春香「とにかく変な人だったなぁ」【天海春香SS】


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 00:32:07.36 ID:7mWXSTKAO
千早「春香?何を見ているの?」

春香「写真だよ」

千早「……写真?家族との?」

春香「んーん、そうだ!千早ちゃんこの人どう思う?」

千早「ん?…なんか、目が死んでるし妙に気だるそうね」

春香「……ぷぷっ」

千早「それに髪もボサボサで不精髭も汚いし服もセンスが無いわ」

春香「そうだよねーとにかく酷いよねぇ」

千早「あれ?その隣って…」

春香「うん、中学生の時の私」

千早「あ、もしかして大事な人?」

春香「うーん、今は…そうかな?」

千早「……恋人?」

春香「違うよ?まぁ、複雑なのです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361374327

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 00:44:08.49 ID:7mWXSTKAO

 下校中、いつも通る道が工事してて通れなかったの。
 だから、少し遠回りをして帰ったんだ。

春香「……人が倒れてる」

春香「どうしよ!?どうしよどうしよどうしよどうしよ!」

「そんなに騒がないでくれよ…空きっ腹に響くから…」

春香「……へっ!?」

 その人は、お腹空かせて倒れてたんだ。マンガとかアニメ以外に空腹で倒れてる人がいるなんて思わなかったよ。

春香「あ、あの…給食の余りのパンですけど食べます?」

「あ、食べます…是非いただきます…」

 なんか、徒然なる旅をしてる途中で資金も無く、万策尽きて倒れてたんだって。

「ごちそうさまでした!」

春香「お粗末様でした?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 00:52:19.23 ID:7mWXSTKAO
「君は優しいねぇ…君が来る前に数人通りかかったけどみんなゴミを見る目だったよ…」

春香「えっと…よ、良かったです(どうしよう…知らない人にガッツリ絡んじゃった)」

 若いけど、服もボロボロだし髪もボサボサ、不精髭も汚かったし、明らかに不審者でちょっと後悔してたよ。

「さて、お礼と言っちゃなんだけど一つためになる話をしてあげようかな」

春香「け、けっこうです!」

 早くお家に帰りたかったんだけど、有無を言わさない雰囲気があって…。

「えっと…お嬢さんは中学生?」

春香「……はい」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 01:00:15.64 ID:7mWXSTKAO
「中学生かぁ…思春期に入って行く頃だよねぇ…女の子は早いらしいけど君は?」

春香「さ、さぁ(大声で叫んで逃げようかな…)」

「まぁ、思春期の時は思春期って意識しないからな…」

春香「……あ、あの(帰りたいってちゃんと言おう)」

「俺の思春期は陰鬱なものだったよ…」

春香「わ、私…か、帰りたいん…」

「友達が少なかったんだよね~…一人でさ…部屋を真っ暗にしてベッドの隙間に入ってヘッドホンして音楽聴いてたよアハハ」

春香「わ、私帰りたいんです!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 01:08:17.47 ID:7mWXSTKAO
「Syrup16gって知ってる?もう解散しちゃったバンドなんだけどさ」

春香「知らないです…(話を訊いてくれない)」

「だよねー…聴いてると暗くなる様な曲ばっかりでさ!それが心地よかったんだけどね?」

春香「……はぁ」

「そんな暗い思春期…学校行っても楽しい事はない、家に帰れば勉強しろだの掃除しろだの喧しい親の声、すっかり自分の世界に閉じ籠りつつあった時に一つだけ明るい出来事があったんだ…なんだと思う?」

春香「……さぁ(終わるまで待つしかないのかな)」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 01:17:38.58 ID:7mWXSTKAO
「初恋をしたんだ!一個上の図書委員の先輩なんだけどさ?すっごく可愛くて優しくて…一人っきりの暗い世界に一筋の光明が差したように思えてさぁ」

春香(初恋かぁ…そういえば私の初恋いつだっけ?)

「でも、俺の思春期はどこまで突き詰めても陰鬱な思春期だった…」

春香「……え?」

「図書委員の先輩に会いたくて毎日、図書室に通ってたんだけどね?見ちゃったんだ…その先輩が不良で有名な先輩とキスしてるところをさ」

春香「わぁ…」

「こんな事も言ってた『毎日くる根暗くんがキモくてさぁww今度、見においでよwww』って」

春香「……なんか私まで暗くなって来ました」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 01:40:29.26 ID:7mWXSTKAO
「あれはキツかった…いや、けっこうマジで…」

春香「やめてくださいよ…恋するのが怖くなりますよ…」

「思春期って要は狭い世界であーでもないこーでもないってもがきながら少しずつ世界を広げる事なんだよね!失敗したり成功したり喜んだり悲しんだりどんな事も糧になって行く…ただ、思春期を変に拗らせるとどんどん…世界の扉を閉じて…内にー…内にー…」

春香「……お兄さんネガティブ過ぎですよ」

「人生の先輩としてアドバイスをするとすれば…引くな、媚びるな、省みるな!どんなに辛くとも未来はかならずあるんだぜ」

春香「……はぁ」

「まぁ、高校もまた…困難の連続なんだけどね…大人に足を踏み入れつつあるから余計に…」

春香「お兄さんもしかして…私でうさを晴らしてます?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 22:22:50.85 ID:7mWXSTKAO
※作者です。ありがとうございます。

 次の日も、工事が終わらなかったから遠回りをして帰ったんだ。正直、気が重いって言うか嫌だったな。

春香「うぅ…倒れてる人は…いないよね?」

 一応、警戒しながら歩いてたんだけど、まさかあんな場所に居るとは思わなかったよ。

春香「はぁ…良かった…今日はいな」

ガチャガチャ

「カァー…世知辛いなぁ…小銭の一つも落ちてないとは」

春香「……居るよ!しかも自販機の小銭が落ちてくるところガチャガチャしてるよ!」

「ん?おぉ!昨日の少女じゃないか」

 世知辛いってこういう事なんだなって思ったよ。

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 22:33:06.44 ID:7mWXSTKAO
「都合良く小銭って落ちてないんだね…世知辛いわぁ…」

春香「給食の残りですけど…パン…食べます…?」

「良いのかい?お返しできる物なんて与太話くらいしかないんだよ!?」

 嬉しそうに笑ってたよ。かなり苛々して、警察に突き出してやろうかとも思ったよ。

春香「お返しはいらないので…じゃあ…」

「まぁまぁ、急ぐ事はないって!君のためにもなる事だからさ」

春香「あ、いや…お母さんに怒られちゃうから…」

「高校生かぁ…ちょうどこの頃からモラトリアムと言う時期に入ってくるんだよね…」

春香「また、話を訊いてくれない…」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 22:48:01.17 ID:7mWXSTKAO
 長いんだよね。しかも、話の大半がこっちまで暗くなる様な内容なんだ。

「あ、モラトリアムって言うのはね?社会に出るまでの猶予期間って意味もあるんだけどもともとは経済用語なんだぜ」

春香「……はぁ(ドヤ顔がウザイよぅ)」

「小中でモラトリアム言うにはちょっと酷な気がするから高校生辺りから言って良いと思うよ?」

春香「……へぇ」

「まぁ、俺にもそのモラトリアム期間に突入する時が来たんですな…陰鬱な思春期からの脱却…希望と言う物は厄介で来て欲しい時にだけチラッと顔を見せるんだ…チラッとだけ…」

春香(来た…だんだん語り口がダウナーに…)

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/21(木) 23:05:16.78 ID:7mWXSTKAO
「高校デビューって言葉を知ってるかい?まぁ、君みたいに可愛くて優しい娘には縁遠い言葉だと思うけどさ…」

春香「なんとなく訊いた事はありますけど…(運良くお巡りさんとか通りかからないかなぁ)」

「高校で所謂、陰キャから脱出する事を言うんだけどね?それには4つの大きな壁を乗り越える必要があるんだ」

春香「4つの壁?」

「そう、一つはコミュニティーの壁…如何に交友関係を広めるかが重要になる…次に勉強の壁、勉強に追いつかない様じゃ落ちこぼれのレッテルが貼られてしまう」

春香(あれ?まずった?…でも、もう手遅れか…あーあ、見たい番組あるのになぁ)

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 00:40:55.54 ID:x6rt7UYAO
「次に運動神経の壁ね…運動できるヤツがモテるって言う悪習は高校生になっても根付いてるんだよ!」

春香「」ビクッ

春香「い、いきなり大きい声出さないでくださいよ…」

「ごめんごめん…次がもっとも不条理なんだけどさ…流行の壁ね」

春香「流行の壁?」

「そう…流行り廃りに敏感な高校生にとっていつだって話題の中心は流行の事なんだよ!ファッションに音楽に食べ物までッ!」

春香「……この人もう嫌だ」

「コミュニティーを築けなければ暗いヤツ、勉強できなければ落ちこぼれ、運動できなければどんくさいヤツ、流行りに乗り遅れればダサいヤツ…それぞれレッテルを貼られ一つでも貼られれば後手に回るしかない!つまり高校デビュー失敗なわけだ…」

春香(卑屈にもほどがあるよ…)

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 00:49:29.13 ID:x6rt7UYAO
「高校デビューは失敗すれば取り返しがつかない…三年間陰キャか…アニメのモブみたいな扱いになるわけさ…」

春香「あれ?もしかしてお兄さん高校デビュー失敗したんですか?」

「へへッ…そうだね…失敗したよ…盛大にね」

春香「あ…なんかごめんなさい」

「気にしないでくれ…俺がいけなかったんだ…流行に乗り遅れ…持ち前の人見知りも発揮…勉強はまぁまぁ出来たが上には上が…運動だって中の下…それでもね…友達できたんだ…同じ趣味のさ」

春香「趣味ですか?どんな?」

「読書に音楽鑑賞とギター」

春香「ギター!?ギターカッコイイじゃないですか!」

「え!?そう?そうかな?えへへ///」

春香(あ、もしかしてけっこうチョロい?)

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 01:09:16.71 ID:x6rt7UYAO
「まぁ、盛大に高校デビューに失敗して気付いた事もあるんだ」

春香「気付いた事ですか?」

「モラトリアムって…自分の地位や境遇を認識して今後の人生に反映させるための準備期間なんだなぁってさ…」

春香「そう納得しないとやってられなかったんですね」

「君…手厳しい事を言うね」

のヮの「そうですかぁ?」

「まぁ、いいや…中学生の時よりはずっとマシだった…だけど眩しくなる様な青春はなかった…だからかなー?妙に冷めた物の見方をするようになっちゃったんだよね」

のヮの「へぇ」

「君…からかってるよね俺のこと…」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 01:16:17.19 ID:x6rt7UYAO
「あぁ、もう暗くなっちゃったな…」

春香「あ!早く帰らないとお母さんに怒られちゃうよッ!!」

「送って行こうか?」

春香「いえ、けっこうです!」

「だろうね…そうだよね…」

春香「(わぁ…この人めんどくさいよぉ…)それじゃあ!」

「うん、話に付き合ってくれてありがとう」

春香「な、なんか…後ろ髪引かれるような…引かれないような…寂しかっただけなのかな?そういえばなんで旅をしてるかちゃんと訊いてなかったな」タッタッタッ

「さぁて…今日の宿泊場所を探すとしますか…」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 01:24:34.84 ID:x6rt7UYAO
 次の日、私は早々に出会ってしまったんだ。

春香「……なにやってるんですか?」

「ん?あぁ、君か!日雇いのバイトだよ」

 お兄さんは、私の通学路の工事現場でバイトしてたんだ。

春香(って事はつまり…今日は早く帰れる!?やっと解放されるんだね!)

「いやぁ、さすがにホームレス同然の生活を続けるわけにもいかないからねぇ」

春香「そうですよね!?じゃあ、頑張ってくださーい」

「おーい新人!あがって良いぞー」

「へーい!…さぁて、本日の与太話の時間だぜ」ニヤニヤ

春香「ひぇえええええ」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 11:58:15.30 ID:vSwu59nHo
ワロタ

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 22:08:16.24 ID:x6rt7UYAO
「さぁさぁ!ファミレスあたりにでも行こうか」

春香「……いや、帰りたいんですけど」

「俺が…12時間かけて稼いだ血と汗の結晶…でおごってあげるよ!」

春香「嫌みったらしいですよ!?」

「ここ2日与太話に付き合ってもらったお礼だよ!…そして、今日も」

春香「前から思ってたんですけど…お兄さんって良い性格してますよね…」

「それを言うなら君も君でけっこう黒い部分あるよね…」

のワの「なんの事ですかー?」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 22:22:15.63 ID:x6rt7UYAO
「昨日は高校編だったね?じゃあ今日は…核心にせまる旅の理由編かな」

春香「すいません!やっぱりミルクティーに変えてくださーい」

「なんだろうね…沈んだモラトリアム期間を過ごしたからかな…進路を決定する当たりで何も見えなくなってしまったんだ…」

春香「わぁ!このケーキおいしぃ」モグモグ

「視界は鮮明さ…ただ、鮮明過ぎてさ…フィクションの欠片も見えないって言うか夢も希望もないって言うか…」

春香「お兄さんってけっこう詩人ですか?」モグモグ

「俺は夢の見方を忘れちゃったんだな…」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 22:33:06.43 ID:x6rt7UYAO
「分相応って言葉に取り憑かれちゃったのかなぁ…どんな夢も影の部分に目が行くようになっちゃってさ…」

春香「お兄さんってヘタレさんですね」モグモグ

「例えば…そうだな…君の将来の夢は?」

春香「えー…言わなくちゃいけないですか?」

「まぁまぁ、言ってちょうだいよ!その上で俺が黒く濁った部分を教えてあげるから…さ」

春香「……だから嫌なんですよ」

「まぁまぁ、気楽に言ってくれたまへ」

春香「……笑いませんか?」

「笑いませんともよ」

春香「……アイドルです」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/22(金) 23:01:36.67 ID:x6rt7UYAO
「アイドル…か」

春香「可愛くてキラキラしててみんなを元気にする…そんなアイドルになりたいんです」

「君は日高舞って知ってる?」

春香「もちろん!私の憧れのアイドルですから」

「じゃあ、音無小鳥は?」

春香「…知らないです」

「だよね~…音無小鳥は日高舞より有望と言われたアイドルだった…日高舞が絶頂期の時にデビューしたんだ…歌唱力は高くてアイドルらしい愛らしさもあった…スタイルも良くてさグラビアにはお世話になったなぁ…」

春香「……へぇ」モグモグ

「ファンだったよ…アイドルなんて微塵も興味がなかったのにさ…」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 00:32:09.78 ID:evJttyGAO
春香「……へぇ(ふぅ…お腹いっぱい)」

「人気もうなぎ登り…のはずだった」

春香「だった?」

「あんまり売れなかったんだよねぇ…当時はさ?某歌姫とかが出てきた時でさ…アイドルが廃れて来た時だった…時代がアイドルではなくて歌姫を求めてたわけだね」

春香「……」

「どんなに歌唱力があろうがルックスが良かろうが音無小鳥がアイドルである限りダメだったんだよ…」

春香「そんな…」

「芸能界ってホントにシビアだよね…需要と供給のバランスが取れなくなったらすぐにサヨナラ…諸行無常とは良く言ったものさ」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 00:50:20.49 ID:evJttyGAO
「どう思った?」

春香「厳しい世界だなって…」

「そう!世の中はシビア…うすーい選択肢と可能性の中であーでもないこーでもないと自分の一生を左右する職業を選んだっていつかは衰退しちゃう…途中で諦めざるをえない事もあるかもしれない」

春香「……」

「そう考えるようになったら何が自分に相応しくて何が自分に相応しくないのか…何をしたら自分は満足して何をしたら不満に思うのか…何をすれば良いのかどんな道を行ったら良いのか分からなくなっちゃってねぇ…」

春香「……それと旅がどんな関係が?」

「なんとなく通ってた大学も嫌になって…もっと見聞を広めたら夢を見れるようになるのかな…って思って旅に出たわけさ」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 01:01:36.27 ID:evJttyGAO
「実は人間ってアバウトで、理由なんて後付けで良いのかもしれない…それでも俺は理由を求めちゃったわけ」

春香「よく分かんないです…よく分かんないですけど…なんか気分が落ちました」

「ごめんごめん!まぁ、反面教師にしてくれよ…世の中にはこんな人間もいるんだぜ!面倒だよなぁ…」

春香「……」

 私はふと、能天気に生きてきた自分が良かったのか分からなくなった。漠然と未来を夢見て、それで正しいのかなって。
 このお兄さんは、色んな事にこじつけていろいろ言ってたけど、要は真面目に色んな事に向き合ったら分からなくなっちゃったんだね。

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 01:19:48.83 ID:evJttyGAO
 私は、お家に帰ってからボーっといろいろ考えたんだ。

 『私はホントにアイドルになりたいのかな』とか『なんでアイドルになりたいのかな』っていろいろ考えてた。

 まさか、ここまで飛躍するとは思わなかったな。だって、『変な人に絡まれて厄介だな』くらいにしか思ってなかったのに急に将来の夢について気を重くしながら考えこんでるんだもん。

 もちろん、答えは出なかった。お兄さんが、旅に出てまで答えを求めてるのに私が一晩考えたくらいで分かるわけないよね。

春香「どうして…どうしてなんだろう…」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 01:31:27.74 ID:evJttyGAO
 次の日、私はお兄さんを探してたんだ。モヤモヤした気持ちを自分じゃ抱えきれなくなったの。

 誰かと共有したい、一緒に考えて欲しい。でも、友達に話しても笑われるしお母さんに話してもまともに答えてくれなかった。

 きっと、同じ悩みを持つ人じゃないと分からないんだね。そして、お兄さんが私にいろいろ話してくれたのは、お兄さんも悩みを共有したかったからだって思ったんだ。

「さっぱりしたー4日ぶりの風呂だったからなぁ…」

 お兄さんに会えた時、何故か心のモヤモヤがほんの少しだけ薄れた気がした。

春香「ひっぐ…うぐっ…うわぁあああああん」

「え!?ちょっと!いきなりなに?」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 01:46:13.93 ID:evJttyGAO
春香「アイドルになりたいよおおおおおお」ポロポロ

「ちょ、ちょっと!いきなりどうしたんだよ!!」

春香「お兄さんがぁ…ひっぐ…暗いことばっかり言うからぁああああうわぁあああああん」ポロポロ

「な、泣くなよ!それになりたいならなったら良いじゃないか」

春香「なりだいげどぉ…どうじでなりだいのがぁ…わだじにふざわじいのがっで考えると…わがらなくなっでぇ」ポロポロ

「うっ…俺のせいか…ごめんよぉ?」

春香「うわぁあああああん」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 02:01:58.89 ID:evJttyGAO
「落ち着いた?」

春香「…少しだけ」グスン

「ごめんね…まさか君がそんなに思い悩むなんて…配慮が足りなかったな…」

春香「…私まで陰鬱なモラトリアム期間を送りそうです」

「ごめんって…でもさ?」

春香「……ひっぐ」ブワッ

「わー!ごめん!それが現実なんて言わないから」

春香「うわぁあああああん」ポロポロ

「ごめーん!許して!この通り」

春香「……ひっぐ」グスン

「君は…純粋だなぁ…」

春香「お兄さんが…歪んでるんです…」

「やっぱり君…黒いね…」

のヮの「そうですか?」グスン

「ぷっ…泣きべそでそんな顔されてもなぁ」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 02:17:13.58 ID:evJttyGAO
「俺さ…小さい頃は仮面ライダーになりたかったんだ」

春香「子供らしいですよ」グスン

「でも、ある時見ちゃったんだよね…ヒーローショーの舞台裏をさ」

春香「……うわぁ」

「むさ苦しいおっさんが汗だくでタバコ吸ってんの…ショックだったわマジで」

春香「……また、そんな話ですか?」グスン

「泣いたわ…聞き分けないくらい…でも、親父がさ…父ちゃんがそんなだったらお前は泣くか?って言ったんだ」

春香「なんて答えたんですか?」

「泣くって答えた」

春香「ぷッ…結局なにが言いたいんですか?」クスクス

「分かんない…なんとなく思い出した」クスクス

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 22:21:55.68 ID:evJttyGAO
「あのさ…なんでアイドルになりたいの?」

春香「お兄さんのせいで分からなくなりましたよぅ」ムンス

「いやいや!今は分からなくなったのかも知れないけど明確に『アイドル』と言ったからにはきっかけがあったんでしょ?」

春香「大した事ないですよ…キラキラしててカワイイし歌うのも踊るのも好きだし…何より人を元気にするのが凄いじゃないですか!だからなりたくて…だけど…本当にそれで良いのかなって」

「良いんじゃない?なりなよアイドルに」

春香「……え!?」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 22:30:04.73 ID:evJttyGAO
春香「い、いきなりなんですか!?無責任ですよぅ…むしろ諦めろ的な感じでアイドル業界の暗い部分を…」

「諦めろなんて言ってないよ?どんな世界でも光と影があるよって一例として言ったまで」

春香「……そうなんですか?」

「うん、それに俺はそういう光と影の差を早いうちに知っちゃったから夢が持てないって悩んでんだよ…だけど君はちゃんと明確な夢があるだろ?目的だって人を元気にする…それで良いじゃん」

春香「お兄さん…もしかして私を励ますために言ってます?」

「いや?」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 23:00:06.69 ID:evJttyGAO
「それにアイドルになりたいよーーって泣いてたじゃん」

春香「なりたいですよ?なりたいですけど…」

「だったら俺の言うことなんか気にしちゃダメだよ!夢を持てない寂しい人ねふふんくらいに思っておけば良いんだって」

春香「なって良いですかね?漠然とした目的ですよ?アイドルがなんたるかもあまり理解してないし…お兄さんから音無小鳥さんの話を訊いてビビっちゃうくらいですよ?」

「夢を持ってるからの悩みだよ…俺はそんな恐れなんか抱いたことないもん…なんか急に恥ずかしくなってきたなぁ…」

春香「わぁ…遠い目で語り口がダウナーに…」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:21:41.28 ID:bi4hSUgAO
春香「あ!そろそろ帰らないと」

「もう暗くなったねぇ…君と話してると良い暇潰しになって良いね」

春香「私はなんだか疲れましたけど…」

「そりゃあ…あんだけ泣けばねぇ?」

春香「でも…なんかスッキリしましたよ!」

「それは良かった!あ、そうそう…一緒に写真撮ってくれない?」

春香「写真ですか?…何に使うんですか?」

「別に何にも使わないよ…ただの思い出!今は夢が持てないとか言ってこうやって旅をしてるけどいつかは就職しなきゃいけないしね…後でこういう事もあったと酒の肴にでもなれば良いなってさ」

春香「しょうがないなぁ!良いですよ」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:29:54.49 ID:bi4hSUgAO
「よし、じゃあ…街灯の下に行こうか」

春香「……今どきインスタントカメラですか?」

「デジカメ持ってないし携帯…止まってるしね…」

春香「あー!もうっ!せっかく写真撮るんだから暗くならないでくださいよぅ」

「そうだね…よし、じゃあっと」

春香「誰かに頼まなくて良いですか?」

「インスタントカメラのセルフタイマー装置みたいなものがあるんだよ」

春香「そうなんですか?すごーい!」

「そ、そうかな?えへへ///」

春香(やっぱりチョロい…あと、お兄さんは誉めてません)

「じゃあ撮るよ」

ジジジジジジ

春香「お兄さん早く早く!」

「よしっ!笑顔笑顔…」

パシャ

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:38:25.00 ID:bi4hSUgAO
「上手く撮れたかな?」

春香「ちょっと心配ですね…」

「まぁ、上手く撮れてなくても思い出になるし良いっか…」

春香「じゃあ、私は帰ります」

「うん、気をつけてね?」

春香「ハーイ!」タッタッタッ

「明るくて良い娘だなぁ…俺なんかあの娘に浄化されて消えてなくなりそうだぜ…」

春香「お兄さーーん!」

「ん?なーにー!?」

春香「私、天海春香って言います!きっとアイドルになりますから覚えておいてくださーい」ブイッ

「わかったーー!」

「きっとアイドルになります…か」

「なれるかなぁ…ならせてあげたいなぁ…良い娘だもんなぁ…でも、自分の事で手一杯の俺じゃ祈るくらいしかしてあげられないしなぁ…はぁ…」

「あの、ちょっと良いかい?」

「ん?なんですか?」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:45:23.95 ID:bi4hSUgAO
 それから、お兄さんに会うことは無かったよ。

 通学路の工事も終わって、私も真っ直ぐ帰るようになったし、たまに遠回りしてお兄さんが倒れてた辺りを通っても会う事は無かった。

 きっと、自分の答えを探すために新しい場所に行ったんだなって思った。ちょっとだけ、ちょっとだけど寂しかったな。

 卑屈で、ネガティブで、チョロくて、だけど真面目だし、何気に優しかった。とにかく変な人だったけど、あのお兄さんが居たから自分の夢と向き合って真剣にアイドルになるために考えたんだ。

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:53:22.68 ID:bi4hSUgAO
千早「春香にとって良い出会いだったのね」

春香「うーん…多分?」

千早「多分って…」

春香「冗談冗談!確かに良い出会いだった」

P「春香ーライブの打ち合わせ行くぞー」

春香「はーい!千早ちゃんまた後でね」

千早「わかったわ」

P「千早となんの話してたんだ?」

春香「えーっと、とある変人の与太話です」

P「はぁ?」

春香「つまりとっぷしぃくれっと…ですよ!」

P「はぁ…まぁ、いいや」

春香「プロデューサーさん」

P「なんだ?」

春香「プロデューサーさんの夢ってなんですか?」

P「事務所のみんなをトップアイドルにする事だけど…それがどうしたんだ?」

春香「ふふっ…なんでもないです」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 00:59:27.41 ID:bi4hSUgAO
 千早ちゃん、実はこの話には続きがあるんだよ。

 お兄さんとの出会いから三年が経って私も高校生になったんだ。そろそろ本格的にアイドルになるために、お父さんとお母さんにもちゃんと話して一歩を踏み出そうと思ってる時だった。

春香「わぁ…工事してる…遠回りしなきゃ」

 通学路は工事してて仕方なく遠回りしたの。お兄さんと出会った場所、実はちょっとだけお兄さんのこと忘れてたんだけど、その場所を通ったら思い出してちょっとビクビクしちゃった。
 また、お兄さんが倒れてるんじゃないかってさ。

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 01:07:00.29 ID:bi4hSUgAO
春香「……人が、倒れてる」

「うぅ…眠い…眠いよ」

春香「……もしかして、お兄さん?」

「ん?…おぉ、春香ちゃんじゃないか…久しぶり」

春香「久しぶりです…じゃなくてなんでまた倒れてるんですか!?」

「ちょっといろいろ忙しくて二日くらい寝てなかったんだ…」

春香「忙しい?…もしかして就職したんですか!?」

「まぁね…よいしょ」

春香「……本当にお兄さん?」

「うん、そうだけど…あ!あの時は不精髭だし髪ボサボサだし服も汚いしで散々だったもんね」

春香「そうですよ!お兄さんってちゃんとすればイケメンさんなんですねっ!!」

「え?ま、マジで?照れるな…えへへ///」

春香(やっぱりチョロい)

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 01:15:30.55 ID:bi4hSUgAO
春香「ところで…お兄さんこんなところで何をしてるんですか?」

「そうそう!実は君を探してたんだよ…えっとね」ガサゴソ

春香「……ん?」

「あ、まず…あの時に撮った写真渡すよ」

春香「うわぁ!懐かしいですねぇ…ありがとうございます」

「あとは…えっと…内ポケットに入れたは…あった!ハイこれ」

春香「ん?…名刺?765プロダクションプロデューサーP」

 ビックリだよね。あの変なお兄さんが、プロデューサーさんなんだよ?
 あとから訊いたんだけど、あの時に私が帰ったあとで社長に『ティンと来た!君を我が事務所に迎えてプロデューサーにしたい』ってスカウトされたんだって。

P「天海春香ちゃん!アイドルにはなりたくないかい?」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 01:28:45.00 ID:bi4hSUgAO
 しばらく呆然としちゃったんだ。いきなり言われたからね。だけど、答えはあの時、お兄さんにした様なものだったからもちろん首を縦に振ったよ。

 それから、すぐにお父さんとお母さんを説得しにお兄さんが社長と一緒に来たんだ。

 お兄さんが、なんだかかっこよく見えたな。そうそう、なんでプロデューサーになったのかお兄さんに訊いたらさ。

P『君があまりにも良い娘だったから応援したくなったんだ』

 だってさ。お兄さんも、案外あっさり長年の悩みが解決したから逆に悩んじゃったんだって。

春香「ねぇねぇ、お兄さん」

P「懐かしいなぁ…その呼び方…」

春香「一緒に駆け抜けましょうね!トップアイドルまで」

P「おう、もちろん!」

 私だけが知ってるお兄さんが、プロデューサーさんになる前の話。そして、私がアイドルになるまでの話。

おわり

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 01:29:56.04 ID:+QYUvDUSo
乙!
面白かったよ

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/24(日) 01:31:20.22 ID:bi4hSUgAO
どうも、作者です。ダメな文章と書いて駄文失礼しました。なんとなく思い付いて勢いで書いちゃったんですよね…(遠い目)

読んで下さった方、本当にありがとうございました。レスめちゃくちゃ嬉しかったです。

お疲れさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする