【神谷奈緒SS】加蓮「奈緒が冷たい」


1:2014/05/08(木) 23:09:35.18 :RpBWmfna0

加蓮「つまんない」

凛「何が?」

加蓮「凛、最近の奈緒…どう思う?」

凛「どう思う…って何が?」

加蓮「最近アタシ達の言動がスルーされてる気がする」

凛「…」

凛「あー…」

凛「なんか、イジるとため息ついてスルーされるようになったよね」

加蓮「でしょ?」

P「わかる」

凛「あ、プロデューサー、おはよう」

加蓮「おはよ、プロデューサー」

2:2014/05/08(木) 23:10:32.92 :RpBWmfna0

凛「いつの間に事務所来てたの?」

P「けっこう前からいたよ」

加蓮「ん?いたの?全然気づかなかったけど」

P「あぁ、机の下で森久保ごっこやってた」

凛「…」

凛「…一人で?」

P「もちろん」

加蓮「楽しい?」

P「いや、全然」

凛「…」

加蓮「…」

P「…」

3:2014/05/08(木) 23:11:51.19 :RpBWmfna0

凛「でさ、話聞いてたらわかるでしょ?」

P「おう、最近俺も無視されることが多いんだよなぁ…」

凛「例えばどんな感じ?」

P「まぁ昨日のことなんだけどさ」

加蓮「うん」

P「家に帰ったら奈緒がエプロン姿で夕飯作ってくれてたんだよ」

凛「うん」

P「で、当然可愛いじゃん?」

加蓮「そりゃ、ねぇ」

凛「当たり前だよね」

4:2014/05/08(木) 23:12:54.04 :RpBWmfna0

P「そこで、帰ってきてからの俺の第一声はなんだったでしょうか?」

加蓮「…」

凛「…」

加蓮「…あ、クイズなんだ」

凛「…ンフッww」

P「で?なんだったでしょう?」

加蓮「んー…『ただいま』とか」

P「…あたり」

凛「wwwwwwwwwwww」

加蓮「え?なんかごめん」

P「いや、いいんだけどね」

凛「今のちょっと面白かったよ、流石プロデューサー」

P「まぁな」

加蓮「…」

P「…」

5:2014/05/08(木) 23:14:42.33 :RpBWmfna0

凛「………え?話終わり?」

P「あー、ごめんごめん、すっかり忘れてたわ」

P「奈緒にキスするふりして眉毛一本抜いたらマジギレされた話だっけ?」

凛「ヌフッww…違う」

加蓮「てか、無視されてるのそれが原因でしょ」

P「だよなー」

凛「てか、それいつの話なの?」

P「昨日」

凛「話、違ってなかった、繋がってた」

加蓮「なんかもう既に疲れてきたよ、アタシ」

6:2014/05/08(木) 23:17:46.12 :RpBWmfna0

P「いや、それだけじゃないんだよ」

凛「他に何やったの?」

P「夜、アニメ見てる奈緒の隣でアニメのヒロイン可愛いって言いまくった」

加蓮「えー…それだけで奈緒怒るの?」

P「いや、あれは絶対嫉妬してたな」

P「途中で『アタシこのヒロインあまり好きじゃないなー』とか言い出してた」

凛「因みに何見てたの?」

P「おおかみさん」

加蓮「…同属嫌悪?」

凛「それは言っちゃだめだよ」

P「まぁ、俺も奈緒にいたずらしすぎたのは反省してる」

7:2014/05/08(木) 23:20:11.39 :RpBWmfna0

凛「ほんとそうだよ」

加蓮「ちゃんと反省してる?」

P「してるって、てかお前らは奈緒になにやったんだ?」

凛「えっと…」

加蓮「(>ω・)」

P「加蓮、その顔やめろ」

加蓮「はい」

P「で?」

凛「ラジオのOPで猫のまねするように悪ノリで勧めました」

P「それはむしろGJ」

加蓮「ゴキブリのおもちゃを渡して絶叫させました、ついでに泣かせてしまいました」

P「よし、加蓮ちょっと来い」

8:2014/05/08(木) 23:24:56.12 :RpBWmfna0

加蓮「ちょちょちょ、ちょっと待ってプロデューサー!」

P「なんだ?」

加蓮「いや、あのね、でもほんとあの時の奈緒は可愛かったんだよ!」

P「ほう?」

加蓮「あのあと何かが動くだけでビクビクしてて、小動物みたいでね」

P「うん」

加蓮「んで泣き目でしょ?」

P「うんうん」

加蓮「超抱きしめた」

P「ありがとう、加蓮、俺はお前を許そう」

10:2014/05/08(木) 23:28:32.41 :RpBWmfna0

凛「二人とも、ちょっと…」

P「なんだ凛、今から加蓮と二人でもう一ひねりして実行しようとだな…」

加蓮「そうだよ、何?」

凛「後ろ」

P「…」

加蓮「…」

奈緒「………」ニコニコ

P「お、奈緒、今日も可愛いな」

加蓮「おはよう、奈緒!今日もがんばろうね♪」

奈緒「お前らぁああああ!今日という今日はもう許さねーからなぁああ!!」

11:2014/05/08(木) 23:30:47.12 :RpBWmfna0

P「ごめん、ごめんて!」

加蓮「ちょ、アタシ体弱いんだよ、そんなに追い掛け回さないで!」

奈緒「もう昔の加蓮とは違うってこの前自分で言ってただろぉおおお!」

加蓮「てへ☆」

ちひろ(こいつら早く仕事いってくれねーかな)

12:2014/05/08(木) 23:33:53.52 :RpBWmfna0

P「奈緒ー、まだ怒ってる?」

奈緒「あ゛?」

P「昼間はごめんて」

奈緒「うっさい、もう知らない」

P「怒ってると可愛い顔が台無しだゾ☆」

奈緒「っ…その言い方ムカツク、ってかアタシなんて可愛くねーから」

P「そんなことないよ」

奈緒「もうほっといて」

P「でも、こうやって晩御飯作ってくれてるじゃん」

奈緒「~~~っ!」

14:2014/05/08(木) 23:37:00.62 :RpBWmfna0

奈緒「そ、それは…Pさんがお腹空かせてたらかわいそうだし…」

奈緒「ってか、ご飯抜いたせいで明日の仕事がまともにできなくなったら他のみんなに迷惑だろ!」

奈緒「アタシはあくまでみんなのためにご飯作ってるようなもんだから!」

奈緒「Pさんのために作ってるわけじゃないんだからな!」

P「…」ニヤニヤ

奈緒「~~~~っ!!その顔やめろ!ニヤニヤすんな!!」

P「可愛い」

奈緒「はぁーーーっ!?」

P「奈緒可愛い」

奈緒「も、もうやめろって…///」

P「じゃあ、明日お腹が空かないようにたっぷり食べようかな」

奈緒「お、おう…」

P「奈緒も」ボソッ

奈緒「っバカ!もう、ほんとバカっ!!///」

15:2014/05/08(木) 23:38:59.70 :RpBWmfna0

短いけど終わりです
前に奈緒メインのSS書いたことあるからそれかも

とりあえずCDのおかげで通勤中のニヤケ止まりません

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399558165

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする