【南条光SS】南条光「アタシがウェディングドレス! ……そっ、それは本当か!?」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:09:19.33 :xTqA/Wrd0

モバP「ああ。スケジュールは調整したが、大丈夫だよな?」

光「見せてっ。……うん、大丈夫! どんな衣装だろうと、着こなしてみせるからね!」

モバP「良かった。しかしこの日だと、雨ふるだろうなぁ……」

光「アタシは雨好きだよ? 雨上がりの空って綺麗だし!」

モバP「わからん話じゃないな。当日までテンション管理は出来るな?」

光「モチ! アタシはいつだってトップギアだからな!」

モバP「なるほど。だから毎回ガス欠起こして、スタドリがぶ飲みで再起動してるのか」

光「うっ……。でも、ドリンクありきで仕事してるのは、Pも一緒だろ?」

モバP「ははっ、言えた。じゃあ、本日の連絡はここまで」

光「了解ッ! 午後の二時から営業だから、えっと」

モバP「xx駅の東口、モニュメントの前で落ち合おう」

光「じゃ、それまで特訓だから!」タッタッタ

モバP「歯ー磨けよー、顔洗えよー、宿題もスキマ時間で進めとけよ?」

光「アタシを誰だと思ってるんだ? ヒーローがそれを出来ないんじゃ格好つかないし、心配しなくていいって!」

モバP「ン……じゃ、こっちもこれで」

光「健闘を祈る! お互い最高のパフォーマンスをしよう!」バタン

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:16:39.27 :xTqA/Wrd0

レッスンルーム

ベテトレ「こじんまりと動くな、手足で身体を三倍大きく見せろ!」パンパンパパン

光(……それにしても、白無垢かぁ。フリル系の衣装って全然着たことないし、アタシにやれるのかな……?)タンタタンタンタンタタンタンッ♪

ベテトレ「背中にも眼を付けて、ステージの全域を使い切ることを意識しろ!」パンパンパンパンパン!

光(歌とダンスならなんとかなるけど、モデル経験少ないしなぁ。カワイイ系なんて初挑戦だし……いやそもそも、カワイイ系が求められてるのかな。大人な感じか? それとも、いつも通りに元気な感じか……)タンタンタタン!イヨーッ!

ベテトレ「南条! 誰が歌舞伎の見栄を切れと言った!」

光(大事なお仕事なんだし、下手な結果にはしたくない……いつも通り全力を出すにしたって、どう全力を出す? うぬぬぬぬぬぬ……)ハイーッ!

ベテトレ「おい、南条!」

光「あっはい! 今出ました!」

ベテトレ「蕎麦屋か! ふざけているわけじゃなければ、振り付けに集中しろ!」

光「えっ? ……いえ、はい!」タンタンタタタン♪

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:25:58.99 :xTqA/Wrd0

………………
…………
……

数時間後

女子寮:共同浴室

カポーン……

光「ミスしすぎた……営業、失礼だって思われてないといいなぁ……」ブクブク

光「っていうか、結婚か……全然イメージ出来ない……」

光「…………」

ジャブン! ゴボボボボボボボボボボボ……

ザバァンッ

光「っだぁー! 考えるのやめたっ! 現場で合わせる! 結婚もその時考える!」バシャバシャガララッ

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:40:32.65 :xTqA/Wrd0

………………
…………
……

女子寮:ひかルーム

光(……とは言ったものの、実際結婚ってなんなんだろ。今度父さんと母さんに聞いてみようかな)モゾモゾ

光(結婚したら、同じ家で過ごすよね。あ、でも、最近は夫婦別居って言うのもあるんだっけ)ゴロゴロ

光(生活環境が一緒だと、特撮も自重しなきゃなのかなぁ……趣味に理解がある人、がいいのかな)

光(主題歌ゲットして、そのまま歌手路線にいくとしたら、家にいられる時間も少ないよね。ってことは、育児を一緒にやれる人がいいし、仕事にも理解がある人か)グルングルン

光(あ、でも、仕事が軌道に乗ればお手伝いさんを雇う手が……待って。アタシ、育児のことを考えた?)ズンボガンボ

光(育児ってことは、出産だってするんだよね。死ぬほど痛いぞって母さんは言ってたけど、そんなことをするのか……)

光(……あ、そっか。それを我慢出来るくらい、母さんは父さんのことが好きだったんだ。でも、そんなに好きになれる人って、いるものなのかな……)

光(どういう人がいいんだろ。優しい人? 大事にしてくれる人? アタシが大事にしたいって思った人? うんんん……)

光(そもそも、アタシを気に入ってくれる人がいるのかな。背低いし、料理とかチョコをちょいちょい作れる程度だし……)

光「……眠れない」

光「……あーもー! 寝る前にもうひとっ走りだ!」スック

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:52:03.44 :xTqA/Wrd0

………………
…………
……

撮影当日

教会:大聖堂

シトシトシトシト……

カメラマン「うーん、この雨じゃ野外撮影は厳しそうですね」

モバP「室内撮影を先に済ませたいのですが、大丈夫ですか」

カメラマン「はい。南条さんはスタンバイしてます?」

モバP「メイクさんから、さっきOKが出ました。もう来ます」

カメラマン「それにしたって、でかいですよねぇ、ここ」

モバP「庭もありますからね。庭の花、咲き具合がいい塩梅なんだけどな……」

カメラマン「出来たらカラッカラに晴れてる日に撮りたかったですねー」

タッタッタ

光「ただいま到着しました! えっと、変なところは無いよな。花冠ズレてたりとか、アクセサリの付け忘れとか

モバP「指さし確認しよう。……よし、問題ない」

光「良かった。……ここで言うのもなんだけどさ、ホントに変じゃないよな?」

モバP「似合ってるから問題ない」

光「ホントにホント?」

モバP「ホントにホント。カメラさん、よろしいですね」

カメラマン「もちろんです。南条さん、こちらに」

光「はいっ!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 16:58:52.50 :xTqA/Wrd0

パシャパシャパシャパシャ!パシャパシャパシャパシャ!

モバP「湿気がひどいな……ジメジメしている」

カメラマン「南条さん、もっと大胆にしてください」パシャパシャパシャ

光「大胆?」

カメラマン「こう、見る人を挑発する感じで」パシャパシャ

光「わかった! ……こうかっ!」シュッシュッ

カメラマン「うーん、そうじゃなくてこう、セクシ-でも問題ないというか……そのまま両腕を挙げてください」

光「任せてっ。とりゃあ!」エイドリアーン!

カメラマン「……じゃあ、そのまま溌剌とお願いします」パシャパシャパシャパシャ

光「うー……はい!」

カメラマン「プロデューサーさん、これでどうでしょうか」スッ

モバP「固いですね。企画的にはこれでダメって訳じゃないですけど……いったん休憩とらせましょうか」

カメラマン「そうですね。南条さーん! お疲れさまでーす!」

光「はいっ! ……はぁ……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 17:12:10.98 :xTqA/Wrd0

教会:控え室

光「うーん、難しいなぁ……」

モバP「笑顔が固くなりすぎだったし、次はひだまりのように頼む。あまり動かないでくれ」スッ

光「あ、待って。汗くらい自分でふくから大丈夫だよ」バサッ

モバP「光の拭き方は雑なんだ。ゴシゴシ拭くと肌痛めるでしょうが」

光「それもそうだけど……あ、叩くみたいに拭けばいいってことか?」ポンポン

モバP「それならまぁ。制汗材切らしてたら、あそこのトランクにあるから使ってくれ。オレンジとミントがあるから」

光「準備いいなぁ。サンキュッ!」ガサガサブシャー

モバP「こっちはカメラさんと話してるから、必要なものがあったら電話してくれ」スタスタ

光「心配しすぎだって。でも、ありがと!」

モバP「どういたしまして。養生してくれ」

バタン

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 17:50:03.99 :xTqA/Wrd0

光「まったく、Pは心配性だなぁ。デオドラントなんて一種類で十分なのに」ガサゴソ

光「うわ、医療セットに非常食に、色々入ってる。Pはアタシよりアタシを心配してるんだ……」

光「……仕事に理解があって、趣味に理解があって、大事にしてくれる人、かぁ」

光「……それってもしかして……」

チカッ

光「うおっ、まぶしっ。……あれ、眩しい?」

光「眩しいのが窓の方からってことは……やっぱり!」タッタッタッ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 18:08:03.74 :xTqA/Wrd0

教会:大聖堂

カメラマン「……ですから、今回はこの写真でですね」

モバP「それはわかります、けど、うちの光はもっとやれるはずなんです」

カメラマン「私だってそう思います。でも、人には波ってものがあるし、こっちもスケジュール押してるんです」

モバP「うむぅ……」

バタン!

光「P! カメラさん! ちょっとでいいから、外を見にいかないか!」

モバP「外って? ……おお!」

カメラマン「晴れてますね……! しかも虹まである!」

光「あれを撮影したら、いい画になると思うんだ。だから、機材の移動も含めて手伝って欲しいんだ! 頼めるか?」

モバP「機材はカメラさんの持ち物だから、カメラさんがOK出してくれれば」

カメラマン「勿論OKです。また天気が崩れるかもしれませんし、すぐに始めましょう」イソイソ

モバP(カメラさんもノッてる。これは期待出来そうだ)

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/01(水) 18:14:43.49 :xTqA/Wrd0

モバP「じゃあ、光は先に庭園に向かってくれ。トランクの中に折り畳み傘があるから、一応それも持ってくこと!」

光「うん! ただ、Pも一緒に来て欲しい!」

モバP「別にいいが、どうしてだ?」

光「別にいいなら、聞かないでくれ! 急ごう、青空が手招きしてる!」ダッ!

モバP「あっこら! 花嫁衣装で走るな、転ぶぞ!?」

光「心配してくれてありがと! でも、絶対に大丈夫だ!」

光(結婚するとかどうとか、やっぱり全くイメージにならない)

光(でも、一緒にいて欲しい人がどんな人なのか……そのヒントが、見つかったかもしれない!)

光「さぁ行くぞ! 今日も正義の心で、どんな道だって走り抜けるんだーっ!」

モバP「ああこら! 急ぎ過ぎると足元をすくわれるぞ!?」

光(付いてきてくれて……P! 本当に、本当にありがとう。アタシはそれに応えるから!)

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする