【棟方愛海SS】モバP「愛海を止める」


1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:23:20.53 ID:FB3wTL5H0

ちひろ「プロデューサーさんちょっといいですか?」

P「はい、なんですか?」

ちひろ「実は愛海ちゃんのことで……」

P「……またですか」

ちひろ「ハイ……また共演の女優さんの胸を揉んで苦情が……」

P「あいつは……ちゃんと注意したんですけどね」

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:27:42.32 ID:FB3wTL5H0

ちひろ「でも、全然効いてないみたいで……」

P「なまじ人気があるからあいつも調子に乗ってるのかもしれませんね」

ちひろ「今はまだそこまで大きな問題になっていませんが、このまま愛海ちゃんが好き勝手やっていたらいつか大きい問題になってしまうかもしれません……」

P「……わかりました。俺も今まであいつの良心を信じて任せてきましたけど……」

ちひろ「プロデューサーさん……」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:28:17.10 ID:FB3wTL5H0

P「俺が、愛海を止めてみせます」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:31:48.53 ID:FB3wTL5H0



愛海「たっだいまー!」

P「愛海……」

愛海「ねぇねぇ、プロデューサー今日共演した子役の子すっごい将来有望だったんだよ!ちょーっと早いかなとも思ったけど……」

P「愛海」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:32:28.54 ID:FB3wTL5H0

愛海「まぁ、刺激して将来へのサポートをするのも大事だよね―♪って何?」

P「お前、またやったらしいな……」

愛海「あーこの間の女優さんのこと?あれもすっごく揉み応えがあってよかったぁ……」

P「また、苦情がきたんだぞ……」

9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:38:18.97 ID:FB3wTL5H0

愛海「あーごめんなさい。でも、視聴率良かったらしいし、それがあたしのキャラってことで人気でてるんだから大目に見てよ?」

P「愛海……俺は、お前をアイドルにしたことを後悔したことは無い……」

愛海「……なに?急に」

P「だが……今のお前は俺と出会ったときのお前とはかけ離れている……」

愛海「……何が?あたしは、今も昔も女の子の柔らかいところが好きだよ?」

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:44:05.36 ID:FB3wTL5H0

P「昔のお前もたしかに女の子の柔らかいところが好きだった……だが、胸への敬意を忘れたことは無かった」

愛海「胸への敬意?」

P「愛海、今のお前は嫌がる子に無理矢理自分の欲望をぶつけているだけにすぎない」

愛海「……言ってくれるね」

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:49:21.99 ID:FB3wTL5H0

P「俺は前にもお前に言ったはずだ『胸を揉むのはいい。だが、ちゃんと相手への礼儀を弁えろ』と」

愛海「でも、私はこのキャラで人気がでているんだから。事務所だってあたしの活躍でだいぶ潤ったでしょ?だから、あたしはこれからも自分に正直に生きるよ」

P「……やはりわかってはくれないか……」

愛海「あたしに言うこと聞かせたかったらFカップ10人連れてくるんだね」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 21:54:08.55 ID:FB3wTL5H0

P「……仕方が無い、愛海……俺と勝負しろ」

愛海「勝負?」

P「お前が俺の胸を揉むことが出来たらお前の勝ちだ。お前が勝ったら俺はもうお前のやることに口出しはしない」

愛海「は?何言ってるの。あたしは男の胸には興味が……」

P「そして、俺もお前の胸を揉む。これはお前が負けを認めたらお前の負けだ」

愛海「いや……それあたしが負けって言わなければいいだけじゃ……そもそも何堂々とアイドルの胸揉み宣言してるの……?」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:00:52.29 ID:FB3wTL5H0

P「さぁ、どうする愛海。お前が勝てば今までのように小言を言われることもなくなり、お前の自由に胸を揉むことができるぞ?」

愛海「……ふん。わかった。あたしもいい加減プロデューサーの小言にはうんざりしてたからね。いいよ、その勝負受けてあげる」

P「よし……」スッ

愛海「言っとくけど、あたしはプロデューサーと初めて会ったときとは違うよ?アイドル活動のなかであたしのスキルは格段に上がった。

   ろくに胸を揉んだことも無さそうなプロデューサーに負けを認めるつもりは無いよ」

P「御託はいい……行くぞ愛海」

愛海「ふん……」スッ

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:06:01.14 ID:FB3wTL5H0

シーン……

P「……」

愛海「……」

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:07:16.67 ID:FB3wTL5H0

ちひろ「プロデューサーさん、この書類についてなんですけど……」ガチャ

P「ウオオオオオオオオオオオオオ!!」シュン!

愛海「ハアアアアアアアアアア!!」ゴゥ!!

22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:08:17.46 ID:FB3wTL5H0

カッ!

スタッ!

P「……」

愛海「……」

ちひろ「え?何ですか?何が起きて……」

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:14:41.93 ID:FB3wTL5H0

愛海「……ッ!?んっ……あああんんんんッ!!」ビクビクビクンッ!!

P「……」

愛海「あ、な、なんなのこれぇ……あ、あ、ああんっ!?」ビクビクビクッ

ちひろ「え!?あ、愛海ちゃんどうしたの!?」

26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:17:37.45 ID:FB3wTL5H0

愛海「な、なにこれ……こんなの気持ちよすぎッ……」ビクンビクンッ

P「俺がお前の胸揉みを避け、お前の胸を揉んだ瞬間、俺は胸を揉むと同時に指の間で乳首を高速で転がした……

 これにより、胸を揉まれる快感と乳首への刺激によりその快感は通常とは桁違いになる……」

愛海「そ、それがぁ……あたしがこんなんになった理由……」ガクガク

27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:18:36.59 ID:FB3wTL5H0

P「愛海、どうする?俺はお前に胸を揉まれなかった。あとはお前が負けを認めるだけだ」

愛海「だ、誰が負けを認めるもんか……」ビクビクッ

P「俺の技を食らって尚その気丈さを保っていられるのはさすが愛海と言ったところか……」

愛海「ふ、ふん……あ、あたしはまだ揉み足りないんだ……こんな事で……」ガクガク

32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:22:17.74 ID:UQBh3Hpqo

一体何が始まってるんです?

33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:22:34.66 ID:FB3wTL5H0

P「……だったら、もう一度!」

愛海「ひっ!?だ、だめ!そんなのもう一度くらったら……あたしおかしくなっちゃう!?」

P「ならば、負けを認めるんだ……」

愛海「しょ、しょれは……」ビクビクンッ

34 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:25:44.20 ID:FB3wTL5H0

P「仕方ない……」スッ

愛海「わ、わかりました!!負けです!あたしの負けです!」

P「……それでいい。これからはもう、好き勝手に揉むなよ?」

愛海「は、はいぃぃ……」ビクビクッ

ちひろ「……え?何してるんですか?」

35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:29:38.82 ID:FB3wTL5H0



ちひろ「最近は愛海ちゃんのことで苦情がこなくなって良かったですね」

P「ええ。あいつには俺がしっかりと自制するように言い聞かせましたからね」

ちひろ「やり方はアレでしたけど……まぁ、結果的に愛海ちゃんが大人しくなったことですし良いとしましょう」

P「ええ」

36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:35:22.58 ID:FB3wTL5H0

バンッ!

愛海「プロデューサーただいま!!」

P「おう、愛海お帰り。今日の収録はどうだった?」

愛海「最高だったね!まさかほんとにFカップのアイドルと共演させてくれるだなんて!」

P「まぁ、お前の要望もたまには聞いてやらんとな」

愛海「プロデューサーありがとう!最高の揉み応えだったよ!」

ちひろ「え?」

38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:38:56.77 ID:FB3wTL5H0

P「そうか、よかったな」

ちひろ「ちょ、ちょっとプロデューサーさん、愛海ちゃんにもう共演者の胸揉ませるのをやめさせたんじゃ無かったんですか!?」

P「いや、俺はあくまであいつに自制してもらって、俺の指示に従うようにしただけですよ?」

ちひろ「で、でも」

39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:44:31.21 ID:FB3wTL5H0

P「それに、前と違ってちゃんと胸を揉まれた人に喜んで貰えるようになりました。な、愛海?」

愛海「うん!今日のFカップさんも喜んでくれたよ!」

P「ね?」

ちひろ「ね?って……」

P「事実、最近は苦情も来てないんですし良いじゃないですか」

ちひろ「う、うーん……いいのかなぁ……?」

40 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:48:08.58 ID:FB3wTL5H0

愛海「……ねぇ、プロデューサー……?」

P「どうした、愛海?」

愛海「あ、あたし……今日もすっごく頑張ったよ?だ、だから……」

P「……またか」

愛海「だ、だってあんなの知っちゃったらもう……」

41 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:53:22.32 ID:FB3wTL5H0

P「しょうがないなぁ愛海は……行くぞ」シュン!

愛海「え?そ、そんないきなりいいいいいいいい!?」ビクンビクンッ!

P「ほらほら愛海その程度か?」

愛海「ま、まだぁ!もっともっとぉ!!」ビクンビクンッ!

P「ははは。ならもっといくぞ!」

愛海「ああああああああんッ!!」ビクビクビクビクンッ!!

ちひろ「……いや、それはさすがにアウトですよっ!?」

―終―

42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:53:38.62 ID:SjhoSingo

(アカン)

43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 22:54:20.04 ID:FB3wTL5H0

私が雪かきをして肉離れをしたのも、このSSを書いたのもぜんぶ雪のせいです。

読んでくれた方ありがとうございました。

47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 23:46:42.08 ID:qkJmL01f0

雪って恐ろしいな・・・・・・ww

転載元
モバP「愛海を止める」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392553400/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする