【天海春香SS】P「先生!どうなんですか春香の容態は!?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:38:09.64 ID:m+FE3ffg0
医者「…」

P「先生!」

医者「君は…天海さんのプロデューサー、所謂仕事仲間だね」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って、長くはない…」

P「ッ!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:41:12.25 ID:m+FE3ffg0
医者「脳に異常があって、今は1日に一回転ぶ程度ですむけれど」

P「す、すむけれど…?」

医者「その内3秒に一度のペースで転ぶだろう…」

P「そ、そんな…」

医者「ですがまだ希望を捨ててはいけない。まだ治療法があるかもしれないからね」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:42:18.67 ID:m+FE3ffg0
P「そ、そうですか…」

医者「一緒に頑張っていこう」

P「はいっ!」

P「それと…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:44:51.26 ID:m+FE3ffg0
P「先生!どうなんですかあずささんの容態は!?」

医者「…」

P「先生!」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って長くはない…」

P「ッ!?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:47:33.16 ID:m+FE3ffg0
医者「若年性アルツハイマーです」

P「あ、アルツハイマー…?」

医者「今は歩いた道を忘れる程度で十分救いがないが」

医者「その内3歩歩いたら忘れるようになるだろう」

P「そ、そんな…」

医者「ぶっちゃけ希望を捨てた方が良いかもしれない。ありゃもう無理だ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:48:24.40 ID:m+FE3ffg0
P「そ、そうですか…」

医者「老人ホームかどっかにぶちこんだらどうよ」

P「はいっ!」

P「それと…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:49:18.23 ID:m+FE3ffg0
P「先生!どうなんですか響の容態は!?」

医者「…」

P「先生!」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って臭い…」

P「ッ!?」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:51:18.03 ID:m+FE3ffg0
医者「ワキガです」

P「わ、ワキガ…?」

医者「今は嗅いだら臭い程度でまだ許せますが」

医者「その内ノースリーブ来たら許せなくなります」

P「そ、そんな…」

医者「ファブリーズ処方しときますね」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:52:17.61 ID:m+FE3ffg0
P「ありがとうございます!」

医者「リセッシュも出しときますね」

P「はいっ!」

P「それと…」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:54:02.26 ID:m+FE3ffg0
P「先生!どうなんですかやよいの容態は!?」

医者「…」

P「先生!」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って遅れてるんじゃないですかってか俺の担当じゃねーよ…」

P「ッ!?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 01:55:27.16 ID:m+FE3ffg0
医者「他所当たってもらえますか?何なんですか?あの年にもなってうっう~って」

P「なんかすいません」

医者「いや、気にしてないよ」

P「それと」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 02:00:03.99 ID:m+FE3ffg0
医者「もう接続詞としてなしてないが、それと何です?」

P「先生!どうなんですか伊織の容態は!?」

医者「…」

P「先生!」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「はっきり言って手遅れというか生え際ヤバイです…」

P「ッ!?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 02:01:47.17 ID:m+FE3ffg0
医者「頭皮に異常があって、今は1日に一ミリ後退する程度ですむけれど」

P「す、すむけれど…?」

医者「その内3秒に一ミリのペースで後退するだろう…」

P「そ、そんな…」

医者「ですがまだ希望を捨ててはいけない。まだ治療法があるかもしれないからね」

医者「とりあえずスカルプディー出しときますけど、ガンになったらうちに来てくださいね」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 02:04:33.09 ID:m+FE3ffg0
P「それぼくが使ってもいいですか?」

医者「ええまあ」

P「先生も使った方がよくないすか?ワラ」

医者「剥げてねえよ」

P「それと」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 02:06:01.24 ID:m+FE3ffg0
P「先生!どうなんですか音無さんの容態は!?」

医者「…」

P「先生!」

医者「仕事仲間に言っていいのか解らないが、君には伝えた方が良いかもしれないね」

P「…」

医者「おめでたです」

P「は?(威圧)」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/04/06(土) 02:10:48.17 ID:m+FE3ffg0
医者「結婚願望が異常にあって前はモーションかけるだけだったみたいですけど」

P「けれど…?」

医者「こりゃ寝てる間にやられちゃいましたね」

P「そ、そんな…」

医者「ですがまだ希望を捨ててはいけない。まだ降ろせるからね」

P「命を粗末になんかできない、音無さん、いや、小鳥愛してる」

小鳥「Pさん…」

二人は幸せなキスをして終了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする