【北条加蓮SS】加蓮「あんずとうさみんとぐだぐだなはなしを」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:05:24.48 ID:DzbeQw3M0

ガチャ

加蓮「おはようございまーす」

杏「ぐぅ」

加蓮「……」

加蓮 にやっ

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:13:44.93 ID:DzbeQw3M0

杏「う……ううう」

加蓮「♪」

菜々「……何してるんですか?」

加蓮「今ね、杏で遊んでる」

菜々「杏ちゃんの胸に乗ってるのは」

加蓮「マックで買ってきたポテトー。胸の上に何か乗ってるとうなされるって聞いて」

杏「うー……」

菜々「悪魔ですか」

加蓮「小悪魔だよ」にこっ

杏「ん……ふ……なな、ちゃ……や…………ぁ」

加蓮「……」

菜々「」

加蓮「……菜々ちゃん?」

菜々「えっちょ、あ、え?な、何もしてないですよ?!」

加蓮「パソコン壊した人みたいな言い訳しだした」

菜々「言い訳とかじゃっ……!」

杏「んぁ?……なにもー……せっかくねてたのにー」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:19:05.48 ID:DzbeQw3M0

菜々「あっ!杏ちゃん!おはようございます!」

加蓮「おはよー」

杏「おはよ……何これ」

加蓮「あっそれ私のポテト」

杏「何してんの」

加蓮「温かかったでしょ」

杏「重かったよ」

菜々「杏ちゃんうなされてましたよ」

杏「そりゃそうだよ寝苦しかったもん」

加蓮「うなされてってゆーかなんか喘「あああああああ!」

杏「なんだなんだ」

菜々「あっ、う、なんでもないですよ?あ、そうだ!喉乾いてませんか?飲み物持ってきますね!」パタパタ

杏「あ、うん」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:29:15.38 ID:DzbeQw3M0

加蓮「……でさ、どんな夢見てたの?」

杏「ん、んー……んー?」

加蓮「んー?」

杏「あんま覚えてないや。でも悪くなかった気がする」

加蓮「うん、なんかー……気持ちよさそうだったよ」

杏「睡眠はいいね。リリンの産んだ文化の極みだよ」

加蓮「人間以外も寝ると思うよ」

杏「ウサミン星人だって寝るしそりゃそうだ」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:36:23.13 ID:DzbeQw3M0

菜々「はーい紅茶ですよー」カチャ

加蓮「わーい」

杏「ありがとー」

加蓮「で杏さっき菜々ちゃん呼びながら喘いでたけどなんだったの」

菜々「あっあっ」

杏「なにそれ知らない」

加蓮「そりゃ寝てたからねー」

菜々「ううー……うー」

杏「なんで菜々ちゃん呼んでたんだろ」

加蓮「もしかして遊びに行った時とか菜々ちゃんが寝てる杏をいいように」

杏「なにそれこわい」

菜々「ちょっ、そんなことしてませんよ!」

杏「わかってるって」

加蓮「言葉にしなくてもどうのこうの」

杏「それ好きだね」

加蓮「なんか素敵じゃない?」

菜々「ほんとにしてないんですー……信じてくださいー杏ちゃんー……」

杏「流石になんかされてたら杏も起きてるはずだしね」

菜々「あんずちゃんー……!」

加蓮「流石になんかしてたら通報するつもりだった」

菜々「かれんちゃんー……」

8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:43:31.81 ID:DzbeQw3M0

加蓮「えーい、ほんとに何にもしてないのかー!吐けー!」

菜々「うう……起きたら杏ちゃんにくっついてる事があります……」

加蓮「お?」

杏「あっ」

菜々「でもえっちなのじゃないんですよぉ……寝ぼけてるだけなんですよぉ……」

杏「あー……」

加蓮「また死ぬほど面倒くさそうな顔だ」

杏「また死ぬほど楽しそうな顔だ」

加蓮「わかる?」

杏「わかるわ」

菜々「ほんとなんですよー……杏ちゃん丁度よくて……」

加蓮「でもなんか杏が収まりいいのわかる気がする」

菜々「そうなんですよー!なんだか落ち着くんでよく寝れるんですよー」

杏「1/1杏抱き枕とか売ったら儲からないかな」

加蓮「多分よろしくない使い方されるからやめたほうがいいと思うなー」

杏「確かに。さもありなん」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 21:53:11.02 ID:DzbeQw3M0

加蓮「菜々ちゃんが若い子連れ込んでいかがわしいことしてることもわかったしポテトでも食べよー」

杏「若い子て」

菜々「してないって言ってるじゃないですかー!」

加蓮「あはは、ごめんごめん。よかったらポテト食べて?」

菜々「もー……て、わぁ、すごい量」

杏「なんでこんなに買っちゃったの」

加蓮「いやー、なんかついつい買い過ぎちゃうんだよねー」

菜々「また奈緒ちゃんに怒られちゃいますよ」

杏「もしかして奈緒に怒られたいの?」

加蓮「あは、そうかも。真面目な顔で怒られるとなんか嬉しくなっちゃうんだよね」

杏「めんどくさい娘だ」

菜々「青春ですねぇ」

加蓮「菜々ちゃんも青春真っ只中のはずなんだけどなー」

菜々「うさみんせいにはせいしゅんなんてないんですよ……」

加蓮「遠い目でどこを見てるの」

杏「ウサミン星は平和の星なんじゃないの」

菜々「ハッ そうです!ウサミン星では生まれ落ちてから死に絶えるまで青春なんですよ!」

加蓮「なんで言葉のチョイスが禍々しいの」

杏「一体青春に何の恨みがあるというのか」

10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 22:00:35.45 ID:DzbeQw3M0

菜々「ポテトってたまに食べるとおいしいですよね」モスモス

杏「たまにならね。でもなんか最近ポテトすごい食べた気がする」モスモス

加蓮「ほんと?気が合うじゃん」モスモス

杏「気が合うのは未央ちゃんとだと思う。ふざけてすごいポテト頼んでた」

菜々「食べ物で遊んじゃ駄目ですよ」

杏「大丈夫全部未央ちゃんに押しこんだから」

加蓮「押しこんだって」

菜々「し、死んじゃいませんか……?」

杏「夢に出てくるってちょっと泣いてた」

菜々「未央ちゃん……ホロリ」

加蓮「やめてあげなよー打たれ弱いんだから」

杏「正直すまないと思っている。ポテトに強い加蓮呼ぶかって話も出たんだけど」

加蓮「ポテト処理班みたいな扱いは納得いかないなぁ」

杏「主食にしてるんだと思ってた」

加蓮「何その独特の生き物。個性を勘違いしてない?」

菜々「生きづらそうですねー」

杏「ウサミン星にはいっぱいいるよ」

菜々「いませんよ!いーまーせーんーよー!」

加蓮「そっか、ウサミン星人の主食はジャガイモだったんだね」

菜々「違いますよー!脚気になっちゃいますよー!」

杏「はいあーん」

菜々「あむ……まぁ食べますけど……ポテト……」モスモス

11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 22:09:25.61 ID:DzbeQw3M0

杏「そういえば加蓮その時奈緒と出かけてたんだっけ」

加蓮「あー、その時かー。そうそう奈緒と遊んだんだよねー」

菜々「お出かけですかーいいですねー!」

加蓮「奈緒を着せ替え人形にしてさ、すっごい楽しかったんだから」

杏「それは奈緒で遊んだのでは」

加蓮「そうともいうね」

杏「悪いやつだなぁ」

菜々「でもでーとじゃないですかー!いいなぁ……」

加蓮「奈緒にもうあざといぐらいふりっふりの服着せたらもう可愛くってさー♪」

杏「惚気ならお金とるよ」

加蓮「報告だよーほらーみてみて?一番可愛かったのがこれ」

菜々「わぁ……なんか良いとこのお嬢さんって感じですね」

杏「何かを殺せそうな服だね」

菜々「杏ちゃん???」

杏「何とは言ってないよ」

加蓮「そしたらさこういう可愛いのは加蓮のほうが似合うとか言い出してさーなにー私が可愛いってことー?って聞いたらさー加蓮は可愛いだろってさー!もー!」

杏「やっぱり惚気じゃないか有料サービスだよ」

菜々「急に乙女の顔になりましたね……さっきまで悪魔みたいな顔してたのに」

加蓮「小悪魔だよ」にこっ

杏「聖ちゃんとかクラリスさんに退治してもらおう」

菜々「盛り塩しましょうか」

加蓮「酷くない?」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 22:18:05.09 ID:DzbeQw3M0

菜々「なんだかんだ奈緒ちゃん付き合いいいですよね」

杏「本人いわく優しさの権化らしいから」

加蓮「優しさの権化って何?」

杏「わかんない。バファリンの2倍ぐらい優しいらしい」

菜々「それもう奈緒ちゃんじゃなくて優しさじゃないです?」

杏「バファリンも奈緒から出来てるね」

加蓮「奈緒はさー、お願いしたら文句言いながら結局やってくれるんだよね」

菜々(お願いしなくてもいろいろ用意してますしね)ヒソヒソ

杏(タオルとかブランケットとかいろいろ用意してるらしい。仁奈が言ってた)ヒソヒソ

加蓮「え、何?」

菜々「愛されてますねーって」

加蓮「そっかなー?愛されてるかなー♪」

杏「死ぬほど幸せそうだなぁ」

加蓮「ほんとにねー。幸せすぎていいのかなぁって時々思うよ。もしかしてもう死んじゃってて天国にいるのかなぁ、なーんて」

杏「重いよ」

加蓮「女の子にそれはひどくない?」

杏「そういうことじゃないよ」

加蓮「そーお?」

杏「まぁ、重いぐらいでいいんじゃないの。どっか飛んでいきそうよりは」

加蓮「そうかな……そうかもね、そうかも」

杏「菜々ちゃんなんか吹けば飛ぶぐらい腰が弱いよ」

菜々「え゙っ?!なんでそこでナナなんですか?」

杏「わはは」

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 22:48:08.73 ID:DzbeQw3M0

菜々「うー……確かにたまに痛めちゃったりしますけど……」

杏「もう……歳だね……」

菜々「同い年でしょー!おーなーいーどーしー!」

杏「杏は三十路だった……?」

菜々「なんでですか!17歳でしょー!」

加蓮「お酒飲み過ぎると腰に悪いらしいよ」

菜々「飲めません!飲めませんー!」

加蓮「あはは」

杏「わはは」

菜々「もー!またばかにしてー!」

杏「実際菜々ちゃんは無茶し過ぎなんだよ。ライブの次の日毎回動けないでしょ」

菜々「そうですけど……皆が盛り上がってくれると楽しくなっちゃって、つい」

杏「わかってるってば。でももうちょっと優しくしたげないとそのうち身体がスト起こするよ」

菜々「うー……気をつけます……」

加蓮「言葉にしなくてもどうのこうの」

杏「ほんと好きだね」

加蓮「素敵じゃない?バカにしてるように見えて心配してるみたいなー」

杏「はいはいお黙り」ポイ

加蓮「あむ」コロン

杏「ついでに菜々ちゃんあーん」

菜々「あーん」コロン

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 22:56:28.04 ID:DzbeQw3M0

加蓮「あれ?これこの前と同じ飴じゃん」カリカリ

菜々「李衣菜ちゃんから貰ったって言ってた飴ですね」コロコロ

加蓮「まだそんなに余ってるの?」ガリガリ

杏「余ってるよ。正確に言うと無くなりかけてたのに次が来たらしい」コロコロ

菜々「また買っちゃったんですか?!」コロコロ

杏「定期便になってたらしい」コロコロ

加蓮「ドジっ娘だなぁ」

杏「時々狙ってないのに面白いからずるい」コロコロ

菜々「というか、加蓮ちゃんやっぱり飴食べるの速くないですか?」コロコロ

杏「ほい」ポイ

加蓮「あむ、そんなに速いかなぁ?」カリカリ

菜々「身体に悪そうなぐらい速いと思いますけど」

杏「ほい」ポイ

加蓮「んむ、それでも今は元気だし体にいいのかもよ?」ガリガリ

杏「ほい」ポイ

加蓮「んむ、ちょっと流石に鼻までミントが上がってきて辛いんだけど」バリバリ

菜々「流石に速すぎませんか?」

杏「ポテト処理班兼任の飴処理機か……」

加蓮「ついに機械になっちゃった」ゴリゴリ

菜々「アンドロメダ星雲で機械の体をもらったんですかねぇ」

杏「結局ネジになっちゃうんじゃないの」

加蓮「?」

杏「ほらやっぱり伝わんないんだって。ジェネレーションギャップだよ」

菜々「あ、杏ちゃんには伝わってるから個人差ですよ個人差!」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:04:22.30 ID:DzbeQw3M0

菜々「そういえば最近へんな夢見て起きちゃったりするんですよね」

加蓮「実家のお母さんに囲まれて説教される夢とか」

杏「子どもの頃の自分にじっと見られる夢だよ」

菜々「違いますー!なんでそんなに絶妙にリアルで嫌な夢なんですか!」

杏「わはは」

加蓮「あはは、それで?どんな夢なの?」

菜々「えっと、うちのビルの屋上で空を見てるんですけど」

杏「うん」

菜々「気持ちの良い風が吹いてて……なんだか飛べそうって思って踏み出したら、そのまま落ちちゃうんですよね」

加蓮「それじゃただの飛び降りになっちゃうよー」

杏「……あー」

菜々「そうなんですよー!それで地面にぶつかるって瞬間にビクッって起きちゃうんです」

加蓮「次からはUFOで飛びなよー。せっかく宇宙ライセンス持ってるんだからー」

菜々「選べるんならナナだってそうしたいですよー……」

加蓮「あはは、そりゃそうだよねー」

菜々「心臓バクバク汗ぐっしょりで飛び起きてはぁはぁしてるんですよー?もー……杏ちゃん?」

杏「ん、ぁえ?」

加蓮「どうしたの気の抜けた声出して」

杏「あー……ウサミン星では飛び降りが流行りなのかぁと思って」

菜々「流行ってませんよぉ!」

加蓮「闇深すぎるねウサミン星」

菜々「そんなことありませんー!皆幸せに暮らしてるんですー!」

16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:13:03.05 ID:DzbeQw3M0

加蓮「あーでも私も変な夢たまに見るなぁ」

菜々「あら、どんなですか?」

加蓮「んー、おっきなクジラになって海を泳いだり、おっきな馬になって草原を走ったり?」

菜々「なんか気持ちよさそうじゃないですか!」

加蓮「爽快だよー?すっごい伸び伸び泳いだり走ったりできるしねー」

菜々「ナナは結局落ちちゃいますからねー……いいなー」

加蓮「まぁ私泳げないんだけどねー実は。菜々ちゃん泳げる?」

菜々「一応泳げますよー?自慢できるほどじゃないですけど」

杏「じゃあ水着の仕事も」

菜々「あっウサミン星と重力違うんで地球では泳げないです。水着も無理です。はい」

杏「速いな」

加蓮「杏は?泳げる?」

杏「浮ける」

加蓮「なにそれうけるー」

杏「タダタダタダヨウガニが心の師だよ」

加蓮「なにそれ李衣菜の親戚?」

菜々「それ浜に打ち上げられちゃったりするカニさんですよね」

杏「なんか杏っぽくない?」

加蓮「アスファルトの上で干からびてそう」

杏「水かけたら戻るよ」

菜々「インスタント杏ちゃんですね」

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:20:24.92 ID:DzbeQw3M0

加蓮「杏は夢とか見ないの?」

杏「週休8日だよ」

菜々「そういう夢じゃないと思いますけど……」

加蓮「週の100%以上を休もうとするその根性はすごいと思う」

杏「ウサミン星なら可能だよ」

菜々「あっう、あ、そうですよー。ウサミン星では素敵なおやすみライフがおくれるんですよー」

杏「じゃあ菜々ちゃんのヒモになろ」

加蓮「ヒモて」

菜々「えっ?!やですよー!杏ちゃん一緒にステージ上がりましょうよー!」

杏「ヒモとなることで魂のステージが1つ上がったんだよ」

加蓮「超ヒモ理論だ」

杏「唐突にアカデミックな響きになったなぁ」

加蓮「てゆーか仮に魂のステージは上がってたとしても徳はかなり下がってると思うな」

杏「それは問題だー、ガチャを回して徳を貯めよう」

菜々「なんでマニ車みたいな扱いなんですか?」

杏「ウサミン星では奴隷にマニ車を回させてるからね、真似しようと思って」

菜々「そんなこと無いですー!皆幸せに暮らしてるんですー!」

加蓮「果たしてウサミン星における幸せって何なんだろう」

菜々「て、哲学ですねぇ」

杏「そもそもウサミン星とは実在しているのか幸せとは我々の脳が創りだした幻ではないのかうんぬんかんぬん」

菜々「杏ちゃんには一体何が見えているんですか」

杏「菜々ちゃん」

加蓮「何だかんだで菜々ちゃんを見てる杏なのでした。完」

18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:27:50.26 ID:DzbeQw3M0

杏「いやなんかさ、見てないとすごい面白いとこ見逃しそうじゃない?」

加蓮「確かにねー、目をそらした隙に月まで吹っ飛んでそう」

菜々「えっなんですかそれ?どういうことですか?!」

杏「菜々ちゃんはナチュラルボーンおもしろ生物だからね。見てて飽きないよ」

菜々「なんですかーもー……褒められてるんだかイジられてるんだか分かんないですよぅ」

加蓮「愛されてるんだよ」

菜々「!ほんとですかー?!えへへもー杏ちゃんったらー♪」

杏「愛すべき天然だよ」

菜々「えっ」

加蓮「ウサミン星人は養殖物ではなかったかー」

杏「天然記念物だよ。イリオモテヤマネコと同列」

菜々「珍獣扱いはやめてくださいよー!もーばかにしてー!」

加蓮「絶滅しないように大切にしなきゃね」

杏「自然に優しい生活をおくろう」

菜々「ナナの心にも優しくしてくださいよー……ちゃんと構ってくれないと死んじゃうんですよー……」

加蓮「駄目だよ杏、お母さんには優しくしなきゃ」

菜々「なんでナナがお母さんなんですかー!」

杏「そうだった。ごめんなさいお母さん」

菜々「もー!杏ちゃんまでー!もー!」

加蓮「あはは」

杏「わはは」

19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:36:30.95 ID:DzbeQw3M0

加蓮「てゆーかポテト食べちゃわないとー、奈緒にまた怒られちゃうー」モスモス

杏「奈緒の目につくようにわざと残してるのかと思った」

菜々「もったいないお化けがでちゃいますよ」

杏「完全にママだ」

加蓮「ちょっとおばあちゃん入ってる」

菜々「17歳なんですけど!17歳!なんですけど!」

加蓮「17歳のママかー……」

杏「1歳で加蓮を産んだのか……さすがウサミン星人……」

菜々「なっ、だ……ちょ、うぇえ?」

杏「星の言葉が出てるよポテトでも食べて落ち着いて」アーン

菜々「うー……ううう」モスモス

杏「なんだか分からないがなんとも言えない顔をしている」

加蓮「まぁ冷めちゃうと勿体無いしねー。冷めたポテト食べるとこう……虚無感とか虚しさとか、あと虚ろな感じとか襲ってくるし?」

杏「大体全部同じようなものなんだよなぁ」

菜々「でもなんかわかりますー……オーディションに落ちて落ちて落ちて食べた冷食のような……うう」

加蓮「菜々ちゃん、それ以上いけない」

杏「忘れろ忘れろ」サスサス

菜々「うう……」

加蓮「なんかつわりみたい」

菜々「え゙っ」

杏「アイドルから出ちゃいけない声出たよ今」

20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:43:20.53 ID:DzbeQw3M0

ガチャ

奈緒「おーっす」

加蓮「あー、奈緒ー♪」

菜々「奈緒ちゃんおつかれさまですー」

杏「おっすおっすー」

奈緒「おつかれー……あー!加蓮!またこんなにポテト食べてる!」

加蓮「てへ、バレちゃった」

奈緒「食べるのはいいけどもうちょっと量をさぁ……」

加蓮「はーい。ごめんなさいおねーちゃん」

奈緒「おね、な、はぁ?!」

菜々「いいじゃないですかおねーちゃん」

杏「優しくしてあげなよおねーちゃん」

奈緒「何なんだよ菜々ちゃんも杏もー!」

加蓮「まぁまぁ、ポテトどーうぞ」ヒョイヒョイヒョイ

奈緒「あーむぐ、んががあがんぶっ」

杏「未央に続いて奈緒までポテトを押しこまれてしまった」

菜々「流行ってるんですか……?」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:51:18.90 ID:DzbeQw3M0

奈緒「死んじゃうだろー!ばか!」

加蓮「おねーちゃんが喜んでくれるかなって思ったのに……うるうる」

杏「泣かしたーお母さんに言ってやろー……奈緒が加蓮泣かしてたー」

菜々「だからなんでナナに言うんですか?!ねぇ!」

奈緒「ああもうめちゃくちゃだよ」

加蓮「あはは……じゃ、そろそろ帰ろっか」

奈緒「そっか、もうこんな時間か」

菜々「日が落ちるのも段々遅くなってきましたねー」

奈緒「じゃ明るいうちに帰っとこ。菜々ちゃんも杏もまた明日なー」

加蓮「ばいばーい」

杏「じゃーねー」フリフリ

菜々「おつかれさまでしたー」フリフリ

バタン サ、オイモサンタベニイコッカ エッマダポテトタベルノカ

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/28(土) 23:57:45.90 ID:DzbeQw3M0

杏「……菜々ちゃんこの後暇?」

菜々「え?そうですねー、特に予定はありませんね」

杏「杏の買い物に付き合って欲しいんだけど」

菜々「!もちろん付き合っちゃいますよー!……あ、でも明日も朝早いですし……早めに帰らないと」

杏「んー……うちに泊まっちゃえばいいよ」

菜々「いいんですか?!」

杏「めっちゃ散らかってるけどね」

菜々「じゃあ片付けついでに杏ちゃんのおうちにお邪魔しますね!」

杏「じゃ、いこっかー」

バタン

23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/29(日) 00:02:20.21 ID:HZU79Ic30

おしまい
というお話するお話でございました
前の似たようなの→加蓮「あんずとうさみんとてきとうなはなしを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461335596/
ちょこちょこ他で出てきた話もでてたりしてます
読んでくれた人ありがとう、また次もよろしくおねがいします

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/29(日) 00:26:09.79 ID:W8q3epMdO


相変わらずのほのぼので良い感じだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする