【棟方愛海SS】P「棟方愛海も本音で喋れない」


1 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:12:11.45 :ozUKY38c0
   
愛海ちゃんだって乙女なんです

3 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:14:02.40 :ozUKY38c0

―――事務所―――

愛海「ふひひ、やっぱ女の子のお山はいいねぇ……じゅるっ」

P「何してんだよ」

愛海「あ、プロデューサー。お◯ぱー」

P「なんだその挨拶……」

愛海「あたしが考えた挨拶。絶対流行るよ」

P「流行らないし流行らせねぇ」

愛海「それよりどう?プロデューサーも見る?水着グラビア」バッ

4 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:14:45.41 :ozUKY38c0

P「……ほう」

愛海「この子どう?形といい大きさといい、完璧に近いと思うんだよね」

P「うーん。微妙」

愛海「えー。じゃあこっちはっ?」

P「少し好みに近くなったかな」

愛海「ふむふむ、プロデューサーはどんなお山が好みなの?やっぱ雫さんみたいな◯乳?まさかの□リ?」

P「お前」

愛海「……へっ?」

5 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:15:37.06 :ozUKY38c0

P「お前くらいのがちょうど好み。というか愛海のが好み」

愛海「な、なななっ、ば、馬鹿じゃないの!」

P「馬鹿じゃない」

愛海「そ、そんなの、真顔で言われると、その」

P「……ぷっ、あははっ!」

愛海「あ、あー!またあたしをからかったの!?」

P「いやぁ、いつも照れる事なんてないお前が照れるの、可愛くてさ」

6 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:16:56.52 :ozUKY38c0

愛海「か、かわわっ……もう!からかうのやめてよ!あたしはあたしの作業に戻るから!」

P「ん、ああ。何を頑張るかは知らないが頑張れよ」

愛海「……馬鹿。そんな……あたし、そんな事、言われたら……」

―――愛海宅―――

愛海「惚れちゃうでしょー!?」

乃々『……あの』

愛海「ごめん乃々、もう少しだけ聞いて!あと揉ませて!」

乃々『お断りですけど……』

愛海「わかった!話だけでも聞いて!」

乃々『これ以上惚気話聞くのむーりぃ……』

7 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:18:28.94 :ozUKY38c0

愛海「お願いっ!こんな話できるの乃々だけなの!」

乃々『……しょうがないですね。不本意ですけど……』

愛海「それでね!その後もね!やっぱり衣装着た愛海は可愛い、とか、黙ってれば美少女とか言われるけど黙ってなくても美少女だよな、とか!」

乃々『……あの、切っていいですか……』

愛海「挙句の果てには頭ぽんぽんって!頭ぽんぽんって!」

乃々『……』

愛海「どれだけあたしを惚れさせれば済むのかなぁ!あのプロデューサーは!」

9 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:19:48.85 :ozUKY38c0

乃々『なるほど……』

愛海「というか、あっちにはその気なんてないくせに卑怯だよね!ズルいよね!」

乃々『そうですね……』

愛海「とんだ天然ジゴロだよっ!」

乃々『悪いのは愛海さんじゃないですよ……』

愛海「だよねだよねっ!他にも他にも―――」

乃々『あの……』

愛海「何?」

乃々『そこまで好きならいっそ伝えちゃったら……』

愛海「……」ボンッ

11 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:22:20.16 :ozUKY38c0

乃々『……愛海さん?』

愛海「……だってあたしだよ?それって大丈夫?」

乃々『大丈夫だと……思いますけど……」

愛海「だってだって、事あるごとに女の子の胸を揉もうと必死な女の子だよ?そんな女の子に告白なんかに好きって言われて嬉しい?」

乃々『プロデューサーなら……喜んでくれると思いますけど……』

愛海「で、でもフラれた時!どう責任とってくれるの!?」

乃々『……愛海さんって』

愛海「何っ?!」

乃々『意外とヘタレですよね』

愛海「……えっ!?」

13 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:24:08.74 :ozUKY38c0

乃々『ええと……すみません間違えました。意気地なしですよね』

愛海「なんでわざわざ悪いほうに言い換えたの!?」

乃々『だって人の胸を触る時、絶対宣言してから行きますし……』

愛海「ぐっ、そ、それは登山家としてのマナーだもん」

乃々『その時、相手が嫌そうだったらやっぱりやーめたって引き下がりますし……』

愛海「それは人として当たり前!」

乃々『凄くお化けとか苦手ですし……』

愛海「そ、それは関係ないんじゃない?!」

乃々『あと……ええと……プロデューサーが他の女の子とデートの約束した後―――』

愛海「もうやめてっ!あたしヘタレでいいから!意気地なしだからぁ!」

15 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:25:52.89 :ozUKY38c0

乃々『……当日こそこそ後をついていったり』

愛海「普通そこ言わない流れじゃない!?……乃々ってさ」

乃々『何ですか……』

愛海「意外とどSだよね……」

乃々『もりくぼはSじゃないです……ノーマルです……』

愛海「(いやSだって……)」

愛海「とにかく!プロデューサーがこんな女の子選んでくれるわけないし!」

乃々『やーいやーいヘタレー……』

愛海「というか乃々にだけは言われたくないなぁ!」

乃々『……もしあなたが何か変えたいと思うなら、一歩、踏み出しませんか』

愛海「無駄に低い良い声で言われても……」

16 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:27:13.75 :ozUKY38c0

乃々『というか切っていいですか……これ以上愛海さんの惚気話を聞いてる余裕は……』

愛海「あたしはまだまだ喋り足りないの!」

乃々『……チッ』

愛海「舌打ち!?」

乃々『……大丈夫ですよ。もりくぼはいつだって、愛海さんの味方ですから』

愛海「いい話風にして切ろうとしないで!そんな棒読みの台詞だと台無しだよ!」

乃々『……いったいもりくぼにどうしろって言うんですかぁ』

愛海「アドバイス……そう、アドバイスが欲しいの!」

乃々『さっさと告白すればいいと思います』

愛海「そうじゃなくて!」

17 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:28:37.73 :ozUKY38c0

乃々『……面倒くさいぃ』

愛海「そういうのは電話で聞こえないように言おうよ!傷つくから!」

乃々『……じゃあ、プロデューサーの好きな人を探ってみたらどうですか』

愛海「……それ、もしあたしじゃなかったらダメージでかくない?」

乃々『当たって粉々になるんですよ……』

愛海「砕けるよりもさらに酷い状況に!?」

乃々『でも一番手っ取り早いと思うんですけど……』

愛海「そうだけどぉ!もっと他にないの!?」

乃々『……暴漢に襲われる、とか』

愛海「そんな都合よく暴漢なんている?」

19 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:30:20.78 :ozUKY38c0

乃々『早苗さんとか……木場さんに頼めば……』

愛海「やめてプロデューサーが死んじゃう」

乃々『あとは……もういっそデートに誘えばいいじゃないですか……』

愛海「で、デートなんてあたしにはまだ早いよ!せいぜい海に行って水着の女の子見ながら好きなお山について話し合うくらいが限度だよっ!」

乃々『それかなりレベル高いと思うんですけど……』

愛海「うーん……あんまり参考にならないなぁ」

乃々『散々人に意見求めたあげくそれですか……』

愛海「……わかった!あたし、覚悟決める!好きな人、聞いてみる!」

乃々『そうですか……!じゃあもりくぼはこれで』

愛海「駄目だよ!作戦立てないと!乃々も付き合って!」

乃々『……むーりぃ』

21 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:32:24.49 :ozUKY38c0

―――数時間後―――

愛海「ふぅ……話した話した。満足満足」

愛海「最後の方、乃々同じ事しか言ってなかった気がするけど……」

愛海「プロデューサーの好きな人、かぁ……」

愛海「……もしあたしじゃなかったら……」

愛海「……ひぐっ」

愛海「うう……」ピピピ プルルルル

乃々『……あの』

愛海「乃々ー!!」

乃々『ああもうこの人ホントむりぃいいいいいいい!』

22 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:33:38.78 :ozUKY38c0

―――翌日 事務所―――

愛海「ぷ、ぷぷぷ、プロデューサー」

P「んー?」

愛海「プロデューサーって、す、好きな人いるの?」

P「どうした突然」

愛海「ほ、ほら、昨日乃々と女子会して。そんな話になって」

P「乃々と?女子会?お前が?」

愛海「な……何。悪い?」

P「いや、そうだよな。愛海も女の子だもんな」

愛海「そ、そうだよ」

P「好きな人かー。いるぞ」

25 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:35:46.64 :ozUKY38c0

愛海「あっ、そ、そうなんだ……ち、ちなみに誰か聞いてもいい?」

P「いやー。叶いもしない片思いの恋を語るのはちょっとなー」

愛海「か、片思いなんだ。そうなんだ……」

P「おう。ほんと可愛いんだけどなー。ちょっと問題があってなー」

愛海「そうっ……なんだっ……」ボロボロ

P「そいつなー。男にはあんまり興味ないみたいで、俺がいくら可愛い可愛い言っても駄目なんだよなー」

愛海「……」

P「照れたりはしてくれるんだけど、どうもその後の進展がなーなかなかなくてなー。相手は多分仲のいい相方くらいにしか思ってないんだろうなー」

愛海「……」

P「女の子の胸に興味津々な少し変な子なんだけどー。出会った瞬間に、惚れちゃったんだ。それで、次は食事にでも誘ってみようかと思うんだが」

愛海「……えっ?」

26 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:37:14.72 :ozUKY38c0

P「つーわけで、一緒に食事でもどうだ。愛海」

愛海「……えっ?えっ?」

P「……なんだよ。わざとらしく引き伸ばした俺が寒いやつみたいじゃねぇか」

愛海「だって、だって、片思いって」

P「片思いだろ?だってお前、俺の事多分相棒とかそれぐらいにしか―――」

愛海「……好き。大好き」

P「……マジで?」

愛海「……うん……」

P「……まさかカウンター食らうとはなぁ」

27 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:38:54.88 :ozUKY38c0

愛海「こんなあたしを女の子扱いしてくれるし……可愛いって言ってくれるし……好きにならないワケないじゃん」

P「……お、おう」

愛海「そ、そもそも酷い勘違いだよ。あたしは女の子の胸は確かにそりゃ好きだけど……普通に、男の人と、恋したいし」

P「……そっか」

愛海「だ、だから……ええと、その」

P「俺とよかったら、付き合ってくれ。まだお前はアイドルだから、公認、とまでは無理だけどな」スッ

愛海「……ふぇ」

P「おいおい泣くなよ……」

愛海「だってぇ……」

28 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:40:09.71 :ozUKY38c0

P「ったく……どうすれば泣き止んでくれる?」

愛海「……キスして。乃々の部屋の少女漫画見て、密かに憧れてた……」

P「いつからお前はそんな乙女になったんだよ……するぞ」

愛海「うん……」

乃々「お、おはようございます……あっ」

P「あっ」

愛海「あっ」

P「……愛海」

愛海「プロデューサー……んっ」

乃々「全力で無視ぃ?!もうこの事務所むーりぃいいいいいい!!」

おわり

30 :◆uCbLPg/WnY :2015/05/10(日) 21:42:07.38 :ozUKY38c0

本音で喋れないアイドル達
 
P「二宮飛鳥は本音で喋れない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426467119/
 
こちらもモバついてませんが共々よろしくお願いします。
 
では、ありがとうございました。

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/11(月) 02:13:40.80 ://ZDverNO
このあつみんマジヒロイン

そしてぼののさん踏んだり蹴ったりw

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「棟方愛海も本音で喋れない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431259921/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする