【赤城みりあSS】みりあ「はい あーん!」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 21:44:34.73 ID:lDKNjhge0

P「あ、あーん」

みりあ「おいしい?」

P「うん、うまいぞ」モグモグ

みりあ「えへへ♡ 朝早くからプロデューサーのために頑張ってつくったの!!」

P「いやぁ、パパは幸せものだな」

みりあ「ほんとう!?じゃあ、みりあ毎日パパのために頑張って作るからね!!」

P「こんなかわいくて料理上手の奥さんがいて、ほんとに俺は幸せものだなあ」

みりあ「えへへ♡」

P「おっと、そろそろ仕事に行かなくちゃ」

みりあ「あ、パパ!忘れ物してるよ?」

P「ん?」

みりあ「行ってきますの チュ~」

P「いや、さすがにそれはまずいっていうか・・・」

みりあ「ちゅ~~~」

P「・・・・・・あの・・・」

ガチャッ

まゆ「おはようござい・・・」

P「・・・・・・」

まゆ「・・・・・・」

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 21:51:39.56 ID:lDKNjhge0

まゆ「お仕事に行く前に地獄の三丁目に行きますかぁ~?」

P「ま、待て!!落ち着くんだまゆ!!」

みりあ「プロデューサー!なによその女!隠れて浮気してたの!?」

P「みりあ!!!???」

まゆ「へぇ~・・・プロデューサーさんはそんな小さな子に手を出していたんですねぇ~」

P「違う!!違うんだ!これは・・・!!」

みりあ「あんなことやこんなことまでしたのに!!プロデューサー全部ウソだったんだ!!」

P「やめろおおおおおおおおおおお!」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 21:58:05.17 ID:lDKNjhge0

まゆ「おままごと・・・ですかぁ・・・」

P「まったく・・・みりあも悪ふざけが過ぎるぞ」

みりあ「えへへー♡ ごめんね?」

P「だからさっきのパパとかも全部、おままごとだからな」

みりあ「そうだ!まゆちゃんも一緒におままごとしようよ!!」

まゆ「え?」

みりあ「えーとねー、じゃあみりあが次はお姉ちゃん役するから、プロデューサーはお父さんで、まゆちゃんんがお母さんなの!!」

P「いや、さすがにまゆはもう16歳だから・・・なぁ、まゆ?」

まゆ「やりましょう」

P「・・・・・・ぉふ」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 22:06:25.87 ID:lDKNjhge0

みりあ「じゃあ、いっくよー!スタート!!」

まゆ「おかえりなさい・・・・・・あ・な・たぁ」

みりあ「おかえりなさーい!パパー!」

P「た・・・ただいま」

まゆ「ふふっ・・・あなた」

P「な・・・なんだ?」

まゆ「あ・な・た」

P「どうした?」

まゆ「・・・・・・あ・な・た」

P「なんだよ!?怖いよ!」

まゆ「今夜はずっぽし・・・いきましょう?」

P「はい、カメラ止めてー」

まゆ「ふふっ・・・冗談ですよぉ」

P「まゆさんクランクアップでーす」

まゆ「まだ、始まったばっかりですよぉ」

8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 22:31:00.23 ID:lDKNjhge0

みりあ「ずっぽしってなぁに~?」

P「いや、みりあはわからなくてもいいんだ」

P「なあ、まゆ。みりあもいるんだから自重してくれよ」

まゆ「ぅふふ・・・ごめんなさい」

みりあ「じゃあつづけるよ~~」

みりあ「ねぇねぇパパ~~!」

P「うん、どうした?」

みりあ「みりあおなか空いちゃった~」

まゆ「あらあら、じゃあお母さんがごはん作りますね」

みりあ「じゃあねじゃあね!みりあハンバーグ食べたーい!」

まゆ「じゃあちょっと待っててね」

P「よかったなみりあ、ママがハンバーグ作ってくれるぞ」

みりあ「やった~~~!!」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 22:42:00.56 ID:lDKNjhge0

まゆ「おまたせしましたぁ~」

P「おお!本格的だ!やっぱりまゆは料理上手だな」

まゆ「まゆ・・・じゃなくて「お母さん」ですよ」

P「あ、ああ。お母さんは料理上手だな!みりあ!」

みりあ「うん!ママとってもおいしいよ~!」

P「おし!じゃあ俺もいただこうかな!」

パクッ

P「・・・・・・・」

P(鉄の味がする)

P「なあまゆ・・・このハンバーグにかかってるデミグラスソースってなに入れた?」

まゆ「それはもちろんプロデューサーは最近鉄分が足りてないようでしたから、私の愛情を体内から注いだ特性デミグラスソースですよぉ~」

P「はい、しゅ~りょ~!」

P「こんなの普通の家庭じゃありませ~ん、狂乱家族で~す」

みりあ「きょうらん?ってなぁに?」

まゆ「ぅふふ・・・まゆは狂ったプロデューサーさんも好きですよぉ」

P「狂っとるのはお前だ!!」

11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 22:48:43.63 ID:lDKNjhge0

みりあ「あ!パパほっぺにソースがついてるー!」

P「え?ほんとか?」

まゆ「もう、あなたはおっちょこちょいなんですからぁ」フキフキ

P「わ、わるいな・・・」

まゆ「あ、こんなところにもソースがぁ」

P「いや、まゆ、背広の中にさすがにソースがこぼれてはないだろ」

まゆ「あ、あ・・・こんなところにもぉ」

P「ちょ!?お母さん!?」

まゆ「ほらほらぁ、こんなところにもソースがついてますよぉ」

P「や・・・やめ」

まゆ「ズボンのチャックの裏にもぉ~」ジー・・・

ガチャッ

凛「おはようござ・・・・・・」

P「・・・・・・・」

まゆ「・・・・・・」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 22:56:17.90 ID:lDKNjhge0

P「よーし!!今日も仕事がんばるかなぁ~~~~!」

まゆ「ま・・・まゆもこれから取材のお仕事でしたぁ~」

凛「・・・ねぇみりあちゃん、さっきまでなにしてたの?」

みりあ「え~とねぇ~。まゆちゃんの愛情いっぱいの体からでたソースを、プロデューサーに食べさせて~」

みりあ「それでね!プロデューサーのズボンをおろそうとしてたの!!」

P「みりあ!!!!」

凛「へぇ~、プロデューサー・・・解雇通知の準備はできてる?」

P「誤解だあああああああああああああ!!」

凛「おままごと?」

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 23:10:44.36 ID:lDKNjhge0

凛「なんだ・・・びっくりしたよ」

P「いや、誤解させた俺も悪い」

凛「まゆも、いくらおままごとだからって悪ふざけしすぎ」

まゆ「でもプロデューサーさんもまんざらでもなかった様子でしたよぉ~」

凛「あ?」

まゆ「あ?」

P「やめろって!!アイドル通しでにらみ合うな!!」

凛「・・・・・・おぉ」

まゆ「・・・・・・おぉ」

みりあ「じゃあじゃあ!!4人でおままごとしよーよぉ!!」

P「こ・・・この4人でか?いや、さすがに凛におままごとは・・・」

凛「そうだね・・・ちょっと私も流石におままごとは」

みりあ「凛ちゃんはね~、パパにいっつも抱っことか~、なでなでされる愛されっこな妹ちゃん役なの!」

凛「やろうか、プロデューサー」

P「おい」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 23:25:19.51 ID:lDKNjhge0

みりあ「でねでね、実は・・・台本もつくってきました~!!」

P「おお、こんなものを作ってたのか」

みりあ「えへへ♡ 4人そろったらやろうと思ってたの!!」

みりあ「あ、プロデューサーはアドリブだよ」

P「なんで!?」

みりあ「じゃあいっくよ~~~スタート!!」

P「た、ただいま~~~」

みりあ「あ、パパおかえり~~!!」

まゆ「ぅふふ・・・おかえりなさい・・・あなた」

凛「お・・・おかえり・・・パパ・・・」

凛「・・・・・・」

みりあ「凛ちゃん?次、凛ちゃんのセリフだよ?」

凛「・・・・・・」

凛「・・・・・・・・・・・・っぱ」

凛「パ、パパ!!お帰りなさいのちゅ~して!!」プルプル

P「!!??」

P「いやいや!!ダメに決まってんだろ!!」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/03(日) 23:49:43.63 ID:lDKNjhge0

みりあ「プロデューサー!!ちゃんとしなきゃダメ!!」

P「いや、みりあ!さすがにアイドルがこれはまずい!!」

みりあ「う~ん・・・じゃあぎゅってするので許してあげる」

まゆ「・・・・・・」

P「じゃあ・・・・・・いくぞ」

凛「う・・・うん」

ギュッ

凛「・・・うぁぁ」

P(・・・髪からすごいいい香りがする)

まゆ「・・・発情雌豚の香りがする」ボソッ

凛「あ?」

まゆ「あ?」

P「だからやめろって!!」

凛「・・・・・・・おぉ」

まゆ「・・・・・・おぉ」

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 00:00:46.18 ID:DS886SsM0

みりあ「そしたらパパはなでなでしてあげるの!!」

P「こ・・・こうか?」ナデナデ

凛「・・・///」

まゆ「・・・・・・っく・・・」プルプル

凛「・・・ッフ」

まゆ「ああ!今こいつバカにした顔しやがった!!」

凛「うわ、まゆこわ、サイコパスマザーじゃん!!」

P「もうお前ら喧嘩やめろって!!」

18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 00:11:18.43 ID:DS886SsM0

P「まゆも自分のキャラ壊すほど動揺するな!!」

まゆ「ご・・・ごめんなさぃ・・・」

みりあ「ねぇねぇ、ママは~どうしてパパのことが好きになったの?」

まゆ「え?パパを好きになった理由ですかぁ?う~ん・・・それはですねぇ」

まゆ「やっぱりプロデューサーさんなら、アイドル佐久間まゆとしても、女として一生ともに過ごしていきたいって思ったんですよねぇ~」

まゆ「まゆは乙女だからいつか王子様が迎えにくると信じていたら、ほんとに会いに来てくれたんですよねぇ~」

まゆ「いつも夢であなたを想っていますが、こうやって夫婦になれるなんて・・・プロデューサーさん・・・これを現実にしませんか?」

まゆ「まゆを縛られても、縛ってあげてもまゆはいいんですよぉ~」

凛「絶対台本通りじゃないでしょ、それ」

まりあ「じゃあじゃあ、凛ちゃんはパパのどんなところが好きなの?」

凛「ええ?私は・・・」

19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 00:18:03.10 ID:DS886SsM0

凛「ええっと・・・私は・・・その最初はアイドルなんてそんなに興味なかったんだけど・・・」

凛「ただやっていく内に、みんながいて、舞台があって、楽しくなったけど辛いときもあって・・・」

凛「でもそんな辛いときいつも支えてくれたのがプロデューサーで・・・それが、理由・・・かな」

みりあ「わぁ~~~!!素敵な理由だね~!!」

まゆ「自分も台本通りじゃないじゃないですか・・・」

P「あ、あの・・・二人とも」

P「気持ちは嬉しいが・・・一応アイドルとプロデューサーだからな?」

凛「!!??いや!これは、あくまでおままごとだから!!」

まゆ「まゆは本気ですよぉ~~プロデューサーさん」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 01:56:43.75 ID:DS886SsM0

みりあ「じゃあ最後に、2人でさっきのハンバーグを食べさせ会いっこしてね!!」

凛・まゆ「・・・え?」

みりあ「まだプロデューサーの食べかけのやつがあったでしょ?それを食べさせ会いっこするの!!」

凛「あの・・・みりあちゃん?それは一体なんのために?」

P「・・・まぁ、もういってもいいか」

P「実はこれ、最初からお前たち2人のために仕組んでたことなんだ」

まゆ「?」

みりあ「あのね、実はねいっつも2人はあまり仲がよさそうじゃないな~って思ってたの」

みりあ「それで、おままごとしたら仲良くできるかなって思って・・・」

まゆ「そうだったんですね・・・」

凛「ごめんね、わたしたちのせいで余計な心配かけて」

みりあ「ううん!!いいの!!」

みりあ「だから食べさせあいっこして、仲良くしよ!!」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 02:00:03.52 ID:DS886SsM0

まゆ「・・・・・・あれ?でもさっきのプロデューサーさんの食べかけって・・・」

凛(これってまゆが作ったやつだよね・・・)

凛(絶対ロクなものがはいってない・・・)

みりあ「どうしたの?早く食べて」

凛「ほ・・・ほら!!まゆ、あーん!」

まゆ「いやいや!そちらこそ先に!あーん!」

P「・・・まゆ、これはお前が作ったんだから自己責任だぞ」

まゆ「そ・・・そんな・・・」

凛「ほら・・・あーん」

まゆ「あ・・・あああああああ!」

P(・・・・・・・こりゃ仲良くならんな)

END

転載元
みりあ「はい あーん!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430657064/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする