【南条光SS】南条光「変……身!!」グッ…ババッ


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:42:53.46 ID:QDrMNssU0
ちょっとめんどくさい系の中学生(推定含む)たちと戯れるだけ

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:45:09.00 ID:QDrMNssU0

し〜〜

光「…………」

     〜〜ん

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:46:11.68 ID:QDrMNssU0
光「な!!」

モバP「いや……『な!!』っつわれても……というか、なんでいる?今日は休みだぜ光さんは」

光「酷いよ……なんで!?アタシがレッドだったから!?」

モバP「おいやめろバカ!あといつレッドになったんだ」

光「愚問だな、Pさんは太陽に『お前はなぜ紅いんだ』と訊ねるか?」

モバP「なんだ朝から異常にテンション高いぞ……」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:47:14.36 ID:QDrMNssU0
光「わかんないかな?もう一度見ててね」

モバP「あ、ああ……」

光「ちゃんと見ててよ!」

モバP「わかった。何もわからないがわかった」

光「変……」シュババッ

光「身ッ!!」ビシィッ

モバP「…………」

光「な!!」

モバP「やっぱわかんないよ!!」

光「ナズェダ!!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:48:14.36 ID:QDrMNssU0
モバP「だいたいポーズも最初のと違うじゃないか!」

光「そりゃ、『男子三日会わざれば刮目して見よ』っていうだろ?だけど、アタシの進化は光よりも速い」

光「BLACKだってRXになるよ」

モバP「言われると見覚えのあるポーズだったけどさ……」

光「おそらくどんぴしゃで見ていたはずだ!」

モバP「それで?」

光「うん?」

モバP「なんだったんだ?」

光「今日すっごいキレッキレッにポーズ決めれてるだろ?」

モバP「ファーwwwんなもんお前のさじ加減やないかいwww」

光「なんということだ……」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:49:43.95 ID:QDrMNssU0
モバP「んんっ!あーあー!」

光「Pさん!」

モバP「なんだ?」

光「アイドルの調子を知らないのはプロデューサーとしてどうかなと思うんだ」

モバP「確かにコンディションの良し悪しを知ってるにこしたことはないが」

モバP「休日のアイドルのコンディションまで把握してたら気持ち悪いだろ!」

光「むー……なるほど、だいたいわかった!」

モバP「だろ!?」

光「じゃあ、別のヤツやるね」

モバP「ファーwww」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:00:36.90 ID:QDrMNssU0
ガチャッ

神崎蘭子「煩わしいたいよ――」

光「燦然!」バッ

蘭子「鮮やかに輝くさまッ!?」ガタッ

光「シャンバイザー!!」スッ…

蘭子「ッ!!!!」

光「こういうことだよ!」

モバP「そっかー」

蘭子「え、英雄を志し者よ!刹那の刻を我に捧げよ!」

光「蘭子か!おはよう!」

モバP「おう、蘭子か。おはよう」

蘭子「煩わしい太陽ね!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:01:22.44 ID:QDrMNssU0
光「どうかしたのか?」

蘭子「汝に先刻の儀式を我が眼前にて披露する機を与える」

光「なるほど」

蘭子「……では!」

光「ここではリントの言葉で話せ」

蘭子「りんと……?」

星輝子「ゴザジョジョ!(裏声)」

蘭子「ぴゃっ!?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:12:23.73 ID:QDrMNssU0
輝子「ちなみに今のはシイタケくん(腕)が言ったんだ……フヒヒ」

光「もし本当ならソレ捨てた方がいいぞ、毒胞子噴出するから」

輝子「胞子で死ねるなら本望……かも?フヒ…フヒ…フヒヒヒャッハァアアア!!!」

光「落ち着くんだ輝子!」

輝子「ご、ごめん……私の体からキノコが生える想像したら……て、テンションが……」

光「あるある。アタシも芋ようかん食べた後はテンション上がるもんね」

輝子「芋ようかん……?」

光「芋ようかん」

輝子「芋ようかん……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:13:40.72 ID:QDrMNssU0
モバP「輝子も時間前だがもう来たか、いい心がけだな」

輝子「あっ……プロデューサー……お、おはよう」

モバP「おはよう輝子。けど、また髪ボサボサのまま来たのか?後でちゃんと整えるんだぞ」

輝子「う、うん……でも、今日はレッスンだけだし……」

モバP「アイドルなんだからそういうことには気を使う。いいね?」

輝子「あっはい……フヒヒ……怒られちゃった」

光「気にするな、アタシもよく言われる」

モバP「気にしてください。お前たちはもっと蘭子とか小梅見習え」

蘭子「あぅ……」モジモジ

光「財団Bとの多々買いがあるから、ファッションに割く余裕がない!」

輝子「私も、トモダチのお世話で……余裕が……」

モバP「作ってよ!余裕を!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:17:09.90 ID:QDrMNssU0
光「まったく!今日のPさんはダメダメだな」

モバP「えー?そんなアホな」

光「せっかく今日はアタシのキレッキレッな変身ポーズを見せてあげたのに、イマイチ反応してくれないし」

蘭子「っ!そう!英雄を志し者よ!儀式を我に披露せよ!」

光「ああ!変身ポーズが見たかったんだな!やっとわかった」

蘭子「言の葉は不得手……我が言霊が汝を惑わせたならば、それは我が意に反すること」シュン…

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:18:34.55 ID:QDrMNssU0
光「大丈夫大丈夫。キエテ・コシ・キレキレテ。例え言葉が通じなくても心が通じ合えばいい。そうだろ?」

蘭子「魂の共鳴……英雄を志し者、いや、心優しき英雄に感謝する」

光「それじゃあ行こうか蘭子。聖なる泉枯れ果てし前に」

蘭子「うむ!」

蘭子/光「「闇に飲まれよ!」」

モバP/輝子「「や、やみのまー」」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:20:12.25 ID:QDrMNssU0
モバP「なんだったんだ……」

輝子「私だけ残された……やっぱりボッチ……」

モバP「よしよし」ナデナデ

輝子「そ、そうだった……親友がいてくれたな。私ボッチじゃない……?」

モバP「いや、俺はお前の親友なんかじゃない」

輝子「え……」

モバP「お前は俺の相棒……だろ?」

輝子「P……ありがと。うん、私たち……あ、相棒だな!フヒヒ」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:21:30.96 ID:QDrMNssU0
モバP「さあ、いくぜ輝子!」ジョーカーッ

輝子「う、うん!」サイクロンッ

モバP/輝子「「変身!」」

光「待てぇええいいっ!!」バーンッ

輝子「ひゃっ!?」ビクッ

光「アタシとは遊んでくれないのに輝子と遊ぶとはどういうことだ!しかも、鳴らす順番逆ぅー!!」

蘭子「え、英雄よ……儀式は……覚醒の儀式は!」

輝子「フフ……みんな戻って来た……脱ボッチ……フフ、フヒヒ……ヒャッハァアアーーーッッ!!!」

光/輝子/蘭子「「「ギャーギャーワーワー」」」

モバP「ふぅ……」

モバP「まったく、中学生は最高だぜ!!」

おわりん

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:22:49.56 ID:QDrMNssU0
熊本弁が難しいので今まで神崎さんは避けていましたが
アニメ8話を見たら我慢できませんでした
そしてやっぱり難しい

神崎さんのせいでハゲな上に変態になるところだったと思ったら
ヘソチラサッカー選手(仮)のせいですでにハゲで変態でした

ここまで読んでいただきありがとうございます

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:23:47.99 ID:Of2qmc6R0
乙……

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 03:12:24.39 ID:4PDd6VN0o
乙ー
特撮ネタ多くて嬉しい

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426606973/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする