【北条加蓮SS】李衣菜「カリカリ」加蓮「モフモフ」 


1 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:11:28.41 :Esz2WMolO

―――事務所

泰葉「~~♪」カリカリ

李衣菜「カリカリ……」

泰葉「んむんむ……♪」モフモフ

加蓮「モフモフ……」

泰葉「……はぁ~……♪」

李衣菜「カリカリ…」

加蓮「モフモフ…」

P「……泰葉が幸せそうにメロンパンを頬張ってる横でふたりが呪文を唱えてるこの状況はなんでしょう?」

ちひろ「泰葉ちゃん、昨日は夜通しでメロンパンの魅力について語ったそうで……」

P「あぁ……」

2 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:13:02.96 :Esz2WMolO

李衣菜「カリカリ…」

加蓮「モフモフ…」

P「泰葉、ちょっとこっち来なさい」

泰葉「はむっ……んむ?」トテトテ

泰葉「……。…………」モキュモキュ

P「食べるのもやめなさい」

3 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:18:17.13 :Esz2WMolO

泰葉「すみません、メロンパンの美味しいが止まらなくて」

P「そうだな、美味しいは止まらないな。その衝動のせいでふたりはああなったみたいだけど」

李衣菜「ソトハサクッ…」

加蓮「ナカハフンワリ…」

P「見ろ、あの目。死んだ魚の方がまだ生き生きとしてるぞ」

泰葉「いい……笑顔ですね」

P「笑ってない笑ってない」

4 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:20:44.85 :Esz2WMolO

ちひろ「李衣菜ちゃん加蓮ちゃん、大丈夫? 眠れてないなら横に……」

李衣菜「……あっ。ちひろさん」

加蓮「大丈夫だよ。私たちは……」

李衣菜「新たな境地へ至ったんです」

ちひろ「へ?」

李衣菜「外はサクッと」

加蓮「メロンパン」

李衣菜「中はふんわり」

加蓮「メロンパン」

李衣菜「世界を救う」

加蓮「メロンパン」

李衣菜「一家に一台」

加蓮「メロンパン」

李衣菜「あなたと私と」

加蓮「メロンパン」

李衣菜「心にメロンパン」

加蓮「煌めきのメロンパン」

李衣菜「メロンパンいえーい……」

加蓮「いえーい……」

ちひろ「」

泰葉「素晴らしい……!」パチパチ

P「今すぐふたりを元に戻してくれ」

5 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:22:45.27 :Esz2WMolO

泰葉「そんなっ。メロンパンの魅力に迫るにはまだまだ時間が足りないっていうのに……!」

P「オールで語っておいてなにを……」

泰葉「たった一夜で語れるほど、メロンパン道は甘くないですよ」

泰葉「メロンパンは甘いんですけどね、ふふっ」

P「上手いこと言ったつもりか」

泰葉「そうですね、メロンパンは美味いです」

P「あぁもう」

6 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:25:04.21 :Esz2WMolO

泰葉「あそこまでふたりにメロンパンについて語ったのも、ふたりに才能があったからなんです」

P「才能とは」

泰葉「はい。まず、李衣菜も加蓮も私の良き理解者です」

P「うん」

泰葉「私の好みも分かってくれています。当然好きな食べ物も」

P「そうだな」

泰葉「ですので」

P「ので?」

泰葉「やっちゃいました」テヘ

P「才能関係ないじゃないか」

7 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:26:45.57 :Esz2WMolO

泰葉「でも、そもそもふたりが悪いんですよ?」

泰葉「メロン果汁入りやら、生クリーム入りやら……あろうことかバナナ入りまで買ってきて」

泰葉「メロンパンはシンプルな物が一番なのに。ですから少しだけ勉強の時間を設けたんです」

P「お、おうそうか……。というか、メロンパンのなにが泰葉をそこまで駆り立てるんだ」

泰葉「Pさんのおかげです。Pさんがあのホワイトデーの日、私のためにメロンパンをプレゼントしてくれたから……」テレッ

P「それじゃ俺のせいじゃん……ごめん李衣菜、加蓮……」

8 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:28:38.15 :Esz2WMolO

李衣菜「申し訳ありませんでした……!」

加蓮「私たち下々の者が、行き過ぎた真似を……!」

泰葉「ふふ、いいの。メロンパンはすべてを許してくれるから……」

「「あぁ、泰葉……!」」

P「……メンタルケアが必要でしょうか」

ちひろ「あ、ある種のおふざけだと思えば……」

泰葉「おふざけ? メロンパンは遊びではありませんよ、ちひろさん」ズイ

ちひろ「あっ」

P(死んだな)

9 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:30:24.47 :Esz2WMolO

泰葉「ちょっと向こうでお話しましょう、ちひろさん。ね?」

ちひろ「あ、あぁっ! たっ助けてプロデューサーさぁーん!!」

泰葉「さぁさぁ、レッツメロンパン」ズルズル…

ちひろ「いやぁぁぁああああああ――――!!」

がちゃ ばたん……

P「お達者で~」

10 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:32:19.11 :Esz2WMolO

P「――さて」

李衣菜「…メロン…」

加蓮「…パン…」

P「ちひろさんが犠牲になってくれたぞ。そろそろ元に戻れー」ポフポフ

加蓮「『かれん』の『ん』はメロンパンの『ん』……」

P「なんだそれは」

加蓮「私たちは実質メロンパンなんだって……」

P「……意味が分からん……」

加蓮「私も分かんないよ……うぅ、死ぬかと思った……」

李衣菜「『りいな』の『な』はメロンパンナちゃんの『な』、だそうですよ……」

P「変化球すぎる」

11 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:34:02.76 :Esz2WMolO

李衣菜「やー……もう迂闊にメロンパンの話題振れないね」

加蓮「どころかコンビニで見かけるだけで思い出しそう……」

李衣菜「ああ、パンコーナー行けなくなる……」

加蓮「……やめやめ、なんかトラウマになっちゃったら泰葉に失礼だし」

李衣菜「あはは……そだね。好きなものに嫌な顔されたら私だってやだもん」

加蓮「もっとポジティブに考えよっか。ポテトは世界を救う、なんて。ふふっ♪」

李衣菜「じゃあロックも世界を救う! ……救うより壊した方がロックかな?」

加蓮「知らないよそんなの~」ケラケラ

P(……調子戻ったか。良かっ――)

李衣菜「……メロンパンisロック……」

加蓮「……フライドメロンパン……」

P「ダメだわ」

13 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:36:41.25 :Esz2WMolO

李衣菜「Pさん、ロックは死にますけどメロンパンは死にませんよ」

加蓮「お見舞いはメロンパンがベストだよPさん。プリンなんていまどき流行んないよ」

P「ハイライトが……結局トラウマになってる」

李衣菜「メロンパンアイドルとして頑張ろうね……」

加蓮「うん……泰葉と一緒にトップメロンパンになろうね……」

P「一週間は引きずるなぁ、これ……」

15 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:39:24.39 :Esz2WMolO

がちゃっ

泰葉「ふう……良い仕事をしました」

ちひろ「プロデューサーさん! 灼眼のシャナはメロンパンのバイブルですよ、バイブル!」

P「おかえりなさいちひろさん、洗脳されるの早いですね」

泰葉「事務所に全巻置いていいですか、Pさん?」

P「いいけど……まぁ程々にしてくれ」

泰葉「はいっ。ふふっ、楽しい♪」

P「あはは……そっか。それはなによりだ」

16 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:41:18.39 :Esz2WMolO

李衣菜「ようこそちひろさん」

加蓮「めくるめくメロンパンワールドへ」

ちひろ「ありがとうございます、私も目が覚めたわ……!」

P「……ここもじきメロンパンに沈む」コソコソ…

泰葉「――次はPさんの番ですよ。ふふふっ」ガシッ

P「ひっ。お、お手柔らかに……」

泰葉(大好きになったものは、大好きな人たちにも知ってほしいから……♪)

おわり

17 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:42:53.47 :Esz2WMolO

というお話だったのさ
泰葉の誕生メロンパンにはもう少し真面目なメロンパンをメロンパンするのでメロンパン

個人的にホワイトデーにもらったメロンパンがきっかけで好きになった説を推したい

18 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/06/03(金) 22:45:09.10 :Esz2WMolO

昼間に某氏のメロンパン崎さんSS読んで、さらにニコマスにも動画上がってたので
流れ的にここだ!と思ったので誕生日にとっておいたメロンパンネタを繰り上げでぶん投げたマン

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】李衣菜「カリカリ」加蓮「モフモフ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464959488/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする