【モバマスSS】海老原菜帆「声が」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 02:38:40.79 ID:gDNg1aFo0

モバP「なあ、今日は帰った方がいいんじゃないか」

菜帆「大丈夫ですよ~。ちょっと疲れてるだけですから」

P「それなら、なおさらだ」

菜帆「でも、Pさんは打ち上げに行くんですよね?」

P「付き合いだからな」

菜帆「だったら、私もついて行きたいです~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417369110

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:39:18.09 ID:gDNg1aFo0

P「俺のことは気にするな」

菜帆「そんなこと言わず、Pさんと私の仲じゃないですか~」

P「お前との仲だから、こうやって心配してるんだよ」

菜帆「本当ですか~! えへへ、嬉しいですねぇ」

P「……少しでも変なとこ見せたら、すぐに連れて帰るからな」

菜帆「変なところ……ふふ、見たいですか~」

P「曲解すんじゃねえ!」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:40:02.35 ID:gDNg1aFo0

「今日はお疲れ様でした。それでは、乾杯の音頭を……」

「乾杯ー!」

「おおー!」「いやぁ、良い画が撮れて……」「あそこは盛り上がりましたなぁ」

ざわざわ

P「それじゃあ、菜帆。他の席に挨拶へ行くぞ」

菜帆「はい。お供しますよ」

P「前みたいなことはするなよ」

菜帆「なんのことですか~」

P「挨拶中に、突然腕を組んできたりすることだ」

菜帆「分かりました~。今度は抱き着きますね」

P「……洒落にならん」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:41:01.17 ID:gDNg1aFo0

「――今日も菜帆ちゃんは可愛かったねぇ!」

P「ははは、それなら、今後もよろしくお願いしますね」

「もちろん! むしろ、こちらからお願いしたいくらいだよ」

P「ありがとうございます。――菜帆?」

菜帆「え、あ、ありがとうございます~!」

「はっはっは、どういたしまして。……ん、菜帆ちゃん、お酒でも飲んだ?」

菜帆「お酒?」

「なんて、顔が赤いからさ。ちょっと褒め過ぎちゃったかな!」

菜帆「え、えへへ~、そうなんですよ。ちょっと照れちゃいます~」

P「……改めて、今後もよろしくお願いします」

「うん、うん。よろしくね」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:41:36.32 ID:gDNg1aFo0

P「菜帆、やっぱり体調が悪いんじゃないか」

菜帆「ちょっぴりだけ、ですから」

P「もう、顔が真っ赤になってる。ちょっぴりも何もないだろう」

菜帆「……ごめんなさい」

P「打ち上げ、抜けさせてもらおう。一緒に帰るぞ」

菜帆「はい~」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:42:07.72 ID:gDNg1aFo0

P(結局、昨日は寮まで送ったきりだったが……菜帆は大丈夫だろうか)

千川ちひろ「プロデューサーさん、菜帆ちゃんから電話ですよ」

P「む、ありがとうございます――もしもし」

『Pさん、ですか』

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:42:37.90 ID:gDNg1aFo0

P「……菜帆。お前、風邪こじらせたのか」

『ゴホッ、ゴホッ……えへへ、すみません』

P「謝らなくていい。声がガラガラだ。無理をするな」

『でも、連絡しないと』

P「分かってる。今日は幸い、レッスンだけの日だ。家でゆっくり休め」

『すみません……』

P「それじゃあ、ゆっくりな」

『はい。いつも通り~……ゴホッ、ゴホッ』

P「――心配だ」

ちひろ「でしょうねぇ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:43:15.59 ID:gDNg1aFo0

P「あの、ちひろさん。お願いが……」

ちひろ「ダメです」

P「速いですよ!」

ちひろ「菜帆ちゃんのお見舞いでしょう? 仕事だって、あるんですからっ!」

P「帰ってきたら、ちゃんとしますから!」

ちひろ「……そんなに心配するほど、菜帆ちゃんが弱ってるんですか」

P「はい。いつもの余裕がなかったんです」

ちひろ「はぁ……仕方ないですね。では、こうしましょうっ」

P「なんですか、その手は」

ちひろ「お見舞い用ドリンクセット、販売中です!」

P「え」

ちひろ「買いますよね? プロデューサーさん。ね?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:43:46.74 ID:gDNg1aFo0

P「足元見やがるぜ……」

P(まあ、それとは別に、ちひろさんからの見舞い品も渡されたが)

P(おっと、ここが菜帆の部屋か。インターフォンを……)

ピンポーン

P「……出ないな」

ブルルル

P(うん? ――菜帆からメールだ)

『もしかして、Pさんですか。鍵なら開いてますよ~』

P「まるでエスパーだな」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:44:26.14 ID:gDNg1aFo0

P(菜帆はベッドで横になっている)

P「大丈夫か。これ、お見舞いのドリンク類な」

菜帆「ゴホッ……ありがとう、ございます~」

P「ん、喉がもっと悪くなってるな。無理して返事しなくていいぞ」

菜帆「はい。そうしますね……」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:45:11.13 ID:gDNg1aFo0

P「なにかして欲しいこと、あるか」

P「――あ、返事はメールでするといい」

菜帆「ん……」

『しばらく、いてほしいです』

P「ああ、そうしよう」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:45:43.31 ID:gDNg1aFo0

『手を握ってほしいですね~』

P「おいおい」

『心細いんです』

P「……普段は、ダメだからな」

ぎゅっ

菜帆「ふふ」

『なんだか、全身も心細くなってきました』

P「しばくぞ」

『ごめんなさい~』

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:46:26.56 ID:gDNg1aFo0

『声が出せないと、Pさんにお礼を言えませんね』

P「だからって、無理はするなよ」

『はい。でも、とっても嬉しいんですよ。だから、お礼がしたくって~』

P「治ってからにしなさい」

『治ったら、Pさんの好きな、ぷにょふわな部分で……』

P「セクハラする元気を、治す方へ回せ!」

菜帆「ゴホッ、えへへ~……」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:46:58.40 ID:gDNg1aFo0

P「――と、もうこんな時間か」

P「それじゃあ、そろそろ戻るから。もし何かあったら、遠慮なく連絡してくれ」

『ちょっと待ってください』

P「ん、なんだ? ――おい、寝ておけって」

菜帆「ゴホッ、ゴホッ……このままだと、Pさん、行っちゃいます、から」

P「心細いのは分かるが、他のアイドルの子を呼んでだな」

ぎゅっ

P「ぬわっ」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:47:33.26 ID:gDNg1aFo0

P(菜帆に抱き着かれてしまった)

菜帆「声、出難いから……体で、表しますね~」

菜帆「こうやって、一緒に……ゴホッ」

P「菜帆」

菜帆「Pさんと仲良く、くっついて、いたい、です」

P「け、けど、仕事が」

菜帆「ダメ、ですか~……」

ぎゅぎゅっ

P(あ、柔らかい)

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:48:04.17 ID:gDNg1aFo0

ちひろ「言い訳を聞きましょうか」

P「すみませんでした。菜帆が柔らかくて」

菜帆「ごめんなさい。Pさんが温かくて~」

ちひろ「仕事ほったらかして、アイドルと……!」

P「ご、誤解です! ちょっと一晩くっついてただけなんです!」

菜帆「ふふ、Pさんが離してくれませんでした~」

ちひろ「もしもし、警察ですか。未成年者との淫行がですね」

P「してない。俺は断じて、してなぁい!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 02:48:46.47 ID:gDNg1aFo0

P「酷い目にあった」

菜帆「えへへ、ご迷惑をおかけしまして~」

P「まったくだ! まあ、あれで治ったからいいものの……」

菜帆「ねえ、Pさん」

P「なんだ?」

菜帆「今はもう、声が出せますね」

P「ああ、そうだな」

菜帆「次は声、聞かせてあげますから~」

菜帆「だから――また一緒に、ゆっくりしましょうね」

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする