【藤原肇SS】藤原肇「釣れましたとも」


2:2013/09/15(日) 00:32:41.52 :t5UYVlVE0

「釣れませんね……」

私はぼんやりと、ただぼんやりと竿を垂らしていました。

川のせせらぎと、鳥や虫達の鳴き声ばかりが山の中に響いています。

渓流の釣り場に腰を下ろして、一時間ほど経っているでしょうか。

時間だけが、すっと過ぎてゆきます。

こうして時間だけが過ぎていくような瞬間が、私にとっての癒やしでした。

釣り糸の先、水の流れの中できらきらと輝く針には、しっかりと餌がついています。

けれども場所が悪いのか、食いつきが悪いのか。

釣果は未だにゼロ。

でも、これでいいのです。

こうやって釣りをしているということが、今の私にとって大事なことのように感じたからです。

そんなわけで、私はもうしばらくここに座っていることにしました。

3:2013/09/15(日) 00:34:21.45 :t5UYVlVE0

ぴくりとも動かない釣り竿を軽く握っていると、ぼんやりと今までのことが思い浮かびます。

何も変わることのない日常を過ごしてきた私。

ある日突然、目の前に彼が現れて私に魔法をかけてしまいました。

臙脂色の作務衣は、美しいドレスに。

岡山の長閑な町並みは、銀色のビルの並び立つ都会に。

なんとなく過ぎていた毎日は、一日一日が忘れられないようなアイドル生活に。

ただの陶芸と釣りの好きな女の子は、アイドル藤原肇へと生まれ変わりました。

4:2013/09/15(日) 00:36:32.41 :t5UYVlVE0

ですが……ある時、ふと感じてしまうことがあります。

もしも私がアイドルではなかったら。

もしも私が普通の女の子のままでいたら、どうなっていたのか。

やはり、イメージは少しも浮かびません。

地元の高校で、地元からの友人や高校からの新しい友人達と遊んで。

クラブ活動や委員会活動などをして。

けれども、私のイメージはここまで。

ここまでなら、きっと誰にだって当てはまる高校生活でしょう。

その先、私にしか当てはまらない世界は、こうしていくら悩んだところで浮かびはしません。

私の目で、耳で、肌で、心で感じ取ったことがなければ。

それは夢物語。

ただのまぼろしに過ぎないのですから。

5:2013/09/15(日) 00:38:14.41 :t5UYVlVE0

イメージすることのできないもう一つの可能性は、やはり私の心の隅からどいてはくれません。

これでよかったのか、という不思議な気持ちは、頭のなかでぐるぐると渦を巻いています。

アイドルになって、よかったのか。

私はまだ、答えを出せていません。

トレーナーさんにも、どこか上の空だと指摘を受けて。

皆にもどうしたのと聞かれて、心配されて。

彼やちひろさんは無理をするんじゃないと言い、あちらこちらに電話を掛けだして。

そうして私は、気づけば突然の休暇を頂いていました。

ものの数十分で頂いてしまった休暇。

どう過ごそうかとイメージをしてみても、やはり浮かぶことはありませんでした。

……こればかりは本当に偶然なのですが、頂いた休暇は丁度彼の休暇と重なっていて。

私は無理を言って、大自然の中で釣りがしたいと頼みました。

こうして自分の好きなことに没頭することで、何か感じること、見えてくるものがあるのではないか。

そんな思いを汲み取ってか、彼は二つ返事で私を東京の山奥へと連れて行ってくれました。

6:2013/09/15(日) 00:39:40.34 :t5UYVlVE0

そうしてこの釣り場でのんびりと構えているわけですが……。

なんとなく、釣れない理由もわかってきた気がしました。

今の私には魚を釣り上げるイメージが浮かんでいません。

イメージが出来なければ釣れない、という訳ではないのかもしれませんけれど。

釣れるかどうかを信じていないのでは、仕方がありません。

魚達も、こんな私に釣られるものかと考えているのでしょうか。

そう考えていると、一層釣れる予感は失せてしまいました。

こうして迷っているようでは、何も釣ることは出来ない。

心に曇りがあれば、良い焼き物は生まれないように。

一度、釣りを中断しようと、竿を引き上げました。

いえ……正確には、竿を引き上げようとしました。

7:2013/09/15(日) 00:43:21.56 :t5UYVlVE0

「あれ……?」

ぼうっとしすぎていたのか、針が岩にでも引っかかっていたようです。

ゆっくりと外すか、針を諦めればよかったものを、私は少しだけ焦ってしまいました。

竿を引き上げられなければ、考えをまとめることも出来ないのではないか。

そんな思いが脳裏をよぎり、私は無理に竿を引き上げてしまいました。

案の定、針は水底の岩に引っかかっていたようでした。

無理に引き上げてしまい、糸は切れなかったものの餌は取れて、針は使い物にならなくなっていました。

この針は長く使い込んだものだったな、と思い出すと仕方ないのかもしれません。

針は弧の中程から折れて、見た目は真っ直ぐになってしまいました。

8:2013/09/15(日) 00:44:57.77 :t5UYVlVE0

「……針、取り替えなきゃ」

と、折れてしまった針を見つめて。

何を思ったのか、私は針をそのまま、川へと投じました。

当然、釣れるはずはありません。

それでもいいのです。

何せ、これは魚釣りではありませんから。

この真っ直ぐになった針で、私はもっと大きなものを、大事なものを釣り上げようとしていました。

9:2013/09/15(日) 00:46:07.75 :t5UYVlVE0

じっと、このままで待ってみます。

折れた針の先は尖っていますが、勿論かえしはありません。

餌だってないのですから、こんな針で釣りをすることは到底無理でしょう。

それでも……きっと、意味があると私には思えたのです。

おかしな事をしているのは承知の上。

ですが……これで、いいのです。

これでようやく、物思いに耽ることができるのですから。

10:2013/09/15(日) 00:46:59.76 :t5UYVlVE0

先程からずっと考えていたこと……あったかもしれない、もうひとつの可能性。

私は、地元の高校に入学する少し前に、彼と出会って。

まさか、彼がアイドルのプロデューサーだなんて思いませんでした。

なにもない私にアイドルが務まるのか。

そんな疑問を、不安を、言葉巧みに拭い取って。

そうして……お父さんやお母さん、ついにはおじいちゃんまで説き伏せてしまうとは。

彼はきっと魔法使いだ、なんて言っては怒られてしまうでしょうか。

11:2013/09/15(日) 00:49:29.15 :t5UYVlVE0

そうして今年の春から、東京で暮らすことになりました。

東京なんて、一度も来たことはありません。

右も左も分からないこの場所で、私を助けてくれたのは……。

そうですね。事務所の皆さんです。

私と一緒に今年からアイドルを始めた子や、私よりずっと年上のお姉さん。

同い年なのに芸能界では先輩であったり、はたまた海の向こうや宇宙から来た方だったり。

アイドルの数に負けないほど、プロデューサーや事務員さんもいます。

といっても、私がよく会うのは彼……私のプロデューサーさんと、事務員のちひろさんくらいですけれど。

一つの事務所ですが、とても沢山の人がいて……。

皆さんに支えられて、今の私がいる。

12:2013/09/15(日) 00:51:38.47 :t5UYVlVE0

今の私。

もし、私がアイドルをやめてしまったら?

今の私はどうなってしまうのだろう。

今と変わらず、事務所のみんなとは……会えそうにはありません。

いつの間にか出来上がった、今の私の日常。

それが壊れてしまうことが……何よりも今、恐れている事なのかもしれません。

「……そう、ですね」

私が、求めていたものは。

私の、答えは。

この、不安からの――

13:2013/09/15(日) 00:54:28.20 :t5UYVlVE0

「ふふっ。肇さん、釣れていますか――」

あら。

いつの間にか、私の後ろに一人の少女が立っていました。

その顔は、まるで誰かにそっくりのような……それでいて、誰とはわかりませんでした。

ただ不思議と、私は彼女が誰なのかを知っているような気がしました。

「……あなたは?どうして、私の名を」

その時でした。

ぴくり、と釣り竿が動きます。

「……え?」

「ほら、引いていますよ」

慌てて竿をあげようとしましたが、上手く行かず逃してしまいます。

「あら、逃してしまいましたか」

「……今のは?」

気にするほどの事ではありませんよ、と彼女は教えてくれました。

「そう、ですね」

第一、この真っ直ぐな針では、釣れるはずがありませんから。

「いえ……信じてみてください。釣れることを」

「え?」

ぽかんと口を開けていると、彼女はまた、笑います。

「……では、一度場所を変えましょうか。ついて来てください」

14:2013/09/15(日) 00:55:38.13 :t5UYVlVE0

彼女の後をついて、山の奥へと進んでゆきます。

「ここなど、いかがでしょうか」

そうして連れて来られたのは……。

先程とそう変わらないはずの、渓流。

ただ、一つだけ大きく違うところがありました。

「きっと、見覚えがあるでしょう?」

ええ、そうです。

私はこの場所を覚えています。

だって、ここは……。

おじいちゃんに、何度も連れて行ってもらった場所。

そして、忘れもしない――

「ほら、釣ってみてください」

「でも……かえしも、餌も」

そんなものはいりませんから、早く、と急かされて。

私は糸を垂らします。

15:2013/09/15(日) 00:57:55.80 :t5UYVlVE0

「気を抜いてはいけませんよ。全身全霊を込めて、集中するのです」

そうすれば、魚どころか竜さえ釣れますよ、と彼女は付け加えました。

「竜でも、ですか……」

「ええ。竿の先、糸の先に……全身の気を、込めてください」

私は祈るように竿を握りしめ、気を整えます。

「私は……あなたの『答えを出したい』という気持ちに応じて、あなたの元に来ました」

また、竿がぴくり、と動きます。

「一点の濁りもない、純粋な心で竿を引いてください。心を、純粋にするのです」

ぐいぐいと、竿は水底へ引かれてゆきます。

「邪な気持ちも、不安や恐れも、何もかもを捨てて……」

力を込め、竿を奪われないよう必死にこらえます。

「この大自然に、その身を委ねてください」

ああ、水底が見える。

糸の先に喰らいつく、竜のその姿さえ、見える。

大自然の力を、糸の先に生まれた宇宙を。

目で、耳で、肌で、心で。

感じる。

感じる。

手に取るように、最初から知っていたかのように。

――この世界の全てを、いま、私は感じている。

16:2013/09/15(日) 00:59:04.77 :t5UYVlVE0

「――さあ、竜を釣ってみてください」

17:2013/09/15(日) 01:05:29.04 :t5UYVlVE0

「……あら?」

ふと気づけば、そこはあの、岡山の山奥……ではなく。

先程まで腰を下ろしていた、東京の山奥の、渓流でした。

まさか……夢を、見ていたのでしょうか?

「――きゃっ」

突然はね出した足元の魚を見て、思わず声を上げてしまいました。

……これは、もしかして。

その魚の口から出ているのは、まぎれもなく、私の竿から伸びる釣り糸でした。

「……ふふっ」

竜と言うには、あまりにも小さな魚。

もしもこれが鯉であったら、本当に竜だったのだと信じたかもしれません。

けれども、今までのことが夢でなかったと……今なら、わかります。

まだ元気よくはねている魚を、バケツへと移して針を抜きます。

かえしのない針は、もちろん、するりと外れました。

18:2013/09/15(日) 01:12:01.51 :t5UYVlVE0

「――調子はどうだ、肇」

今度は少女ではなく、彼が後ろに立っていました。

「ぼちぼち、です」

そうか、と彼は片手に持っていたバケツを置き、私の隣に座ります。

「……いい顔になったな、肇」

「そうですか?」

ああ、と彼は私の目を覗き込みます。

……少々、恥ずかしいのですが。

「晴れ晴れとしたような……いい表情だ」

急に頭を撫でられて、私は少しだけ驚いてしまいました。

彼は、何も気にせずに、ずっと私の頭を撫でています。

恥ずかしいけれど……なんだか、落ち着きます。

19:2013/09/15(日) 01:15:21.99 :t5UYVlVE0

「悩みがあったみたいだったが……もう、大丈夫なのか?」

ええ、ご覧のとおり。

先程までずっと考えていたことは、どこかへと消え去ってしまいました。

「はい。どんなことがあっても……私は、私です」

また、どこかで不安を感じてしまうかもしれません。

けれどもそれは、私の生み出したまぼろし。

こうして嫌な気持ちや不安な気持ちを捨てて、心を純粋にして。

大自然に身を委ねて、ゆっくりと自由を感じれば。

もう怖いものなど、ないのですから。

「信じるべきものは……見つかりました」

「そうか」

大切なのは、信じること。

そう言うと彼は、

「信じることは……こわいこと、だな」

と笑いました。

20:2013/09/15(日) 01:17:00.32 :t5UYVlVE0

「肇が元気になってくれて、よかった」

今日の休暇は、それだけで価値があった、と彼は言ってくれました。

「あの、――さん」

いつかの休暇に、また、あの場所に行きましょうね。

「そうだな」

忘れもしない、あの渓流。

小さい頃からおじいちゃんに連れられて、ずっと釣りをしていたあの場所に。

大切な、大切なあなたに出会えたあの場所に。

「いつになるかは分からないが……努力する」

アイドル藤原肇の生まれた、あの場所に。

あなたと、二人で。

21:2013/09/15(日) 01:19:23.66 :t5UYVlVE0

「肇、その針は――」

食い入るように私の釣り針を見つめていましたが、

「そうか、そうか」

と彼は何かに気付いたかのように頷いて、笑ってくれました。

「自由な気持ち……思い出したみたいだな」

ええ、その通りです。

不安や焦り。

苦痛や悩み。

それらすべての、生きることからの自由。

見えない未来からの、自由。

悪いイメージは、もう浮かびません。

見えない未来は、そのままでいいのですから。

もう、恐れるものはどこにもありません。

私は……自由な気持ちを、思い出しましたから。

22:2013/09/15(日) 01:20:56.50 :t5UYVlVE0

「それで、肇――」

針を付け替えて、二人並んで糸を垂らして。

ふと、思い立ったように、彼が聞きます。

「――釣れているか?」

「――ふふっ。ええ、釣れました」

ぱしゃんと水面をはねる魚。

さえずりを続ける小鳥達。

絶えず流れ続ける清流。

この世界のすべてを感じながら、私は彼に笑顔を向けました。

「釣れましたとも、私自身が……」

23:2013/09/15(日) 01:36:13.17 :t5UYVlVE0

竜を釣り上げる話は諸星大二郎の「太公望伝」が元ネタになっています

ありがとうございました

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379172637

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする