【棟方愛海SS】愛海「うひひ」P「何をするだァー!」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:44:26.92 ID:hBE92MmXo

モバP「愛海ィ!何してくれてんだお前!」

愛海「だって…そこに山があったから…」

モバP「お前はどこのトラピストだよ!そもそも俺が言いたいのはだな」

愛海「謝らないよ」

モバP「何ィ?」

愛海「お山もアイドルも、いつだってあたしは頂点を目指しているから。だからあたしは謝らない」

モバP「お前…フッ、いい眼をするようになったじゃないか」

愛海「Pさんに、鍛えられたからね」

モバP「よし、じゃあ鍛えられたお前ならできるな」

モバP「あそこでメッチャ切れてるPさんへの謝罪」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:45:32.22 ID:hBE92MmXo

P「普通そういう話は相手に聞かせないようにすると思うんですが」

モバP「いやーははは…申し訳ありませんでしたァ!」ドゲザア

モバP「うちの棟方がおたくのアイドルにご迷惑をおかけっしてほんっと済みませんっしたァ!」ゲザァ

P「迷惑なんて、そんな簡単な言葉で片付けて欲しくはないですね」

モバP「ごもっとです!あたしも以前から常々棟方には相手を見てやれと」

P「それはこちらが大手の765プロダクションだからですか?それとも」

P「相手がうちの如月だからですか?」

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:46:11.67 ID:hBE92MmXo

モバP「ほれみろ愛海、Pさんめっちゃ切れてるじゃねぇか」

モバP「だから俺は揉むならお姫ちんかミキミキにしとけって言ったんだよ」

モバP「72考えたら真っ先にちーちゃんの71胸揉む洗濯(板)になるんだよ」

P「あんた謝る気無いでしょ!」

愛海「だって我慢できなかったんだもん…」

モバP「もんじゃねぇよもんじゃ!」

愛海「揉んじゃった」

モバP「さりげなく上手いこと言ってるんじゃねえよ!」

P(どうしてこの人たち怒られてるのに漫才できるんだろう)

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:48:07.01 ID:hBE92MmXo

愛海「じゃあさ、逆に聞くよ。どうしてプロデューサーはあずささんじゃなくて貴音さんと美希さんを挙げたの?」

愛海「大きさで言うならあずささんを挙げないのは不自然じゃない」

モバP「そりゃお前大きさだけじゃないだろ」

愛海「そうだよ。あのね、大きさじゃないんだよ」

愛海「『山は高きが尊きにあらず』高い山低い山、みんな違ってみんないいんだよ」

モバP「そう…だったな。どうやら間違っていたのは俺の方だったみたいだ」

P「いや間違っているのは二人ともだろ。謝れよ」

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:49:56.60 ID:hBE92MmXo

愛海「765Pさんは、何を恐れているのかな?」

P「いや恐れてるんじゃないよ怒ってるんだよ気づけよ」

愛海「千早さんのお山がそんなにコンプレックスなの?」

P「ッ!言わせておけば!」

モバP(なんで挑発してんだ愛海ィ!)

愛海(まあここは任せてよモバPさん。あたしに考えがあるから)

モバP(こいつ…直接脳内に!?)

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:51:48.52 ID:hBE92MmXo

愛海「業界でも有名だよね、千早さんのお山の話題はタブーだって」

愛海「でもそれっておかしくない?」

P「何が可笑しい!」

愛海「千早さんは歌が全て、歌以外のことには興味がないそんなアイドルだったはず」

愛海「むしろ歌手でなくアイドルとしてデビューしたことに不満さえ覚えていた、違う?」

愛海「そう、如月千早という人間は胸囲にコンプレックスなんて持っていなかった」

P「……」

モバP(え?なんでコイツこんなに詳しいの)

愛海(765プロは素敵なお山さんがいっぱいだったからブレイクする前からチェックしてた!)

モバP(どうしてその執念を他に生かさなかったんだ…)

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:55:37.78 ID:hBE92MmXo

P「だったらどうした…今の千早はアイドルとして生きて、輝いているんだ!」

P「だから俺は千早を傷つけたお前を許さない!」

愛海「千早さんを傷つけているのは本当にあたし?」

P「何が言いたい」

愛海「千早さんがお山の高さを気にしているのはアイドルをするうえでそれが欠点になるから?」

愛海「他のアイドルに負けるのが悔しいから?ファンを一人でも増やしたいから?」

愛海「本当にそんな理由?担当プロデューサーのPさんならわかるでしょ?」

P(何を一体…いや待てよ確かに千早は…)

愛海「如月千早が胸のサイズを気にしている理由、それは」

愛海「Pさんあなたがそれを気にしているからだよ」

8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:57:48.64 ID:hBE92MmXo

P「なん…」

モバP「だと…?」

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:59:01.73 ID:hBE92MmXo

愛海「Pさん、あなたは千早さんのお山を『欠点』として捉えてしまっている」

愛海「今回あたしがお山を揉んだとき、千早さんはかわいく悲鳴を上げるとともに真っ先にPさんの方を見たよね」

P「ああ…」

愛海「うひひひ…いい手触りだったなぁ♪」

モバP「おい」

愛海「はっ!えーと、そう、Pさんその千早さんの視線は、どんな視線だった?」

P「それは…俺に助けを求める視線…」

愛海「じゃあなかったのは、担当プロデューサーのPさんには分かっているよね、今は」

P「……」

愛海「千早さんの視線は自分がPさんに見捨てられはしないか、そんな恐怖を含んだ視線だった」

愛海「今の千早さんはあなたに失望されることこそを恐れている」

愛海「千早さんを傷つけていたのは、Pさん、あなただったんだよ」

10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 01:59:33.12 ID:hBE92MmXo

P「俺が千早を…」

愛海「だいたいおかしいんだよね。アイドルへの謝罪を求めておきながらそのアイドルの姿がないなんて」

モバP「言われてみれば876さんとこに謝りに行ったときもグリPさんの時もアイドルに謝れって言われたわ」

P「俺は千早に…一体どうすれば」

愛海「Pさん…お山は、好き?」

P「…嫌いな男なんていないさ」

愛海「じゃあ千早さんのお山は?」

P「勿論好きさ!」

愛海「それを伝えればいいんだよ」

P「今更…千早は俺の言葉なんて…」

スッ わきわき

愛海「迷わず揉めよ。揉めばわかるさ」

P「…ッ!師匠!師匠と呼ばせてください!」

愛海「遠慮とかいらないから~そんなことより、あなたを待ってるお山があるでしょ?」

P「はい師匠!登山してきます!」

11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/25(金) 02:03:44.71 ID:hBE92MmXo

モバP「行ったか…いつも思うけどお前って本当にお山のことだけは凄いよな」

愛海「あたしはまだまだだよ。まだあたしのしらないお山がたくさんあるからね」

モバP「じゃあ遺していこうか」

愛海「あたしたちの」

モバP・愛海「「わきわき!!」」

この後(千早の胸を揉みしだいたPは律子にモバPと愛海はちひろに)めちゃくちゃ怒られた

おわり

転載元
愛海「うひひ」P「何をするだァー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398357866/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする