【神谷奈緒SS】奈緒「あ゛っぢぃー…」


1:2014/08/18(月) 14:39:39.32 :vC7TgQpU0

奈緒「指先がチリチリする…口の中はカラカラだ…目の奥が熱いんだ……!」スタスタ

奈緒「……」スタスタ

奈緒「ていうかもうすべてが暑い…」スタスタ

奈緒「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛……」スタスタ

奈緒「…もう少し…もう少しで事務所だ……」スタスタ

奈緒「事務所にさえ行けば…涼しいクーラーに冷たいアイスもある…はずだ」スタスタ

奈緒「そうすればアタシの勝利は確実…!太陽とはおさらばよ…」スタスタ

………ェェ…

奈緒「…ん?」ピタッ

……ェェェェ…!

奈緒「…何だ?」クルッ

美玲「奈緒姉ェェェェェ!!」ドーン

奈緒「オッフ」ボスン

2:2014/08/18(月) 14:48:33.50 :vC7TgQpU0

美玲「奈緒姉ッ!」

奈緒「ォ…ォお……美玲か…」

美玲「おはようッ!」

奈緒「はい…おはよう…」

美玲「…?」

美玲「奈緒姉、もしかして元気ないのかッ!?」

奈緒「いや…違うよ…ちょっと驚いただけだ」

美玲「そうか」ギュッ

奈緒「ていうか…何だ美玲、その、な、『なおねえ』って」

3:2014/08/18(月) 14:49:12.80 :vC7TgQpU0

美玲「奈緒姉は奈緒姉だろ?」

奈緒「はァ…?まぁ、いいや…それは後にして…」

美玲「そうか」

奈緒「…」

美玲「どうした?事務所いかないのか?」

奈緒「何で手ェ繋ぐんだよ…」ギュッ

美玲「え?だめか?」

奈緒「いや、駄目じゃないけど…」

美玲「そうか」ギュッ

奈緒「…はい」

美玲「じゃあ早く事務所いこ!ウチ早くアイスたべたい」グイグイ

奈緒「ぉぅ」

奈緒「(暑い…)

5:2014/08/18(月) 15:02:06.96 :vC7TgQpU0

奈緒「おはようございまーす…」ガチャッ

ちひろ「奈緒ちゃん美玲ちゃん、おはようございます♪」

奈緒「おはよーちひろさん…」

美玲「ちひろおはよッ!アイス!」バタバタ

ちひろ「あら…余程暑かったのかしら?奈緒ちゃんもお疲れみたいね」

奈緒「…っ……はああぁぁぁ~…涼しい……」

奈緒「ほんと疲れたよ、暑すぎるー…美玲はなんか変だし」

ちひろ「美玲ちゃんが?」

奈緒「あァ…何か手繋いでくるし…ナオネエッテヨンデクルシ」

ちひろ「んー?あ、冷蔵庫にアイス入ってますから、どうぞ食べて下さい♪」

奈緒「うん、ありがとー…それじゃ、ソファ…ソファで休んでくる……」スタスタ

6:2014/08/18(月) 15:14:31.65 :vC7TgQpU0

奈緒「ふぅ…クーラーさいこう……」グデー

奈緒「節電の為に軽くしかかかってないとはいえ外に比べたら天国だな…」

奈緒「……よし、大分涼んだし美玲に問い質すか…」

奈緒「……美玲ー?どこにいんだー?」

美玲「あ、奈緒姉」

奈緒「お、いたいた…お前何でアタシの事奈緒姉なんて……って、何してんだ…?」

美玲「んー?輝子と乃々が干からびてるから遊んでる」ツンツン

乃々「うぅ…いぢめ…?あぅ……いぢめですか…うぅ」

輝子「フヒ……あっ………キモチイイ」

奈緒「保冷剤で的確に足元をつつくのはやめなさい」

7:2014/08/18(月) 15:26:54.78 :vC7TgQpU0

奈緒「お前らも何でこんな熱が篭るところに居るんだよ…」シャガミ

輝子「キ、キノコ達を置く場所は此処にしかないからな…」

輝子「苦しい事は…い、一緒に耐えないと…フ、フヒ…キノコのきもちになるですよ…」

乃々「こ、ここはもりくぼの森久保聖域(サンクチュアリ)なので……でたら死んじゃうんですけ

ど…」

奈緒「お前……蘭子に影響されてないか?」

美玲「乃々しんじゃうのかッ!?わ、わかった!ずっと此処にいていいぞ!ウチが守ってるからな

ッ!」

奈緒「はーい美玲はあっちでアイス食べようなー」

美玲「!?」

奈緒「輝子と乃々はその保冷剤首元に当ててな、涼しくなるから」

奈緒「限界だったらちゃんと出てこいよ、じゃないと引きずり出す」

美玲「う、ウチもう一個食べちゃったから、次食べたら二個目だぞッ!?ちひろに怒られる!」

奈緒「アタシの分やるから」

美玲「早くいこ!」グイグイ

8:2014/08/18(月) 15:46:20.32 :vC7TgQpU0

美玲「むぐむぐ」

奈緒「美味いかー?」

美玲「うまい!」テーレッテレー

奈緒「そうかァ…それで美玲」

美玲「うん?」

奈緒「朝の…何だ…?あれ……『奈緒姉』って…」

美玲「ン…あぁ、あれはなー、ウチ、この間メイドのお仕事しただろ?」

奈緒「あぁ」

美玲「で、お仕事終わってウチ、すっごい恥ずかしかったんだー」

奈緒「まぁあれはな」

美玲「で、前奈緒姉もメイドさんのお仕事してただろッ?」

奈緒「ああ…あれは忘れたい」

美玲「あんなに恥ずかしかったのに『萌え萌えキュン』とか平気で言う奈緒姉は凄いなーって」

奈緒「平気?Whats?」

10:2014/08/18(月) 15:58:59.05 :vC7TgQpU0

美玲「で、奈緒姉の事凄いソンケイしてさー、何か良い感じにソンケイしてる感じ出せないかなって」

奈緒「(尊敬してる感じ…?)」

美玲「だから奈緒姉ッ!」ドヤッ

奈緒「お、おう」

美玲「どうだ?ソンケイしてる感じ出てるかッ!?」ズイ

奈緒「あ、あぁ…そ、そうだな」

奈緒「(こりゃ止められんわ)」

美玲「それともどうかな、『奈緒お姉さん』とか『奈緒お姉様』とか『お姉様』とかの方がいいかッ!?」

奈緒「今のままで十分です」

11:2014/08/18(月) 16:14:34.80 :vC7TgQpU0

美玲「そうかー…あ、じゃあこれは!?」

ガチャッ

凛「おはようございます」

加蓮「おはようございまーす」

美玲「ご主人様ッ!!」キラキラ

奈緒「  」

凛「……」

加蓮「ブハッ」

凛「………奈緒、それはどうかと思うよ」

加蓮「クッ……グッ…クフフ…」プルプル

奈緒「ちが、ちがう!誤解!誤解だっ!」

美玲「ダメか!?ご主人様!!!」ギュー

凛「……プロデューサーに報告しないと」

加蓮「ウッ…ヒヒ……ウフフフ」パシャッパシャッ

奈緒「写メはやめろォ!」

美玲「奈緒姉ぇぇぇぇっ」ギューッ

おしり
書いたかもしれない
愛海「ふーん」
輝子「…」のあ「…」
こずえ「…しょうこー?」周子「しゅーこ」
その他諸々

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408340369

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする