【天海春香SS】律子「春香のドジで階段から落ちたPは……」(^P^)「あーあー」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:03:48 ID:ICkS3Upq0
律子「ほらP、テレビで春香が歌ってますよ」

(^P^)「かっか! かっか!」

律子「Pはこんなになっちゃっけど春香とミキは『私が養うっ!』って仕事の意欲もあがったし」

(^P^)「あばばば……」ジョロロロ

律子「あらら……やよいー、Pが粗相しちゃったからお願いー」

やよい「はーい、Pさん すぐおしめ取り替えてあげますからねー」

律子「それ終わったら響はPの散歩お願いね」

響「うん、自分に任せろ!」

律子「また前みたいに見失うなんてことしないでよね」

響「はは……だ、大丈夫さー」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:12:20 ID:ICkS3Upq0
亜美「律っちゃんー、亜美達仕事行ってくるねー」

真美「兄ちゃんのお世話よろしくー」

あずさ「収録が終わったらPさんに何かお土産買ってきますね~」

律子「いってらっしゃい」

律子「Pがいないぶんみんな責任感もついたわね」

やよい「はーい 終わりましたよー」

(^P^)「あー♪」

律子「やよい、ご苦労様」

やよい「えへへー慣れてますから」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:16:51 ID:ICkS3Upq0
響「よーしP、今日は公園にいくぞー」

(^P^)「きゃっきゃ」

律子「あ、響 スタンガン持った?」

響「おっとと……忘れるとこだったぞ」

律子「もー毎回毎回忘れるんだから」

響「大丈夫だぞ、P自分に対しては大人しいし」

律子「それでも一応持って来なさい」

響「じゃあいってくるさー」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:32:14 ID:ICkS3Upq0
響「いい天気だなー」

響「P、前みたいに女の子についていったりしたらダメだぞ」

(^P^)「うー」

響「だいたいカワイイ女の子なら目の前に……」

(^P^)「……」サワサワ

響「あ、こらっ!」スチャ

(^P^)「ぴぎゃぁぁぁぁあぁああうぇあばばばっ!」バチバチ

響「お、お尻に触ったらダメって何回も言ってるのに……ぷ、Pの変態」

(^P^)「あばば……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:39:40 ID:ICkS3Upq0
律子「あら、おかえりなさい」

響「うー……Pまた女の子についていこうとしたし大変だったぞ」

律子「ご苦労様」

(^P^)「フーフー……」

律子「あら? ずいぶん興奮してるみたいだけど」

響「ずっとお預け状態だったししょうがないさー」

律子「弱ったわね……小鳥さんは今買いだしに出てるところだし」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:50:36 ID:vncrg/+g0
なんで興奮してたら小鳥さんになるんですかね…早くしろよ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 01:50:43 ID:ICkS3Upq0
(^P^)「フーッ!フーッ!フーッ!」

律子「しょうがないわね……今いるメンバーで何とかするしかないわね」

響「ええっ! 自分さっき……その……お尻触られてるし……」

律子「ダメ、観念しなさい。みんな集まってー」

響「うう……」

真「あちゃ~Pまた興奮しちゃってるよ」

雪歩「うう……またアザになるのは嫌ですぅ~」

やよい「Pさん機嫌直してください~」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:04:03 ID:ICkS3Upq0
律子「それじゃ真と雪歩と響とやよい、Pに選んでもらうから前に立って」

雪歩「ええっ……!」

真「ちょっと! そんなのずるいよ!、律子もちゃんと協力してよ」

響「そうだぞ!」

律子「わ、私はいいのよ……Pにとって私は対象外みたいだし」

響「自分、Pが律子のお尻触ろうとして何回も手はたかれてるの知ってるぞ」

真「ほらっ! 律子も前に来て」グイッ

律子「ま、待ってってば!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:13:55 ID:ICkS3Upq0
(^P^)「あー!」ガシッ

律子「ひっ」ビクッ

やよい「あ、Pさん今回は律子さんに決めたんですね」

真「みんなすぐ事務所から出るよ!」

雪歩「ご、ごめんなさいぃ、律子さん~」

響「ごめん律子、自分にはどうすることもできない」

律子「みんな、待って! 置いていかなああああ!!」

(^P^)「あ”あ”あ”あ”あ”あ”」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:15:48 ID:0FqsgU3e0
なんだローソン店員か…解散

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:26:32 ID:ICkS3Upq0
「マッテ!! オチツ…テ!!」ガシャーン!!

雪歩「……」

ビリビリィ!!

響「……」

「P、イタイ…ス!! イタッ!! チギ…チャ……」ガタッ!!ガタッ!!

真「……」

「アア…ソンナ…アラッ…ク………コワレ…」

やよい「……」

「ヌイ……!!…ナカ……シチャ……ダメェェェッェ!!」

「……」

真「静かになったね……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:32:29 ID:ICkS3Upq0
響「もう自分たち行っても大丈夫かな?」

真「大丈夫……だと思う、Pいつも5分もかかってないし」

雪歩「うぅ~……律子さん怪我してなければいいですけど」

やよい「事務所のお掃除が大変です……」

真「はぁ~……こんなときこそ春香と美希と小鳥さんにいてほしいのになぁ」

響「まったく! ぴよ子は肝心な時に役に立たないぞ!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:41:04 ID:ICkS3Upq0
ガチャ

響「いつもながらすごい惨状だぞ」

真「うぷっ……とにかく換気しなきゃ」

雪歩「大丈夫ですか、律子さん?」

律子「……」ボーゼン

雪歩「怪我はないみたいですけど服が……」

やよい「Pさん寝ちゃってます」

(^P^)「Zzz…ンゴォォ……」

真「とにかく律子を拭こう、全身べっとべとじゃないか」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 02:43:25 ID:ICkS3Upq0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする