P「そうだ。輝きの向こう側へ行こう」【天海春香SS】


1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 02:45:04.54 ID:FF9+bcTY0
P「フンフンフンフフンフンフンフフン」ジョロロロ

P「フンフンフンフフンフンフーン」ジョロロロ

P「ふぅ…」

P「今の放尿…キラキラしてたな…」

P「俺は忘れないからな…!今日のこの放尿を…!」

P「というわけだから皆で放尿の輝きの向こう側へ行こう」

春香「何がというわけなのかさっぱり分かりませんし、絶対に嫌ですよ!」

P「えー、でもお前たちだってするんだろ?」

春香「アイドルはそんなことしません!」

P「どこぞの大帝のように膀胱炎で死んでまうでー」

P「まあいいよ。春香はいいとして、美希は行くよな?」

美希「行くの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395337504

7: >>1 2014/03/22(土) 16:07:21.30 ID:6Q05GEuy0
P「なんだよー、春香は本当に行かないのか?」

春香「行きませんよ!」

美希「春香はわがままだよ!」

春香「あーもー聞こえない何も聞こえないー」

P「悪いな春香。今日限りでお前のプロデュースは辞める」

春香「分かりました行けばいいんですね行けば」

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:11:16.38 ID:6Q05GEuy0
P「止し、これで全員揃ったな」

春香「あっれー?みんな説得済みー?」

亜美「なんかめっちゃ面白そうだよね!」

真美「うんうん!めっちゃ楽しそうだよね!」

やよい「うっうー!トップアイドルですー!」

P「それじゃ行くか。黄色く煌めく放尿の輝きの向こう側へ!」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:17:35.59 ID:6Q05GEuy0
ジャーーー ボコボコボコボトン

P「みんな見てみろ!この幻想的な世界を!」

美希「綺麗なのー!」

貴音「ええ、まこと美しいものです」

響「自分はときどき海みたいだって思うぞ!」

雪歩「まるで尿素が私たちを祝福してくれているみたい…」」

真「詩人だね。雪歩は」

春香「もれなく全員マジキチ!?」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:25:45.80 ID:6Q05GEuy0
伊織「安心しなさい春香。こんなの絶対間違っているわ」

春香「伊織!よかった、まともな人がいて…」

伊織「あのバカなりに考えがあってのことなんでしょうけど…」

春香「あれ?やっぱりまともじゃない!?」

伊織「絶対おかしいわよ!放尿の輝きを確かめるのにわざわざトイレに流されなくたってよかったじゃない!」」

春香「あ、これまともじゃないわ」

伊織「イッてくれたって…イッてくれたっていいじゃない…」

真「いや、ボク達が気付くべきだったんだ…」

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:30:33.21 ID:6Q05GEuy0
律子「そういえばプロデューサー。私たち、話があるからって呼び出されたんですけど…」

P「ああ、そうだったな…実は…」

P「アリーナだ!スカトロアリーナライブが決まったんだ!」

全員「あ、アリーナーぁぁぁぁ!?」

P「ああ、そして今回は新しく二つのことを取り入れて見ようと思う」

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:40:07.64 ID:6Q05GEuy0
P「一つはバックダンサーを取り入れたステージにすること」

P「スクールに通う候補生たちを引っ張りこんできた」

P「もう一つは、みんなの中で一人、リーダーを立てることだ」

P「俺なりにいろいろ考えた結果……春香、お前がリーダーだ」

春香「はい?えっ、ちょ、えっ?待ってください。スカトロアリーナライブってなんですか?」

千早「春香…あなたアイドルなのにそんなことも知らないなんて…」

真「リーダーがそんなんじゃ、先行き不安だよ」

雪歩「がっかりですぅ…」

春香「なーんーでーみーんーなー知ってるのー!」

P「知らないというと困ったな…。今日ここに来て演出のいいイメージが練れればと思ったんだが…」

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:45:38.16 ID:6Q05GEuy0
律子「いい?スカトロアリーナライブっていうのはね、選ばれて選ばれて、アイドルの頂点に立った者にしか上がれない夢のステージなのよ?」

春香「どこに夢が!?」

春香「もう!ドッキリかなにか知りませんけど、そんなの絶対嫌ですからね!」

P「というと…ライブ…やらないのか…?」

あずさ「それがリーダー…春香ちゃんの決断なら仕方ないわ~」

千早「ええ、そうね…」

伊織「アンタがリーダーなんだから、しっかり決めなさい」

春香「私は…」

春香「絶対に嫌です!!」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:53:08.70 ID:6Q05GEuy0
ライブは結局中止という形で幕を閉じた。

その後、プロデューサーさんは私たちに黙ってハリウッドに行ってしまった。

最後に、私たちの輝く姿を見ておきたかったと言わんばかりの寂しい目をしながら…。

春香「やろう…!」

やよい「春香さん…?」

亜美「やるって…何を?」

春香「スカトロアリーナライブ!」

春香「プロデューサーさんが帰ってきたときに、すぐに私たちだって分かるように!」

春香「一番に輝こうよ!一番眩しく!」

春香「私…迷ってた…。自分がどうしたらいいのか分からなくて…。何も分かってなかった…」

春香「だから、もう迷いたくない…!迷うときはみんなと一緒に迷いたい!だから…!みんな、お願い!力を貸して!」

伊織「春香…」

真「もう1年も前からそのつもりだったよ…!」

雪歩「春香ちゃんが言うなら、私たちは着いて行くよ」

春香「みんな…!」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 16:58:38.05 ID:6Q05GEuy0
春香「律子さん…スクールと連絡取れますか!?」

律子「それが…」

律子「あの子たち…もうデビューして…今度アリーナが控えてるのよ…」

春香「えっ……」

あずさ「一年でアリーナだなんて…すごいわねぇ…」

真美「お金の力だー!」

春香「私…呼んでくる!」

千早「春香…?」

春香「だってまだ、バックダンサーの子たちの顔も見てない!」

伊織「それがアンタの答えなのね…」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:03:08.32 ID:6Q05GEuy0
志保「何を言ってるんですか?」

春香「お願い!アリーナライブ止めてくれないかな?」

志保「もう時間がないんです!私たちはアリーナライブの準備で忙しいのでもう帰ってください!」

美希「そうだよ!春香はわがままだよ!いきなりそんなこと言って聞いてもらえないのは当たり前なの!」

春香「そういうことは最初に言ってよ!」

美希「は?春香はどうしたいの?」

春香「私は…どうしたかったんだっけ…?」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:12:43.52 ID:6Q05GEuy0
春香「こうなったら…事務所でライブしようよ!」

律子「狭いから無理よ」

春香「じゃあ空港で野外ライブとか」

やよい「いいですねー!それ!」

春香「でしょ?律子さん!」

律子「無理です!」

律子「今のうちにはそんなお金ないのよ…。社長も事務所のお金持ち逃げしちゃうし…」

高木「律子君!妙な言いがかりはよしたまえ!」

千早「嘘かよ」

律子「リッチャンジョーク☆」

千早「ぶん殴りてぇ」

雪歩「千早ちゃん、落ち着こう?もう春香ちゃんのことは忘れて?」

千早「目の前にいる奴忘れるとか無理でーす。あーあこいつのワガママっぷりにはイライラするわー」

P(か、帰り辛い…)

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:17:49.55 ID:6Q05GEuy0
P(え、何?今日帰国だって音無さんに伝えておいたよな?)

P(あの鳥忘れてやがったのか畜生)

P(それはさておき荒れすぎだろここ…)

P(俺のいない間に何があったんだよ…)

響「あ、あれ……?プロデューサー?何してるの?」

P「えっ、あっ、いや…。久しぶりだな響。背縮んだか?」

響「う、うぎゃぁあああ!みんなー!プロデューサーが帰ってきたぞー!」

P「わーっ!待てバカ!」

真美「えーっ!兄ちゃん?」

亜美「本当だ!兄ちゃんだ!」

ガヤガヤガヤガヤ

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:20:31.31 ID:6Q05GEuy0
P「で、何だったんだ?さっきの?千早が荒れたり…」

千早「ああ、見てたんですか?」

P「途中からな」

千早「かくかくしかじかで」

P「なるほどな…」

P「じゃあ俺に任せろ!考えがある!」

P「みんなで見に行こう…!輝きの向こう側…!」

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:27:42.10 ID:6Q05GEuy0
P「いつ見ても綺麗だな…!」

雪歩「黄金色に輝く魅惑の舞台…。こんなところで歌えたらなぁ…」

P「それだ!」

真「ナイスアイディアだよ雪歩!」

あずさ「素敵だわ~」

貴音「そうですね…。皆で力を合わせ、最高の舞台を作り上げましょう」

千早「春香…ごめんなさい。私、あなたにひどいことを…」

春香「うわわわわ、気にしないで…!私の方こそ悪かったから…ごめんね」

千早「ええ…」

P「よし、じゃあ早速始めよう!」

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:31:25.67 ID:6Q05GEuy0
~~♪

P(ん…?この臭い…)

P「まずい!みんな逃げろ!」

律子「どうしたんですか?」

P「社長の下痢だ…」

P「以前一緒に個室に入ってた時に嗅いだ臭いと一緒で…とにかく臭いんだ…」

P「何やってるんだ!早く曲を止めて避難しよう!下痢が流れてくるぞ!」

春香「プロデューサーさん…」

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:38:24.51 ID:6Q05GEuy0
春香「それはできません…。だって私たちはアイドルだから…」

真「何があっても歌い続け」

雪歩「踊り続け」

貴音「人々を魅了し」

響「笑顔にする」

亜美「だから、怖くたって」

真美「苦しくたって」

やよい「絶対に逃げ出さないで」

伊織「必死にステージに食らいついて」

あずさ「また希望を生み出す」

美希「もう諦めたくない」

千早「もう逃げたくない」

春香「それが…アイドルでしょう?」

P「みんな…」

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:43:40.08 ID:6Q05GEuy0
律子「そんなアイドルたちを最後まで見届けるのがプロデューサーの役目、ですよね?」

P「ああ、そうだな!全力でやれ!俺たちも最後まで見守るぞ!!」

~♪

千早「STAGE 踊りたいから♪」

美希「LIVE 踊りたいから♪」

春香「新しい幕を開けよう♪」

『Never End IDOL』

MASTER PIECE

~~~~~~~~~♪

ビチャアアァァァァァァグチャグチョグチョビッチャアアアアアアアアア

24: スペルミスは受け流すもの 2014/03/22(土) 17:48:45.67 ID:6Q05GEuy0
P「みんな…」

P「いいステージだったよ」

P「俺は忘れないからな…!今日のこのステージを!」

春香「プロデューサーさん」

千早「プロデューサー」

美希「ハニー」

やよい「プロデューサー」

伊織「プロデューサー」

亜美「兄ちゃん」

真美「兄ちゃん」

真「プロデューサー」

雪歩「プロデューサー」

あずさ「プロデューサーさん」

響「プロデューサー」

貴音「プロデューサー」

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 17:49:42.35 ID:6Q05GEuy0
これからもプロデュースよろしくお願いします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする