【北条加蓮SS】モバP「悪い夢のあとに」


1:2013/09/05(木) 02:09:57.80 :Ygp85Hpgo

撮影スタジオ―――

「――よし、カット! 今日はここまで!」

加蓮「お疲れさまでしたーっ!」

加蓮「ふー……。疲れたぁ」

P「お疲れ、北条」

加蓮「あ……プロデューサー。お疲れさま、今日の私どうだった――」

P「さぁ、共演者に挨拶して帰るぞ」スタスタ

加蓮「……。うん……」

P「なんだ?」

加蓮「う、ううん。なんでもないよ」

P「そうか」

加蓮「…………」

加蓮(少しくらい……褒めてほしかったな……)

2:2013/09/05(木) 02:12:42.21 :Ygp85Hpgo

―――
――

事務所―――

P「……ということだ。なにか質問は?」

加蓮「ううん、大丈夫」

P「ならいい、次の撮影は明々後日だ。体調には気をつけておけ」

加蓮「うん、わかった」

P「じゃ、今日はこれで終わりにしよう」

加蓮「……ね、ねぇ」

P「ん? なんだ」

3:2013/09/05(木) 02:13:55.74 :Ygp85Hpgo

加蓮「今日の撮影、どうだったかな? 演技とか、その……」

P「演技? そうだな……」

加蓮「…………」

P「特に言うことはないな。レッスン通りだ」

加蓮「…………そっか」

P「なにか不満でもあるのか? それならトレーナーに伝えておくぞ」

加蓮「ううん、いい……大丈夫。気にしないで」

P「……? まぁいい、とにかく今日は終わりだ」

加蓮「ん……」コクン

4:2013/09/05(木) 02:16:32.30 :Ygp85Hpgo

P「明るいうちに帰れよ、最近は物騒だから」

加蓮「…………」

加蓮(せめて、もっと一緒に……)

加蓮(だって)

加蓮(だって、今日は――)

P「あぁ、そうだ」

加蓮「!」

P「ひとつだけ言いたいことがあった」

加蓮「う、うん。なに?」

5:2013/09/05(木) 02:18:04.56 :Ygp85Hpgo

P「いい加減、敬語くらい使え。一応こんなんでも俺は上司だぞ」

6:2013/09/05(木) 02:19:43.01 :Ygp85Hpgo

加蓮「ぁ……」

加蓮(……そう、だよね……)

加蓮「…………」

P「返事は?」

加蓮「……はい……ごめん、なさい。次から、気をつけます……」

P「それでいい。じゃあな、お疲れ北条」

がちゃ ばたん

加蓮「…………」

7:2013/09/05(木) 02:22:11.95 :Ygp85Hpgo

加蓮「…………」ポツン

加蓮「…………あはは」

加蓮「なに期待してんだろ……バカみたい」

加蓮「プロデューサーがお祝いしてくれるなんて……あるわけないじゃん」

加蓮「バカだなー、私」

加蓮「……ホント、なにしてんの」

8:2013/09/05(木) 02:23:37.79 :Ygp85Hpgo

加蓮「…………」

加蓮「……あーあ。なにやってんだ、私っ」フルフル

加蓮「ダメダメ、せっかくアイドルになったのにさ!」

加蓮「もっと前向きになんなきゃ」ジワッ

加蓮「もっと、もっと……楽しく、しなきゃ。夢叶った……のに」

加蓮「なのに…………なんで」ポロ

加蓮「なんでこんなに……」

加蓮「……寂しいの、かなぁ……っ」ポロポロ

9:2013/09/05(木) 02:25:22.56 :Ygp85Hpgo

加蓮「やだよ…………こんなの……っ」

加蓮「アイドルって……こんなに寂しいものだったのかな……?」

加蓮「全然、楽しくない…………楽しくないよぉ……!」ギュ

加蓮「ぐす、うぅぅ…………!」

加蓮「ねぇ、誰か……」

加蓮(私を助けて――)

10:2013/09/05(木) 02:27:57.47 :Ygp85Hpgo

―――

――ん

ねぇ、――ってば!

――加蓮!

加蓮「………………ん」パチッ

「あ、やっと起きた。大丈夫?」

加蓮「…………あ」

加蓮「……りい、な……?」

李衣菜「うん、私。なんだかうなされてたみたいだけど……加蓮、平気?」

11:2013/09/05(木) 02:29:50.22 :Ygp85Hpgo

加蓮「うなされてた……? 夢……だった、の?」

李衣菜「夢? ……うーん、ちょっとおでこ貸してね」ペタッ

加蓮「…………」

李衣菜「……うん、熱はないみたいだけど。どこか具合悪いところとか――」

加蓮「……っ」

ぎゅっ

12:2013/09/05(木) 02:31:34.38 :Ygp85Hpgo

李衣菜「ってうわあぁ!? ななな、なになになにっ?」

加蓮「李衣菜……りいなぁ……!」

李衣菜「ど、どしたの加蓮? そんなに嫌な夢だった?」

加蓮「……っ」ギュー

李衣菜「……うん、そっか。へーきへーき、私がついてるでしょー?」ナデナデ

加蓮「ん……うん、うん……!」

李衣菜「よしよし、大丈夫大丈夫……」

13:2013/09/05(木) 02:33:46.34 :Ygp85Hpgo

―――

李衣菜「どう? 落ち着いたかな」ポフ ポフ

加蓮「……ごめんね李衣菜、ありがと」ギュ…

李衣菜「いいよ、別に。へへ、加蓮に頼られるの、けっこう嬉しいし」

加蓮「ふふ……なんだかお姉ちゃんっぽいね」

李衣菜「えっへん」

加蓮「……あったかい」スリスリ

李衣菜「加蓮もあったかー。えへへ♪」

加蓮「ふふ♪」

14:2013/09/05(木) 02:35:50.01 :Ygp85Hpgo

がちゃ

泰葉「李衣菜。そろそろPさんが戻ってくる頃だから、加蓮を起こし、て……」

李衣菜「あ」ギュー

加蓮「あ、泰葉」ギュー

泰葉「…………」

泰葉「うん、大丈夫。前の事務所でもそういうのあったし私は別に気にしないよ」ニッコリ

李衣菜「待って泰葉、違うよ!?」

泰葉「ふふっ」ススス

李衣菜「いやふふっじゃなくて、後ずさりやめて! 泰葉ってば――!」

15:2013/09/05(木) 02:37:51.66 :Ygp85Hpgo

―――
――

加蓮「――ってわけで、ちょっと李衣菜に甘えてたの」

泰葉「そっか……そうだったんだね」

李衣菜「誤解が解けてなによりだよ……」

泰葉「てっきり李衣菜がロックに目覚めたのかと思ったけど」クスッ

李衣菜「てっきりて……それに私はもともとロックなんですぅー」ムスー

泰葉「はいはい、そうだね」

16:2013/09/05(木) 02:39:56.59 :Ygp85Hpgo

李衣菜「な、流された……!」

泰葉「ふふ……それで、加蓮」

加蓮「あ、うん……なぁに、泰葉」

泰葉「あんまり夢のこと……気にしないでね」

泰葉「私も李衣菜も一緒だから。独りじゃないでしょう?」

加蓮「……うん」

泰葉「大丈夫。もしまた、変な夢を見ても……」

泰葉「私たちがついてるから。心配しないで、加蓮」

泰葉「ねっ?」ニコッ

加蓮「……うんっ!」

17:2013/09/05(木) 02:41:50.53 :Ygp85Hpgo

李衣菜「あはは、言いたいこと全部泰葉に言われちゃった」

泰葉「ふふっ、私の勝ちかな」

李衣菜「えー。なんの勝負なの、もう……」

加蓮「えへへ……二人ともありがと。大好き」

李衣菜「うん。私も二人のこと大好きだからねっ」

泰葉「私だって大好き。親友だもの!」

18:2013/09/05(木) 02:44:13.48 :Ygp85Hpgo

加蓮「ふふ……親友、かぁ。なんだか嬉しいな」

泰葉「ちょっと恥ずかしいね……こういうこと言うのって」

李衣菜「泰葉は恥ずかしいんだ? じゃあ私の勝ちー」

泰葉「あ、ずるい李衣菜。さっきのは嘘、全然恥ずかしくないから」

李衣菜「ダメですー、そんなの認められませーん」

泰葉「認めなさい、先輩命令ですっ」

李衣菜「岡崎先輩こわーい、あははっ♪」

19:2013/09/05(木) 02:47:29.10 :Ygp85Hpgo

加蓮「ふふっ。二人とも、喧嘩してたらまた怒られちゃうよ?」

李衣菜「喧嘩じゃないよー、泰葉と遊ぶの楽しーなー♪」ナデー

泰葉「もう……じゃあ私は加蓮をっ」ワシャー

加蓮「きゃ……やったなーっ! それなら私は李衣菜っ!」ナデナデー

李衣菜「あはっ、くすぐったいよぉ!」

泰葉「ふふふっ♪」

加蓮「えいえいっ、なでなでーっ♪」

きゃいきゃい

   あははは……

―――
――

20:2013/09/05(木) 02:49:09.76 :Ygp85Hpgo

―――

がちゃっ

P「ただいまー。悪い悪い、遅くなって」

李衣菜「あ、Pさんおかえりなさいっ」

泰葉「お疲れさまです」

加蓮「おかえりー」

P「お、三人揃ってるな。……なんでお前ら、髪の毛ボサボサなの?」

李衣菜「えへへー」

泰葉「ちょっと遊びすぎちゃって。ふふっ」

21:2013/09/05(木) 02:51:34.81 :Ygp85Hpgo

P「んー? よく分からないけど仲良しそうでなによりだ」

加蓮「でしょー? んふふー」

P「ん……?」

加蓮「? なに?」

P「…………。なんかいいことあったか、加蓮」

加蓮「え……? どうして?」

P「いつもより笑顔が三割増しだからさ。なにかあったのかと思って」

加蓮「……うん。あったよ、すごくいいこと。ふふ」

P「うん、そっか」ナデ

加蓮「えへ」

22:2013/09/05(木) 02:53:13.42 :Ygp85Hpgo

李衣菜「…………♪」

泰葉「…………」ニコニコ

加蓮「あ、なに笑ってんのー?」

李衣菜「別にー?」

泰葉「ふふ、なんでもないよ。ね?」

李衣菜「ねー?」

加蓮「むー、気になるなぁ」

P「……ふふ」

23:2013/09/05(木) 02:55:26.56 :Ygp85Hpgo

P「……李衣菜、泰葉」

李衣菜「へっ?」

泰葉「はい?」

P「ありがとな」ナデナデ

泰葉「え、お、お礼を言われることなんてなにも……!」

李衣菜「そっ、そうですよ! なんですかいきなりっ」

P「んー……なんとなくだ、なんとなく」ナーデナーデ

加蓮「二人とも顔赤いなー、なんでかなぁ?」ニヤニヤ

だりやす「あ、赤くないっ!」

P「ははは……」

24:2013/09/05(木) 02:57:21.01 :Ygp85Hpgo

―――
――

P「さて、そろそろ出かけるかー」

泰葉「そうですね。もう日も落ちましたし」

李衣菜「私たちは準備ばっちりですよっ」

加蓮「あれ、どこか行くの? お仕事あったかな……」

李衣菜「あ、そっか。加蓮にはまだ言ってなかったっけ」

加蓮「んー? なんのこと?」

泰葉「ふふ……Pさんから伝えてあげてください」

P「え、俺? あー……そうだな。なぁ、加蓮」

加蓮「う、うん。なに?」

25:2013/09/05(木) 02:59:03.32 :Ygp85Hpgo

P「……ハッピーバースデー。誕生日おめでとう、加蓮」

26:2013/09/05(木) 03:01:53.09 :Ygp85Hpgo

加蓮「ぁ……」

李衣菜「へへ。加蓮、おめでと!」

泰葉「おめでとう。ふふ、また同い年だね」

加蓮「う、うん……! ありがと……」

P「それで、プレゼントなんだけど……」

P「少し前に、『いつか豪華な食事がしたい!』って言ってたろ?」

加蓮「あ……言った、かも?」

27:2013/09/05(木) 03:03:34.77 :Ygp85Hpgo

李衣菜「Pさんがね、私たち三人連れてってくれるって!」

泰葉「綺麗な夜景も観られる、って。奮発したんですよね?」

P「お、おう。満足してくれるかは分からないけど……」

加蓮「嬉しい……えへへ」

P「形に残るものの方が良かったかもしれないけど、そっちは二人に任せたよ」

加蓮「そっち、って?」

28:2013/09/05(木) 03:07:29.64 :Ygp85Hpgo

李衣菜「ふふ。私と泰葉で、プレゼント用意したんだよ」

泰葉「きっと気に入ってくれると思うな」

加蓮「本当? じゃあ楽しみにしてるね」

李衣菜「ま、そのお楽しみは豪華ディナーのあとってことで! ね、Pさんっ」

P「あ、あんまりハードル上げないでくれよ」

泰葉「いいえ、期待してます。これは先行投資ですよ?」

P「うっ……」

29:2013/09/05(木) 03:09:21.19 :Ygp85Hpgo

李衣菜「楽しみだね泰葉!」

泰葉「うんっ、李衣菜!」

だりやす「いぇいっ♪」ハイターッチ

P「はぁ……あはは」

加蓮「…………」

加蓮(……ふふ)

加蓮(やっぱり楽しいな。アイドルになれて……ここにいられて、よかった……)

加蓮(もう大丈夫。……独りじゃないもんね!)

30:2013/09/05(木) 03:11:59.76 :Ygp85Hpgo

泰葉「ほら、加蓮もっ」

李衣菜「はいたーっちっ!」

加蓮「うんっ!」

ぱしーんっ

だりやすかれん「いぇーいっ♪」

加蓮(これからも、ずーっと楽しい日々が続きますように!)

31:2013/09/05(木) 03:13:03.30 :Ygp85Hpgo

加蓮「ねぇっ、泰葉、李衣菜! ……Pさんっ!」

泰葉「どうしたの?」

李衣菜「なーにっ?」

P「なんだ、加蓮?」

加蓮「本当に……どうもありがとうっ!」

加蓮(私、もう寂しくないよ!)

おわり

33:2013/09/05(木) 03:14:39.37 :Ygp85Hpgo

というお話だったのさ
新ジャンル「だりやすかれん」を書きたかったんだ、好きなんだすまない

加蓮、誕生日おめでとう!

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378314597

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする