【南条光SS】モバP「節分のたのしい過ごし方」


1:2015/02/03(火) 20:45:50.22 :JmllKaxhO

P「今日は節分だぞー」

光「悪を倒す正義のつぶてが弾ける日だな!」

P「微妙に違う」

小梅「お、鬼……レア、だよね……えへ……」

飛鳥「非現実的だし、あまり楽しいとは思わないけどね」

晶葉「そういう割には随分と準備万端なようだが?」

飛鳥「……キミは、ボクが『そういった出来事』に対して斜に構え、楽しむ気なんてさらさらないと思っているだろう?」

晶葉「否定はしないな」

飛鳥「ボクは反逆者だ。誰かに張られたレッテルなんてまっぴらさ」

光「つまり、楽しみたいってことだな!」

飛鳥「……そうとりたいならそうとればいいさ」

2:2015/02/03(火) 20:53:35.43 :59fxlmDkO

P「はい、炒った豆だぞー」

飛鳥「……」

晶葉「さて、節分豆まきロボ! 出番だ!」

ロボ「マメー」

小梅「しゃ、しゃべった……!」

晶葉「へへんっ♪ 私も日々進化しているということだ! すごいだろう!」

光「流石は博士だ!」

飛鳥「……しかし、機械に頼っていていいのかい? 何もかもを自分の手の離れたところで起こすのは、ボクよりずっと世界とかかわることを避けているようにも思えるけどね」

晶葉「私がまかないなどと誰が言った!コンビプレイで鬼を払うんだぞ」

P「……しかしまぁ、大したもんだ。どうなってるんだ?」

ロボ「マメー」

晶葉「それはトップシークレットだ!」

小梅(…………あれ? ここ、スキマがある……中に、スペース……)

ナターリア「マメー」

晶葉「どうした小梅?」

小梅「………………な、何も見てない……よ?」

3:2015/02/03(火) 20:56:37.81 :N0IoRNHoO

晶葉「しゃべるロボは難しいんだぞ。回路とか!」

光「そうだよなー、心を持たせないといけないもんな!」

小梅「……」

晶葉「さらに、鳴き声以外もしゃべるんだぞ! なぁ豆まきロボ!」

ロボ「ソウダゾー」

P「おぉっ、すごいな」

晶葉「それほどでもない、ふふふ」

小梅「…………」

ロボ「スシタベタイ」

晶葉「!!」

P「?」

晶葉「オホン、恵方巻きの文化もな! うん、インストールしたからだ! すごいな!」

飛鳥「おや? キミの出身地は確か……」

晶葉「別にいいだろうっ!」

4:2015/02/03(火) 21:06:38.40 :i+ipzQDKO

P「ところでひとつ面白い話があってだな」

飛鳥「そういった前フリは、たいてい好ましくない結果につながるものだけど?」

P「……じゃあ飛鳥は一足先に鬼退治してるか?」

飛鳥「聞かないとも言ってないさ。ハードルを越えるのがアイドルで、プロデューサーだ」

P「ヒネちゃってまぁ……そんな子に育てた覚えはないのよ、よよよ」

飛鳥「なら、これからそう育ててくれ。キミの色にボクを染めればいいさ」

光「で、プロデューサー!面白い話って何?」

P「ん、ああ。なんで豆をまくのかって話さ」

小梅「……塩だと、拾うのが難しいから……?」

P「ああ、確かに効果ありそうだけどそれはな……じゃなくて、なんでも『魔』を『滅』するから、って語呂合わせらしい」

晶葉「語呂合わせ?」

P「ああ。昔からみんなシャレが好きだったってことさ」

光「魔を滅する……カッコイイな! じゃあ豆まきロボは悪を倒すヒーローだ!」

ロボ「ソウナノカー」

晶葉「そ、そうだな!」

5:2015/02/03(火) 21:15:50.98 :ibzgysA1O

ガチャーン!

蘭子「その言葉、真か!(今のって本当ですか!?)」

P「お帰り蘭子。ドアは静かにあけなさい」

蘭子「……」パタン

P「うん、よろしい。まぁ諸説あるけれども……」

蘭子「フ……フフフ! 面白い! その催し、我も参加しよう!(な、なんだか気になってきちゃいました!私も参加していいですか?)」

P「はいはい、どうぞ」

蘭子「わーい♪」

光「ところで鬼はどこにいるんだ?」

P「鬼か、それなら――」

P鬼「俺だ」

6:2015/02/03(火) 21:21:16.27 :ibzgysA1O

小梅「お、鬼……!」

P鬼「ぐ、ううっ! みんな……俺の意識がもつうちに……早く……!!」

光「プロデューサー! クッ……やるしか、ないのか……!」

晶葉「何としてでも、戻して見せる……!」

ロボ「アキハー、ソロソロ出てもイイ?」

晶葉「もうちょっと待ってくれ」

ロボ「ワカッタマメー」

晶葉「……オホン、いくぞ!」

光「ああ!」

飛鳥「キミたちは楽しそうだね」

蘭子「友よ、そなたが此岸に来るには未だ時は満ちてはいない……我が手に堕ちるのは、しばし先よ!」

飛鳥「……やれやれ、ボクもいくとするか」

P鬼「がおー!」

7:2015/02/03(火) 21:26:49.02 :P+cVV1gRO

光「鬼はーそと!」

P鬼「ガッハッハ、きかぬわぁ!」

光「なんだと!? クッ……晶葉!」

晶葉「ああ、任せろ! 豆まきロボ! ゴー!」

ロボ「マメー」バババッババッ

P鬼「いてっ!? あっ、普通にいたっ……いてぇ!」

晶葉「今だ、小梅!」

小梅「え、えい……お、鬼になっても……大丈夫……だよ?」

P鬼「あっ、鬼になりそう」

晶葉「逆効果だと!? 蘭子!」

蘭子「我が呪われし右手には炎を!魔を滅せし礫と共に、災禍を彼方へ追いやらん!(おにはーそとー!)」パラパラ

蘭子「我が祝福されし左手に氷を!滅されし魔を浄化し、祝福の時を今告げん!!(ふくはーうちー♪)」

晶葉「……ながいっ!!!」

8:2015/02/03(火) 21:53:49.07 :aMiH3S6XO

飛鳥「……ところで鬼と一言にいうけれど、種族全体でみて祓ってもいいものなのかな?」

小梅「こ、この場合の鬼はたぶん、災いそのものだから……西洋の悪魔、とか、そういうのにも似てる……かな……」

飛鳥「なるほどね……」

P鬼「……晶葉、光」

晶葉「……改めて、おにはーそと」

光「ふくはーうちー!」

P鬼「ぐわあーーー……やーらーれーたー」

蘭子「ふははは!他愛なし!(やったー♪)」

小梅「あっ……残念……」

飛鳥「お楽しみは終わりかな?」

P「思った以上にグダグダになりかけたからな……」

9:2015/02/03(火) 21:57:40.26 :aMiH3S6XO

P「というわけで年の数だけマメを食べろー。そのあとは恵方巻きも一応あるからな」

ナターリア「ワカッター♪」

P「……うん?」

ナターリア「アッ」

P「……」

ロボ「……」

晶葉「……その、しゃべる機能はつけられなかったし、複雑な動きは無理だから、ナターリアが運転してたんだ」

P「そうか……」

光「乗り込めるロボ!? すっごくカッコいいじゃないか!!」

晶葉「……光」

光「すごいよ、晶葉。アタシも乗りたい!」

晶葉「ああ、いくらでも乗せるさ!」

P「ところで恵方巻きが2本ぐらい足りなくなるかもしれないんだが」

晶葉「そんなバカな!」

おわり

10:2015/02/03(火) 22:14:36.18 :fZZz8SfRO
乙、なごむ
もっと書いてくれてもいいのよ(チラッチラッ

11:2015/02/03(火) 22:29:30.25 :BKH/SubO0
JC組かあ、ほのぼのしてていい感じ、嫌いじゃないぜ!

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422963950

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする