【アイマスSS】春香「プロデューサーさん!お花見行きましょう!お花見!!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 18:51:29.48 ID:WcknKBqX0
P「は、花見!?」

春香「そうですよ!もう早いところでは桜咲いてますよ!二人で? 亜美真美「「えぇ!?お花見いくの!?いえーい!」」

P「い、いや。俺明日休みだし」

真美「行こうよ兄C→!」

亜美「そうだよ→たまには息抜きも必要っしょ→!」

P「家にいた方が息抜きできるんだが…」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 18:55:07.04 ID:WcknKBqX0
春香「いや、わたしとプロデューサーさんの二人で?

小鳥「たまにはいいんじゃないですか?明日ちょうどみんなのおやすみの日だし」

P「音無さんまで…」

やよい「うっうー!わたしお弁当作りますー!」

雪歩「た、楽しそうかも!だ、だめですか?」

P「………しょうがないなぁ」ハァ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 18:58:01.84 ID:WcknKBqX0
春香「え、えっと…」

千早「お花見なんて久し振りだわ」

美希「ミキはおにぎり食べられればそれでいいの」

真「なに着ていこっかなあ~!」

あずさ「あらあら~楽しそうねぇ~」

律子「ほら!あずささんはこれから収録ですよ!急いでください!」

あずさ「は~い」

響「うちのみんなも連れてきていいかー?」

貴音「他の人の迷惑にならなければよいのでないでしょうか」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:02:05.84 ID:WcknKBqX0
伊織「じゃあ決定ね!今人気の○○公園でやるから明日7時にいってなさい!」

P「し、7時!?早くないか!?」

伊織「ごちゃごちゃいってないの!」

P「わかったよ…」ハァ

P(久しぶりの休日も早起きか…)

春香「あ、あぅ~」

春香(せっかく二人きりで出かけようと思ったのに!!)

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:06:52.32 ID:WcknKBqX0
翌朝7時

P「おかしいと思った」

P「だって花見って普通こんな朝早くからやらないもん」

P「人気な場所だからしょうがないのはわかるが…」

P「だからってこんな朝早くから場所とりさせなくていいだろ…」ズーン

P「あー暇。はやく誰か来ないかなぁ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:11:54.21 ID:WcknKBqX0
一時間後

P「」ポツーン

P「なにやってんだろ俺。本かなにか持ってくればよかった」

冬馬「」タッタッ

P「おっ!冬馬!ランニングか?」

冬馬「おぉあんたか。そうだ。あんたはなにしてんだ?」

P「花見の場所とり」

冬馬「こんな早くからか?」

P「はめられたんだよ…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:17:21.87 ID:WcknKBqX0
冬馬「」プークスクス

P「わ、笑うなよ…暇潰し付き合え」

冬馬「たっくしょうがねぇなぁ、少しだぞ」

P「最近どうだ?」

冬馬「まぁいいほうだ」

P「仕事入ってきてるのか?」

冬馬「ぼちぼち入ってきてる」

P「………」

冬馬「……」

P「………」

冬馬「………」

二人((会話続かねぇ!!))

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:21:12.09 ID:WcknKBqX0
冬馬「んーそろそろ行くわ」

P「おぉ引き留めて悪かったな」

冬馬「いいさ、 じゃあ雑用がんばんな」タッタッ

P「あ、あはは…」

P「はぁ」

天海家

春香(プロデューサーさん7時から場所とりさせられてるんだよね…かわいそうだな…)

春香(今行けば二人きり…)

春香「よし!いってきまーすっ!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 19:21:59.28 ID:WcknKBqX0
風呂いくわ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:16:24.15 ID:WcknKBqX0
すまんついでに飯食ってた

まだ人いるか?

42: >>41前入れてたら風呂壊れた 2013/03/30(土) 20:19:22.29 ID:WcknKBqX0
一時間後

P(少しずつ人が増えてきたな)

P「あぁー暇で死にそう。帰りたい。本でも買いにいくか…でもここから店遠いんだよな…いつくるかわからんし…」

春香「プロデューサーさーん!」ノシ

P「は、春香ぁ!!」

P「待ってたぞ!春香ぁ!」ノシ

春香(プロデューサーさん、あんなに私が来たこと喜んでる…///)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:24:26.96 ID:WcknKBqX0
P「ずっと一人で暇で暇で!」

春香「あはは…大変でしたね…それにしてもいい天気ですね!うわっ!」ズテーン

P 「おっと、大丈夫か?」ダキッ

BGM(目と目があう~瞬間好きだと気づいてた~)

春香(あぁプロデューサーさんに抱かれてる…//幸せ…//)

P「春香?大丈夫か?」

春香「だ、大丈夫です…//でも、もう少しこのままがいいなぁーなんて…///」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:28:35.80 ID:WcknKBqX0
P「あ、あぁ…」

P(春香はかわいいなぁ…っていかんいかん!俺はプロデューサーだ!)

春香「はぁ…」トローン

春香(幸せ…///)

P(なんか春香が妙に密着してくるなぁ…平常心!平常心!)ドキドキ

春香(今のわたしたちってお似合いのカップルに見えるのかな///だったら嬉しいな///)ドキドキ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:29:53.34 ID:WcknKBqX0
一時間後

春香「zzz」

P「寝ちゃったよ…寝顔もかわいいなぁ…っていかんいかん」ブルブル

P「ていうかそろそろ来てもいい時間なんだけどな…」

「ハニー!!」
「プロデューサー!!」
「にーちゃーん!!」

P「おっ!みんな来たか!っておい!おまえら!まんまとはめてくれたな!」

伊織「なんのことかしら?」

律子「お疲れ様です」

小鳥「人気の場所だからしょうがないんですよー」

52: >>50見る目があるな 2013/03/30(土) 20:33:36.00 ID:WcknKBqX0
P「だからって…春香が来てくれなかったらたぶん暇で死んでましたよ…」

亜美「おっ!寝てる寝てる→!」

真美「イタズラしてくださいって顔に書いてありますなぁ→!」

亜美真美「うしししし!」

P「かいてないから!ほらさっさと荷物整理しろ!」

亜美真美「はーい」

57: >>56こまけぇこたぁいいんだよ! 2013/03/30(土) 20:37:25.32 ID:WcknKBqX0
貴音「それよりらぁめんはどこですか?」

千早「さすがにここにはラーメンはないと思います」

貴音「そうなのですか…」

真「なんでこんな男っぽい服着ないとなんだよ雪歩~!」

雪歩「真くんはそれが一番いいんです!」

美希「ハニー!会いたかったの!」ガバッ

P「うわっ!」ドスーン

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:41:11.22 ID:WcknKBqX0
春香「うーーん」ノビ

春香「あれ?わたし寝ちゃったんだ…ってみんな来たんだ…」

春香(もうちょっとお話したかったなぁ…)

美希「ハニー!ミキお腹すいたの!」

やよい「たくさんおにぎりつくってきましたよぉ!」

P「じゃあちょっと早いがお昼にするか?俺も腹へったし」

響「賛成だぞー!!な!みんな!」

アニマルズ「賛成です」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:46:47.95 ID:WcknKBqX0
―――――

P「ふぅ~うまかったな」

やよい「よかったですっ!」

あずさ「ごちそうさまでした~」

やよい「伊織ちゃんも作るの手伝ってくれたんですよ!」

P「伊織、弁当うまかったぞ」

伊織「伊織ちゃんが作ったんだからあたりまえじゃないっ!///」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:50:54.60 ID:WcknKBqX0
春香「クッキーもありますよ~!はい!プロデューサーさん!」

P「ありがと」

P(俺だけハート型…?)チラッ

春香「///」

P「///」ポリポリ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:53:19.58 ID:WcknKBqX0
律子「プロデューサーホントにずっと一人だったんですか?」

P「あぁ、春香が来る前はな…そういえば途中で誰かと会ったような…まぁいいか」

小鳥「大変でしたね~」

律子「そうですね~」

P「あなたたちがやったことでしょうが」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:58:20.75 ID:WcknKBqX0
亜美「兄C鬼ごっこしようよ→」

真美「じゃあ兄C鬼ね→」

P「えっ!?」

亜美真美「よいどーん!」

響「自分もやるぞー!」

真「ボクも!」

P「か、勘弁してくれ…」タッタッ

美希「ハニー!まってなのー!」

P「うおっ!」ダッ

あずさ「あらあら~」

律子「鬼が追いかけられてどうするんですか…」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:00:13.23 ID:WcknKBqX0
春香(あっいっちゃった…)

春香(あんまり話せないなぁ)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:04:50.45 ID:WcknKBqX0
―――――――

伊織「あー疲れたわねー」

やよい「いっぱい遊びましたもんね~」

貴音「夕日と桜…いいですね」

律子「はーい!みんなそろそろ帰るわよー!」

「「「はーい!」」」ゾロゾロ

春香「プロデューサーさん」

P「ん?なんだ春香?」

春香「片付けが終わったら少し…いいですか?//」

P「おう、いいぞ?」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:13:01.00 ID:WcknKBqX0
――――――

P「で、どうかしたのか…?」

P(こ、この状況は…こ、告白じゃないよな…でも最近春香が積極的なような…とにかく平常心平常心)

春香「は、はい…」

春香「プロデューサーさんはわたしのことどんなふうに見てますか?」

P「765の大切な…アイドルだ」

P(やっぱり告白っぽいぞ!?どうする俺!?とりあえず平常心平常心!)

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:22:55.05 ID:WcknKBqX0
春香「そ、そうですよね…」

春香(やっぱりやめようかな…このアイドルとプロデューサーという壁は越えられないのかな…)

春香(でも、ここで言わなきゃ絶対に後悔する!)

春香「でも、わたしは…わたしはプロデューサーのことプロデューサーだと思ってません!!」

P「えぇ!?」

P(告白じゃなくて抗議だったー!!!勘違いしてた自分がはずかしー!!)

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:33:47.04 ID:WcknKBqX0
P「す、すまん…」

春香「…えっと…そう…ですよね…だってアイドルとプロデューサーですもんね…」ウルウル

春香(うぁ~どうしよ、泣いちゃいそう。でも泣いちゃだめだよ春香!)

P「えっと、今は無理に認めなくていいから…その…俺これから、春香に認められるようなプロデューサーになれるようにがんばるからさ!」

春香「ほぇっ?」

P「ん?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:39:40.77 ID:WcknKBqX0
春香「……あぁ!そういうことじゃなくてプロデューサー以上の感情を持っているってことです!///好きってことです!!//だから付き合ってください!///」

春香(あぁ言っちゃった!!言っちゃったよ!どうしよう!言って良かったんだけど!どうしよう!)

P「」

P(やっぱり告白だったー!!!)

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:43:06.04 ID:WcknKBqX0
P(俺は春香のことをどう思っているんだろう…アイドル?いや違うな…女の子?いや違うなそれ以上だ…)

P(いつも春香のことを目でおっていた。春香が笑顔になると俺も笑顔になる。春香のためにならなんでもしてやりたくなる。いつしか俺も春香をアイドルとは見ていなかったのかもな)

P「俺も春香のことを一人の女の子として…好きだ」

春香「!!?!?」

P「だが、俺らはやっぱりアイドルとプロデューサーだ。それは変えられない。でも…その…それを踏まえた上でも付き合っていいのなら俺と…付き合おう」

春香「はいっ!」グスッ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:47:26.15 ID:WcknKBqX0
P「ハハッ、なんで泣くんだよ」ギュッ

春香「プロデューサーさん大好きです//」ギュッ

P「あぁ」ナデナデ

春香「頭撫でてもらうの気持ちいいです//」

P「嫌になるまで毎日撫でてやる」ナデナデ

春香「嫌になんてなりませんよ」ギュッ

P「桜が…きれいだな…」

春香「また来ましょうね。今度は」

P「二人で…な」

――fin――

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする