【天海春香SS】P「春香はどこまで耐えれるのか…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 19:39:51 ID:hrJFNdmH0
P「そういえば春香が怒ってるとこ見たことがない気がする」

P「気がするだけかもしれないが」

P「まあいい」

P「春香はどこまでしたら怒るのか調べてみよう」

P「ふむ…まずは>>5でもして様子を見るか」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 19:40:51 ID:C+SNf0msi
リボンを燃やす

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 19:47:22 ID:hrJFNdmH0
P「春香ー」

春香「はい!なんですか?プロデューサーさん!」ヒョコ

P「……」シュル

春香「うぇ!?ど、どうしたんですか?プロデューサーさん…!」ドキドキ

P「……」

春香「あ、あの…リボンに何かついてましたか…?」

P「……」カチッ

春香「えっ!?」

メラメラ…ポト

P「……」

春香「……え…?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 19:57:35 ID:hrJFNdmH0
春香「あ…あの…プロデューサーさん…」

春香「ちょ、ちょっと私…状況を…把握出来てなくて…」

春香「どうして…私のリボンを…」

P「色が気に食わなかったから」

春香「…!」

P「春香にはもっと似合う色がある」

春香「それで急に燃やしたりしたんですか…?」

P「ああ」

春香「もうっ、何も燃やす必要はなかったじゃないですか」

春香「他にもリボンありますからもういいですけど」

春香「もう事務所内では火気厳禁ですよ!」

P「ああ」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:02:33 ID:hrJFNdmH0
P「怒ったというより叱られたって感じだな」

P「今度春香に合う色のリボンを買ってやろう」

P「それはそれとして」

P「春香を本気で怒らすにはどうしたらいいのか…」

P「>>33でもしてみるか」

33: パスタ ◆Pasta.f92c 2014/01/12 20:03:30 ID:JAd5uIpv0
失神するまで電マ責め潮吹きもする

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:10:25 ID:hrJFNdmH0
P「……」

春香「あ……ぅ……」ビクッビクッ

P「失神するまで電マしたが…」

P「怒れないよな…失神してるし」

P「途中ずっとやめてくださいって懇願してたけど」

P「怒ってたわけじゃないしな…」

P「ううむ…難しいな」

P「とりあえず着替えさせて、掃除しないとな」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:29:49 ID:hrJFNdmH0
P「さて…掃除もすんだし春香も気付いた」

P「次は何をしようか」

P「怒る…怒ること…」

P「はっ!>>43だ!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:31:42 ID:SEK+SsVp0
もらったお菓子を目の前で捨てる

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:38:50 ID:hrJFNdmH0
春香「プロデューサーさん!お菓子ですよ!お菓子!」

P「お、美味そうな匂いだな」

春香「はい!もうすっかりドーナッツを作るのにも慣れてきました」

春香「お一つどうぞ~」

P「ああ、ありがとう」

P「…」ポイ…ガサ

春香「え!?」

春香「…手から滑っちゃいました?」

春香「もープロデューサーさんも意外とドジなんですから~」

春香「はい、結構多めに作ってきたのでまだありますよ~」

P「……」スッ…ポイ…ガサッ

春香「あ…」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:46:02 ID:hrJFNdmH0
春香「……」

春香「あの…もしかしてお腹空いてませんでした…?」

春香「あはは…すみません…私、気がつかなくて…」エヘ

春香「それとも私の作ったお菓子が嫌だったとか…?」

春香「やだな~プロデューサーさん…そうならそう…と」ジワ

春香「…すみません…っ…ちょっと…!」タタ

P「まて春香!」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:49:41 ID:hrJFNdmH0
P「…」ガサガサ…スッ

春香「プロデューサーさん…?」

P「あむ…もぐもぐ…」

春香「プロデューサーさん…!それ…ゴミ箱の…」

春香「…プロデューサーさん」

P「俺は…春香を泣かせたいわけじゃないんだ!!」

P「こんなの俺は望んでいない!!」

春香「え?ちょ、ぷ、プロデューサーさん…!?」

P「ああ、すまん、こっちの話だ」

P「それと…ドーナツ…最高だった」

P「また作ってくれ」

春香「もう…プロデューサーさんったら…」ジワ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:53:19 ID:hrJFNdmH0
P「怒らせるどころか悲しませてしまうとは…」

P「次からは考えて行動しないとな」

P「悲しませず怒らせる方法か…」

P「ううむ」

P「>>60はどうかな」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 20:55:47 ID:o8Lrm5T80
やよいにビンタビンタビンタ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:00:15 ID:hrJFNdmH0
P「やよいー」

やよい「はーい!なんですかー?」トテトテ

P「…」スッ

やよい「う?」

やよい「あ!ハイ!」スッ

P「……」ヒュッ

やよい「はわっ!?」ビクッ

P「……」ペチ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:05:29 ID:hrJFNdmH0
やよい「う…?痛くない…」

P(くっ…何もしてないやよいにビンタなんて出来ない)

P(だが心を鬼にして…!)スッ

やよい「ひゃ…!」ビクッ

P「ぐっ…」

やよい「あの…プロデューサー…」

やよい「私…何か…悪いことしちゃいましたか…?」ウル

P(ぐぅ…すまん!やよい!!)

春香「ちょ、ちょっとプロデューサーさん!何してるんですか!?」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:10:28 ID:hrJFNdmH0
P「春香…」

春香「何があったか分かりませんけど」

春香「手を出したらいけませんよプロデューサーさん!」

春香「大丈夫…やよい?」ギュ

やよい「は、はい!大丈夫です」

やよい「それにプロデューサーは全然痛くしてません!」

やよい「きっと私が何かしちゃったんです…」ジワ

春香「大丈夫だよやよい…大丈夫」ナデナデ

P「……」

春香「プロデューサーさん…やよいが何かしたんですか…?」

P「……」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:18:09 ID:hrJFNdmH0
春香「もし…もしやよいが何かしたとしても…叩くのは間違ってると思います…」

春香「プロデューサーさんなら優しく諭せると思いますし」

春香「やよいもいい子だからちゃんと分かってくれます」

春香「それにやよいは女の子なんですから、こういうことしちゃダメですよプロデューサーさん!」

P「…ああ、悪かった…」

春香「違いますよ、私に謝るんじゃなくて」

P「そうだな…やよい…すまなかった」ペコ

やよい「はわっ!?だ、大丈夫です!!私も…あのごめんなさい!」

P「やよいは謝らなくていいよ…俺が悪いんだから」

やよい「はぅ…あの…ごめんなさい」

春香「あはは、また謝っちゃってるよやよい」

やよい「あぅ」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:20:35 ID:hrJFNdmH0
P「俺が優しく諭されてしまった」

P「なんだよあの天使たち」

P「思わず抱きしめてしまいそうになったじゃないか」

P「しかし…春香はなかなか怒らないな」

P「一体どうすれば」

P「そうだ、>>76をすればいいんじゃないか?」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:22:19 ID:GbjlJLdp0
スカートの中に頭突っ込む

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:30:29 ID:hrJFNdmH0
P「春香ー」

春香「何ですかー?プロデューサーさん」ヒョコ

P「失礼」ガバ

春香「へ…?あ、ちょっと…!何してるんですかプロデューサーさん!!」カァア

P「わー真っ暗~」

春香「真っ暗~じゃないですって!!やめてください!!」グイ

P「いてて…痛いって春香」

春香「あ、ごめんなさい」パッ

春香「って違いますよ!プロデューサーさぁん!あ、足掴まないでください!!」

P「もう少しだけ」

春香「い~や~~!!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:45:30 ID:hrJFNdmH0
P「春香…」

春香「……」ツーン

P「なあ春香…」

春香「…知りません」

P「…怒ってる?」

春香「あんなこと急にされて怒らない人なんていませんよ!」

P「……」

春香「あ、まだ正座をしててくださいね!」

P「……」プルプル

春香「震えても許しませんから!」

P「いよっしゅあああー!!」ガタ

春香「!?」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:48:35 ID:hrJFNdmH0
P「!! ぐああああ足がああああ」ドテ

春香「ぷ、プロデューサーさん!?大丈夫ですか!!」

P「あああああ…やったああああああ」ジンジン

春香「何がやったあああ何ですか!?」

P「うおおおおおお」グッ

春香「ちょ、だ、誰かー!!プロデューサーさんが壊れちゃったのー!」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:52:59 ID:hrJFNdmH0
P「ふぅ…春香を怒らせることに成功した」

P「いろいろしたが、セクハラっぽいことするのがいいのかもしれない」

P「だが検証例が少なすぎるため」

P「これからも試していこうと思う」

P「あー春香は怒った顔も可愛いな」

おわり

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 21:53:47 ID:hrJFNdmH0
それじゃ夜勤行ってきます

おやすみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする