P「ならみんなはオナラしないのか!!?」【天海春香SS】


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 11:03:19.21 ID:Ypo4MSzh0
P(あぁー屁こきてーー……)

P(まぁ、音たてなきゃ大丈夫だろう…)

P(俺、昔からコントロールできるし)

P(フンッ)

ボフッ!!

春香「!!!!!!!????」

千早「……………くっ」プルプル

雪歩「あ…あぁぁ……」

真「」アングリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407722589

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 11:04:57.77 ID:Ypo4MSzh0
あずさ「あらあら……」

美希「…………………」

伊織「…………くっさ…」

亜美「兄ちゃん……」

真美「亜美…やめなよ……」

貴音「わ、私は健康的でいいと思いますが……」

律子「貴音!!」

小鳥「……………………」

小鳥(ピーヨピヨピヨピヨピヨwwwwwwwwwwwww)

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 11:10:19.40 ID:Ypo4MSzh0
響「プロデューサーがオナラしたぞーーーー!!」

やよい「浩司も生まれたばかりのころはしてたから大丈夫ですよ!!」

みんな(言ったーーーー!!)

小鳥「wwwwwwwwwwww」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 11:13:26.52 ID:Ypo4MSzh0
P「……………………」

P「だぁぁぁぁ!!!!」

P「誹謗も中傷も慰めもカメもいらん!!」

P「人がオナラしたくらいでそれぞれ分かりやすいリアクションとりやがって!!」

伊織「なにキレてんのよ」

P「うるせぇ!!ぶちかますぞ!!!」

P「くさいだぁ!!?」

P「なら伊織はオナラしないって言うのかよ!!?」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 11:23:15.35 ID:Ypo4MSzh0
伊織「な!!?アイドルにそう言うこと聞くの反則でしょ!!」

P「あれれれれ??もしかして今をときめくトップ()アイドル伊織ちゃんはオナラをするんでちゅかー??」

P「プップカプーってしちゃうんでちゅか~~??」

伊織「な!?この私がオナラをするわけないでしょ!!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/11(月) 11:25:46.55 ID:Ypo4MSzh0
伊織「ねぇ!?みんな!!」

春香「あーーレッスンしたくなっちゃった」ソソクサ

千早「春香、付き合うわ」

真「……」シラー

伊織「あんたたち目をそらすんじゃないわよ!!」

P「wwwwwwwwwwww」

P「オナラしない伊織ちゃんは臭くないんでちゅねー」

P「オナラしないなんて人としてどうかと思うぞ」キリッ

律子「レディーの前でぶっこく方がどうかしてるでしょうが!!」

ゲンコツ!!!!

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 11:27:22.85 ID:Ypo4MSzh0
P「ohhhhh………」

律子「まったく…小学生みたいなことしてないで・・・」

P「カンチョオオオオオオオ!!!!」

ブスッ

律子「……………んあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

美希「律子……さーーーーん!!!!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 11:52:35.12 ID:Ypo4MSzh0
律子「お、おおおぉぉぉ……」

プーーー

P「wwwwwwwwwwww」

P「何が女性はオナラしませんだ!!」

貴音「そのようなことは誰も………」

P「んんん?それにしても貴音…」

P「お前、いいビブラート奏でそうだな」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:06:30.86 ID:Ypo4MSzh0
貴音「な、何を……!?」

P「屁っ屁っ屁…」

貴音「ひっ……近づかないでください……」 ドサッ

貴音(あ、足が…………) ガクガク

響「貴音に何するんだーーーー!!!!」バッ

貴音「ひ、響!!お逃げください!!!!」

響「いやだ!!自分、この変態プロデューサーから貴音を守るんだ!!」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:09:49.11 ID:Ypo4MSzh0
P「ほう、素晴らしい友情を垣間見せてもらったよ…」

P「余談だが響、お前のオナラ臭そうだな……」 ニヤッ

響「な!?」カァァァ

響「オ、オナラなんてみんなくさいものさー!!」

響「じ、自分別に恥ずかしくともなんともないぞ!!」マッカ

P「そうは言っても…」ヒュン

響「き、消えた…!!?」

P「体は正直だぜ?」

P「カンチョオオオオオオオ!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:11:17.77 ID:Ypo4MSzh0
響(自分…ここで終わるのか…)

響(みんなの前でオナラして…恥ずかしいアイドル生活送っていくのかな…)

響(貴音…守れなくってごめんね………)

P「オオオオオオオオオオ!!!!」

貴音「響に手だしはさせません!!!!」カンチョオ!!

グサッ

P「………………………」

P「あんがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

美希「そっか!!プロデューサーが貴音を庇ってる響の後ろをとったから…」

美希「必然的に貴音は容易にプロデューサーの後ろをとることができたの!」

小鳥「wwwwwwwwwwww」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:13:25.83 ID:Ypo4MSzh0
伊織「貴音!危ない!!」

ドンッ

貴音「きゃぁ!! 水瀬…伊織…?」

響「い、伊織!!」

美希「凸ちゃん!」

伊織「凸ちゃんゆーな!貴音、私は…あなたみたいなお嬢様になれないの………」

伊織「じゃあね!みんな!ニヒヒッ!!」

P「ううううううううう……」

オナラブッパァァァァァァン

フェアリー「伊織ーーーーーーーー!!!!!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:16:54.71 ID:Ypo4MSzh0
それが、私が見た最後の伊織の笑顔でしt

伊織「ちょっと!!勝手に終わらせてんじゃないわよ!!」

貴音「伊織!!? どうして……」

雪歩「ピンチそうだったので……」

貴音「雪歩……」

伊織「雪歩が穴を掘って助けてくれたわ」

雪歩「プロデューサーも埋めたんですけど…」

伊織「ただ………………」

響「この感じ………来てるぞ……」

美希「もう、ミキの知ってるハニーじゃないんだね…」

貴音「えぇ……」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:19:52.77 ID:Ypo4MSzh0
ブボボボボボボボボボ

伊織「ホント、くっさい奴ね…」

響「オナラで宙に浮いてるぞ…」

P「屁っ屁っ屁」

P「お前たちに屁をこかせるまでは私は氏ねん」ブボボボボボボ

美希「みんな!!くるの…!!!!」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:22:34.94 ID:Ypo4MSzh0
亜美「いつの間にか…..」

真美「凄いことになってるね…」

P「ううううぉぉぉおおおおお!!!!」

貴音「みな、愛 LIKE ハンバーガーの横ステップです!!」

伊織「あれね!!!!」

響「わかったぞ!!」

美希「承知…なの!!!!」

P「まずはお前からだー!!」

貴音「きます!!構えて!!!!」

真美「きゃあああああ!!!!」

亜美「真美ーー!!   兄ちゃんやめてよーー!!」

貴音「そちら…でしたか……」ガクン

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:24:27.43 ID:Ypo4MSzh0
真美「兄ちゃん、話して!!んもう…やっ!!」

P「うるせぇ!!」

P「カンチョオオオオオオオ!!!!」

真美「あ……あああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

ブピーーーーーーーピピピピ

P「可愛いじゃねぇかチキショウ!!」

亜美「真美ぃーー!!」

亜美「真美をよくも……」

P「次はお前だーー!!」

亜美「きゃあああああ…………あれ?」

小鳥「wwwwwwwwwww……ってなんであたしがぁぁぁぁ!!?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:25:40.83 ID:Ypo4MSzh0
P「さっきから笑い声うるさいんじゃ!!」

小鳥「スミマセンスミマセンスミマセンスミマセン」

P「うるさい!!カンチョオオオオオオオ!!」

小鳥「ああぁぁぁぁぁぁぁぁん♡♡♡」

ブビビビビビビビリュリビビビヒ

P「くっさ」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:27:20.74 ID:Ypo4MSzh0
小鳥(こ、これが…うわさの…………)バタッ

貴音「小鳥嬢ーーーーーー!!!!」

貴音「また、仲間を……私は……私は弱い……!!!!」

響「た、貴音!!?陣形が!!!!」

P「今が好機なりぃぃぃぃ!!!!」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:29:49.29 ID:Ypo4MSzh0
P「カンチョオオオオオオオ!!!!」

美希「きゃぁぁぁ!!」ブスッ

スーー

P「二丁拳銃カンチョオオオオオオオ!!!!」

響「UGYAAAAAAAAAAAAAA!!!!」ブスゥゥ

伊織「もう…お嫁に…….」ブスッ

プーーーーーーーーーーー

プップカプー

P「みんな可愛いオナラするじゃねぇか!やればできるじゃねぇか!!」

貴音「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

貴音「私は……私は弱い!!!!」

「……ガ………イカ?」

貴音「…………?」

「力が………欲しいか…………?」

ドクン!!!!!!!!!

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:33:15.23 ID:Ypo4MSzh0
P「カンチョオオオオオオオ!!!!」

亜美「痛いよーーー!!」 ブスッ

プップー

春香「ただいま戻りまし……」

P「カンチョオオオオオオオ!!!!」

春香「たああああぁぁぁぁぁ!!!!?」 グサッ

ブピーーーブピピピピ

千早「……………………んっ」

ブッ

真「うわぁぁぁ!!?みんな!!?」

P「お前もだぁぁぁ!!」

真「あぁぁぁん!!だめぇぇぇぇ!!」 ブスリィ

ブゥゥゥゥゥ

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:35:41.64 ID:Ypo4MSzh0
貴音「あなたは……?」

「みなを守れる…力が欲しいのか…!?」

貴音「愚問………!」

やよい「賢く特売いってきまーす!」

P「いってらっしゃーーい!」

P「ふぅ……次はあなたですよ……あずささん………」

あずさ「あらあら~~見つかっちゃった」

P「事務所の中で誰のオナラが聞きたいか……聞かれたら迷わず答えます」

P「あなたです!」ヴォン

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:37:26.27 ID:Ypo4MSzh0
あずさ「あらあら~~」ビンタ

P「ゲフゥゥ!」

あずさ「近づかないでください~~」

P「くっそ、こうなったら!」

雪歩「見つかっちゃいましたぁ…」

P「穴の中に隠れてたってむだだよぉぉん」

P「あずささん、雪歩を助けたいなら私におしりをつき出してください」

P「もし助けないのなら………これ」 |||

あずさ「さ、三本……!?」

P「これが清楚清純純白雪歩に入っちゃいますよ…??」

あずさ「…………………」

雪歩「あずささん…私のことは…………」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:39:25.05 ID:Ypo4MSzh0
あずさ「……………あらあら~~仕方ありませんねぇ」プリッ

雪歩「あずささん!ダメですぅ!!」

P「さすが、それでこそ俺の知るあずささんだ……」

P「いただきまーーーす!!!!」

P「カンチョオオオオオオオ!!!!!!」

あずさ(私、ここで死んじゃうのかしら~~)

あずさ(うふふ、お母さん…旦那さんの顔を見せてあげられなくてごめんなさい…)

P「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

雪歩「あずささぁぁぁぁぁぁん!!!!」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:40:51.67 ID:Ypo4MSzh0
あずさ「………………………」グッ

あずさ「…………あらあら~~?」

TAKANE「プロデューサー、悪ふざけもそこまでにしてください」

P「ぐっ….貴音ぇぇぇ~~!!!!」

雪歩「四条さんがプロデューサーの頭突きを片手で受け止めてますぅ!!」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:43:45.15 ID:Ypo4MSzh0
TAKANE「ふんっ!!」

ガッシャーーーーン!

P「いてててて……」

TAKANE「すこし、お灸を据えねばなりませんね…」

P「すまなかった貴音!!俺、どうかしてたんだ!!」 ドゲザァ

TAKANE「あれだけの事をしておいて…今さら許されるとでも…?」

P「許されるとは思ってない…だから…この仕事を辞職する….」

TAKANE「……………顔をおあげくださいプロデューサー」

P「…………..たかn」

バッチーーーーーン

P「へぶぅぅぅ!!!!」

TAKANE「これで勘弁します」

TAKANE「今後いっさい765プロに近づかないでください」

TAKANE「それでは」クルッ

P(背を向けた!今が好機!!!!)

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:44:25.00 ID:Ypo4MSzh0
TAKANE「ふんっ!!」

ガッシャーーーーン!

P「いてててて……」

TAKANE「すこし、お灸を据えねばなりませんね…」

P「すまなかった貴音!!俺、どうかしてたんだ!!」 ドゲザァ

TAKANE「あれだけの事をしておいて…今さら許されるとでも…?」

P「許されるとは思ってない…だから…この仕事を辞職する….」

TAKANE「……………顔をおあげくださいプロデューサー」

P「…………..たかn」

バッチーーーーーン

P「へぶぅぅぅ!!!!」

TAKANE「これで勘弁します」

TAKANE「今後いっさい765プロに近づかないでください」

TAKANE「それでは」クルッ

P(背を向けた!今が好機!!!!)

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:45:43.92 ID:Ypo4MSzh0
P(カンチョオオオオオオオ!!!!)

雪歩「し、四条さーーーーn!!!!」

グサッ

P「やった!!!! ………あぁ!!?」

ユビボッキイイイイイィィ

P「指が!?俺の指がぁぁぁあ!!?」

TAKANE「私は一度チャンスをあげました」

TAKANE「しかし、あなたは生かすことができなかった」

TAKANE「悪魔と契約した最強のカンチョオは……」

TAKANE「最強のお尻には、勝てませんでしたね」

P「ぐわぁぁぁぁぁ!!…………」

……………………

……………

………

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/11(月) 12:46:55.58 ID:Ypo4MSzh0
P「ってな感じで俺が負けるだろうから屁はこかないでおこう」

小鳥「プロデューサー、ニヤニヤしてますよ」

小鳥「まーた得意の妄想癖がでたんですか??」ニヤニヤ

P「んんなななぁぁぁ!!!?」

P「べ、別に小鳥さんじゃないんですから妄想は得意では!!」

P(あ、やべ……力んだ……)

ボフッ!!

ー完ー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする