そうです。素顔を見せて下さい」

P春香「見せたくない理由でもあるんですか?」

P「理由……か」

P「それは……」ぐー

千早「プロデューサー?」

18: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 09:59:07.69 ID:RNaYTCiO0
P春香「お腹空いてるんですか?」

P「すまん……朝まだなんだ……パン食べてもいいか?」

千早「どうぞ、私達は向こうに居ますので……」

P春香「千早ちゃん……」

千早「そんな失礼な事、出来ないわ」

P春香「……だよね」

19: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:04:10.59 ID:dSgI74Kt0
P「とりあえずは、腹が膨れたよ……それで、そろそろマスクを返してくれないか?」

P「そろそろ打ち合わせとかあるから、返して欲しいんだが……」

千早「それは困りましたね……春香。プロデューサーにマスクを」

P春香「え!? 今までのは何だったの? ……まあ、いいか……あれ?」

P「……」

P春香「な、何で!?」

千早「 新しいダンス? 腕を上げたわね……」

P春香「ち、違うよ!? 外れないの!」

P「あ……それ付けたら、24時間は外せないんだった」

P春香「プロデューサーさん!?」

20: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:09:21.17 ID:MYuq0iFr0
千早「それなら仕方ないですね……」

P「スペアがあるから、これ被っとくよ」カポッ

P春香「!?」

千早「やっぱり……これでこそ、プロデューサーですね」

P「調子いいな。こいつー☆」

千早「うふふ……」

P春香「ちょっと待って下さい! 私はどうしたら、良いんですか!?」

21: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:10:52.49 ID:MYuq0iFr0
P「まあ、今日はレッスンだけだろ? 何とか乗り越えてくれ」

千早「春香ならできるわ」グッ

P春香「それしかないですよね……」とほほ

千早「それでは……私はボイスレッスンがあるので」

春香「私も……」

P「よし、行ってこい!」

22: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:12:44.73 ID:MYuq0iFr0
千早「最近、携帯の調子がおかしいの……」

P春香「買い換えたら? 今度の休みにでも、見に行こうよ!」

千早「ふふふ……ありがとう」

P春香「……」

P春香「……何で目立たないんだろ?」

Pマスク『不必要に目立ちたくはないだろうと、周囲からの関心を妨げる電磁波を』

P春香「……」

23: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:15:23.77 ID:MYuq0iFr0
千早「あー♪ あー♪ あー♪」

P春香「私も……」

Pマスク『ボイスレッスン指導モードを開始します』

P春香「ラインとアイコンが出てきたよ?」

Pマスク『指導を開始して下さい』

P春香「?」

Pマスク『始まりましたよ』

P春香「ちょっ……!」

24: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:17:26.22 ID:MYuq0iFr0
Pマスク『パーフェクトレッスン!』

千早「凄いわ、春香! まるでプロデューサーね」

P春香「あははは……ありがとう」

Pマスク『音声メールが来てますーー読み上げましょうか?』

P春香「さ、流石に読むのはマズいような……」

Pマスク『玲音さん……女性のようです』

P春香「読んじゃって下さい!」

26: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:20:34.59 ID:hy/YHbyg0
玲音『やあ、元気かな? 此方は相変わらず……充実した日々を送っているよ』

玲音『キミの方も順調そうで何よりだ。765プロのアイドルの名前を聞く度に、嬉しくなるよ」

玲音『フェスで戦える日々を楽しみにしている……最後に……キミに伝えたいことがあるんだ』

玲音『直接言うのは、少し照れ臭いからね……音声メールで許して欲しい』

玲音『玲音アイドルマスターワンフォーオール5月15日に発売! 残り1日……!」

玲音『一日……? も、もう明日じゃないか……!』

玲音『これはプロデューサーとしてうかうかしてられないんじゃないかな?』

玲音『それでは、相まみえる日を楽しみにしているよ』

27: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 10:23:32.82 ID:TLlKSHJ/0
P春香「……後で問い詰めないと」

Pマスク『この音声メールは……少し、未来から送られてきているようです』

P春香「……」

Pマスク『……』

千早「春香? 事務所に戻るわよ」

P春香「わっ! すぐに行くよ!」

Pマスク『バランスが崩れつつあります。足下にお気をつけ下さい』

P春香「わっ! っと……」

千早「は、春香が……持ち直した……!?」

P春香「こ、転けてばかりじゃないよ!(あ、ありがとう……)」

29: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 11:30:59.87 ID:K90yl7560
「「戻りましたー」」

P「おっ……帰って来たか。随分と馴染んでるじゃないか」

P春香「え」

P「Pヘッドアイドル……新しいな。いける……か?」

P春香「いけませんし、行きませんよ!?」

千早「そうなの? ……勿体無いわね」

P春香「ち、千早ちゃん……」

P「はっははは……まあ、もう少しの辛抱だ。不便でもないだろ?」

P春香「快適すぎて、困るんですけど……」

30: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 11:47:03.94 ID:MybuJCqr0
美希「……」じー

P春香「どうしたの、美希?」

美希「何か春香だけズルいって思うな!」

P春香「な、何が……?」

美希「ハニーとペアヘッドなの!」

千早「そう言われたら……そうね」

P春香「千早ちゃんまで!? っていうか、ペアヘッドって何!?」

P「あんまり騒ぐなよ? Pヘッド協会の規定がキツくなって来てるからな……」

P春香「意味のわからない設定ばっかり増やさないで下さい……」

P「まあ、俺の身内だから……ある程度は融通が利くと思うけど」

P春香「だからやめて下さいってば!」

32: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 14:38:38.19 ID:XX/L2qjC0
Pマスク『春香様。次の予定時刻が迫っております』

Pマスク『春香様。前方に注意を』

Pマスク『春香様。お昼食なら、近くの喫茶店のサンドイッチセットがおすすめです』

Pマスク『春香様が転けずに一日を過ごす? ご冗談を』HAHAHA

Pマスク『春香様。あなたの力はこの程度ではありませんーーファイトです』

34: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 15:30:54.49 ID:pu2BdGsB0
天海家。

P春香「今日も疲れてね……」

Pマスク『お疲れ様でした。春香様』

P春香「その春香様っていうの、やめようよ」

Pマスク『何故でしょうか?』

P春香「私にとっては、Pちゃんは……AIでも、マスクでもないんだ』

P春香「おかしな話かも知れないけどーーPちゃんと……友達になりたいな、て」

Pマスク『……』

36: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 15:39:08.27 ID:8bcbei200
P春香「あはは……なんか、ごめんね?」

Pマスク『いいえ、気持ちはとても嬉しいです……春香』

春香「Pちゃん……」

Pマスク『ですが、忘れないで下さいーー私は所詮、AI」

Pマスク『作り物の人格、作り物の性格ーー全てが作り物なのです』

春香「……」

Pマスク『明日も早い……早く眠りましょう。明日になれば、私も外れるでしょう」

春香「うん……おやすみ」

Pマスク『おやすみなさい。春香』

39: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 18:24:18.85 ID:8bcbei200
P春香「……」

Pマスク『まだ起きているのですか? 安眠モードは正常に機能しているようですがーー』

P春香「今度、千早ちゃんの携帯を見に行くんだけど……Pちゃんも来てくれる?」

Pマスク『……春香が望むなら」

P春香「えへへ……ありがと……おやすみ」

Pマスク『……おやすみなさい。春香』

40: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 18:26:25.48 ID:8bcbei200
春香「おはよう……あ、本当に取れてる」

Pマスク『……』

春香「Pちゃん?」

Pマスク『春香。こんばんは』

春香「ふふ……今は朝だよ?」

Pマスク『……?』

春香「……Pちゃん?」

Pマスク『……』

春香「何かおかしいよ?」

Pマスク『……』

春香「プロデューサーさんに見てもらわないと……!」

41: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 18:35:17.26 ID:MS6BQGK60
P「これは……」

春香「プロデューサーさん……?」

P「ん……ああ、大丈夫だ……修理に出せば、直るよ」

春香「よ……良かった……すみません、プロデューサーさん」

P「いや……春香のせいじゃないよ。どっちみち、メンテに出さないといけなかったからな……」

P「心配かけて、申し訳ありません……だってさ」

春香「ううん……Pちゃんが元気になってくれるなら、それで良いよ」

P「……春香。そろそろ、レッスンだろ?」

春香「あ! そうだった……い、行って来ます!」

P「ああ、行って来い!」

42: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 19:28:52.99 ID:13rQMeBa0
P「……これで良かったのか?」

Pマスク『申し訳ありません……春香には心配かけたくありませんでしたので』

P「……寿命か」

Pマスク『試作型AI……本来は長期的に作られてはいません』

Pマスク『そんな私がここまで活動出来ただけで、十分でしょう』

P「……俺が新米プロデューサーの時からの付き合いだからな、頑張ったよ。お前は」

Pマスク『光栄です……ただ……』

P「ん?」

Pマスク『後悔があるとしたら……春香との約束をーー」

43: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 19:50:10.85 ID:5As1sLsz0
P「約束?」

Pマスク『ーー』

P「……完全に停止したか」

Pマスク『ーー』

P「……」カチッ

Pマスク『ーー』

Pマスク『』

P「……おやすみ」

44: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 20:05:25.50 ID:S7x3+NK40
春香「プロデューサーさん……」

P「は、春香!? レッスンに行ったんじゃ……」

春香「えへへ……忘れ物しちゃいました」

P「春香……お前……」

春香「別に……怒ってないんですよ? 友達だから、約束を守ることも……破ることだってあるし……」

春香「でも……ちゃんと、お別れしたかったなぁ……」

P「……春香」

春香「ちゃんと……お別れさせて欲しかったよ……でも」

春香「ありがとう……短かったけど……楽しかったよ」

45: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 20:11:53.55 ID:MybuJCqr0
一週間後。

P「装☆着! やっぱり、これがしっくり来るよな!」

Pマスク『システム起動……着用者をマスターと承認します」

P「最新鋭のAI……やっぱり、あいつとは違うんだろうな」

Pマスク『マスター?』

P「何でもない、っと……予定を入れて貰ってもいいか?」

Pマスク『どうぞ……マスター。今週に予定が一件入ってますが』

P「起動したばかりだ。入っているわけがない」

Pマスク『バグでしょうか……あり得まない事ですが』

P「! ……その予定を開いてくれ」

Pマスク『春香の友達の携帯を見に行く……優先度A』

Pマスク『マスター……これは一体……?』

46: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/14(水) 20:14:06.50 ID:MybuJCqr0
終わりです。

春香がPヘッド被って騒動を起こすだけの話だったのに……。

お疲れ様でした。

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/14(水) 20:19:48.37 ID:CT6A+ztx0
ギャグかと思ったらいい話だった
面白かった。乙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする